誕生祝と夏祭り


 7月は Shinpapaの誕生月、8月は Shinの誕生月なので 合同で誕生日会を行いました。
 でも 誰の誕生日であろうとも 誕生日会の主役は koharuでなければ おさまりません。

 ケーキに 好きな数だけ ろうそくを立て、バースデーソングを 大声で歌い、 
 その ろうそくを吹き消すのも 全部 koharuです。
d0174983_18584152.jpg

 自分の誕生日と勘違いしているのかなあ? と思っていたら
 「バーバ!! 11月の私の誕生日には もっと大きなピンクのケーキを お願いね」 というkoharu。
 
 ちゃんと 理解しているようで、、、、、。(笑)
d0174983_19103021.gif

 翌日は koharuと一緒に 「富岡八幡宮」の本祭りにでかけます。
d0174983_18584077.jpg

 露店が大好きなkoharuは 「風船釣り」「金魚すくい」「スマートボール」など
 自分ができる露店を見つけると 犬のように立ち止まり、動こうとしません。

 教育上、お金を出し渋る親には 頼まず
 財布のひもがゆるゆるのジージとバーバに狙いを定め 「お願い、、、」というkoharu。

 こんな時、応じるべきか 断るべきか、、、
 答えは簡単。
 ジージは 家の貯金箱から 100円玉を山のように持ってきています。
d0174983_18584186.jpg

 歩行者天国の大通り。
d0174983_18584088.jpg

 3年前に感激した 神輿に水をかける勇壮な本祭りを 今年も取材したい気持ちは 山々でしたが
 1時間以上  道端でジッとして神輿行列を待つことは koharuには無理なので 今年はあきらめます。

 ただし 一基だけ 行列に参加しない神輿があり、
 それは 某宅配業者が寄進した神輿で ダイヤモンドなどが飾られた非常に高価な神輿だというので それのみ取材。
d0174983_18584136.jpg

 門前仲町から 浅草のスーパー銭湯にタクシーで移動し、
 いつものように 「温泉女子」になり 汗を流し、
 いつものように 浴槽の中で 人魚姫と王子様ごっこをして、
 いつものように バーバがのぼせて 倒れそうになりました。
 

by saint-arrow-mam | 2017-08-13 19:46 |   koharu日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/25301399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2017-08-14 06:51
koharuちゃんの仕草を見ると、孫君の幼少期を思い出します。
もうすぐ小学校に入り、自分の友達もでき自分の世界ができてきます。

やがて、小中の理科の自由研究なる夏休みの宿題の恐怖のジジババへの丸投げが。
(^^;)
koharuちゃんも、やがて親には相談しにくいことでババさまを頼りにする時期が来そうな。

やっと、孫君は高校1年。
背丈も180cmちかくに伸び、おっさん化してきました。
高校では、部活と塾の日々。

家庭科の宿題で、「朝ご飯を1週間つくり、写メして栄養的な分析をせよ」
というのがあり、これは母親の守備範囲。
自由研究はありません。
Commented by よし坊 at 2017-08-14 10:20 x
koharuちゃんも祭り好きに成りそうですね。木遣りやお囃子が聞こえてくると腰が落ち着かなくなるそうです。
火事で燃えてしまった店の主人は家内と同期だそうです。
Commented by shinmama at 2017-08-14 12:20 x
okadatoshi様

男の子しか育てたことが無いので 女の子の言動が面白くてなりませんが
今日は 腰と腕が筋肉痛です。
重たいkoharuを抱きかかえることは もうすぐできなくなりそうな気がします。

帰る時間が近くなると「帰りたくない。 ずっとバーバと一緒にいる」と 泣き声を出します。
そんな時のために用意しておいた小さなお菓子を帰り際に渡すと ハグをして 元気よく帰っていきます。
バーバの存在は まだ その程度です。(笑)

忍者だと言って、プラスチックの刀を背中に差して ホコテンの大通りを闊歩するkoharuの姿に
遠い日の自分の姿が重なります。
三つ子の魂? 私のDNA? 嬉しいような哀しいような。
Commented by shinmama at 2017-08-14 12:24 x
よし坊様

お江戸のシトは 小さい時から大規模なお祭りに出会う機会が多く、
また 大人が行事を大切にしてきちんと次の世代に繋いでいくので
お祭りが好きになるのは わかる気がします。
奥様のDNAは 江戸っ子そのものでものね。

人気のあるラーメン店などが並んでいるエリアだったので残念です。
火事の匂いって こんなに残るものなんだとびっくりしました。


<< パスポート・スタンプ お江戸の中心地 >>