カテゴリ:  クリスマスクルーズ( 5 )

クリスマスクルーズ 3日目


 2泊3日といっても 初日の夕方5時に出港し、3日目の9時に下船するので
 丸1日だけの 超ショートクルーズといっても過言ではなく
 起床するなり、Shinpapaが 「下船したくない」とだだをこねています。(笑)

 航路図をテレビで確認すると 駿河湾だけでなく相模湾でも グルグルと回っていました。
 まるで舵(かじ)が効かなくなった 迷走船のようです。(笑)
d0174983_16563280.jpg

 下船の日の朝は 朝食時間が重なるため レストランが混みあうので
 いつも時間をずらしているのですが、今回は ルームサービスを頼みました。
d0174983_16563648.jpg

 食後のコーヒーを手に バルコニーへ。
d0174983_16563902.jpg

d0174983_16564228.jpg

d0174983_16564554.jpg

 大桟橋に着岸すると 呼び出される順番に下船します。

 横浜市が提供している無料のシャトルバスで 桜木町駅まで行き
 JRと地下鉄を乗り継いで 10時半には 豊洲に戻りました。

 翌21日 には 聖路加病院へ行き、オカリナのレッスンを済ませ、
 明日、22日に 帰広します。

by saint-arrow-mam | 2017-12-21 17:25 |   クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(4)

クリスマスクルーズ 2日目


 初日に 船長からもらった航路図によると 伊豆大島をぐるっと回る予定になっておりましたので
 この近距離では さぞかしスピードを落として 航海しなければならないだろうと思っていました。
d0174983_19312853.jpg

 朝起きて カーテンを開けると 
 見えるはずのない「富士山」が 見えるはずのない位置に見えています。

 うむ、何が起こったんだ?
d0174983_19325831.jpg

 急いでテレビをつけて 現在位置を確認すると
d0174983_19313520.jpg

 ありゃりゃ、いま、「駿河湾」にいるんだ。

 昨夜 東京湾を出たあたりから 波が荒くなり、船が結構 揺れたので 
 駿河湾に入ったのではないかと 勝手に憶測。
 波が高い場合、スピードを出すと当然 船の揺れは大きくなりますが、
 スピードが遅くても 揺れは大きくなりますので 苦肉の避難処置ではないかと、、、。

 太陽が 伊豆半島の向こうから 昇ってきます。
d0174983_19330249.jpg

 前方に見えていた富士山が 今度は後方に、、、、
 船は 駿河湾の中をぐるぐるん周っているようです。
d0174983_19330645.jpg

 スイートルームは 朝食も夕食も 無料で「インルームダイニング」を利用できるので
 朝食を ルームサービスで 食べることにしました。
d0174983_20032955.jpg

 応接テーブルの盤面を広げ、足を高くして ダイニングテーブル仕様にして、素早く配膳してくれます。

 和食セットと、、、、
d0174983_19331304.jpg

 洋食のアラカルト
 コーヒーと紅茶、ホットミルク、トマトジュースも、、、
d0174983_19331664.jpg

 テレビのBSで「わろてんか」を見ながら、シェアして食べました。
d0174983_19331984.jpg

 いつもなら 着替えてレストランに出向き、背筋を伸ばして食べるのですが、
 ノーメイクで テレビを見たり、富士山を見たりしながら食べる朝食は とてもリラックスできました。

 電話をすれば すぐに食器を下げに来てくれますので ちょっとした女王気分です。
d0174983_20245467.gif

 しばらく 部屋ですごしたあと、デッキを散策していると、、、
d0174983_20215599.jpg

 「船は 駿河湾を出て 相模湾に向かう」という 船長の放送。

 お天気が良く 波も穏やかな駿河湾で 長い時間 富士山を堪能させてもらいました。

d0174983_20215858.jpg

 ところが 駿河湾を出たとたんに 波が高くなり、大きな揺れが始まり、久々にShinpapaがダウン。
 昼食抜きで 酔い止め薬を飲んで、昼寝をすることに。

 安静にしなければならない私も 一緒に昼寝。
d0174983_20245467.gif

 目が覚めたら なんと15時でした。

 カーテンを開けたら 見覚えのある山が、、、
 その向こうに うっすら富士山が見える、、、、

 やっぱり あれは 11月に登った大室山にちがいない。
d0174983_20221338.jpg

 テレビで 位置を確認すると 確かに伊東の沖合い。

 それにしても 駿河湾で 何回も旋回したことが記録に残っていて笑いました。(笑)
d0174983_20221601.jpg

 相模湾に入ると 再び 船の揺れが収まったので、喫茶ビスタラウンジに。
 ビスタラウンジのスタッフは ヨーロッパ出身者が多いので 英会話の勉強になります。
d0174983_20222083.jpg

d0174983_20245467.gif

 夕食は 昨晩と同じ「プレゴ」へ。

 左:小海老と茄子のアヒージョ  中:鰹と小柱のセビッチェ サーモンと茸 パテ・ド・カンパーニュ  右:冷製マンゴースープ
d0174983_21085237.jpg

  左:カリフラワーのクリームスープ  中:カレイのポアレ 春菊のリゾット添え  右:じっくり煮込んだ牛ほほ肉のシチュー
d0174983_21090479.jpg

 左:ゴルゴンゾーラのムース はちみつレモン  中: レアチーズケーキ オレンジシャーベット  右:クリームブリュレ
d0174983_21090860.jpg

 2日間 「プレゴ」で食事をした感想としては
 飛鳥Ⅱの場合、「プレゴ」と「フォーシーズン」の差は あまりないのではないかと思います。

 しいて言うなら、少人数なので、落ち着いて静かに食事をすることができるのが ありがたいです。

 ブログにする以上、いい加減なことは書けないので、
 2つのレストランのメニューを並べて 比較してみたのですが、ほぼほぼ料理は同じで、
 「ゴルゴンゾーラのムース」など 小さな料理が 「プレゴ」には追加されているようです。

 でも クリスマスというのに、七面鳥の料理がでるわけでもなく、
 食べたことがない 目新しい料理が並ぶわけでもなく、
 食器もナイフやフォークも 高級感を感じられるものではありませんでした。
 
 日本丸をはじめとする他のクルーズ船で 明らかな差があるのに比べると 
 飛鳥では レストランの料理の差を気にする必要はなく 雰囲気重視というのが 私なりの結論です。
d0174983_20245467.gif
  
 夕食後 今回のクルーズのメインイベントである 「堺正章スペシャルステージ」へ。
d0174983_21091185.jpg

 アスカスイートとロイヤルスイートのために 指定の鑑賞エリアを用意している とのことでしたが
 行ってみると 一番良く見える 真正面の 前列が確保されていました。

 これは レストランよりも あからさまで 絶対的な「差別化」だと思います。
d0174983_21091517.jpg

 71歳の堺正章さんは テレビで見るより 年齢相当の老紳士に見えましたが
 逆に 歌を歌い始めると とても年齢を感じさせない 迫力のある歌いぶりにビックリ。
 ユーモアあふれる話、お客さんとのやりとりの「間」も 抜群、
 パファーマンス能力の高さは 彼がまだ現役だからでしょうね。

 満足度の高いスペシャルステージで よい思い出になりました。
d0174983_20245467.gif

 夜食に 若布麺などを食べて、、、
d0174983_21091857.jpg

 Shinpapaは大浴場に、私は 部屋のジャグジーに。
 昼寝をしたので 眠れないだろうと思っていましたが、 あっという間に寝の谷へ。

by saint-arrow-mam | 2017-12-20 00:00 |   クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(0)

クリスマスクルーズ 1日目


 15時に 乗船手続きが始まりました。
 10階のキャビンから 手続きが始まるので待つことなく、、、、。
 
 お部屋に入ると 何やらテーブルの上に、、、
d0174983_15423377.jpg

 アルコールはなあ、、、と思ったのですが、
 意志の弱い私のこと 冷えたシャンペンのボトルを前にして 辛抱できません。
 
d0174983_15423736.jpg

 1杯だけ手にして バルコニーへ。
 それ以外は 泣く泣く洗面台に流しました。
d0174983_15424194.jpg

 左舷のキャビンのバルコニーからは 「レンガ倉庫」のツリーが見えます。
d0174983_15424445.jpg

 暮れゆく港の風景は とても情緒があります。
d0174983_15424818.jpg

d0174983_15425102.jpg

d0174983_15425489.jpg

d0174983_15494436.gif

 いつものレストラン「フォーシーズン」と異なり、アスカスイートは 「プレゴ」で夕食となります。
 日本丸で アッパークラスのレストランで食事をしたときに その違いにビックリした経験から
 今回のクルーズで一番の楽しみは 「プレゴ」での夕食です。
d0174983_16121417.png

d0174983_15484929.jpg

 最上階の最後尾の、だれも気付かないような場所にありますが
 ちゃんと サンタさんが道案内をしてくれていました。
d0174983_15485315.jpg

 窓際の席に案内してくださったので、ベイブリッジの下をくぐる時、すぐそばに見えました。
d0174983_15485615.jpg

 ドレスコードは「インフォーマル」。
 「フォーマル」と異なり、基準があいまいで 私には一番難しく感じるドレスコードです。
 時々、間違って「フォーマル」の服装をして 鼻高々になっている女性を見かけますが、
 さすがに「プレゴ」には そういう勘違いをしている人はいなくて、皆さん上品な服装をされています。

 ナプキンはツリーの形に作られています。(たぶん、タケノコではないと思います)
d0174983_16135117.jpg

 飲み物は ノンアルコールビール (プレゴでは 無料です)
 パンは 保温材が敷かれた箱の中に入って 出されます。(蓋があります)
d0174983_16135934.jpg

 左:ビスクを浮かべたトマトジュレ  中:カプチーノ風マッシュルーム、生ハムのロワイヤル  右:長崎県産生マグロのタンバル リースに見立てて
d0174983_16140685.jpg

 左:愛媛県産鰤のプランチャ 大根のブレゼ コンソメ仕立て  中:宮崎県産レモンとビーツのシャーベット  右:鹿児島県産黒毛和牛のグリエ 季節の野菜を添えて
d0174983_16140227.jpg

左: 〜船上のメリークリスマス〜 モンブランホワイトクリスマス  右:飛鳥オリジナルチョコ
d0174983_16141095.jpg

 正直、それほどの特別感がなく、食器も豪勢でなく、
 いつものレストランで食べているのと 変わらない印象。

 フムム、飛鳥の場合、アッパークラスの料理に 特別感がない? 
 いや 明日の夕食を食べてから判断しましょう。
d0174983_15494436.gif

 部屋でひと休みして ショーへ。

 ノンアルコールのカクテルは ジュースそのものですが 
 ショータイムに カクテルがないのは 寂しい。(笑)
d0174983_16141338.jpg

 今日は飛鳥Ⅱのプロダクションショーでしたが、いまひとつ。
 いつものことながら ショーは 外国船の方が かなり勝っています。
d0174983_16141789.jpg

 夜食は ひじき麺と中華おこわなど、、、
d0174983_16142006.jpg

 寝る前に足をチェックすると 消えかけていた紫斑が 少し出ていました。

 たった1杯のシャンペンでも 許されないのか、、、、断酒の会に入ろうかな?
by saint-arrow-mam | 2017-12-19 00:01 |   クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(4)

クリスマスクルーズ キャビン編


 『スペシャルクリスマス ON ASUKAⅡ』という名前の クルーズ。
 横浜を出港して 2泊3日、船は どこの港にも寄港せず、太平洋をさまようだけです。
 
 となれば 今回のクルーズは 今までのクルーズのように「旅行目的」ではないし、、、
 ムムム、、、 初めての経験ゆえ、どう考えればいいのかわかりません。
 
 ま、とにかく 非日常的な空間で どっぷりとクリスマスムードに浸ってみようと 出発しました。
d0174983_13383538.gif

 とにかく、 船一隻が まるまるクリスマスに飾られていて
 ディズニーランドの世界観と 似たような雰囲気を醸し出しています。
d0174983_13335877.jpg

 ロビーには大きなツリーが、そしてレストランの入口にはお菓子の家が、、
d0174983_13340282.jpg

 エレベーターホール や 階段の踊り場などにも
 思わずカメラを構えたくなるような飾りつけがされています。
d0174983_13340686.jpg

 アイスクリームのコーナーや 案内板にもクリスマスが演出されて、、、。
d0174983_13341065.jpg

d0174983_13383538.gif

 いつも クルーズ中には、イベントに参加したり、プールサイドで本を読んだりするので
 ほぼほぼ 自分の部屋にいることはないので、部屋へのこだわりは ないのですが、
 今回は部屋で過ごすことを想定し、奮発して「アスカスイート」にしました。
d0174983_14093309.jpg

 部屋番号は 「1008」で 10階のお部屋です。
 いつも下の階のお部屋ですので、船内を移動する際に、戸惑いました。(笑)

d0174983_14094236.png

 お部屋は広くて なにより窓が2か所あり 明るいのが うれしい!!
   (間取り図と 実際のキャビンは 上下逆でした)
d0174983_14095140.jpg

 ① ソファーは ベッドになるタイプなので このキャビンは3人利用も可能です。
   テーブルは 広げると2倍の面積になり、高さも変えることができるので
   ダイニングテーブルとしても利用でき、朝食時には重宝しました。
d0174983_14095574.jpg

 ② カウンターテーブルがL字型で 引き出しもたくさんあるので
   パソコンや資料などを 収納するには とても重宝しそうです。
    (こんな時に限って なにも置くものがありませんでしたけど、、、)
d0174983_14095923.jpg

 ③ 冷蔵庫の中には ジュース、お茶、ミネラルウォーター、ビールがあり、随時 補充をしてくれます。
   ポットでお湯を沸かして熱い飲み物を作るにも スペースにゆとりがあります。
d0174983_14100204.jpg

 ④ 洗面台はダブルボウルで バスタブはジャグジーになっています。
   広い浴槽なので、寝そべってジャグジーのジェット泡をだすと 溺れそうになりました。
   パウダールームへは 廊下からだけでなく寝室からも出入りできるので 便利でした。
   
   いつもは 部屋のバスを使わず、大浴場を利用していたのですが、
   今回は 足に紫斑が出ているので うつるわけではありませんが、
   人様が気持ち悪いだろうと思い、部屋のバスを使いました。

d0174983_14100645.jpg

 ⑤ 最近 ヨーロッパのホテルでも見かけなくなった ビデがありました。
   ガラス張りのシャワーブースもあり、ゆったりとしたパウダールームです。
d0174983_14101072.jpg

 ⑥ ベッドはワイドシングル2台で、通常の部屋と同じで思ったほど幅がありませんでした。
   リビングとの間に分厚いカーテンがあるので、ベッドルームを独立した空間にすることもできます。
d0174983_14101311.jpg

 ⑦ バルコニーは横長で、前方も後方も良く見えるので
   奥行きのあるバルコニーより、この方が実用的だと思いました。
d0174983_14102526.jpg

 何より アメニティーが「ロキシタン」だったので 大喜び!!
 いままでのお部屋では「資生堂」だったので、、、
d0174983_14383819.jpg


by saint-arrow-mam | 2017-12-19 00:00 |   クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(4)

クリスマスクルーズへ

 今日から 2泊3日で 飛鳥クルーズへ。

d0174983_21351558.jpg

 今回のクルーズは 横浜港以外 どこの港にも入港せず 海上をさすらうというもので
 いままでに経験したことが無いタイプのクルーズです。

d0174983_21502598.jpg

 今年、夫婦にとって 特別な御祝いごとがありましたので、
 その記念に、、、と 夫婦で相談し、計画したクルーズです。

 実を言うと 計画した時には 紫斑は すでに治まっているハズだったのですが
 世の中、そう都合よくいかないもので、ノンアルコールの療養クルーズになってしまいました。(泣)

by saint-arrow-mam | 2017-12-18 06:00 |   クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(4)