2012年 02月 19日 ( 1 )

道東の旅 2日目

d0174983_8533240.jpg


 北海道でも「旅レコ」をフルに使いました。 (今日は 赤いラインです)
 
 バスに乗ったままではわかりにくかった 走行ルートが良くわかります。
 網走で、ちょっと海に出ているのは 流氷を見た船の軌跡です。

 いよいよ shinpapa 待望、 今回のメインイベントである『流氷』との初対面です。
d0174983_8585197.jpg


 バスはさらに北上します。  
 
 雪道は アイスバーン状態。 にもかかわらず バスはチェーンもつけずに 時速50km程度で走ります。
 登り道になると、後輪が左右に滑り バスがお尻を振って走っています。  ひゃーーー!! 神様ぁ!!

 チキンな私は、シートベルトをしっかり締めて、恐ろしさに うたた寝もできません。(笑)
d0174983_18485643.jpg

 バスの中が暖かいので 水蒸気が窓につき、すると みるみる『凍結』します。

 「お手持ちのカードで カリカリと削ってください」 とガイドさん。
 しかし、削っても削っても 数分で同じ状態に。
 もちろん 窓自体も凍りついているので 開けることは できません。 

 さすがに 北海道。 寒さが半端じゃありません。  カリカリ、、、カリカリ、、、
d0174983_9132041.jpg

d0174983_13524457.gif
 

 摩周湖の近くに 北海道の形をした湖があります。  カリカリ、、、カリカリ、、、  
 雪で まっ白なので「湖」だと言われなければ「雪原」にしか見えません。 「ペンケトウ」という名前の湖です。

d0174983_9205256.jpg

 「5年に一度だけ凍る」 と言われている『摩周湖』へ。

 <<<  ラッキー その1  >>>
 凍りついた摩周湖の全景を 見ることができました。(パノラマ加工で)
 霧の摩周湖は 天候が安定しない場所にあり、特に凍りつくような時期には 空が荒れるそうです。 
 
 ガイドさんも 「すごい。すごい。」と マイカメラで写しています。(笑)
d0174983_9234669.gif


 展望台の手すりは 霜柱?氷雪?で キラキラと光り、樹氷も、、、。
 ダイヤモンドダストが朝日に輝きながら舞う、、 北国ならではの光景に 感激です。

d0174983_9263086.jpg

 カリカリ、、、カリカリ、、、 目の前に広がっている この白一面の北海道の大地は、牧草地帯だそうです。、
 あまりに 色がないモノクロの世界なので、想像するのが難しいです。
d0174983_13462440.jpg


 雪深い峠を越えると 海岸が見えてきました。 
d0174983_14283244.jpg


  <<<  ラッキー その2  >>> 
 網走に 流氷が接岸してくれました。
 昨日が「流氷初日」だと ホテルのテレビニュースで知り shinpapaとハイタッチしたのです。

d0174983_14353536.jpg

オホーツク海と言えば北の果てのようですが、
網走はモナコやコートダジュールと同じ北緯44度。

北海道の海域は北半球ではもっとも低緯度で流氷が見られる場所になります。

流氷がないとき 観光船は 単に湾内の遊覧運航をするだけで、
流氷が接岸して初めて 沖合まで足を伸ばしてくれるのです。





 さあ 網走流氷観光砕氷船「おーろら」に乗船して、流氷2日目のオホーツク海へ。
d0174983_1619955.jpg


 約60分のクルーズで、流氷の厚みが だんだん増して 船のスピードが遅くなる様子を動画にしました。
 流氷の上に船体をのせ、割りながら進んでいく構造なので、時々 ガクンと大きく揺れ、その迫力が たまりません。

         

 shinpapa も shinmama も 客室には入らず 酷寒を承知で ずっと 室外で撮影し続けました。
 
 熊の手のような私のオリジナルグローブから のぞいている3本の指の先が
 まず、真っ赤になり、痛くなり、ついに感覚がなくなってしまいました。

 shinpapaは といえば 涙目で「真っ赤なお鼻のトナカイさん」状態です。(笑)
 よしよし 寒かった、寒かった。 良く頑張ったね。

d0174983_13524457.gif


 バスに戻り 再び雪道を走り 一路「層雲峡」へ。
 北海道は 夜明けが早いが、日没も早い ということを感覚的に理解します。

 網走湖も 真っ白。 層雲峡に近づくにつれて 積雪量も半端ではなくなります。  カリカリ、、、カリカリ、、、
d0174983_16452163.jpg


 層雲峡では 石狩川の水をかけて氷瀑を作った 「氷瀑まつり」の真っ最中。
 荷物を部屋に置くと すぐに 簡易アイゼンをつけて 出かけました。
d0174983_18353492.jpg

 モノクロの世界に カラフルにライトアップされた会場は とても華やかです。
 夜になり気温が下がっているにもかかわらず、風がないので さほど寒さを感じません。
d0174983_18375957.jpg


 今宵のお宿は 「層雲峡観光ホテル」です。 
 氷瀑まつりの会場までは 近いのですが、眺め、食事、お風呂、どれも今一つでした。
d0174983_1982824.jpg


 明日は 冬の「旭山動物園」へ。   カリカリ、、、カリカリ、、、

d0174983_19343763.gif

by saint-arrow-mam | 2012-02-19 00:00 |   北海道地方 | Trackback | Comments(10)