ハウステンボス 別荘編

d0174983_1603466.jpg

 ハウステンボスができた時に 「ワッセナー」という別荘地が販売されたそうです。
 それぞれの家には桟橋があり、別荘には 海路を利用して クルーザーで来ることができます。
 別荘所有者には 専用の駐車場があり、ハウステンボスへの入園は無料です。

 宿泊させていただいた別荘は 角地に建つ別荘で ハウステンボスの対岸です。
 眺めの良く どこもかしこも とても大きな別荘でした。


  << エントランス >>
d0174983_16124.jpg

d0174983_1612474.jpg


別荘地の入り口には 常時警備員さんがいて セキュリティーは万全です。

玄関ドアを開けると 大きな吹き抜けがあり、2階まで突き抜けるクリスマスツリーがありました。

照明器具も 高価なガレの作品です。

白い壁に照明器具の影が映り 何ともミ・ヤ・ビ。

      
<< リビングルーム >>
d0174983_1614084.jpg

d0174983_1615694.jpg


建物の坪数は 200坪。 

セントラルヒーティーングで全室を暖房しています。

管理費を払うことで 定期的に埃ひとつないように清掃してくれます。

天井高も高く、アンティークな家具が映えます。
 

<< ペチカ >>
d0174983_1621574.jpg

d0174983_1623235.jpg



リビングとダイニングには暖炉(ペチカ)があります。

赤々と燃える炎を見ているだけで ほかほかしてきます。

飾りではなく実際に暖を取る為の ペチカです。

サンタクロースが入る為の煙突が4本も立っています。

 

<< 洋室 >>
d0174983_1624972.jpg

d0174983_163493.jpg



2階には 洋室が5部屋あります。

ゲスト用の寝室からも ハウステンボスが見えます。

壁にはシャガールの絵が描けられ、大きなトランクルームもあります。

寝るのがもったいない、、、と思うのに スヤスヤねてしまいました。


 
<< 水回り >>
d0174983_1632276.jpg

d0174983_1634045.jpg



お風呂だけで 四畳半はあります。

広いサウナルームもありましたが、不慣れなものですから落ち着きません。

ぶくぶくと泡が出るジャグジーバスでした。

お風呂のお掃除も 専門業者がきちんとしているので とてもきれいです。

 
<< 桟橋 >>
d0174983_1635619.jpg

d0174983_164123.jpg



リビングに続くバルコニーから 階段で数段降りると 桟橋です。

この別荘は角地なので桟橋がハウステンボス側にあり、眺めも抜群です。

外観は白い塗り壁で 彫刻がところどころに施されています。

桟橋の下には 大きなチヌやフグが泳いでいます。

 
<< 眺望 >>
d0174983_164295.jpg

d0174983_1644477.jpg



バルコニーから見えるハウステンボスは まるで海外にいるかのような錯覚をさせます。

夜遅くまでライトアップしているので それを対岸から見るのもなんだか贅沢な気持ちです。

別荘の所有者には 芸能人も多くいるそうで、大きなクルーザーも横付されていました。



 ハクチョウやカモには餌付けがされていて 手からでも餌を食べます。

 何から何まで 初めて知った夢の世界です。

 空き家が売りに出ていましたが、2億円程度のようです。
 
 クリスマスに サンタさんの魔法で 幻を見た感じです。 ふーーーーーー。

d0174983_1625945.jpg



 
by saint-arrow-mam | 2012-12-28 16:31 |   九州・沖縄地方 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/17522751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2012-12-28 16:57
富裕層という人々がいて、そういう人たちがものを消費することで世の中お金が回っているのでしょう。
これだけの別荘を維持管理する費用だけでも大変と思います。
このクラスまで行けば、やっかみも感じるレベルをはるかに超えてしまいます。
それなりの経済活動でのご苦労もあるのでしょうが。
人間関係の配慮、遺産の行方、会社の経営、期待を持って寄ってくる人たちの見極めなど・・・。
もし同じ立場になったとしたら、今の私には逃げ出したいような心配事が新たに降って湧いてきそうです。

宿泊のお礼は、手作りのパンが一番喜ばれるように思います。
Commented by パンジー at 2012-12-28 19:48 x
素晴らしいクリスマスですね。
ライトアップに素敵な石畳、そして毎回魅力的な食事。
そして別荘のたたずまいと、完璧❢
夢の様、私にはまさに夢です。
素敵なクリスマスに、奈良から乾杯です❢
それに、shinmamaさんのパンなら御喜びなさるのも当然でしょう。
来年も素敵な年になりますようお祈り申し上げます。
Commented by よし坊 at 2012-12-28 20:31 x
華麗なる一族の華麗なる生活の一端を見せて頂き有難う御座いました。
ほんの一握りの金持ちが日本のほとんどの財産を握っているのを目の当たりに見せられたようで愕然とします。
よ〜しッ 来世はセレブになろう。そしてワッセナーで
ワッセワッセと物件を買おう。ウッセーナー 又お前が買いに来たのか!と言われるほど
Commented by shinmama at 2012-12-29 15:32 x
okadatoshi様

すでに一線を退かれた 70歳のご夫婦です。
平素 shinpapaに事を とてもかわいがってくださるのですが、奥様とご一緒するのは初めてのことでした。

管理人さんが来る前に到着したので まずは「お湯が出ない」と お二人が大騒ぎ。
私が外に出て ガスの元栓を開け 給湯器の電源を入れる と「どうしてわかるの?」と ビックリされていました。
セルフのガソリンスタンドで 私がガソリンを入れても
お二人が「すごい、すごい」と拍手です。
開け閉めの調子が悪かったドアの調整や サウナの照明器具の交換も、ヒョイヒョイとやりました。
shinpapaは 当然私の仕事だと思っているので 3対1 の関係ですが、お二人にとって 私は異色な人間に見えたと思います。
でも ひょっとしたら管理人で雇ってもらえるかもしれません。(笑)

はい、甘いパンを焼いて持っていこうと思います。
Commented by shinmama at 2012-12-29 15:44 x
パンジー様

「別荘」と最初に聞いた時には 「バンガロー」程度を想像していました。
それが 行く前になってインターネットで調べてみると
どうも違うような気がして、、、、
しかも角地で 一番大きな別荘だなんて、行くまで知りませんでした。
斜め向かいが 歌手のMさんで その向こうがSさんと言われ、感覚がマヒしそうでした。

ハウステンボス自体が クリスマスの夢の世界になっていて
その延長で 別荘がある、、、
どちらも サンタさんが 幻の世界を体験させてくれたのだと感謝しています。
Commented by shinmama at 2012-12-29 15:52 x
よし坊様

よし坊様も 別荘をお持ちなので、華麗なる一族側ですよ。

最近では ワッセナーの別荘を売りに出す人も増えているらしいのですが、
維持費が年間300万円くらいかかるうえに、すでに20年が経過しているので、
建て替え、リフォームを必要としているそうです。

優雅な生活をする人は 優雅な性格をしていらっしゃることもわかりましたので、
セコセコなんでも自分でしたい私は 管理人向きなんだと実感しました。

よし坊様の別荘で管理人 要りませんか?(笑)
Commented by Marri at 2012-12-31 00:19 x
shinmama様
別荘のご感想をありがとうございました!
一番気になっていた、煙突が本物とわかって良かったです(笑)
やはり部屋の中も豪華で素敵ですね。
ここにたまにしか来ないなんてもったいないと思います。
私もいつか泊ってみたいですが、
本場オランダの運河沿いのホテルに泊るより難しそうですね!
Commented by shinmama at 2012-12-31 09:29 x
Marri様

ご覧いただきありがとうございました。

はい、煙突は本物でした。(笑)
ただ、運河に囲まれている地形なので 土地の湿度が高く
シロアリによる被害が多いそうです。
知人の家では 家の周囲にシロアリが嫌う電波を発する器具を設置して 月一度専門業者にチェックをさせているそうです。
その維持費も驚くぐらい高い、、、。

そういうことを チマチマ気にしている人間は ワッセナーにはいないのだと思います。

なかなかできない貴重な体験をさせていただき、知人には感謝しています。


<< 庄原2012冬 ハウステンボス 観光編 >>