山形日和 3日目


 思い描いていたのは
  朝起きて窓を開けて 「ひゃーーー肌寒い、さすが山形だね」ということ。

 ところが 現実は
  朝起きて窓を開けて 「ひゃーーー蒸し暑い、クーラーを付けよう」。

 贅沢は言えません、雨が降らなかっただけでも ヨシ!!
d0174983_20322723.gif

 国民休暇村「羽黒山」を 選んだ理由その2。

 ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにて★★★を獲得した、羽黒山三山神社に続く
 2446段の石段を 往復することなくウォーキングできるプログラムを持っていることです。

 具体的には マイクロバスで「随神門」まで 連れて行ってくれて 
 違うルートを走って山頂まで迎えに来てくれるのです。
d0174983_20545716.jpg

 午前9時 お宿を出発して 20分で参道口へ。
 参加したのは 私たちと男性一人だけです。
d0174983_20351247.jpg

 「随神門」
d0174983_20350763.jpg

 「祓川神橋」
d0174983_20351778.jpg

 「須賀の滝」
d0174983_20352170.jpg

 「五重塔」(国宝 平将門の創建)
d0174983_20352645.jpg

 急勾配の階段が続き、、、
d0174983_20353092.jpg
 汗が滝のように流れ、、、
d0174983_20353788.jpg

 「二の坂茶屋」へ到着。
  この茶屋は 「ちから餅」が有名で、おばちゃんが認定書をくれます。
  これで ほぼほぼ階段の半分を上ったことになります。
d0174983_20354863.jpg

 この茶屋からの眺めが いいという評判ですが、あいにくの曇り空。
d0174983_20355855.jpg

 再び階段を 上ります。
d0174983_20444032.jpg

 ヤマアジサイがきれい、、と感動しながら さらに階段を上り続け、、、
d0174983_20444435.jpg

 道が 少し平坦になったと思ったら
d0174983_20443719.jpg

 最後に急階段があり それを上がると 見えてきました「三神合祭殿」です。
d0174983_20444969.jpg

 月山、羽黒山、湯殿山の三神を合祭した 日本随一の大社殿です。
d0174983_20445232.jpg

 山頂には 広い駐車場があって、通常、観光バスはここまで登ってきますので 階段を上らなくても よいのですが、、、
 上ってみたかったのです、2446段のミシュランの階段を。
d0174983_20445573.jpg

 でも 松尾芭蕉さんは もっと厳しい「けもの道」を歩いて山頂まで登ったそうです。
d0174983_20445859.jpg

 迎えに来てくれたマイクロバスで 休暇村に戻ります。
 せっかくなので入浴したいところですが、新幹線の時間があるので 着替えだけして山形駅へ。
d0174983_20322723.gif

 高い建物が一つもない のどかな田園風景の中を走ります。
d0174983_21192648.jpg

 山形自動車道の途中 眺めの良い「月山PA」で運転手交代。
d0174983_21193099.jpg

d0174983_21193861.jpg

 レンタカーを返し、山形新幹線「つばさ」に。
d0174983_21193537.jpg

d0174983_21194272.jpg

  東京駅で「広島お好み焼き」を食べて帰ります。
d0174983_21240079.jpg

 
 どんなに暑くても 忘れずにマンホールの蓋を写し、風景印をゲットしましたが
d0174983_21194688.jpg

 首に巻いたタオルに 汗をいっぱいかいて 階段を上ったので
 夫婦でアセモができ、東京に戻ってから薬を買い 塗っています。

 豊洲は 涼しいです。(笑)

by saint-arrow-mam | 2017-07-13 00:00 |   東北地方 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/24889632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うつきよう at 2017-07-15 00:01 x
 階段登られたんですね、えらい!
 私は登る気あったのですが、ツレアイは「いいや」。 で、楽して上の駐車場まで車で。
 
 『月山』、小説が読めない私がなぜか購入し、岩波ホールに映画まで見に行ってしまいました。
 30年後にその山に登るなんて想像だにできませんでした。
 月山には湯殿山から登りました。
 ただ単に、変化に富んだ登山道に魅かれたからだったのですが、
 さすがに修行の道、たおやかな山容とはうらはらにかなりきつく、目一杯修行することになりました。
 最も印象深く忘れられない山のひとつです。
 鳥居の向こうにいろいろなエピソードやシーンが次々浮かんで、たいへん懐かしく拝見しました。

 弥陀ヶ原は草紅葉のころでした。
 今の季節、緑が濃くてきれいですね。花もたくさん咲きますし、いいですね。
 また行ってみたいなあ・・・

 花の名前、分かる範囲でですが、
 ツマトリソウは ミツバオウレン かと。
 モウセンゴケの右は ズダヤクシュ、左はミズバショウの果実、
 ワタスゲの右は ハナニガナ だと思います。

 
 
 
 
 
Commented by shinmama at 2017-07-15 08:53 x
うつきよう様

はい、雨が降ったら、車で山頂へ、と思っていたのですが、
雨が降らなかったので 予定通り階段を歩きました。
蹴上が低いので思ったより楽でした、、、といっても 蒸し暑かったので流す汗は凄かったです。

うつきよう様も「月山」読まれたのですね。 うれしい!!
湯殿山から月山、、、というコースがよい、、、とお宿の方がおっしゃっていましたが、厳しいルートだったんですね。
私など体力的にも無理ですが、車を湯殿山に置いては行けず、
マイカー移動をする場合、ワンウェイは難しいですね。
羽黒山ですら 階段を往復する気にはなれませんでしたもの。

釧路湿原、弥陀ヶ原湿原、、、たった2か所だけですが、どちらも印象深く、湿原が好きになってきました。
Commented by よし坊 at 2017-07-15 10:24 x
階段は強制的に歩幅が決められてしまうのでとても歩きにくいですが良く登りましたね。
努力賞を差し上げます。
高山植物が沢山咲いていましたね。見応えが有りますね。
どんなに暑くても雨より良いです。

靜岡からこちら方面はとても行きにくい所でなかなか行けません、、、
Commented by TanMatsui at 2017-07-15 10:36
初日ブログの紅花を見て、染料利用 (教材で話します) とともに、沖縄の 「紅花の効用」 を想起していました。 
http://supple.body-power.net/modules/healthyfood/yusirui/benibana.html

 コメントしようと思って、ときどき開いて見る度に、上から下までスクロールしないと
 拝見出来ないほどの内容がアップされてあり (笑)。 コメントする機を逸しました。
 私が出かけたのは 月山 だけです。

 明日は午前中臨託、 予約投稿して帰省します。 土曜日に同窓会があるので
今回は4日間の短い帰省です。
Commented by shinmama at 2017-07-15 11:10 x
よし坊様

山頂から参道口に歩くと 下りが多くて楽なので
ツアーでは逆走するそうですが、
国民休暇村の文書によると、「きちんと参道を上がって お参りをして欲しいので 正規のコースにしました」と
ご丁寧に書かれていました。(笑)
どちらにしても ワンウェイですけど、、、。(笑)

広島から九州に行く感覚で 東京から東北に行くことができますし、
広島から四国に行く感覚で 東京から信州、東海へ行くイメージを持っています。
ただ、東北の場合 駅からの交通手段が不自由なのですが
レンタカーを借りる、、という技を覚えてから 楽になりました。

>どんなに暑くても雨より良いです
はい、暑いのは我慢すれば 予定していたことはできるのですが、
雨の場合、予定はキャンセルになりますものね。

明日から北欧ですね、、、涼しいでしょうね、、、いいなあ。
Commented by shinmama at 2017-07-15 11:17 x
Hiro様

旅行のブログは 後で見直すことが結構あるのですが
思い出すためには 地図や画像の数が多い方がいいなあ、、と思って、
しつこいくらい長々とアップしております。
申し訳ありません。<(_ _)>

今回は、タグボートを持って行ったのですが、一度も開く時間がなく
ただの荷物になってしまいました。
リアルタイムでのアップも 「スマホの練習」と思って 取り組んでいますが
情けないことに 時間が結構かかります。

夜になると 電波が世界に飛ぶ4日間をお過ごしなのですね。
道中の中国山地の様子を拝見するのが 楽しみです。
Commented by okadatoshi at 2017-07-15 21:12
旅行記拝見しました。
やっと、これで落ち着かれますね。
これだけのblog資料を残される技は凄いと思う反面、ご負担にならないのかなぁと感嘆しています。

月山の8合目までは、昨年のツアーで行きましたが、山頂まで登れないのが心残りでした。
blogを参考に、いつか私もレンタカー旅行を考えて見ます。

お風呂の、枡酒はオカワリができるのかなと、気になっていました。
川魚料理をご主人に食べさせたりというのは、事前にネット調査を綿密にされているのですね。
これだけのスーパー添乗員がおれば、ご主人は金には糸目を付けないから、計画は丸投げという心境が分ります。
Commented by shinmama at 2017-07-15 22:15 x
okadatoshi様

旅行に行く前の下調べと予約や準備に 一番時間がかかり、
旅行中は それをロスなく実行することに専念、
帰宅したら その総括をするので、
3度 同じコースを 旅行したかのように、記憶に残ります。
それでも 年々、記憶力が弱くなり、
帰宅後すぐにまとめないと どうだったかなあ?と曖昧になります。

月山の8合目から山頂へ、、、okadatoshi様なら可能なルートだと思います。
今の時期、9合目は まだアイゼンが必要というのですから涼しいのでしょうね。

桝酒は 樽が置いてあって 飲み放題ですので、何杯でも大丈夫です。
樽が冷やしてあるので 温かい温泉の中で飲むと最高でした。

旅行に行くと 荷物持ちはShinpapaの仕事で 私は身軽に資料を片手に動きます。
役割分担ですね。


<< 近況報告の食事会  11回目 山形日和 2日目 >>