2017年 07月 31日 ( 1 )

『サンシャワー』東南アジアの現代美術展


 所用があって 乃木坂に行くついでに 駅に直結している国立新美術館に立ち寄り
 ASEAN設立50周年記念で開催されている 東南アジアの現代美術展『サンシャワー』展に。

 日曜日に美術館に行くのは 無謀なのですが、
 同時開催されている森美術館が人気があるのに比べ 国立新美術館は混雑していないという評判でした。
 入場料金が2館共通で1,800円、単館で1,000円なので 単館だけ という人が多いのではないでしょうか?

d0174983_16460323.jpg


 パンフレットより
 1980年代から現在まで人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。「天気雨」を意味する展覧会タイトル「サンシャワー」は、東南アジア地域では頻繁にみられる気象現象であり、紆余曲折の歴史を経てきた同地域を表すメタファーでもあります。
 本展は、時代の潮流と変動を背景に発展した東南アジアにおける1980年代以降の現代アートを、9つの異なる視点から紹介する、史上最大規模の展覧会です。

 現代美術は 何を表現したのか 作品のタイトルを見なければ 正直わからないところがあります。
 しかも 絵画だけでなく 空間そのもので表現している場合もあるので、
 立ち位置によって 作品から受ける印象が変わるのは 面白いです。

d0174983_16461496.jpg
 広い会場でしたが、ASEAN10カ国、80組を超えるアーティストの作品が 所狭しと展示されていましたが
 人の数はそれほどでもなく ゆっくりと見ることができました。

 今まで東南アジアの美術には 民族性やその国の風土、歴史を感じるものが多いと思っていたのですが
 その固定概念とは全く異なる ダイナミックで新しいアートの世界でした。

 「六本木」という場所は「上野」と異なり、草間氏を始め この「サンシャワー」展のような現代美術を
 すんなり受け入れることができる 不思議な雰囲気があります。

by saint-arrow-mam | 2017-07-31 06:00 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(4)