希望の星?


 史上最年少でフランス大統領になったエマニュエル・マクロン氏。
 頭脳明晰で 若くても素晴らしい経歴をお持ちの イ・ケ・メ・ン。

 ただ、公表された画像を見ると ちょっと違和感が、、、、
 隣にいるのは 奥さん? それとも お母さん? 
d0174983_21110163.jpg

 パリ 7日 ロイターによると
 
 39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となるエマニュエル・マクロン氏と
 妻ブリジットさんの初めての出会いは、マクロン氏が15歳、ブリジットさんが40歳のとき。

 当時ブリジットさんは 銀行員の夫と3人の子供を持つ既婚者で、マクロン氏に演劇指導を行う学校の先生だったが
 2007年 彼女が54歳の時にマクロン氏と結婚し 現在は64歳。
 
 ファーストレディーとしてエリゼ宮(大統領府)に入ることになるブリジットさんの夫への指導は 
 今後も続くだろうが、より大きな舞台の上で行われることとなる、、、ですって。


d0174983_21334823.gif ひゃーーー、25歳も年上の 奥さんだったんだ。
 だから 大統領は39歳なのに 「孫」がいるんだ。

 日本だったら、元の御主人がテレビに出たり、今の生活をパパラッチされたり 大騒ぎになっているのでしょうが
 フランスでは それはない というのが素晴らしいです。

 同年代のおばちゃんとして ブリジットさんのことを 「希望の星」といってよいのかどうかわかりませんが
 マクロン氏の一途な思いに敬意を表して 私がフランス人なら 絶対に 1票入れたと思います。
d0174983_07541600.gif

by saint-arrow-mam | 2017-05-18 07:54 |   日々是好日 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/24186589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TanMatsui at 2017-05-18 15:16
「年の差婚 (女性が上)」  でサイトを検索すると、国内カップルの具体例が続出しますね。
 近年の男性の意識が見え隠れします。

 このニュースに便乗したのではないでしょうが  「穏やかな老後を過ごしたい」 とのコメントで
熟年結婚のS子さんのニュースもTVを賑わしています。
Commented by shinmama at 2017-05-18 16:56 x
Hiro様

トランプ大統領のように 奥さんが24歳若い、、というのは 時々聞く話ですが、
逆のパターンもアリなんですね。

若いころのS子さんは美しい方で 書かれる文章も素敵だったので、彼女の本は読破していたのですが、
最近、テレビで見るに 少しお疲れ気味かな?と思っていたら 結婚されていてびっくりしました。

フランスにしても日本にしても 同じ世代の女性が この年齢で新しい人生を歩こうとする姿に
エールを送りたい気持ちになります。
Commented by okadatoshi at 2017-05-18 22:56
奥様に先立たれた男性の再婚相手は、かなり需要があるそうです。
(と、独り身に知人が言ってました)
相手は同棲ではなく結婚希望で、相手の男性が亡くなった後に年金が残り老後の生活が安定するらしい。

今は二人ともできる限り一緒に健康寿命が続くことを願っています。
これからは予測不可能な近未来があるので、あれこれ予測し準備することは意味がありませんね。
Commented by shinmama at 2017-05-19 21:46 x
okadatoshi様

我が家は 同級生夫婦なので、同じように年をとるのかと思っていたのですが、
年々、体力面で差を付けられている気がします。
結婚した当時は 私の方が タフだったのですが、、、。(笑)

最近、Shinpapaの後ろ姿を見ると、
いつまで夫婦で元気で遊んでいられるのかなあ、、と考えるようになりました。
先の事を考えず、楽しみを先延ばすることなく、
できるときにしたいことをしておく方が良いのか、
反対に 生き急がず、どっしりと構えている方が良いのか 悩んでいたのですが、
>予測し準備することは意味がありません
確かに その通りですね。


<< 新緑の横谷渓谷 日帰りハイキング 映画『美女と野獣』 >>