京の一人歩き

 広島から新幹線で2時間弱で行くことができる京都には、
 日帰りを含めて、毎年2~3回訪れています。
 
 訪れるところが、たくさんある京都ですが、
 今日は、3つの観点でプランしました。
 
        1.行ったことがないところ 
       2.思い入れのあるところ 
       3.旬のところ
 

d0174983_9442375.jpg

     他県からの視察グループも加わり、午前中、真面目にお勉強後、
           小雨が時々降る中、一人旅に出発。

1.行ったことがないところ ⇒  「大河内山荘」と「天龍寺」へ

d0174983_100840.jpg       
     
 (私には、記憶がないが)
  かつての名優、
  大河内傳次郎が
      
  34歳から64歳で逝去するまで
  30年の年月と私財をかけ
      
  百人一首で有名な      
  嵯峨の小倉山に作った
  洛西の名園。






             嵐山の駅から 閑静な竹林を通って山荘へ。

               有名な神社仏閣ではないので
          歴史的な背景はなく、観光コースからも外されている。
          この日は小雨が降る平日、紅葉には早いし 人影は少ない
     (この竹林の中で、携帯電話からブログアップすることにチャレンジしました)
d0174983_1072246.jpg

d0174983_1075515.jpg

d0174983_1081361.jpg
                  
          庭園入口             山荘(内部は非公開)           
d0174983_1258673.jpg

             回遊式借景庭園として見事に設計されている
d0174983_10144435.jpg

              苔の状態がよく手入れが行き届いている。
             今年の夏の管理は、大変だったにちがいない。
d0174983_101554.jpg

                庭園内のあちこちから
        京都市内、嵐山、保津川が展望できる素晴らしいロケーション
d0174983_10171215.jpg

             竹林を見ながらお抹茶のサービスを受ける
d0174983_1018672.jpg

           紅葉が美しくなれば、この静寂さは失われる、
              ゆっくり廻って1時間はかかる、
                でも、もう一度行きたい。
d0174983_18592046.jpg
         
       

            続いて近くの 世界文化遺産の「天龍寺」を参拝
d0174983_22192094.jpg

           
                 1339年足利尊氏が開山。
            8回の大火に見舞われ、建物は明治期に再建。
d0174983_1037494.jpg

            国の史跡・特別名勝第1号に指定された庭園
d0174983_10424115.jpg

             借景も見事、周囲にマンションもない。
d0174983_15545395.jpg

d0174983_10565579.jpg
 

 2.思い入れのあるところ ⇒ 「息子の母校」へ
          
         大学の生協で販売しているオリジナルの「緑茶」が美味しいので
              近くに行くのならと 息子に頼まれて。
             大学院は桂キャンパスだったので、懐かしい。
d0174983_10585665.jpg


大学から 徒歩約10分 
3.旬のところ ⇒ 「金戒光明寺」へ
 
         JR東海のポスターになり、今注目の通称「黒谷さん」
d0174983_1135430.jpg

          紅葉したきれいな映像は 下記の動画CMに任せて
          http://souda-kyoto.jp/campaign/index.html
d0174983_117668.jpg

          旅行先で郵便局に行くことを教えていただいたので
            近くの黒谷郵便局で記念の切手シートを購入。
d0174983_1175139.jpg


d0174983_11134361.jpg
 
d0174983_18491923.gif               


酔芙蓉の花を見つけた記念に、
               
私は、夜の食事で 真似してみました。
                      
by saint-arrow-mam | 2010-10-24 06:57 |   関西地方 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/12123170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hiro at 2010-10-24 07:07 x

 例によって目覚ましブログを拝見させて頂きました。
 幸いにも載せられた写真の先は、すべてこの目で見たものばかりでした。

 ただし、ご子息の母校は、数年間行っていたわけではなく、学会があって数回学内に足を入れた場所です (笑)

 読み応えのある内容のブログを拝見、ありがとうございました。
Commented by shinmama at 2010-10-24 07:44 x
Hiro様

 おはようございます。
 大河内山荘へすでに行かれていたのですか。
 さすがですね。

 私は「個人の山荘」であることに期待感が薄く
 今回、初めて訪れました。
 
 当日、夕食の時に
 広島から同行したメンバー12名に話したのですが、
 誰一人行ったことがありませんでした。

 Hiro様からアドバイスをいただいていたので、
 郵便局に立ち寄り、
(どこででも買えるであろう)切手を買っただけで
 やったーと満足しました。(笑)

 今回の視察は、たまたま
 息子の卒論、修論に関したものだったので、
 資料はお世話になった教授の書かれた冊子でした。

 また、この内容についてもブログアップを
 したいと思っています。

 明日は高雄三山をアップしてから大山へ向かいます。
 
 

 

 
Commented by ニャン at 2010-10-24 09:12 x

竹林、しっとりとしていて美しいです。
人影も殆どなく、静かに散策するには良い環境でしたね^^
土日ともなれば、この道も人、人、人・・・・です。

天龍寺で撮られた花は「フジバカマ」ですか?
フジバカマは京都市の絶滅危惧種に指定されていて
此処近年、守り増やそうと取り組んでいる花です。

夜、酔芙蓉に変身?
これまた、いいですね。

明日から、大山へ行かれるのですか?
あの大山ですよね☆?
アクティブですね。お気をつけて行ってらっしゃい!
トレッキングですか?






Commented by okadatoshi at 2010-10-24 09:27
大河内伝次郎については、独特の嗄れ声の俳優で剣劇の立ち回りが幼いころに記憶があります。
ロッパ、エノケン、徳川夢声などラジオでよく聞きました。Hiroさんですともっとクリアでしょう。
shinmamaさんは、すでにTV世代でしょうか。ラジオ番組では「ジロリンタン物語」あたりが記憶の最後かな。
この山荘には過去3度ほど訪れました。紅葉時期が見事です。

つれあいが知人宅に行くの車で送りました。
今日は一人で教材作成に集中の予定。そのため、6時半に自宅を出て早朝散策をすませ今日のウォークのノルマをすませました。
Commented by shinmama at 2010-10-24 10:23 x
ニャン様

 小雨が降る平日という悪条件が良かったのでしょうね。
 見るにも、写真を撮るにも良い環境でした、、 
 ただし、紅葉があればの話ですが、、。(笑)

 「藤袴」「紫式部」「秋明菊」「高砂芙蓉」など、
 漢字で書くとそれだけで、日本の良さを感じます。

 ニャン様が、この環境に暮らされていることが
 とても羨ましい限りです。

 アッそういえば、
 天龍寺の「フジバカマ」は鉢植えでした。
 お寺さんが、増やそうと育てていらっしゃったのですね。
 
 はい、Hiro様のブログに惹かれて
 大山から、米子へ行ってきます。
 母と一緒、雨の予想なので、ハイキングは無理かな
 と思っています。
 
 のんびりしてきます、、。無理かな?
  
Commented by shinmama at 2010-10-24 10:35 x

okadatoshi様
 ありゃ、okadatoshi様も
 大河内山荘には行かれていましたか、
 しかも3度も、、、。

 私の記憶は、
 「ひょっこりひょうたん島」以降からで、
 大河内傳次郎???と思っていたことが、敗因でした。
 再度、美しい季節に行きたいと思います。

 広島は今日は雨ですが、主人はゴルフに。
 京都3日目のブログアップに勤しみます。

 ありがとうございました。
 お仕事、頑張ってくださいね。
 
Commented by うつきよう at 2010-10-25 00:11 x
 長野に住んでる私は、大河内山荘は初めてうかがいました。
 大河内傳次郎は知っていますが(もちろんリアルタイムではありません)、個人でこんな立派な山荘を建てられたとは!
 昔の俳優さんの収入はたいへんなものだったのですね。
 長野では(南部の方はわかりませんが)孟宗竹はほとんどないので、お写真のような竹林は見られません。
 戸隠の杉並木みたいですね。
 竹の葉ずれの音を聞きながら実際に歩いてみたいです。
 
Commented by shinmama at 2010-10-25 07:10 x

うつきよう様

 おおっ、うつきよう様は大河内山荘初めてでしたか、
 Hiro様と母以外の私の周りの広島の人(主人を含む)も
 誰も知らないというのですよ。
 有名なのか、マイナーなのか悩んでいたところです。

 でも、おススメします。
 紅葉、桜の季節で、小雨が降っている平日の早朝。
 
 その時間は、
 広島だと、タヌキ以外 誰もいないですが、、、(笑)
 京都は、それでもだれかいらっしゃるかもしれません。

 歩くことを目的に、
 高雄のハイキングコースもプランに入れて是非。

 コメントありがとうございました。
 

 
 
 
 
 


<< 京の旅  高雄三山を歩く 京の旅は お参りから >>