クルーズ5日目 終日航海


 6時前には 日が昇ります。
 珍しく この船にはアーリーバードが少なくて デッキに人影がありません。
d0174983_13155222.jpg

今日は 終日航海日で 船は沖縄に向かいます。
波が穏やかなので 船は時速17ノットにスピードアップして南下しています。
d0174983_13245025.jpg

d0174983_13244698.png

 今朝、ストレッチ教室に日本人が数名やってきて 驚くことに最前列を占拠しました。
 英語が理解できないので 古参の外国人に何を言われても 平気なところは立派ですが、
 まだ来ていない友人の分も マットで場所取りするのは 日本国内でもマナー違反でしょう。

 こういう光景をみるのが嫌で マイナーな外国船を選んだつもりでしたが、
 結局、日本近海なら どんな船に乗っても同じだということを学習しました。
 
 明日からは ストレッチ教室には、もう行かない、デッキウォークにします。
d0174983_13245965.jpg

 不愉快な思いで 1日をスタートしたこともあり、イベントに行く気もなくなり
 今日は おとなしく本でも読んで過ごします。

 エクスプローラーズカフェにいき 有料ですが美味しいカフェラテとサービスのクッキーを。
d0174983_13245931.jpg

 レストランで知り合ったカナダ人に勧められて 初めて行ったのですが、静かで落ち着く穴場的カフェです
 部屋も広く 本がたくさん置いてあり いい場所を見つけました。
d0174983_13245822.jpg

 唯一 参加したイベントは 外国人向けに「寿司」について説明するセミナーです。
 講義をする人も 聞いている20数名の人も全員外国人です。

 まさにテレビの「cool Japan」「Youは何しに日本へ」の生放送を見ているようです。

 外国人の目から見た「Sushi」に対する疑問は どれもユニークで痛快、
 また「手巻き」「軍艦巻き」などの形などを 英語でうまく説明しているのを聞くと とても勉強になりました。
 でも講師の人は とてもやり難そうでした、、、、すみません。
d0174983_13294926.gif
 ちなみに 外国船の夕食は 部屋のランクによって指定されたレストランで
 テーブルも決まっていて 航海中、毎日同じメンバーと 食事をします。

 気に入らなければ 空いている席に変えてもらうことができますが、
 通常、日本人は 同じテーブルに まとまって座ります。(座らされてしまいます) 

 そして 料理は 前菜・スープ・サラダ・メイン料理・デザートの中から 好きなものを何皿でも注文できます。
 ただし、メイン料理とデザートは テーブル全員のお皿を一斉に出されるので
 それまでの料理の数が違うと 一番注文を多くした人が全部食べ終わるまで
 他の人は「おあずけ」状態で ずっと待っていなければなりません。

 でも そのルールを知らない人と同じテーブルになると あきらめて 
 その人が食べ終わるのをじっと待っています。

 ところが 今回は そのルールを知りながら、ご主人がいくら注意しても 
「頼まなければ損」とばかりに 食べきれないほどたくさん料理を頼む女性が 同じ6人テーブルにいたのです。

 しかも ゆっくり召し上がるために 食事時間がかなり長くかかり、
 メイン料理までに1時間半、終了までに2時間半も食事時間がかかります。
 御主人がお気の毒で 気を遣わせてはいけないと思い 私もShinpapaとシェアしたり、
 スモールポーションにして皿数を増やして できるだけお付き合いしてきたのですが、
 さすがに毎日ですと それも疲れて、今日は 2皿だけ頼んで(それでも 1時間半)、
 デザートを食べず、中座させていただきました。

 今更、2人席に変えてもらうわけにもいかないので、
 この苦痛から逃れるために 明日からは有料レストランを利用する事になりそうです。
d0174983_13245951.jpg

 今日は 朝から晩までついていない1日でした、、、が これも船旅、
 のがれられません。


by saint-arrow-mam | 2017-04-16 13:42 |   日韓 島巡り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/24093687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2017-04-17 13:11 x
そんな決まりがあるんですか〜。知りませんでしたし、一つ利巧になりました。我が家の様な小食だと大変だこりゃ、、、
ウ〜ン、、、黒門市場、、、
Commented by shinmama at 2017-04-17 14:00 x
よし坊様

はい、西洋料理でテーブルを囲んでコース料理を食べる場合は
たいてい同じルールになります。
でも普通は同じ皿数なので、気になりません。
船の場合は、好きなだけ頼めるので、皿数が異なり、
このようなことになります。
二人席がいいですよ。
Commented by パンジー at 2017-04-17 23:21 x
確かに同じテーブルで同じメンバーですから、相性は重要ポイント。
ありがたいことに、今まで不都合なく過ごしております。
というか、私が超わがままなのです <m(__)m>
前菜を複数頼むので、メインの時にはこれ、次はあれって…
お皿の数まで考えてませんでした、これから気をつけねばなりません、
いいことを教えていただき、ありがとうございました。
Commented by TanMatsui at 2017-04-18 07:46
 相席で食事をする場合、私は出来るだけ外国人の座っている席に座ります。
これが 相手に話しかける機会ができ、英会話研修に最適なシチュエーションです。
 料理の中味、ましてや食べた皿の枚数など、気づいたことはありませんが
何故か日本人だけが皿に食べ残しをするのが最も気になります。
勿体ない 勿体ない!!

 お楽しみの旅行中、たわいないコメントを入れて ごめんなさい。
Commented by saint-arrow-mam at 2017-04-19 11:50
パンジー様

いえ、わがままをなさってよいと思います。
ただし、お2人のテーブルの時に、、、。

お皿の数は違っても 急いで召し上がれば問題ないと思いますが
皿数が多い上に ゆっくりおしゃべりしながら食べるのはどうかと思います。
だんだん うるさいおばちゃんになっていく自分がいます。
('Д')
Commented by saint-arrow-mam at 2017-04-19 11:54
Hiro様

私もできることなら 二人席、ダメなら外国人と一緒と思うのですが
Shinpapaは 日本語で話せるテーブルを望みます。

添乗員さんが着いているツアーの方はまとまって座り、
添乗員さんが一人一人料理を聞いて、通訳しているので まるで海外旅行そのものです。


<< クルーズ6日目 那覇 クルーズ4日目 大阪(2) >>