『北斎とジャポニスム』


 ジャポニ【ズ】 ではなく ジャポニ【ス】 ???? それってなんだろうと、、、と 興味を持ち、
 私にしては 珍しいことに 美術展に行く前に ちょっとだけ予習をしました。

d0174983_17223104.gif

 ブリタニカ国際大百科事典によると 「ジャポニスム」とは
19世紀後半に日本美術の影響を受けてヨーロッパ,アメリカ合衆国で盛んになった美術の傾向。絵画,版画,彫刻,工芸,建築,写真など,美術のあらゆる分野にわたり,1856年頃から 1910年代にかけて,フランスを中心に広く各国に見ることができる。ルネサンス以来の伝統的美術表現が,近代的感覚に適合しなくなってきたため,これを打破し新しい芸術を生み出そうとしていた芸術家たちが,開国によって知った日本の美術の斬新で高い質に衝撃を受け,そこから多くを学んで生まれた傾向である。

 そして 国立西洋美術館で開催中の『北斎とジャパニスム展』のHPによると
19世紀後半、日本の美術は 西洋の人々を魅了し、”ジャパニスム”という現象が生まれました。中でも注目された存在が、天災浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、また絵画だけでなく彫刻や装飾工芸などあらゆる分野に及びました。北斎は、西洋美術の近代の扉を開ける原動力となったのです。
本展は、西洋近代芸術の展開を”北斎とジャパニスム”という観点から編み直す、世界初の展覧会です。国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをはじめ 西洋芸術の名作220点と北斎の錦絵約40点、版本約70冊の計約110点による”東西・夢の競演”です。

 フムフム、、、
 北斎の作品と モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガン などの名作を並べてみる機会なんて初めてです。

 ただ、お江戸の場合、混雑するので せっかくの美術展を遠くから ちらっとしか見ることができないのが問題。
 
 そこで ゆっくりと比べてみるために 目指すは 朝一番。
d0174983_17223104.gif

 9時30分開館なので、9時過ぎに行ったのですが すでに行列ができていました。
 でも 前から50番目くらいですから、ラッキー。
d0174983_17254182.jpg

 中に入ってからは、最初のグループが見ている展示を抜かして、少し先から見ることにしました。

 その結果 誰もいない部屋で、北斎の版本や錦絵を 驚くほど間近でじっくりとみることができ、
 セザンヌやモネ、特にガレの花瓶のデザインを 右から左から覗き込んで見ることができたので、
 両者の類似点をしっかりと確認し とても勉強になりました。
            パンフレット    ↓
d0174983_17271550.jpg

d0174983_17271864.jpg


 作品数も多く、充実していたので、ジャポニスムということを離れても
 充分に楽しむことができる完成度の高い展覧会になっています。

 個人的には 大好きなギュスターヴ・クールベの作品を見ることができて 嬉しかったですし
 普段あまり目に触れることのない、ガレやティファニーの作品を みることができたことも 大きな収穫でした。

 「富嶽三十六景」の影響を受けて描いたアンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」を じっくりと見比べて
 その類似点を知ることができたのは、早起きをして 美術館の開館前に並んだ ”ご褒美”だと思います。
d0174983_17223104.gif

 興奮が冷めない老夫婦は いつも満席で入ることができない 喫茶室へ。
d0174983_17272240.jpg

 貸切りの店内で あれが、それが、、と 今、見たばかりの絵について
 思う限りの話をしながらのコーヒータイムは  至福の時間でした。
d0174983_17272523.jpg

  

# by saint-arrow-mam | 2018-01-20 19:15 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(2)

懐かしい道具


 伊豆のお宿で 見つけた懐かしい道具。
 さて、何をするものでしょうか? 
d0174983_20412848.jpg

 今の牛乳瓶の蓋は プラスチック製が多くなりましたが、、、、
d0174983_20413125.jpg

 昔、牛乳瓶の蓋は 紙でした。
d0174983_20413465.jpg

 紙蓋の端を 爪でめくるようにして開けるのですが、
 時々 表面の紙だけが薄くはがれたり、強く押しすぎて牛乳の中に沈んだりして 失敗します。

 そこで 便利な牛乳瓶の紙蓋を開ける道具が 登場。
 名前は なんというのでしょうね。
d0174983_20414023.jpg

 さらに 開けるときに紙蓋が飛ばない様に 押さえが付いた進化版が登場しました。
 お尻のところに紐をつけて、冷蔵庫にぶら下げていたのを覚えています。
d0174983_20413818.jpg

 すでに 牛乳瓶の紙蓋そのものが 記憶の中だけの存在になっていますので
 紙蓋を開けるこの道具をみたのは 何年振りだろうなあ。

# by saint-arrow-mam | 2018-01-19 20:40 |   ノスタルジー  | Trackback | Comments(4)

伊豆の旅 3日目(修善寺〜熱海〜東京)

 
 天気予報が大当たり、、、3日目は 朝から雨。
 ただ、雨が降っているのに、コートが要らないくらいの気温があります。

 そこで予定を変えて、雨に煙る修善寺のまちを ゆっくり散策することに、、、。


    << 独鈷(どっこ)の湯 >>
 桂川で病父を洗う少年に心打たれた弘法大師が 独鈷(仏具)で川の石を打ち霊湯を湧き出させ、
 温泉療法を伝授した、、と言われています。

 川の真ん中には 足湯があるだけですが、、、、
d0174983_19245976.jpg

 公園に立っているお地蔵さんに 足元に湧き出ているお湯をかけて祈ると病が治る 、、と書かれていたので、
 Shingranmaの肩、腰、ひざ、 Shinの腰、Shinpapaの目、私の足など
 家族や知り合いの悪いところに 次々とお湯をかけて祈っていると キリがありませんでした。(笑)
d0174983_19251090.jpg



     << 修禅寺 >>
 町の名は 修「善」寺 ですが、弘法大師空海が開基したと伝わる古刹は 修「禅」寺と書きます。
d0174983_19250397.jpg

 画像的には晴れていた方がきれいなのですが、雨に打たれたお寺の風情は なかなかのものでした。
d0174983_19250759.jpg



   << 竹林の小径 >>
 桂川に沿った遊歩道には 竹が立ち並んだエリアがあり、
 修善寺温泉のポスターで見て あまりにきれいだったので 行ってみました。
d0174983_19251367.jpg

 小径の中央に円形のベンチがあるのですが、雨に濡れていて 座ることはできませんでした。(泣)
d0174983_19251626.jpg



    << 指月殿 >>
 北条政子が息子頼家の冥福を祈って建立した経堂です。
 廟所もありましたが、撮影するのは遠慮しました。
d0174983_19252001.jpg
 「草津温泉」「湯田温泉」と温泉街がさびれていく中、「修善寺温泉」は 頑張っている温泉街ではないでしょうか。

 丸ポストが 修禅寺の足元の石庭に置かれていたので 由緒あるポストなのかと思いましたが 普通のポストでした。
d0174983_19252457.jpg

d0174983_21455930.gif

 車で熱海に帰る際、修善寺道路(有料)と伊豆中央道(有料)を走りました。
 実は JTBさんからもらった冊子に 2か所の無料券があったので、利用させてもらうことに。
 主婦は こういうお得なチケットを見逃せない、、、。(笑)
d0174983_20031094.jpg

 熱海駅には予定より3時間早く着き、車を返した後、駅ビルでランチ、、、というか
 朝食が御馳走だったので、パンとコーヒーの軽食で 充分。
d0174983_20031447.jpg

 帰りも 新幹線ではなく 熱海発の快速ですが グリーン車に。
 お宿からいただいた「オレンジケーキ」を 食べながら、帰りました。

 このケーキが美味しかったのですが、今更 引き返して買えないし、、、残念でした。
d0174983_20031726.jpg

# by saint-arrow-mam | 2018-01-18 00:00 |   中部・東海地方 | Trackback | Comments(0)

2日目のお宿(湯回廊 菊屋)


 修善寺のお宿は JTBさんにお願いして 共立の「湯回廊 菊屋」を 予約していただきました。
 
d0174983_15182429.jpg

 修善寺温泉街の中にあって、とても古い建物をリノベーションしたお宿でした。

 増改築の結果でしょうか、廊下が迷路のように東西南北に延び それを逆手にとって
 「湯回廊」という名前を付けたのだと思います。

d0174983_15183400.jpg

 入口で 靴を脱いで預け、館内はスリッパと作務衣で過ごす様になっていました。
 横長のロビーっぽいスペースで チェックイン。
d0174983_15183906.jpg

 好き嫌いはあると思いますが、 建具が木製なので温かみがあり、
 インテリアも それに合わせているので 館内はタイムスリップしたかのように レトロです。
d0174983_15184301.jpg

 四方を囲まれた内庭は 手入れが行き届いているとは言えませんが、
 どこからでも池の鯉が見えるように 植栽の配置が良く考えられています。
d0174983_15184740.jpg

 碁の試合や将棋の試合が 何度も開催されたことがある古い温泉宿を
 今の時代のニーズに合うお宿に うまく変身させたようです。
d0174983_15185161.jpg

 お部屋までの案内はなく 自分でコロコロバッグを持って 部屋まで行きます。
 土足の床なら コロコロ転がしていけるのですが、そうではないので転がすことはできません。
 しかも 2階のお部屋で エレバーターはない、、それが ちょっと辛い。


 お部屋は 2畳の掃出しが付いた 本間10畳の和室(居間)と、、、
d0174983_15322523.jpg

 2畳の縁側が付いた10畳の和室(寝室)が 繋がることなく独立しています。
 きっとJTBさんのお力で 広いお部屋にしていただいたのだと思います。
d0174983_15322921.jpg

 コーヒーミルがあり、お茶の道具も完備しているのが 共立のホテルらしい。
 古い和風建築に ユニットバスは 異様な感じがしましたが、シャワールームのような使い方をするのでしょう。
d0174983_15323275.jpg

 館内には 貸切り風呂が3か所あり、24時間 無料で使用できます。
 入口の札が「空室」になっていれば使うことができ 入るときに札をひっくり返して「使用中」に。
d0174983_15323633.jpg

 今回は 2か所の貸切り風呂に それぞれ2回ずつ 計4回入りました。
d0174983_15323956.jpg

 お風呂上りには 冷えた乳酸飲料や牛乳が 自由に飲めるように置いてあるお休み処へ。
d0174983_15324223.jpg
 お休み処は わたり廊下を進んだ先にある 8角形のこじんまりとしたスペースで
 冷たい飲み物の他に、コーヒー、ハーブティー、梅こぶ茶などが セルフサービスで
 いつでも飲めるようになっていて 雑誌、新聞、本もあり Shinpapaのお気に入りの場所になりました。
d0174983_15324924.jpg

d0174983_15325333.jpg

d0174983_21455930.gif

 夕食は 食事処の中の 坪庭が見える広い個室に 用意してくださいました。
 2人だけで食事ができるように 特別扱いをしていただいている感じがしました。
d0174983_16453314.jpg

 飲み物は まだ、ノンアルコール、、、、これが哀しい。
d0174983_16453774.jpg

 1月らしい 羽子板の形の器に盛られた前菜から 料理は運ばれてきます。
 担当は 明るくて感じのいい カッコイイお兄ちゃんです。

d0174983_16454010.jpg

 お料理は 選べるものが多くあるのですが、
 せっかくなので夫婦で異なる料理を頼んで、シェアしながら食べることにしました。
d0174983_16454820.jpg

d0174983_16455177.jpg

d0174983_16455473.jpg

d0174983_16455738.jpg

 お刺身を食べるときには カッコイイお兄ちゃんが 山葵をすりに来てくれます。
d0174983_16454384.jpg

 JTBを通しての宿泊者へのサービスということで
 伊勢海老の鬼殻焼き、、、、と
d0174983_16454501.jpg

 山葵ご飯が、、、、、これには 2人とも大喜び。
d0174983_16532009.jpg

 また カッコイイお兄ちゃんが 鰹節を削りに来てくれて、、、
d0174983_16532460.jpg

 新しい山葵を持ってきて もう一度すってくれるのですから、
 美味しくないはずがない!!
d0174983_16532748.jpg

 デザートは さすがに半分も食べることができませんでした。
d0174983_16533010.jpg

d0174983_21455930.gif

 でも 夜11時になると 共立ホテル名物の 夜泣きラーメンは ちゃんと食べました。
 2人で 1杯にしましたけど、、、。
d0174983_17164233.jpg

d0174983_21455930.gif

 朝食は 夕食時とは異なる 個室でした。

 Shinpapaは 洋食。
d0174983_17164694.jpg

d0174983_17164934.jpg

d0174983_17165263.jpg

 私は 和食に。
d0174983_17165588.jpg

d0174983_17170031.jpg

d0174983_17170330.jpg

 今朝も お鍋のつけたれ用の鰹節を カッコイイお兄ちゃんが削ってくれるのかと思ったら、
 ベテランの おばちゃんだったので、ガックリ。(笑)
d0174983_17165747.jpg


# by saint-arrow-mam | 2018-01-17 00:02 |   中部・東海地方 | Trackback | Comments(0)

伊豆の旅 (2日目 午後)


 伊豆半島の東南の端の 爪木崎は「水仙まつり」の真っ最中。
d0174983_21011480.jpg

 斜面いっぱいに群生している 水仙は 見事。
d0174983_21011726.jpg

 いアロエの花も満開で 海の色のとの対比がきれいです。
d0174983_21012165.jpg

 さあ、爪木灯台まで、、、
d0174983_21011049.jpg

 灯台は 爪木「」ではなく 爪木「」となります。
d0174983_21012542.jpg

 灯台の足元から見る 美しい海、、、
d0174983_21013048.jpg

 そして 見事な柱状節理に 感動しました。
d0174983_21013323.jpg

d0174983_21455930.gif

 お宿の修善寺に向かうルートとして選んだのは 
 国道14号線から「河津七滝(ななだる)」と「天城峠」を通る 下田街道

< 河津七滝(ななだる)>

 伊豆の踊子の像が立っているだけで 人が一人もいません。
 お土産物屋さんも 飲食店も閉まっています。
 ひょっとして シーズンオフ?
d0174983_21452723.jpg

 小さな滝が たくさんありますが、、、
d0174983_21453537.jpg

 「初景滝」や 
d0174983_21453026.jpg

 「出合滝」など 大きな滝もあります。
d0174983_21453964.jpg

d0174983_21455930.gif

 おろちループのような 河津七滝ループを上がり、天城峠へ向かいます。
d0174983_21454322.jpg

 そして「天城越え」をするなら、この歌は必須だろうと、Youtubeで BGMを。
d0174983_21454671.jpg

 そして「あまぎ〜〜 ご〜〜〜え〜〜〜」と 合唱しながら、
 クライマックスの 天城トンネルを抜けました。(笑)
d0174983_21454949.jpg

d0174983_21455930.gif

 道の駅「天城越え」で 「わさびソフト」を食べましたが、
 「わさびが きくぅ、、、」と泣きながらも ソフトクリームの甘さに助けられました。

 このミスマッチ、、 癖になりそうです。
d0174983_21455336.jpg

 新鮮なわさびを1本買い求めて 修善寺のお宿へ。
d0174983_21455628.jpg

 
# by saint-arrow-mam | 2018-01-17 00:01 |   中部・東海地方 | Trackback | Comments(2)