聖地を巡る旅 (2) 熊野三山

d0174983_21135190.jpg
女性山伏の 「富岡 秀清」さんです。
 (ご本人の許可をいただいてアップしております)
熊野古道を 一緒に歩けただけでも このツアーに参加してよかったと思うほど
素晴らしい 語り部さんでした。

御年64歳。
毎日のように 奈良とこの熊野を歩いて往復されるそうで その健脚ぶりにも驚きますが、 ツアー客1人1人の歩くスピードを見極めて 歩くスピードを調節される様子に 感心しきりでした。


d0174983_21231299.jpg

午前8時30分
 数多くある熊野古道のうち 「伏拝口(ふしおがみぐち)」から「熊野本宮大社」まで 歩きます。

 最初の内は ガイドブックなどで見る 熊野古道のイメージとは異なり 
 山々を見晴らす 美しいトレッキングコースのようなイメージです。

d0174983_21253457.jpg

 高台にある 「伏拝王子(ふしおがみおうじ)」
 これほど 山々が重なり合った美しい光景は 雨女の私にとっては ミラクルです。

d0174983_2130283.jpg

 お天気が良いにもかかわらず このルートを歩いている人は少ないようでした。
d0174983_21345742.jpg

d0174983_2135106.jpg

d0174983_21352194.jpg

 語り部さんは 途中 寄り道をして 眺めの良い場所に案内してくれます。
 ダムができるまでは 水量が多かったそうですが、、、、
d0174983_21361432.jpg

 アップダウンが結構あります。
d0174983_2137726.jpg


 << 熊野本宮大社 >>
d0174983_21375645.jpg

d0174983_2138822.jpg

 パノラマ加工で
d0174983_2138318.jpg

d0174983_2138555.jpg

 バスで お弁当を食べながら 移動して、、、
 << 熊野速玉神社 >>
d0174983_2142139.jpg

d0174983_21421912.jpg

d0174983_22112790.jpg

 さらに バスで移動して 熊野古道に戻り 「大門坂」から「那智の滝」まで歩きます。

d0174983_2148555.jpg

d0174983_21491881.jpg

 ガイドブックで良く見かける 有名なこのコース。
 他社のツアーの人が ものの10分だけ歩いて去って行きました。(笑)
d0174983_21504873.jpg

d0174983_21512536.jpg

d0174983_2151382.jpg

 山1つ迂回して 467段ある最後の階段までやってきました。
 この時点で すでに2名の方がリタイアされています。

d0174983_21535253.jpg

 << 熊野那智大社 >>

d0174983_21523263.jpg

d0174983_21545569.jpg

 ここには 「八咫烏(やたがらす)」をお祀りする神社もあります。
d0174983_21553225.jpg

 西国33か所霊所の1番札所として知られる 「青岸渡寺(せいがんとじ)」。
 亡父と母が30年前に訪れた場所です。
d0174983_21562831.jpg

d0174983_2159281.jpg

 那智山のシンボルである 青岸渡寺の3重塔と 那智の滝。
d0174983_221157.jpg

 さらに 階段を下り、那智の滝まで降りていきます。
d0174983_2214430.jpg

 落差 約133mの名瀑「那智の滝」。
 これで 「華厳の滝」 「袋田の滝」とあわせて 日本の3名瀑を 制覇しました。
d0174983_2231936.jpg


d0174983_2233998.jpg


実は 今回 膝が治らないまま 参加しているので 
サポーターをはめて なおかつ痛み止めを飲んで 歩きました。

さらに 初日のお宿で 杖を買い求め 熊野古道を歩きましたが、
そんなものでは 私の膝をかばうことは敵わず
昨日から 歩くたびに あまりの激痛に うめいています。

でも 熊野古道の二つのルートを 1日かけて歩いたことは
とても良い経験になりましたし
紀伊山地、熊野三山を巡ることができて ホッとしました。



 熊野古道には さまざまな標識や案内板が立てられていましたので
 コレクションしてみました。

d0174983_22242587.jpg

by saint-arrow-mam | 2015-01-12 00:00 |   関西地方 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/21475239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2015-01-14 23:01
那智の滝は、遠い着任したてのころ、一般的な観光ルートで
行った記憶があります。
深山幽谷歩きたいルートです。
しかし、帰宅後の克明なレポート、ご負担になりませんか。
読ませて頂きありがたいですけれど。
Commented by shinmama at 2015-01-14 23:14 x
okadatoshi様

西宮に住んでいた小学生のころ、「箕面(みのう)の滝」に何度か行ったことがあり、
それを なぜか 「那智の滝」だと勘違いしていて
那智の滝は 兵庫県にあると信じていました。(笑)

熊野古道を 歩いてみたいとずっと思っていましたので
今回 少しでも歩くことができてうれしく思っています。
ツアーだったので バスが行く先々に先回りして待っていてくれるので 楽でした。

膝が悪くなったので 買い物以外の外出を控えておりますので
ひたすらPCの前で 記憶をたどっております。
昔の自分のブログを読み返して ひそかに楽しむことがあるので
その時のために 旅行後のブログが だんだん しつこい内容になりつつあります。(笑)
Commented by パンジー at 2015-01-14 23:41 x
膝の調子は如何ですか?
私は大雨の中で那智の滝を拝見したので、shinmamaさんのお写真が新鮮(笑)
熊野古道を懐かしく思い出しております。
良いところでした、でももう二度と同じコースは歩かないでしょう。
それにしてもこれだけ有名なのに人に会わない道です。
Commented by うつきよう at 2015-01-15 01:37 x
 私の熊野古道は中辺路と大阪坂でしたが、
 思いっきり真夏!
 しかも、前日雨で当日カンカン照り。
 蒸すは、暑いはで、汗の滝でした(笑)
 膝がお悪いのに、よく歩かれましたね。
 しっかり養生してくださいね。
 そういえばshinpapa様も、いつぞや腰をいためてらしたのでは?
 影響はなかったでしょうか。
 お大事になさってくださいね。
 
 
 
Commented by shinmama at 2015-01-15 09:49 x
パンジー様

パンジー様のブログで 
熊野古道を歩くということは ポスターなどで見るイメージと異なり、
ハードなトレッキングなんだと分かったのですが
出来ることなら 自分の足で 歩いてみたいとずっと思っていました。

何日も歩くことは無理でしたが、
今回 午前中に3時間、午後から3時間歩かせてもらえただけでも
良かったと思いました。

歩いたところは 最もツアー客が喜びそうなポピュラーな部分なので
スタート地点では ほかのツアーの人もたくさんいましたが、
あっという間にバスに戻り、どこかへ消えてしまうので お気の毒でした。

語り部さんが ほら貝を吹きながら同行してくださるのも
ムードを盛り上げました。
Commented by shinmama at 2015-01-15 09:56 x
うつきよう様

真夏の石畳はきついでしょうね。
雨が多い地区ということで 私は雨を覚悟していたのですが
なんとか ピカ天で終えることができ 感謝です。

ひざは何とかなる、、と思っていたのが大間違い、
回復していなかった分だけ、悪化するのもあっという間でした。
はい、Shinpapaも コルセットをして歩きました。

温泉でほぐしたつもりですが、今回ばかりは 長引きそうです。


<< 聖地を巡る旅 南紀勝浦温泉 熊野本宮大社 >>