『チャリティー』(マホニア・メディア)


 毎年 この時期になると マンションの中庭に咲く黄色い小花。

 足元の名札には「ヒイラギナンテン」と書かれていますが、
 ググると マホニア・メディアで『チャリティー』というかわいい名前がありました。

 マホニア・メディアは メギ科ヒイラギナンテン属(マホニア属)の常緑低木で
 中国原産のヒイラギナンテンとマホニア・ロマリフォリアとの人工交雑種。
 『チャリティー(Charity)』はその園芸品種の1つのようです。 

 中庭の壁に沿って 十数本並んでいる『チャリティー』ですが
 毎年、日当たりや水やりなどの関係なのか それぞれが 勝手にバラバラと咲き始めます。
 
 ところが 今年はどうしたことか 同時に咲き始めたので 
 今、中庭の一角が とても華やかになっています。
d0174983_19052812.jpg


 
 一般的なヒイラギナンテンと異なり 花穂が垂れず 
 黄色い炎のように 天に向かって 勢いよく立ち上がっている『チャリティー』の姿に 
 治る気配のない病状に落ちこみそうになる私は 元気を もらっています。
d0174983_19304169.jpg


by saint-arrow-mam | 2017-12-08 08:39 |   植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://runslowly.exblog.jp/tb/26212093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うつきよう at 2017-12-08 09:33 x
 本当だ!
 花が立ち上がってる!
 ヒイラギナンテンはちょっと控えめな感じがする花の印象がありましたが、
 一念発起しましたね(笑)
 見てるとこちらも元気になりますね。
 ヒイラギナンテンは良い匂いがしますが、
 やはり匂うのですか?
Commented by shinmama at 2017-12-08 14:06 x
うつきよう様

そうなんです。
まさに 一念発起したヒイラギナンテン、、というイメージです。

薄暗い寒空の下であって、鮮やかなビタミンカラー。
落ち葉の舞い落ちる寂しい季節の今、私には元気をもらえるありがたい存在です。

はい、良い匂いがします。
Commented by okadatoshi at 2017-12-08 21:58
遅まきながら肩の治療に向かい、お気持ちは良く分ります。

医師も、リハビリの担当者も「直ぐにはなおらない。半年はかかる。直ぐ直る人もいるし、何年もかかる人もいる。原因も分らないし、確定した治療法もない。人それぞれ・・・」 といわれ痛みだけとは、つきあわされております。(;_;)
Commented by shinmama at 2017-12-09 09:49 x
okadatoshi様

>原因も分らないし、確定した治療法もない。人それぞれ・・・
私も お医者様から このセリフを聞かされてもなかなか納得できず
日々、あれこれ探っています。

原因となりそうな アルコールの摂取をしたかどうかに加え、
食べたもの、、
 動物性たんぱくや発酵食品、アレルギーの原因として良くあげられる食材を摂取したかどうか?
運動量、、
 どの程度の運動を どのくらいの時間 行なったか?
入浴時間の長さと入浴剤の有無、
横になっている時間と座っている時間の長さ、などなど
原因となりそうなものと紫斑の数の相関関係を見つけようと 頑張っていますが、
どれもダイレクトに 結果に結びつきません。

痛みもかゆみもない事だけが救いですが、ぶり返したことは ダブルショックとなり
これが続いて 腎臓が悪くなってしまったら、、という恐怖で憂鬱になります。
「民間療法を試す」という方の気持ちも 少しわかるような気がします。 


<< 「ふく」が来た!! 花は咲く >>