百日紅 と 百日白

      『炎天の 地上花あり 百日紅』    
                 高浜 虚子

d0174983_19591960.jpg

 サルスベリは「百日紅」と書き、赤やピンクがポピュラーで、虚子の俳句にもある百日紅(ヒャクジツコウ)が示すとおりです。

 そして今 平和公園の白いサルスベリが 満開になりました。

d0174983_192236100.jpg

 樹形は良くありませんが、暑い夏の盛りに美しく咲く 大好きな花です。
 少しアップにしてみます。

d0174983_1923960.jpg

 この白いサルスベリは「百日白(ヒャクジツハク)」というようです。

 百日紅 & 百日白は、夏に100日間も咲き続けることから、その名前がついているそうですが、
 正しくは一度咲き散った枝先から、また芽が出て花をつけるので、咲き続けているように見えるのだそうです。
     

     『散れば咲き 散れば咲きして 百日紅』  
                 加賀千代女 
d0174983_1932689.gif

 
 明日から今月3度目の参勤交代に行ってまいります。

 久々に『 横浜 』 に宿泊する予定ですので、行きたいところがたくさんあります。

 (膝の調子が良ければ) たくさん取材をしてきまーーーす。

d0174983_913832.gif
   
by saint-arrow-mam | 2011-07-27 09:05 |   植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/14197981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hiro at 2011-07-27 09:21 x
お見事! 真夏の花!

何時もカメラを手にウオーキングしている私は、花もさることながら、背景に写っているビルが気になります(笑)
フム フム です。

※先程 昨日の花火ブログに追加コメントをしましたが、中国新聞社の高橋氏の写真も 「多重露出」 です。
Commented by okadatoshi at 2011-07-27 09:23
高校時代に親しかったK氏の病状の見舞いを口実に毎年江戸に行ってました。
その彼も3年目に逝き2年前には遺稿集を高校大学のメンバーで発行。
彼は、生前葬儀についてもこの世に残る人間が気の済むようにすればいいこと。
と達観してました。
その彼が百日紅の木が好きと言ってました。
その名前の滑稽さがいいのだとか。

奥様は樹木葬を選び霊園の百日紅の木の下に分骨埋葬をされました。
blogを拝見しそのことを思い出しました。
この木はスペインのアルハンブラ宮殿にも植えてありました。
Commented by shinmama at 2011-07-27 10:01 x
Hiro様
 この写真を写しているとき、通りかかった外人さんも
 一緒になって写し始めました。

 花の名前を聞かれたら 「サルスベリってモンキースライダー?」と
 おバカなことを考えてしまいました。(笑)

 「多重露出」という言葉をはじめて知りました。
 フィルム撮影ならではですよね。フムフム。

Commented by shinmama at 2011-07-27 10:12 x
 スペインのアルハンブラ宮殿で、私も見たような気がします。
 中庭でしたっけ? あれあれ情けない。
 もう記憶が定かではありません。

 父の実家が取り壊される時、庭の百日紅を一本だけいただき、庭に植えました。
 
 老木ながら毎年、僅かに花をつけると、その都度 父と植えたことを思い出します。

 毎年咲く花には 思い出が重なり、いいもんですね。
 
Commented by うつきよう at 2011-07-27 23:13 x
 ご近所に昔から赤と白のサルスベリが咲くお宅があります。
 その紅白の木の下は何年か前から小さいながら薔薇園。
 薔薇の苗木をインターネットで販売されています。
 私は詳しくないのですが、オールドローズが専門で、愛好家には知られたお宅らしいです。
 和風と、英国風の花が同居しているなあと、通るたびに思います。
 百日紅と書いてサルスベリ。
 猿がすべるほど滑らかな木肌で百日も長く紅い花を咲かせる木、と一目でわかるネーミングができる日本語は便利ですね。 
Commented by shinmama at 2011-07-29 20:19 x
うつきよう様
広島に帰ると雨にならないのに、出掛けると雨になる雨女が、新幹線で帰広途中です。
アジサイもキョウチクトウもサルスベリも白い花がすきなので、出会うと嬉しくなります。
チャンスがありましたら、キョウチクトウの白にもチャレンジします。


<< 横濱 そして YOKOHAMA... 広島港 花火大会 >>