2012年 11月 26日 ( 1 )

飛蚊症

d0174983_14482794.gif

明るい光などを見ると 目の前に何か浮遊物が見えます。

以前 お医者様で診てもらうと 「飛蚊症」という診断でした。

近視ですし 仕方ないと気にせずに過ごしていたのですが、
ここ数日 急に数が増えて いろんな形のものが 目の前を飛ぶようになりました。

ありゃーーー、これはいつもと違う。


d0174983_14503537.gif
 

 痛みもかゆみもないので まずは サイトで調べてみました。

 >生理的な要因 ほとんどが老化現象
 ふむ、つまり加齢ということか、、、。

 >飛蚊症の症状の急な変化は 目の病気を知らせるサインです。
 こりゃいかん。すぐに病院へ行かなくちゃ。
 でも 眼底検査をすると 帰りの車の運転ができないので shinpapaに運転手を頼みました。

 と ここまでは 先週の話です。

 毎日、毎日、目の前を飛ぶ 怪しげな浮遊物に 
 悪い病気だったらどうしよう、 網膜剥離だったら困ったなあ、、、と
 心配レベルが 満タン状態で過ごしていました。

 すると 今日、やっと連れて行ってもらえることになりました。

 「ついでに 俺も視力検査してもらうかなあ」という shinpapa。

 (運転手を 頼んで悪いなあと思っていたので ちょうどいい、、、)
 「そうだね。 一緒に行くんだもんね」と 診察券を2枚準備して 出かけました。



d0174983_1513953.gif

M眼科医院は 家から1時間半もかかるのですが、有名な先生なのです。

2人で受付を済ませ待っていると 名前を呼ばれ shinpapaが先に入りました。

後から 視力検査が済ませ、いよいよ私の診察です。



 予想通り、眼底検査に、、、、、という説明段階で

 「先に入られたのは ご主人ですよね」 と先生。
 「ハイ」

 「今日 車で 来ていらっしゃいますか」 と先生。 
 「ハイ?」

 「眼底検査をすると 瞳孔を開きっぱなしにするので 車の運転はできなくなりますよ」 と先生。 
 「ハイ、あの 主人が、、、」

 「ご主人は 眼底検査をするための目薬を入れましたので、運転ができませんよ」 と先生。
 「はあ?????????」

 「では 奥さんは日を改めて、、、」 と気の毒そうに先生。
 「はあ、、、、、、、」

 shinpapaを見ると なんと 眼底検査をする準備を済ませ 瞳孔が開くのを待っているところでした。

 傍にいくと
 「俺、前から飛蚊症が気になっていたんだ」と のたまうではありませんか。

 誰もいなければ 大声で叫ぶところです、いえ ゲンコツ 3発です。

 仕方なく 待合室で待つこと1時間。  
 「何も心配なかった。加齢によるものだった」というshinpapaを連れて 家に帰って来ました。

 もちろん 帰り道の車中では 夫婦の会話ゼロです。

 怒ったせいでしょうか。
 目の中の浮遊物が 恐れをなして どこかに隠れてしまった気がします。(笑)

PS: shinpapaの言い訳。

   先生が「運転できない」と言っても 俺は運転して帰るつもりだった。
   まさか 先生が検査をしない と言うとは思わなかった。

      アンビリーバブル
by saint-arrow-mam | 2012-11-26 16:02 |   健康 | Trackback | Comments(10)