旅行と読書


 旅の予定を決めたので、その下調べと準備をしていますが
 その旅行中に 読む本を買いそろえることも 私の楽しみのひとつです。

 図書館で借りた本を旅行に持って行くと 本を傷めてしまいそうで扱いが気になるので
 家で読む時は図書館で借り、旅行に持って行く本は買うことにしています。

 今回は じっくり読み返してみたい印刷物を持って行くつもりなので 本は10冊程度にしようと思っていますが
 「興味を持っているカテゴリーの本」「行く先の歴史や地理に関係した本」
 「気軽に読み流しができる本」「話題のミステリー小説」「文学賞の受賞作」
 「もう一度読みたいと思っている本」など 
 同時に多読しても内容が重ならないように バランスよく考えてトランクに入れるつもりです。

       ↓ 8月17日現在、そろえた本は まだ予定の半分の5冊、、、
d0174983_15560315.jpg


 早く読みたくて ウズウズしているのが

d0174983_15570330.jpg

天才算術家関孝和に師事し、葛藤する中で円理を究めた高弟建部賢弘(かたひろ)。
その苦闘の生涯を描く「円周率を計算した男」(歴史文学賞受賞)ほか、独学にして大酒飲みの奇才久留島義太(よしひろ)、算学者であり大名だった有馬頼ゆき(よりゆき)、百姓出身で孤高の算術家山口和(かず)など、江戸の天才数学者たちを主人公に、数奇な人生模様を情感溢れる筆致で描く、和算時代小説の傑作。『円周率を計算した男』改題。

 
 おそらく この本は読後 ブログに長々と感想を書くことになると思います。
d0174983_16485723.gif


d0174983_16113482.jpg

専制と植民の帝国 300年の光と闇、ヨーロッパとアジアの間で皇帝たちは揺れ続けた
広大無辺の大地で、人びとは「よきツァーリ」を求め続けた。王朝の創始から、ピョートル大帝と女帝エカテリーナの改革、ナポレオンとの対決を経て、皇帝一族の悲劇的な最期まで。そして、ソヴィエトはロシアに何をもたらしたのか。信仰に支えられた社会と、専制君主の群像を描く。



d0174983_16485723.gif


d0174983_16114530.jpg

山本周五郎賞受賞作。「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。


d0174983_16485723.gif


d0174983_16115209.jpg

直木賞受賞作。1975年、台北。内戦で敗れ、台湾に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で?無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡をダイナミックに描く一大青春小説。


d0174983_16485723.gif


d0174983_16120066.jpg

都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高生の希実は、可愛いお客様による焼きたてパン万引事件に端を発した、失綜騒動へと巻き込まれていく…。期待の新鋭が描く、ほろ苦さと甘酸っぱさに心が満ちる物語。
        本の解説はいずれも 「BOOK」データベースより

 本の数が増えると荷物が重たくなるので、電子書籍にしようかと思ったりもしますが、
 私は本を持ち歩くので 床に落とすことが多々あり、また気になった箇所に付箋をつけるので 
 いまだに 「紙」から離れられないアナログ人間です。

# by saint-arrow-mam | 2017-08-17 06:00 |   映画・本 | Trackback | Comments(4)

お江戸は 冷夏です


 高校の同期生との LINEグループでは
 大阪在住の友達 と 広島在住の友達が 毎日「暑い・暑い合戦」をしていて
 私も参戦したいのですが お江戸では 雨が続き 気温が低い日が続いています。

 8月になってこれだけ東京に雨の日が続くのは 50年ぶりの事だそうですが
 最高気温を 比較してみましたら、、、、ヒャーー 大阪も広島も暑いはずだわ。

d0174983_10581720.jpg

 ● 保育園から プール遊びをする子供の声が聞こえてこない。
 ● Shinpapaが アイスクリームを食べたいと言わない。
 ● とぎれとぎれに鳴くセミの声に 元気がない。
 ● 洗濯物が乾かず 室内干しになってしまう。
 ● 日傘ではなく 雨傘を持ち歩いている。
 ● 日焼けをした人が少ない。


 グラフといえば こちらも アップしておきたい、、、、<(_ _)>

d0174983_14464177.jpg
 

# by saint-arrow-mam | 2017-08-16 14:50 |   天体・気象 | Trackback | Comments(4)

パスポート・スタンプ


 ブログの先輩が Immigration Controlの際に押印される パスポート・スタンプについて書かれているのが 面白かったので
 私も 現在使用しているパスポートを 開いてみました。


d0174983_19114911.gif 新婚旅行のために 初めてパスポートを作ったのが ちょうど40年前。
 
 現在のパスポートは 4冊目で
 2012年 ワールドクルーズの前に 作り直したものです。


 空路で入国する時には 空港でImmigration Controlがあり
 その際のスタンプには 飛行機のイラストが、、、。

                  ↓ パリCDGで トランジットして スイスへ
d0174983_19105040.jpg

 クルーズ船では 最初に乗船するときに 船にパスポートを預けます。

 航海後、入国(入港)するたびに 必要に応じてパスポートが個人に返却され、
 港のターミナル あるいは 船内で イミグレーション・コントロールを受けます。
  (出港するときに 再び船にパスポートを預けておきます)
 
 「パスポートを発行した国(国籍)」と「入国する国」との条約によって 
 イミグレーションの際に 予防接種やVISAが必要か不要などが異なるので
 すべてのゲストが 同じとは限りません。

 ただ、クルーズの場合、空港でのイミグレーションに比べると かなり簡略化されていて
 何一つ質問をせず、機械的にポンポンスタンプを押してくれます。
 また 本人を確認することなく クルーズ船で ゲストのパスポートを纏めて 
 一括イミグレーションで済ませてくれる場合もあります。

 パスポート・スタンプの 船のイラスト

                     ↓  エジプト
d0174983_19105347.jpg


                    ↓  ギリシャ
d0174983_19105601.jpg


                    ↓  韓国
d0174983_19105928.jpg
 
 船で入国しても すべてに 船のマークがあるわけではありません。

                    ↓  香港
d0174983_19110132.jpg


 QMⅡの名前が書かれた 珍しいパスポート・スタンプ

                    ↓  タイ
d0174983_19110454.jpg


 パスポート・スタンプを見直しながら もう一度 旅の思い出を辿り
 思いがけず 楽しい時間を過ごしました。
# by saint-arrow-mam | 2017-08-15 20:37 |   忘備録 | Trackback | Comments(0)

誕生祝と夏祭り


 7月は Shinpapaの誕生月、8月は Shinの誕生月なので 合同で誕生日会を行いました。
 でも 誰の誕生日であろうとも 誕生日会の主役は koharuでなければ おさまりません。

 ケーキに 好きな数だけ ろうそくを立て、バースデーソングを 大声で歌い、 
 その ろうそくを吹き消すのも 全部 koharuです。
d0174983_18584152.jpg

 自分の誕生日と勘違いしているのかなあ? と思っていたら
 「バーバ!! 11月の私の誕生日には もっと大きなピンクのケーキを お願いね」 というkoharu。
 
 ちゃんと 理解しているようで、、、、、。(笑)
d0174983_19103021.gif

 翌日は koharuと一緒に 「富岡八幡宮」の本祭りにでかけます。
d0174983_18584077.jpg

 露店が大好きなkoharuは 「風船釣り」「金魚すくい」「スマートボール」など
 自分ができる露店を見つけると 犬のように立ち止まり、動こうとしません。

 教育上、お金を出し渋る親には 頼まず
 財布のひもがゆるゆるのジージとバーバに狙いを定め 「お願い、、、」というkoharu。

 こんな時、応じるべきか 断るべきか、、、
 答えは簡単。
 ジージは 家の貯金箱から 100円玉を山のように持ってきています。
d0174983_18584186.jpg

 歩行者天国の大通り。
d0174983_18584088.jpg

 3年前に感激した 神輿に水をかける勇壮な本祭りを 今年も取材したい気持ちは 山々でしたが
 1時間以上  道端でジッとして神輿行列を待つことは koharuには無理なので 今年はあきらめます。

 ただし 一基だけ 行列に参加しない神輿があり、
 それは 某宅配業者が寄進した神輿で ダイヤモンドなどが飾られた非常に高価な神輿だというので それのみ取材。
d0174983_18584136.jpg

 門前仲町から 浅草のスーパー銭湯にタクシーで移動し、
 いつものように 「温泉女子」になり 汗を流し、
 いつものように 浴槽の中で 人魚姫と王子様ごっこをして、
 いつものように バーバがのぼせて 倒れそうになりました。
 

# by saint-arrow-mam | 2017-08-13 19:46 |   koharu日記 | Trackback | Comments(4)

お江戸の中心地


 今日11日から連休に入った企業も多く、海外へ あるいは故郷へと 多くのお江戸の人が都心を離れています。

 所用があり 「築地」から「銀座」まで歩くことになったのですが
 お江戸の中心地には 日本人がほぼほぼいなくて、いつも以上に外国人だらけでした。
d0174983_20203746.gif

 先日 火事があった築地の場外市場近くで バスを降ります。
 現場は ブルーシートで囲われていますが 今なお焦げ臭いにおいがしています。

 まだ警察による現場検証が行われていないので 痛々しい姿がそのまま残されています。
d0174983_20081687.jpg

 いつものことながら 長い行列ができている 歌舞伎座の前を通り、、
d0174983_20082482.jpg

 「銀座シックス」へ。

 「銀座シックス」は、レストランと有名ショップが入った複合商業施設ですが、
 開館当初から 休日には入場制限がされるほど 人気のあるの場所のひとつになっています。
d0174983_20100502.jpg

 1階から5階までの大きな吹き抜けに 草間さんの作品が、ぶら下がっています。

 微妙な間隔で存在しているのですが その高低のバランスの良さや
 かすかな空気の動きに揺れる様が 近代的な内装の空間に違和感なく 心地よいです。
d0174983_20111876.jpg

 13階の屋上庭園からは 銀座界隈を見下ろすことができて、気持ちが良いのですが、
 気温が低くなると この空間を利用する人がいなくなると思うと モッタイナイ気がします。
d0174983_20112525.jpg

 地下2階にあるセレクトショップ「平翠軒」に立ち寄り、、、

d0174983_20181410.jpg

 長野県の あづみ庵の「くるみそばつゆ」を買い求めました。

 上田で食べて以来 大好きになった「くるみそばつゆ」、、、
 その後、何度か「くるみそばつゆ」を購入しましたが、あの時の美味しい味には出会っていません。
d0174983_20113253.jpg

d0174983_20210185.jpg

 ヤマハ銀座店で所用を済ませて、帰りに本屋さんへ。

 単行本は購入しますが、パソコン関係の本は 立ち読みさせていただくことが多いです。
 本屋さん ごめんなさい。<(_ _)>
d0174983_20113932.jpg

 今日は 涼しい1日でしたので ゆったり好きなことをして時間を過ごしましたが
 明日は 豆台風がやってきます。

# by saint-arrow-mam | 2017-08-12 09:33 |   東京都内 | Trackback | Comments(4)