2017年 06月 29日 ( 1 )

泡のお風呂


 植栽の中で見つけた 白い泡
 これは アワフキムシの幼虫が せっせと空気を吐き出して作ったです。
d0174983_13523384.jpg
 

 アワフキムシの白い泡を見ると思い出すのは 
 在職中に とあるユニットバスのメーカーの新商品発表会に行ったときに聞いた話。

 『アワフキムシの泡は 空気の層なので、保温性が高く外気温の変化に耐えられる。
 さらに 泡が割れるときに出る超音波で、洗浄力が生まれる。
 そこに着想を得て 泡のお風呂であれば 子供がバスタブに落ちても溺れないし、
 保温性は高いし、せっけんを使用しなくても身体がきれいになる、、という新しい浴槽を考えている。』

 当時の私は 大手メーカーが未来の浴槽を考える際に
 小さな昆虫にヒントをもらっていることを 面白く思っただけでしたが、
 「アワフキムシ」でググってみると 記憶していた話は概ね間違いではないようです。 

アワフキムシの幼虫の排泄液の中には、虫体の分泌腺から分泌された蝋(ワックスエステル)と繊維状のタンパク質が溶け込む。蝋は排泄液中のアンモニアと反応してケン化反応を起こし、アンモニウム石鹸を生じる。幼虫の気門の先は尾端でシュノーケル状になっていて腹部を伸縮させることによって、空気をスポイトのように吸い込んだり吐き出したりすることができるようになっている。排泄液が界面活性剤であるアンモニウム石鹸によってあわ立ちやすくなると、幼虫は尾端を液面の外に突き出して空気を吸い込んでから液中に尾端を引き込んで空気の粒を吐き出すという運動を繰り返し、排泄液を泡立てていく。最終的に排泄液は白く泡立った粘度の高い泡の塊となる。
d0174983_16061983.gif

 
 そういえば ハンドソープも ボディソープも 洗顔石鹸も 浴室やトイレの洗剤も
 キッチンの漂白剤も 窓掃除の洗剤も、、、、 
 今は 全部 
 
 「アワフキムシ」が ビックリするかな?  

by saint-arrow-mam | 2017-06-29 08:48 |   ノスタルジー  | Trackback | Comments(6)