7日目 石垣島

3年前に飛行機で来たのですが 船で来ると新鮮に感じます。
d0174983_11254547.jpg

でも デッキに出るとカメラが結露するくらい湿度が高く まるで温室の中にいるような蒸し暑さです。

今日は WiFiもないし、ゆっくりと下船するつもりですので
いつもと違うレストランで アジアンスタイルの朝食を頼んでみました。
「ミソスープ」は スープですから スプーンで飲みます。
d0174983_11262691.jpg

メニューに 「スチームドライス」「タマゴヤキ」「グリルドサーモン」と書かれていたので
純粋な日本食を思い描いていたのですが、
d0174983_11263042.jpg

ご飯の上にドーーんと鮭が乗せられていて、卵焼きはお寿司のネタでした。
当たり前の和食が出てくるより ブログのネタとしてはウケました。
d0174983_11263476.jpg

さあ、テンダーボートで下船です、、、、、、
d0174983_11263873.png

????
船が岸壁に着いています。
d0174983_11264254.jpg

どうやら テンダーボートで上陸する予定だったのが コンテナ埠頭に着岸できたようです。
d0174983_11264628.jpg

埠頭には小さなテントが張られ、簡単な観光案内をしていましたが、
英語を話せるスタッフが少なくて、右往左往しています。
見過ごせない、とShinpapaに言われて、少しだけお手伝いすることに。

ここでもシャトルバスが用意されていないので
島めぐりをする人は 歩いてフェリーターミナルまで行かなければなりません。
当初の予定では テンダーボートでターミナルまで行ける予定だったのに
蒸し暑いし、初めての土地で、日本人に英語で道を聞いてもわからないし、
角々で 外国人ゲストがうんざりした顔をして 地図を広げています。

デイゴの花やハイビスカスが咲く 美しい南国の島なのに、あまりにお気の毒なので
外国人ゲストが立ち止まって地図を広げていたら、とにかく声掛けをして 目的地を聞くことに。
d0174983_11265064.jpg

スマホのナビが こんな形でお役に立てるとは思いませんでした。
私達も 海外で船のエクスカーションに参加しないで 自分たちで歩きたいと思うので
彼らの不安な気持ちは よくわかります。
d0174983_11275605.jpg

ゲストを案内方々 公設市場へ。
買うものもないし、私など見る気にもならないのですが、そうは言えないし、、、。
d0174983_11280073.jpg

さらに 市場で出会ったゲストと一緒に 今度はフェリーターミナルへ。
西表島も竹富島も3年前に行ったので、今回、2度目はもういいかなあ、、、。
d0174983_11280475.jpg

1時間くらいフェリーターミナルにいましたが、落ち着いたようなので、 
3年ぶりに サーターアンダギーを食べに「さよこの店」に。
d0174983_11280889.jpg

以前 町の中心部はよく歩いたので お店には地図を見なくても行けます。

やっぱり揚げたては 外がサクサクして とてもおいしい!!
ゴーヤ入りは中が緑色ですが、苦みはありません。
d0174983_11281222.jpg

ユニークなのは 石垣島のNHKです。
いつきても「外出中」という看板が出ているんです。
何処へ行ってるんだろう??
d0174983_11281639.jpg

今にも雨が降りそうで かなりムシムシ、早めに帰船します。
戻る途中で 喫茶店に入り ひとやすみ。
d0174983_11282199.jpg

1年前にオープンしたそうで 新しくて冷房の効いた店内で シフォンケーキとカフェラテをいただきます。
でも これで 1300円とは東京並みの価格です。
d0174983_11293547.jpg

涼んでいると 外国人ゲストが次から次に入ってきます。
胸にエクスカーションのシールをつけているので フォーレンダムのゲストであることはすぐにわかります。
ところが 店員さんがだれも英語を話せず 前払いのシステムがわからない外国人たちが座ったものの 何を言われているのか、どうしたらよいのか わからず困り顔。

その都度 オーダーと支払いの手伝いをしていると
カナダから来て 2か月のクルーズを楽しんでいるというご夫婦が 
「彼女にチップを払わなければ、、」と冗談を言いながら 声をかけてくださいました。
とてもユーモアあふれる御主人でしたので 話が弾み、英語でジョークを言いあうと、
奥様が大笑いして盛り上がり 久々に長い時間話し込みました。
同じ船に乗っているという安心感で お互いに身構えないで話せるのは クルーズの良さだと思います
船に戻り、シャワーを浴びて、船内で映画を見ることに。
でも 半分 ウツラウツラ、、、 2日続きの暑さに ちょっと疲れました。
d0174983_11293937.jpg

出航の時間が近づきデッキに出て、海上保安庁の連絡船の様子をのぞき見。
d0174983_11294217.jpg

次は 韓国の済州島へ行くので 船内でイミグレーションがあります。
こういう時、たくさんの職員が来て てきぱきと仕事をしてくれるのは 日本ならではです。
d0174983_11294731.jpg

でも 見送りが 一対のイソヒヨドリだけというのは 哀しいものがあります。
船旅は 出航時のイベントが楽しみなのに、この船には全くそれがありません。
d0174983_11295078.jpg

出航すると同時に スコール、、、南国の島らしい。
d0174983_11295468.jpg

さて、恐怖の夕食タイムですが
レストラン6人席のうち、友達同士で来られていた女性2人の方に
「これからは 私達はビュッフェで食べることにします」と言われてしました。
先を越されてしまったので、私達は逃れることができず、
これからも 2時間半の夕食コースに付き合うしかなさそうです。
今日はShinpapaが頑張って 皿数を多めに頼んでいましたが、体に悪そうです。(笑)
d0174983_11310343.jpg

d0174983_11310830.jpg



by saint-arrow-mam | 2017-04-19 11:35 |   日韓 島巡り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/24102241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 8日目 終日航海 6日目 那覇 >>