『日本の家・1945年以降の建築と暮らし』

d0174983_11421071.jpg

 日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する壮大な試みで、
 東京より先に ローマのMAXXI(マキシ)国立21世紀美術館 で開催されたそうです。
 
 MAXXI(マキシ)国立21世紀美術館は ザハ・ハディド氏が設計した美術館で
 2015年にローマへ行ったときに訪れた のですが インテリアも含めて 
 美術館自体が 近代的で素晴らしい建築物でしたので
 さぞかし作品とマッチして 印象が良かったのではないかと思います。
 
 それに比べて 日本の国立近代美術館は ちょっと地味ですが
 建物が北の丸の美しい石垣に囲まれているということで 私的にはポイントが高いです。(笑)
d0174983_19491506.jpg

 私には「美術館」と「1945年以降の日本の家」が どう結びつくのかわからず
 ???と思いながら入ると、、、
d0174983_19492070.jpg

 展示ブースは13あるのですが、1番目からびっくり!!
 これほど充実した建築に関する展示を見たことがないので ”口(くち)アングリ”。

 日本の住宅建築を成立させる条件が 大きく変わった戦後に焦点をあてているのが とても面白い。
 
 一つ一つを 真剣に覗き込んでいると 時が経つのを忘れてしまいそうです。
       (4つ目のブースから 撮影可です。)
 
 本当によかった、、
 これほどの展示を見ることができるなんて ラッキーとしかいいようがありません。
d0174983_19492571.jpg

 建築設計に携わる仕事をしているように見える男性に混じって
 薄化粧の若い女性たちが 真剣なまなざしで見ていたので なんだか嬉しくなりました。 

以下 国立近代美術館のサイトより抜粋

1. なぜ戦後の日本の家なのか?
日本の住宅建築におけるターニングポイントは、戦争の終わった1945 年。それまで都市部の人のほとんどは借家に住んでいましたが、一面が焦土と化し、住宅が圧倒的に不足する中、自ら土地を買って持ち家を建てることが、政策により推進されたのです。1950年には建築士法が施行され、多くの個人住宅が「建築家」によって設計されるようになりました。
欧米の多くの国では、建築家の仕事の中心は公共建築なのですが、日本の場合は、一人の建築家が、公共建築も個人住宅も手がけることが相当数あります。建築界で最も栄誉ある賞といわれるプリツカー賞の日本人受賞者が、多数の住宅建築を手がけているというのは、実は結構驚くべきポイントなのです。
2. 錚々たる建築家の作品が登場
本展の特徴の一つは、語り継がれてきた名作から現代社会を反映する話題作まで幅広く取り上げること。
例えば、1950年代のアントニン・レーモンドや丹下健三の自邸、無印良品の住宅商品シリーズのひとつ「木の家」の礎となった《箱の家》(難波和彦、1995 -)をはじめ、《中野本町の家》(伊東豊雄、1976)、《ニラハウス》(藤森照信、1997)、《森山邸》(西沢立衛、2005)など様々なタイプの住宅建築が登場します。

d0174983_19501831.jpg

 やっぱり 東京っていいよなあ。
 

# by saint-arrow-mam | 2017-10-19 06:00 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(3)

『上村松園ー美人画の精華ー』


 なんと なんと 今まで 何を見てきたのでしょうね。

 美術館の入り口で 上村松園氏が「女性」だと知り 夫婦で落ち込んでしまいました。
 美人画で有名な 上村松園のことを 今日まで ずーーーっと 男性画家だと思い込んでいた愚かな夫婦。
 美人画を描くのは 男性ばかりではないのに、、、全く恥ずかしいことです。

 ということで 今までに何度か見る機会があった名画を
 今回は 新鮮な目で 改めてじっくりと見ました。

d0174983_20444658.jpg
 
 山種美術館が所蔵している18点の上村松園の作品のうち 17点が出展されています。

パンフレットより 
「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語り、生涯を通じて女性たちの姿を描き続けた上村松園当館創立者で初代館長の山崎種二が松園と親しく交流したことから、現在山種美術館には、《蛍》、《砧》などの代表作を含む18点が所蔵され、日本屈指の松園コレクションとして知られています。

d0174983_20413082.jpg

 展示されているのは 主として上村松園が 60歳から70歳までの後期の作品なのですが、
 若い頃と全く変わらず、細部まで丁寧に描かれていることに驚きます。

 有名な男性画家の中には 60歳を過ぎたあたりから タッチが大雑把になっている人がいますが
 上村松園の作品は 30代の作品よりも 60代の作品の方が むしろ細やかで繊細な描写がされています。

 上村松園の作品以外にも 菱田春草や池田輝方による江戸風俗の女性たち、
 和田英作、鏑木清方、伊東深水らによる古今の和装や洋装の美人、
 小倉遊亀、片岡球子ら女性画家が描く凛とした女性たちなど、
 バラエティに富んだ美人画が展示されていて 見ごたえがありました。

 1枚だけ 撮影可能でしたが、ガラス越しですから上手く写せません。

                    ↓ 山種美術館所蔵 「砧」
d0174983_21174906.jpg

 雨が降る 肌寒い日でしたので 美術館は空いているだろう と思って出掛けたのですが、
 そう上手くいきませんでした。

 でも これでお天気が良い日だったら どうなるのでしょう?
 考えるだけでも恐ろしいです。

# by saint-arrow-mam | 2017-10-18 06:00 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(6)

2度目の『風船唐綿』

d0174983_19455226.jpg
 初めて このユニークな形の実に 出会った時のことをよく覚えています。

            風船唐綿(ふうせんとうわた)
 
 夏になるたび 今年も、、、と思っていたのに その後の出会いは ありませんでした。

 ところが あれから7年。
 偶然、京都で出会いました。
 
 しかも 今回は 「花」まで 見ることができたのですが
 その花がパステルカラーで 形も造花のように かわいいのです!!
d0174983_19571800.jpg
 すでに 私の背丈を越える 大きな樹木に育っていましたので
 鉢植えでなくて 地植えで育ててみたくなりました。 

# by saint-arrow-mam | 2017-10-17 06:00 |   植物 | Trackback | Comments(2)

136歳の誕生日?


 「バーバ お誕生日おめでとう」 と 
 お泊りセットと一緒に 私の大好きなモンブランを 持ってきてくれました。
   (自分用には 大きなプリンアラモードを買ってました、、、(笑)

 koharu用に作った ”辛くないカレーライス”を お腹いっぱい食べて
 2時間くらい遊んだら、お待ちかねのケーキの時間です。

 なんでも 自分でやりたがるkoharuが ろうそくを立ててくれましたが、、、
d0174983_20221002.jpg

 ムムム、これって 136 ? 

 ま、いいか このままで、、、。(笑)
d0174983_20312947.gif

 日曜日は 朝一番で「ドームシティー」へ。

 まずバーバが 2時間半みっちり koharuに付き合って、「アスレチック」や 
「おままごと」をした後、ハロウィーンのイベントに参加。
d0174983_20221913.jpg

 お昼を食べた後は ジージに バトンタッチ。

 ジージは koharuに指示されるがまま 車に乗ったり、ゲームをしたりしています。
d0174983_20221693.jpg

 大好きな「宇宙戦隊キュウレンジャー」のイベントで
 手の甲に キュウレンジャーの絵を描いてもらっているkoharu。

 僅かな時間ですが、その間に ジージとバーバは ひと休み。
 臨託に要する体力は 半端じゃありません。
d0174983_20221445.jpg

 雨の中、koharuを連れて移動するのは大変なので 常にタクシーを利用しましたが
 そのタクシーを スマホで呼べば 雨の中でタクシーを探すことは不要です。
d0174983_20222208.jpg

 ジージとバーバの体力は 文明の進化に助けられています。

# by saint-arrow-mam | 2017-10-16 06:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(6)

第94回箱根駅伝予選会


 Shinpapaの母校は 昨年の予選会でシード権を獲得できず、本戦連続出場回数が87で途切れました。

 わずか44秒の差で 涙をのんだ日から1年です。
 

d0174983_15390219.jpg

 2013年に行ったときに 予選会をパスしたので 縁起を担いで今年は応援に行きたかったのですが、、、
           箱根駅伝 予選会2013 
 午後から koharuのお泊り臨託があるので 現地に行くことができません。
 
 仕方がない、今日はテレビで応援するぞ!!
 
 新年の箱根の争いに 再び加わって欲しいという思いで、テレビで応援する老夫婦。

 結果は、、、
d0174983_20174608.jpg

 箱根駅伝のないお正月はお正月らしくなくて、冴えない思いをしましたが
 来年のお正月は 朝早くから テレビの前で応援します。

 上位で 予選を通過しましたので、箱根でも良い記録を出してくれればいいなあ。

d0174983_20193957.jpg
 
d0174983_20333350.gif
# by saint-arrow-mam | 2017-10-15 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(2)