魔笛

 宮島マラソンが終わるやいなや、急いで船へ。
 車内で ごそごそと着替え、アステールプラザへ向かいます。


d0174983_2221282.jpg

 いつも 美しい歌声を聞かせてくれる 知人の娘さんが 「夜の女王」を演ずるのです。

 広響の演奏も演出も しっかりしていたので、予想以上に満足できました。

 実は ザルツブルグで「魔笛」のチケットを 手に入れようと頑張ったのですが、人気が高く、叶いませんでした。

 ところが偶然に 今年の ひろしまオペラルネッサンスが その「魔笛」だと聞いて ずっと楽しみにしていたのです。




d0174983_2239886.gif

 今年8月に ザルツブルグで 出会った 「パパゲーノ」です。

 パパゲーノは 「魔笛」の中では とても重要な役どころなので、
 歌だけでなく演技力も必要です。

 有名な 「パ、パ、パ」。
 http://www.youtube.com/watch?v=87UE2GC5db0

d0174983_22321468.jpg


 そして 同じくザルツブルグで 出会った 「モーツァルト」です。

 「魔笛」はモーツァルトの晩年の作品ですが、ジングシュピール(台詞と歌で進行する芝居)の傑作です。

d0174983_2238547.jpg


 ひろしまオペラルネッサンス のオーディションは 厳しいと聞きましたが
 確かに 歌も演技もかなりのレベルだと思いました。

d0174983_22541778.png

by saint-arrow-mam | 2012-12-03 06:00 |   コンサート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/17345614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hiro at 2012-12-03 07:26 x
残念ながら最近は孫デーになることが多く、音楽会を失念して、
パパゲーノとパパゲーナのニ重唱「パ・パ・パ」を聴くことが
できなかったです。
ついこの間やっと年明けのチケットを入手。
http://hirokyo.or.jp/html/concert1301.htm

今朝の目覚ましにここでYouTubeを聴くことができました。ありがとうございました。

Commented by okadatoshi at 2012-12-03 08:56
「パ、パ、パ」がわからず、youtubeを視聴したあと、モーツアルトがフリーメイソンのメンバーだったことから、フリーメイソンから鳩山一郎。今の由紀夫氏のフリーメイソン噂と、いつものネットサーフィンでWeb空間を漂っておりました。
兵庫県立芸術センターも当地ではあります。
http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/center/top.html
その気になれば、視聴にいけるのでしょうが、芸術系では美術に偏ります。
Commented by shinmama at 2012-12-03 09:39 x
Hiro様

知人の娘さんが 夜の女王の高音部を 見事に歌われてホッとしました。

平素からプロとして活躍されている人たちではなく、
音楽大学の先生だったり、高校の先生だったり、、、
中には 本職は歯医者さんという方もいらっしゃるのが
ひろしまオペラルネッサンスの良さですね。

素人の私の耳でもわかるくらい、毎年レベルが上がっているので、これからも楽しみです。
Commented by shinmama at 2012-12-03 09:56 x
okadatoshi様

okadatoshi様も ザルツブルグの広場で 
このパパゲーノとモーツァルトの像に出会われたでしょうね。

兵庫県は 立派なコンサートホールを持っていらっしゃるのですね。
広島は ホールの経営者が次々に変わり、その都度 建物の名前も変わるので、覚えられなくなりました(笑)。

まるで どこぞの野球チームと同じです。
Commented by パンジー at 2012-12-03 18:52 x
もうお帰りになってらしたんですね。
ニコッと笑ってくれると、もう何とも言えない愛おしさが溢れてきますよ。
それも直ですよ❢
でももうクロスカントリーのマネージャーもこなし、オペラにもお出かけ。
「淋しい」なんて言ってるお暇もなさそうですね(笑)
今年のお正月は、お孫ちゃんと御一緒でしょうか?
楽しみも倍増ですね。 あらためておめでとうございます。
Commented by shinmama at 2012-12-03 21:28 x
パンジー様

お嬢様のお孫様ですと ずっと一緒にいられるのですね。
いいですねえ。

病院を退院したら haruちゃんの実家で過ごすことになっているので 会うのは ちょっと難しいです。
楽をさせていただくのですから 文句は言えませんが
気兼ねなく会えるのは もっと先の話になりそうです。
フーーーー。


<< ヒドリガモ 第39回 宮島クロスカントリー >>