外貨のモデルチェンジ

d0174983_20511713.gif  
 海外旅行をすると いろんな国の貨幣を手にしますが たいてい きれいに使い切れません。
 
 二度と来ることはないだろう と思う国の通貨は 空港で 日本円に両替したり、コインは お菓子を買ったりして使い切ります。
 それもできなかった時は 帰路の飛行機に常備している 寄付用の袋にコインを入れてCAさんに渡します。
  (本当に 寄付されているかどうか 確かめたことはありませんが、、、)

 また、ユーロやアメリカドルは また使える可能性に期待して 持ち帰ることにしていますが 
 新札が出ると 一定期間を経て 日本では両替してもらえなくなるので 気にかけています。


d0174983_20371859.gif
 今、特に注意が必要なのは イギリスのポンド紙幣です。
 ポンド紙幣は 偽札が出回るので、たびたび 新紙幣に変わります。
 
 しかも 新札が発券されておよそ1年後には 旧紙幣は 日本で両替してもらえないのはもちろんのこと
 「流通停止」といって 現地でも使用することができなくなります。
 ( ドルは 両替できなくなっても 現地で使うことはできます)

 2011年に 50ポンド紙幣が新しくなりましたので、来年初めには 旧紙幣は日本円に両替できなくなる可能性があります。
(Bank of England では 新紙幣に交換してもらえますし、現時点では流通しているそうです)

d0174983_20324251.jpg


 一番流通している20ポンドの新札が発券されたときには 旧紙幣を持っている人達が大騒ぎでしたが、
 今回は使いにくいと 悪評高い50ポンド紙幣ですので、あまり騒がれていないようです。

 実は ユーロに変わる前のスペインのペセタ紙幣を持ったまま 日本で両替できなくなってしまいました。
 スペインの経済自体が 雲行き怪しい状態ですので、これは ただの紙切れになるかな?
by saint-arrow-mam | 2012-12-15 10:26 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/17428555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hiro at 2012-12-15 10:52 x
いいですね。こんな内容は コメントしたくなります (笑)
私も旅行先の G 、F(、OE、OK、HB9、ZL、VE、9Aの紙幣(新札)は両替せずに持ち帰って保存しています。
(記号は無線のプリフィックス)
紙幣は日本円に両替できるものの、二度と行く機会のない国の記念です。
コインはUSA1$銀貨は 車のキーホルダーに使用、OK(チェコ)のコインは
先般 勤務先のコイン収集家にプレゼントして喜んで貰えました。
Commented by パンジー at 2012-12-15 11:00 x
一年ぽっきりで交換できなくなるなんて知りませなんだ。
50ポンド紙幣は持ち合わせてないものの、要注意ですね。
私は、コインを一種類づつ持ち帰っております。
ユーロでも結構色んな柄があって面白い。
もう市場にはないフランスコインは私の心の御宝です❢
Commented by okadatoshi at 2012-12-15 19:23
ポンドの旧札が交換できないということは知りませんでした。
テカ(注:若者用語)イギリスには行ったことがありません。
英語圏ではNZに行っただけ。アメリカも知りません。
先ほど見たら、ドルが100ドルほどあります。
円安になれば換金します。(というほどの金額ではないですが)
ユーロは使い切りました。
海外の空港で、ドルがあればどこでも使えますね。
後は一番きれいそうなネパールの札が1枚。
今回の久々のヨーロッパで、カードの流通に目を見張りました。
レストランでもコンビニでも、小銭を持たなくてもカードで事足りました。

切手以上に海外の貨幣やコイン集めにはまったらもう際限なく範囲が広がり大変ですね。
Commented by shinmama at 2012-12-15 22:49 x
Hiro様

お返事が 遅くなり申し訳ありませんでした。

亡父が残した海外の面白い形のコインがあるのですが、
なるほど キーホルダーにすればいいですね。
母が喜びそうな気がします。

無線のプリフィックスに感動しておりました。
イギリスとフランスはなるほどですが、9Aがクロアチアなんですね。
ほほう、、これにはちょっと興味を持ってしまいました。
Commented by shinmama at 2012-12-15 22:55 x
パンジー様

最近の新紙幣は 「紙」ではなく 偽造しにくいポリマー紙幣に移行されていますね。

オーストラリアドルやニュージーランドドルなどは きれいな折り紙のようです。
でも熱に弱いとかで 扱いに注意が必要ですね。

パンジー様でしたら 思い出のコインを「帯留め」になさりそうな感じがします。
これまで コインを寄付してしまったことを 今になってちょっと残念に思います。(笑)
Commented by shinmama at 2012-12-15 23:04 x
okadatoshi様

円安を待っているうちに どんどん円高になって
ポンドなど 200円近かったのに 今 三菱UFJで147円ですからガックリです。

はい、ドルは強い貨幣なので、よほどの田舎で無い限り 世界中で使えますね。
外国船が頻繁に入港する 長崎でも使えますものね。

カードはスキミング犯罪が 横行するようになったので、
海外ではシッカリしたお店以外 かえって使いづらくなりました。
なにか 良い手はないものでしょうか?


<< スポーツ新聞風に 潮騒のイメージ >>