紫斑 その8


 順調に回復していると言いたいところですが、
 アルコールを摂取したことが原因か、長時間座っていたことが原因か
 2日前から、今までで 一番酷い状態に 陥っていしまいました。

 紫斑が 「夜空の星」のようであった状態から 「複数の線香花火」のような状態になり、
 現在は ほぼほぼ 膝から下が真っ赤 です。

 まるで こうなることを予想していたかのように 今日は予約していた診察日。

 でも、こんな天気が良い日に病院通いなんて、、、さえない。
d0174983_13591028.jpg

 「この病気で 再発した症例は初めて」という先生は 私の真っ赤な足を見て向学心に火がついたのか
 看護士さんを呼び、病状撮影用の緑の背景版を用意し、デジイチで撮影しはじめました。

 右を向き、左を向き、前から後ろから 何枚も写しましたが
 さすがに「メールにデータを添付して送ってあげましょうか?」とは おっしゃいませんでした。(笑)
d0174983_14232677.gif

 さてさて、、、、このままでは 治らないぞ、、、、ということで
 強い薬を加えることになり、、それが
 レクチゾール錠(ジアフェニルスルホン錠25mg)です。

d0174983_14144397.jpg 薬局でもらった説明書には 以下のように書かれていました。

皮膚組織の壊死を防いだり、ハンセン病を治療する薬。
難治性の皮膚疾患において、皮膚組織を破壊する物質の生成を抑えたり、
ハンセン病の原因となる最近の増殖を抑える。



 ギョギョギョ、、、、、難治性の皮膚疾患?
 正直、ちょっとショックです。


 強い薬だけに 副作用も強く、特に肝機能が低下することが恐ろしいので
 服薬するに際しては 定期的に肝機能検査を受けなければなりません。

 そこで 帰広する前の21日に血液検査をし、
 先生が外来の診察をする日ではないにもかかわらず 特別に診察をしてくださることになりました。


# by saint-arrow-mam | 2017-12-12 16:53 |   健康 | Trackback | Comments(7)

近況報告の食事会  12回目

 N夫妻との近況報告の食事会も12回になり、前回から5ヶ月経ちました。
 場所は いつも錦糸町の「QUINTETTO」です。

 夕刻、上京してきたShinpapaが 豊洲に着くや否や 荷物を放り投げて大急ぎで家を出ました。
d0174983_15015523.jpg

 食事もほぼほぼ、同じメニュー。
 このお店は シェアしながら いろんな料理を食べることができるで嬉しいです。
     (2,3皿写すことを 忘れています。)

d0174983_10484084.jpg

d0174983_10484356.jpg

d0174983_10484757.jpg

 話題もいつものように 老老介護、子供たちの生活、自分たちの健康問題と これからの予定が中心ですが
 そういえば今回は 珍しく 海外旅行の話にはなりませんでした。

 同級生なので お互いに同じようなことで 悩んでいるので 
 「そうそう」 と相手のことが すんなりと理解できます。

 楽しく情報交換をしていると あっという間に4時間が過ぎていきました。
d0174983_10485110.jpg

 少しだけビールを飲んだので 心配ではあったのですが、
 家に帰って足を見ると 今までに見たことが無いくらい最悪の状態、、、、
 紫斑同士がくっついて「島」のようになり、足がニンジンのように赤くなっていたのです。

 それを見たShinpapが 愕然と立ち尽くしている中、私は大急ぎで寝の谷へ。
 寝るしか、、、、ない。

# by saint-arrow-mam | 2017-12-11 11:04 |   友人 | Trackback | Comments(2)

事件は「江東区」でおきる?


 東京で知り合った人から 「どこに住んでいるの?」と聞かれたときに 
 「豊洲」と答えると
 「ああ、江東区」ね、、、と「区」の名前を確認されることが 多くあります。
 なるほど お江戸では「区」の名前を答える方が お互いにわかりやすいことに気づき
 私も 「江東区の豊洲」というようになりました。
 
 広島の友人から 同じ質問をされて、「江東区の豊洲」と答えると
 「江東区」はわからなくても 瞬時に「ああ、築地市場が移転できないところね」、、、と言われます。(笑)

 「築地の移転問題」や「土壌汚染」というマイナスイメージではありますが、 
 ニュースの力が全国に及ぼす影響は凄い、 とつくづく感じました。

d0174983_10070558.jpg
 
 最近になって、「築地市場の移転問題」のニュースが やっと沈静したかと思っていたら、
 今度は 大相撲の暴行事件のニュースが 連日取り上げられ
 相撲部屋の多くが「江東区」にあるので 「江東区」の名前を聞いたり、見たりすることが また多くなりました。

 しかも これもまた「江東区」のイメージダウンになりそうな 暗いニュース内容です。

d0174983_10064509.jpg

 何故 また「江東区」なんだろう、と思っていたら 遂にダメ押しの事件が、「江東区」でおきてしまいました。

 よりによって 横綱の奉納入りが行なわれたり、大掛かりな祭りがおこなわれる 「江東区」の看板となるべき場所で、、、、。

 何ということでしょう。

d0174983_10065685.jpg

 東京は 「区」の名前にステータス感が強くあり、
 「区」の名前を聞くと 生活レベルを ある程度想像できるので、
 どの「町」に住みたいか? というより どの「区」に住みたいか? と考えたり
 車のナンバープレートも 「区」の名前にこだわる 人がいると聞きます。

 そういう点からしても 「江東区」のイメージは このところマイナス続き、、、

 オリンピック会場が多く建設され、進化し続ける「江東区」というイメージには 程遠くなってしまった気がします。
 
# by saint-arrow-mam | 2017-12-10 10:54 |   日々是好日 | Trackback | Comments(8)

「ふく」が来た!!

 Shinpapaの友人が ご実家のある門司から 「ふく」のセットを送ってくれました。
 
 いつも年末に 広島に送ってくださるのですが、
 今年は ボッチの私に、、、といって 東京に送ってくださったのです。

 前日の夜に送って 翌日の昼すぎに届くようにしてくださったので
 『冷凍』ではなく、『冷蔵』なので とても新鮮です。

d0174983_14534315.jpg


  広島では「ふぐ」と呼ぶ人が多いように思いますが、地方によっていろんな呼び名があります。

 << てっぽう(大阪) >>
 日本でも有数のふぐ消費地である大阪では、ふぐを「鉄砲(テッポウ)」と呼んでいます。
 「当たるといけない」「当たると命がない」など、共通点のある“フグの毒”と“鉄砲”にかけた 洒落からついた名称です。
  江戸時代には「鉄砲」は全国的に使われていたようですが、現在定着しているのは大阪のみのようです。
 大阪ではふぐ刺しを「てっさ」、ふぐ鍋を「てっちり」と呼びますが、
 それぞれ「てっぽうの刺身」「てっぽうのちり鍋」が短くなっているんだそうです。

 << がんば(長崎県) >>
 長崎県島原地方で方言のひとつとして使われているそうです。
 「がんば」の由来は諸説ありますが、棺桶を意味する「龕桶(がんばこ)」を用意してでも食べたい(命を落としてでも食べたい)
 と言わしめたことから、龕桶(がんばこ)が略されて「がんば」に変化したことが由来であるとされています。

 << ジュッテントン(鹿児島県) >>
 鹿児島県志布志地方で使われている呼び方です。
 十転倒(じゅってんとう)がなまって 呼ばれるようになったそうで、
 ふぐの毒に当たれば 十回転んで倒れるほど苦しむ事からそう呼ばれているとか。

 << トミ(千葉県) >>
 千葉県銚子で呼ばれている呼び方です。
 富くじ(宝くじ)のように滅多に “当たらない” ところから来ているそうです。

 << ふく(福岡県・下関・北九州) >>
 主に下関や北九州で呼ばれている呼び方です。
 「福」に通じる縁起物という意味も込めて「ふく」と呼ばれています。
d0174983_14510553.jpg

 今回は北九州から届きましたので「ふく」と書かれていて

 「ふく」が来た =「福」が来た と思えて 幸せな気持ちになりました。

 ひれ酒用の”乾燥ひれ”もありましたが、 今はお酒が飲めないので 残念至極。

 このまま冷凍しておいて もし完治したら 香ばしく焼いて 美味しくいただこうと思います。
 
 

# by saint-arrow-mam | 2017-12-09 06:00 |   食材 | Trackback | Comments(6)

『チャリティー』(マホニア・メディア)


 毎年 この時期になると マンションの中庭に咲く黄色い小花。

 足元の名札には「ヒイラギナンテン」と書かれていますが、
 ググると マホニア・メディアで『チャリティー』というかわいい名前がありました。

 マホニア・メディアは メギ科ヒイラギナンテン属(マホニア属)の常緑低木で
 中国原産のヒイラギナンテンとマホニア・ロマリフォリアとの人工交雑種。
 『チャリティー(Charity)』はその園芸品種の1つのようです。 

 中庭の壁に沿って 十数本並んでいる『チャリティー』ですが
 毎年、日当たりや水やりなどの関係なのか それぞれが 勝手にバラバラと咲き始めます。
 
 ところが 今年はどうしたことか 同時に咲き始めたので 
 今、中庭の一角が とても華やかになっています。
d0174983_19052812.jpg


 
 一般的なヒイラギナンテンと異なり 花穂が垂れず 
 黄色い炎のように 天に向かって 勢いよく立ち上がっている『チャリティー』の姿に 
 治る気配のない病状に落ちこみそうになる私は 元気を もらっています。
d0174983_19304169.jpg


# by saint-arrow-mam | 2017-12-08 08:39 |   植物 | Trackback | Comments(4)