カテゴリ:  北海道地方( 16 )

2017 冬の札幌 (円山動物園)

 「円山動物園」は 同じ北海道の 旭川動物園に影響を受けたのか、
 動物との距離が非常に近く、なおかつ「目線の高さ」と「動物」の関係がユニークな動物園でした。

 雪のなかで 自然の生活さながらに はしゃいでいる白と黒の熊に感動しましたが
 一方で寒さに弱い動物たちは それぞれ、適温に暖められた個室で 過ごしていました。


 << 昼寝のライオン >>
d0174983_10023906.jpg

 横になって ゴロゴロしているライオンを見ることは 良くありますが
 檻の中ではなく、このライオンは 暖房の効いたガラスの部屋にいます。

 そして ライオンが横になっているのは 出窓部分で
 人間の目線より少し高い位置にあるので 寝たままのライオンと 間近で目が合います。
d0174983_10024895.jpg

 << 水中のカバ >>
d0174983_10030216.jpg

 カバも ガラス張りの部屋の中にいるのですが 目線の位置にプールの水面があります。

 ですので カバがプールに入ると、、、

       


 カバ君と ごく間近で 目が合います。
d0174983_10031314.jpg


 2泊3日の札幌のブログは これで お。し。ま。い。
 ご覧いただいた皆様いは 観光地に行くことでもなく、
 食べてばかりの内容のブログになり、申し訳ありませんでした。025.gif

 ちなみに
 単純な私は 帰宅後「雪の華」をオカリナで 一生懸命に練習しています 041.gif

by saint-arrow-mam | 2017-01-26 09:40 |   北海道地方 | Trackback | Comments(8)

2017 冬の札幌(3)

 
 2泊3日はあっという間、今日は 東京に戻ります。
 千歳空港は 連日、飛行機の運航が乱れ、隣国の人達が暴動を起こす騒ぎになっているそうです。
 
 全日空からの欠航メールに おびえながら 朝ごはんを食べました。

d0174983_21235906.gif

 天気予報では 雪マークでしたが ホテルから見える札幌の景色がクリアーだったので
 パノラマ加工を してみました。
d0174983_21252923.jpg

 私のカメラでは20倍にしかできませんが、空気が澄んでいるので、良く見えます。
d0174983_21270524.jpg

d0174983_21350979.gif

 ゆっくりとホテルを出て、北広島町の「三井アウトレットモール」へ。

 実は着いた日にも 空港近くの「レラ」という大型アウトレットモールに立ち寄ったのですが、
 うわさ通り、北海道のアウトレットは冬物衣料の種類が豊富で 安かったので
 もう一つの大型アウトレットモールに行って見よう、、ということに。

 結果として 2つを比較すると 「三井アウトレットモール」の方が びっくりするほど安いと思います。
d0174983_21290615.jpg
 
d0174983_21350979.gif

 千歳空港まで バスで移動。
 すると 「夕方からの飛行機は 欠航になる可能性があるので 早い便に切り替えてください」 と繰り返しアナウンスが流れています。
 他空港からの飛行機が 千歳空港に着陸できないので 折り返し便はすべて遅れているようです。

 帰路の飛行機は エアドゥーではなく 全日空のジャンボ機なので
 すでに ドーーーンと待機しているので安心、、と思っていたら、
 なんだか見たことのないクレーン車が近寄っていきます。
d0174983_21400731.jpg

 何?なに? と見ていると 先から高圧のエアーがでて、機体に積もった雪を吹き飛ばしているようです。
 ありゃりゃ、、、そんなことで大丈夫かなあ 008.gif
d0174983_21411508.jpg

 雪が激しくなる前に 早く飛んでくれ、、、と気をもんでいましたが、
 なんとか 15分の遅れで 離陸してくれたので ホッとしました。
d0174983_21571816.jpg


 東京についたら コートを脱ぎたくなるほど 暖かく感じましたが
 いつもは20℃を下ることのないマンションのリビングが 15℃になっていました。
d0174983_21350979.gif


       おまけ
d0174983_22032777.jpg

 札幌駅の前に 日本に一つだけのユニークなポストがあります。
d0174983_21575370.jpg

 昼間に見つけたので 光っていませんでしたが、夜になると明かりがつくようです。
d0174983_21580124.jpg

d0174983_21350979.gif

 北海道の信号機は 積雪で見えなくならないように 縦になっていることは知っていましたが、
 新型の信号機は さらに うつむき加減で 積雪しにくくなっていました。
d0174983_21581613.jpg

マンホールは 以前アップしたものよりクリアーだったので 再度アップ
d0174983_22030638.jpg


by saint-arrow-mam | 2017-01-25 09:18 |   北海道地方 | Trackback | Comments(4)

2017 冬の札幌(2)

d0174983_07190705.gif

 7時前に カーテンを開けると 真っ白な世界が目に飛び込んできます。
 でも 雪景色を見ると 昨晩のしびれるような寒さがよみがえり、「綺麗」というより「寒さ」を連想します。

 今朝はうす曇り、、、また雪が降るのかなあ?023.gif
d0174983_07144670.jpg

 朝食は食べ過ぎた胃を休めるために「おかゆ」を食べようと 和食レストランに行くことに。
 珍しい食材が使われた料理ではありませんが、全てが温かいまま出されており
 寒い地方では、それが何よりのご馳走ですね。
d0174983_07150404.jpg

d0174983_07194668.jpg

 さて、厳しい寒さの中 どこへ行こうかと悩んだ結果、
 雪の中でも 元気な動物たちを見ようと、円山動物園に行くことにしました。

 動物園入口の温度計を見ると、、、気温は? マ、マ、マイナス4.2℃。

 防寒対策として、ホッカイロを2つ持ち、ヘッドホンのような耳あてとボアのスパッツをつけていますが 
 すぐに鼻先が赤くなり、頬が冷たくて痛みを感じます。
 
d0174983_07223453.jpg

 、
 除雪作業をしてくれた道を 滑らないようにスリップ防止のパイクを靴に取り付けて そろそろと歩きます。
 でも 看板が雪に埋まっているので 園内地図を見ても 道がどこにあるのかよくわかりません。
d0174983_07224475.jpg

 でも、でも、、雪の上にいました、元気な動物たちが、、

 <サル>
 実は ほとんどのサルは 雪のない場所に集まって寒さをしのいでいます。
 雪の中に出てきているサルには 何か理由があるのでしょうね? 

d0174983_07225324.jpg

 <白くま>
 雪の上に転がったり、歩き回ったり、とにかくじっとしていません。
 夏のぐたーーとした姿は想像できません。
d0174983_07321374.jpg

 <エゾヒグマ>
 時々、雪の中に顔を突っ込んで 何かを探しているようでした。
 だから 顔が真っ白に、、、。
d0174983_07322284.jpg

 <エゾシカ>
 雪のない場所もあるのに 雪の中に座って寝ています。
 毛深くないし、寒くないのかな?
d0174983_07323080.jpg

 生き生きと 雪の上を転げまわっている姿を見て 元気をもらったような気がします。
d0174983_07194668.jpg

 園内のカフェで 温かい軽食を取ったあと、雪の歩道を滑らないように注意して「大通り駅」まで 歩いて戻ります。

 <大雪の中の旧道庁>
 青空になったので 雪が輝き とても美しいのですが 
 館内は 隣国の人に占拠されていて とても にぎやかで、即、退散。
d0174983_07390533.jpg

 軒から つららが垂れ下がり、池には凍りが張っていますが ここにも寒さに強い元気な鴨が、、、。
d0174983_07391970.jpg

  札幌駅周辺をウロウロして ホテルに戻りましたが この時点で すでに12.000歩を超えています。
d0174983_07194668.jpg

 夕食は予約をしている「肴や一蓮 蔵」へ。
 ブログの先輩やブロ友たちが何度も行かれるのを見て、私も行きたいとずっと思っていたお店です。

 事前にメールをしたら、電話をかけてくださり、いろいろお話ししていたのですが
 行ってみると 個室を用意してくださっていました。
d0174983_07483891.jpg

 つきだしは ほうれんそうのお浸し、干し貝柱の煮物、チーズ入り芋餅(左)
 そして 事前に お願いしておいた 烏賊の刺身(右)
d0174983_07484831.jpg

 甘くて香ばしくて おいしかったエイ鰭一夜干し(左)  ほかほかのゆでたて枝豆(右)
d0174983_07490473.jpg

 北海道のチーズと牛乳で作ったシーザーサラダ(左)
 北あかりの丸ごと じゃがバター 塩辛添え(右)
d0174983_07520992.jpg

 最高だった 本ずわいがにのみそ 甲羅焼き(左)
 えぞ鮑の煮物(右)は 板長さんのサービスです
d0174983_07521944.jpg

 板長のおすすめ、オーナーの手打ちの 音威子府そばは 黒い蕎麦でしたが美味しかったです。
 そして 昨日に続いて サッポロビールの生、、、、、
d0174983_07532028.jpg


 どれもとても美味しくて 量が多いので お腹がいっぱいになり
 朝ご飯もお昼御飯も少なめにし、間食もしなかったのに これ以上食べることができなくなりました。
 悔しい!!
d0174983_07194668.jpg

 すすきのから大通りを過ぎて 地下歩行空間(地下道のこと)を歩き、
 9番出口から出て ライトアップされた時計台へ。
d0174983_07564273.jpg
 ホテルに戻ると 今日は20,000歩を超えていました。
 しかも連日、調子に乗ってアルコールを 飲んでしまったので
 紫斑が 出ました、、、、 大いに反省。

by saint-arrow-mam | 2017-01-24 09:10 |   北海道地方 | Trackback | Comments(6)

2017 冬の札幌(1)

 朝7時、ANAから「条件付き運航になる」とメールが届きました。
 「条件付き運航」とは 天候の影響で もし千歳空港に着陸できない時は羽田に引き返す ということです。
 先日の事故で 慎重になっているんだろうなあ、、、と思いつつ ちゃんと札幌に行けるのかどうか不安な旅立ちです 008.gif
d0174983_05465568.gif

 豊洲から羽田まで リムジンバスで15分、日曜日の朝は渋滞もなくスムーズです。

 事前にチェックインを済ませていたので カウンターでの搭乗手続きは不要なので
 まずは セルフでトランクを預けてから 羽田空港限定の「メルセデスベンツのカフェ」へ。

 以前は 美味しいサンドイッチショップだったのに いつの間にかメルセデスベンツのアンテナショップに変わっています。

 朝食を入れて 本日 2度目のカロリー摂取。
 ドーナツが美味しいので このお店、今後もアリです。
d0174983_05472363.jpg

 いつもならラウンジに行くところですが、今回はANAショップの商品券をたくさん手にしているので
 今まで 空港では買ったことのない 高価な「チーズたら」を購入します。

 保安検査を済ませて、53番搭乗口の近くのシートで 
 本日 3度目のカロリー摂取 兼 アルコールによる紫斑チェック。
 結果は、、、、、039.gif
d0174983_05474507.jpg

d0174983_07254542.gif

 羽田空港の天候は 快晴。 
 11:58 定刻より8分遅れましたが、テイクアウトは 非常にスムーズでした。
d0174983_05481127.jpg

 機内のエンターテイメントで 中島みゆきの特集をしていたので、イヤホンで聞きながら 窓の外を楽しみます。
d0174983_07050517.jpg

 シートベルトサインが消えると、飲み物のサービス。
 本日 4度目のカロリー摂取、お昼御飯です。

 うわさの「だし巻き卵のサンドイッチ」(これも商品券で購入)に
 機内でもらったオニオンスープが とてもよく合います 043.gif
d0174983_07051341.jpg

 順調なフライトで 13:00には 青森県の上空から徐々に下降を始めます。
d0174983_07052203.jpg

 青い空から雲の中に入ると 機体が大きく揺れ、超ーーー スリリング。
d0174983_07054981.jpg

 地上が かすかに見えます。
 千歳空港にランディングし これで引き返すことはないと思うと
 不思議なことに 今度は無事に着陸できるのか不安になります 008.gif
d0174983_07060235.jpg

 ワオ!! 041.gif
 パイロットさんのスキルが素晴らしく 真っ白な雪の世界に スムーズに着陸。

 タイヤにチェーンを撒くことなく? アイスバーンの上にスリップすることなく降りるなんてすごいなあ。
d0174983_07093858.jpg

d0174983_07254542.gif
 
 荷物を受け取って外に出ると 気温 マイナス8度の別世界です。
d0174983_07095043.jpg

 アウトレットモールに立ち寄って、南千歳駅から札幌へ。
 雪の中から現れた 快速エアポートライナー 雪の影響で遅れながらも 約45分で着きました。
d0174983_07150879.jpg

 札幌駅からホテルまでは 地下道でつながっています。
 コロコロバッグを持って 雪道は歩きにくいです、、というか 歩けないです。

 ホテルチにェックイン後 しばし休憩、、、そして、、

 なんと 紫斑クリアです、、、これで今夜もアルコールOK 016.gif 

 おお 錦織も がんばってる!!
d0174983_07254542.gif

 5度目のカロリー摂取の夕食。

 地下鉄南北線で 札幌駅からひと駅だけの「大通り駅」で下車、さらに雪の中を歩くこと10分。
 札幌に住んでいる友人が教えてくれた ラムの美味しいお店「うしのひげ」へ。
d0174983_07174420.jpg

 札幌に来た時には 「サッポロビール園」でラムを食べることが多い、、というか必ず行くのですが、
 そこで食べるラムとは ラムが違います。
 今まで食べていたラムって なんだったんだろう? 本当にラムだったのか? 
 と思うほど やわらかくて美味しいです。

 ラムは 臭みがあるからタレにつけて、、と思っていた自分がいかに愚かであったか、思い知りました 007.gif
d0174983_07180373.jpg

d0174983_07181832.jpg

 昼間に 紫斑チェックで合格したとはいえ、ビールは控えめに、、、ほんの生ビールジョッキ2杯。
d0174983_07191651.jpg

d0174983_07254542.gif

 狸小路商店街を歩くと 札幌が日本ではなく 隣国の占領下にあることを実感します。
 にぎやかで 爆買いの嵐です。 046.gif

 なんだか面白くないので 地下街へ避難し 歩いてホテルまで戻ります。
d0174983_07214365.jpg

 途中、素敵な雰囲気のカフェを見つけたので 立ち寄って
d0174983_07204650.jpg

 本日 6度目のカロリー摂取。

 モンブランのパンケーキとコーヒーですが これがすごく美味しくて、、、016.gif
d0174983_07205519.jpg

d0174983_07254542.gif

 ホテルが近づいたので ちょっと地上へ出てみると
 なんと 耳がちぎれそうに痛く 涙目になります 025.gif 
d0174983_07210478.jpg

「ヒートテック」ならぬ「ミートテック」を着ていても どうにもならないくらい寒い札幌。

 街歩きは 気合だ! 気合いだ!! 気合いだ!!!

by saint-arrow-mam | 2017-01-23 09:09 |   北海道地方 | Trackback | Comments(4)

飛行機の座席指定

d0174983_10530788.gif
 今回のツアーは webで申し込みましたが
 その後 e-チケットが郵送されてくる代わりに 「確認番号」が郵送されてきました。

1. 航空会社のwebサイトで 座席指定がしてあるか確認すると
  「webサイトでは 座席指定ができない」と表示されます。

 
  ここで あきらめると 当日2人の座席が離れ離れになる可能性がありますので
  航空会社の専用電話番号に電話をかけると

2. その時点で 並びで取ることができる座席番号を いくつか教えてくれますので 
  その中から希望に近い席を とりあえず指定します。


  これで いつでもwebで搭乗便の情報を知ることができますし、
  欠航や遅延などがあった場合 メールで連絡が来るようになります。

  でも さらに満足できる座席にするために

3. 選べる座席が 大幅に追加になる「日」に webサイトで座席指定の変更をします。

  正規の運賃で購入した場合は 「2日前」、割引運賃で購入した場合は 「前日」です。
d0174983_10232889.jpg

 いつも 3. の作業はしていますが、1. からというのは 初めてで、、、 
 でも なんとか 今回も 窓側から2席の座席指定ができました 023.gif

 帰りは 札幌のホテルでタグボートを使って 3.の作業をする予定です。
 
 手数がかかるこの作業を旅行社に頼むとなると それなりの価格になるのかもしれず
 そうであるとしたら これからも自分で座席指定することが多くなるでしょうから、
 忘れないように ブログに残しておきます。 
 

by saint-arrow-mam | 2017-01-22 06:00 |   北海道地方 | Trackback | Comments(2)

北の国へ


 いつも利用している旅行社のwebサイトが 元旦にお得な旅行プランを発表することを知っていても
 哀しいことに 毎年、チェックするのを忘れています 007.gif

 そこで 今年こそは と PCを開いて、、、、、、
 
 見つけてしまいました。

d0174983_19111512.jpg

 
 北海道まで ANAで往復して 札幌全日空ホテルに2泊して(2日分4,400円のホテル朝食付き)
 お買物券を 1人あたり5,000円分も もらって 23,800円です。

 実質18,800円というのは 欲に目がくらんだ勘違いだと思いますが、
 マイルはもちろんのこと JTBのポイントも貯まるので、
 チョ――――お得であることには違いなさそうです 041.gif

 結局、その日のうちに(元旦に)Webで 予約をしました。
d0174983_20012484.jpg

 ということで 明日(1月22日)から2泊3日で 札幌に行ってきます。

 札幌には妹が住んでいたこともあり、春夏秋冬 十数回は行ったことがあるのですが
 北国らしさを感じる冬の札幌が 私は一番好きです 010.gif

 でも このところの寒波の影響で 今年は雪が深いようなので、乗馬はあきらめ、
 ブログの先輩から聞いた 美味しいお店と
 北海道在住の知人から聞いた 美味しいお店に行くことができればいいかな、、と思っています。

 あとは 無事に飛行機が着陸してくれれば いうことはないのですが、、、 028.gif

d0174983_19263360.jpg


by saint-arrow-mam | 2017-01-21 09:19 |   北海道地方 | Trackback | Comments(6)

北の大地へ (3)

d0174983_10202105.jpg
 
 旅行中の天気予報で 唯一 058.gifが出ていた3日目に 『乗馬』の予約を入れています。
 石垣島でも乗馬をしましたが 自然の中を馬で走るのが大好きです。

 乗馬は午後からですが、早めにお宿を出て、大沼公園に向かいます。
d0174983_14434923.jpg

 「函館駅」から「大沼公園駅」までは 特急列車で24分ですが
 あえて 日に2便しかない鈍行で45分かけて ゆっくりと景色を楽しみながら行きます。
 北海道は 土地の名前がユニークなので 駅名を読むのが楽しいです!!
d0174983_10302834.gif

 大沼公園駅に着くと気温が低くて 函館市内に比べると ずいぶん爽やかです。

 まずは マニアに人気の「千の風」にちなんだ「白い羽のポスト」を押さえて 大沼湖畔遊歩道へ。
d0174983_10322491.jpg

「大沼公園」では ボートに乗ったり遊覧船に乗ったりするのが一般的な観光なのですが、
 何度か乗った経験があるので、今回は時間もあるし 歩いてみることに。
d0174983_10471504.jpg

 湖畔遊歩道のうち、選んだコースは 
 約50分かけて 大小の島を橋を渡りながら歩く「島巡りの路」です。
d0174983_10431662.jpg

 お天気が良いので 遊歩道の至る所から標高1133mの「北海道駒が岳」が きれいに見えます。
d0174983_10464086.jpg

 函館に行くと決めた時に 「秋田駒が岳」に続いて 「北海道駒が岳」に登りたいと思ったのですが、
「北海道駒が岳」は 活火山なので現在は火口付近には 行くことができないそうです。
d0174983_10520411.jpg

 途中 眺めの良い場所のベンチに座って、持参したパンと缶コーヒーで ランチタイム。
d0174983_14263596.jpg

 実は テレビの「ケンミンSHOW」で北海道を取り上げた時に
 
 『ようかんちぎり』という 北海道地方でよく食べられているパンを紹介していて
 食べてみたいなあ、、とメモメモしていたのですが 運よく、宿の近くで買うことができたのです。

 薄い羊羹が表面に塗ってあり、中に生クリームが入っている普通のコッペパンでしたが
 想像していたより 甘さが控えめで これは「あり」だと思いました。
d0174983_14363250.jpg

 島から島へ橋を渡る間に 水面の色が変わり、、、、、
d0174983_14384970.jpg

 今まで知らなかった 「沼」らしい様子も垣間見えました。
d0174983_14421289.jpg

d0174983_10302834.gif

 乗馬するのは 「サニーズステーブル」
 大沼公園駅に14時にお迎えに来てくれます。
d0174983_14474109.jpg


 迎えに来てくれるまでに 甘党のShinpapaが 大沼名物の「二色だんご」を食べます。
 半分くれるかと思いましたが ほんの少ししかくれませんでした。007.gif
d0174983_15333633.jpg

d0174983_15342461.gif
 迎えに来てくれたのは オーナーの奥さん。
 奥さんも 広島出身で西宮に住んでいたというので 15分の車中は大盛り上がりでした。
d0174983_15184684.jpg

 函館にお住いのもう一組の男女が 私たちと一緒にトレイルライデイングをします。
 カウボーイの靴と帽子を借りると それだけで 心がウキウキ006.gif
d0174983_15220863.jpg

 きれいに清掃された馬小屋を見ると オーナーの馬に対する愛情がよくわかります。
d0174983_15251517.jpg

 どの馬も綺麗な毛並みで きちんと教育されています。
 私の乗る馬は「レッド」という名前で 体格が小さな雌馬です。
d0174983_15261350.jpg

 全員 経験者ですが、最初に馬の乗り方や手綱の使い方などをレクチャー。
 オーナーは アメリカのカウボーイ経験者で 本格派です。
d0174983_15503093.jpg

 カメラを持っていますが、林の中や林道はアップダウンがあるので
 とても写すチャンスがありません。

 辛うじて農道をゆっくりと歩いているときに 
 私のカメラで女性を、Shinpapaのカメラで男性を、、、、。
d0174983_15523955.jpg

d0174983_16112693.gif
 駒が岳のすそ野を 駆け足で走る時の爽快感は 何とも言えません。079.gif
d0174983_15585427.jpg

 帰りは 奥さんが 函館北斗駅まで送ってくださったので、あっという間に函館に戻りました。
 冬でも トレイルライディングをさせてくれるそうなので また来たいと思います。
d0174983_10302834.gif
 本日、行動したイメージを 吉永小百合のCMで。
  (ちなみに 彼女は 「ようかんちぎり」は食べていないと思います032.gif

      

by saint-arrow-mam | 2016-09-08 00:00 |   北海道地方 | Trackback | Comments(6)

北の大地へ (2)

d0174983_19494682.gif
 台風12号は 温帯低気圧に姿を変えたというものの 
 この日の函館は 時折バケツをひっくり返したような大雨が降る 最悪の天候でした。

 一般的に北海道の家には「雨トヒ」がないので 雨が下水管に流れることがなく
 雨が屋根から直接地面に落ち、みるみる道路が冠水します。

 今日は あちこち動くので バスと市電の「1日フリー乗車券(1,000円)」を購入します。 
 驚くことに 函館ではJRも市電もバスも ICカードが使えないのです。
d0174983_17263710.jpg

  << 函館朝市 >>

 函館駅のすぐ隣にある 完全に観光化した『市場』です。
d0174983_17320913.jpg

 強烈な人混みが嫌で 今まで何度函館に来ても 避けてきた場所なのですが
 観光客のいない 朝の早い時間に行って見ます。
d0174983_17350959.jpg

 突然ひどい雨になったために身動きがとれず 雨宿りを兼ねて
 函館では外せない「生簀のイカの刺身(1,800円)」と「北寄貝のバター焼き(800円)」を食べます。
 新鮮ですし決して不味くはありませんが、感動するほどの味ではないのが残念でした。025.gif
d0174983_17410866.jpg

  << トラピスチヌ修道院 >>

 函館駅から 急行バスで約30分で 「トラピスチヌ修道院」へ。
d0174983_17474876.jpg

 函館には「トラピスト修道院」も ありますが、
 「トラピスト修道院」は修道士で、「トラピスチヌ修道院」は修道女です。 
d0174983_17484960.jpg

 若い女性がその一生を神に捧げ、1日のほとんどの時間を 労働と聖書を読むことに費やし
 自由な時間などない生活をする、、、、まさに「神ってる」女性です。043.gif
d0174983_17534867.jpg

  << 自由市場 >>

昨年5月に Shingranmaと3人でクルーズで来たときに 立ち寄った「市場亭」へ 
もう一度 昼食を食べに行きます。
d0174983_17563039.jpg

 時期的には すでに終盤を迎えている函館産の「ウニ丼(2,000円)」と「生簀イカの刺身(900円)」を食べます。
 ウニは形を崩さないように 普通はミョウバン水に付けられているのですが
 このお店のウニは 函館産の生ウニを貝から取り出すので 薬くさくなくて美味しいです。

 イカの鮮度も「朝市」で食べたイカと全く違い、甘みを非常に強く感じます。
 「自由市場」が 地元の料理人に愛されている理由がわかります。
d0174983_17591184.jpg

d0174983_18335226.gif

 ちなみに 函館は月光仮面の生みの親の出身地だそうで 街中に面白いものがありますが
d0174983_18031849.jpg

 私には イカのポストや風景印に出会ったりすることの方が 楽しい!!037.gif
d0174983_18192108.jpg

d0174983_18335226.gif

  << 函館市熱帯植物園 >>

 
 60℃の温泉水が 湧き出ることを利用して作られた「熱帯植物園」です。
d0174983_18234936.jpg

 温泉に浸かっている「サル」たちが見たいという
 Shinpapaの希望で行くことになったのですが、
 激しい雨が降る今日は 温泉には入らず 雨をシャワー代わりにしていました。
d0174983_18262218.jpg

 珍しい花が咲いているわけではありませんが 本州では地植えにできる植物が
 北海道では 熱帯植物園の中でしか育たないことがわかります。
d0174983_18275380.jpg

  << 啄木小公園 >>

 函館を愛した石川啄木が生前に好んで散策し、歌を作ったという大森海岸に
 若き啄木の銅像が 座っています。
d0174983_18404474.jpg
 「潮かおる北の浜辺の砂山のかのハマナスよ今年も咲ける」という啄木の歌碑と共に。
d0174983_18460665.jpg

 啄木のマネをして しばらく風に吹かれて海岸線を歩きます。
 すると 日が暮れると同時に 沖合に「イカ釣り船」の灯りが見え始めます。
d0174983_18491852.jpg

d0174983_18335226.gif

 10年前に 函館に来たときに 
 地元の函館で働いている知人から教えてもらった 回転ずしのお店「函太郎」。
 
 その時、あまりに新鮮で美味しかったので、いつまでもその感動が忘れられないのですが、
 何せ10年も前ですから その店があるはずはないよなあ、、、と ダメもとで行ってみたら、、、
 
 ありました!!   「函太郎」!! 
d0174983_19004326.jpg
 いまだに人気があるようで 待つこと 30分で着席。

 朝も昼もイカを食べたのに また「生簀イカ」、、そしてウニも、、
 例え、回転ずしであっても 函館のイカは 白くない、,、、透明なのです。
d0174983_19020892.jpg

 ボタンエビも北寄貝も 表現できないくらい新鮮!!
d0174983_19025028.jpg

 筋子も鮟肝も食べて また「生簀イカ」に戻り、、、、のエンドレス。
d0174983_19035034.jpg

 Shinpapaと10年前の思い出話をしながら 10年前の美味しい感動をもう一度味わいました。
d0174983_19072009.gif

 お宿に戻って 津軽海峡をみると 昼間の雨がウソのように 晴れて
 函館の灯りと イカ釣り船の灯りが 繋がっていました。
d0174983_19051083.jpg


by saint-arrow-mam | 2016-09-07 00:00 |   北海道地方 | Trackback | Comments(2)

北の大地へ (1)

 web申し込みの場合、フリープランにも拘らず 事前にeチケットをもらえないので
 チケット類は 空港での受け取りとなります。

 ということは 
 飛行機の時間ではなく旅行社の決めた時間に合わせて行動をしなければならず
 事前に座席の確認も変更もできないので 不自由ですが、
 この上なく安いセットなので 文句は言えません。002.gif
d0174983_07332353.jpg
 羽田空港は 8月に広島に帰ったときに比べると ガラガラでした。
 こうなると 隣国の方の声が よく響きます。028.gif
d0174983_07333314.jpg
 今回、初めて 〝AIR DO”の飛行機に乗りました。

 やや不安ながら、ANAとの共同運航便だから、、と思ったのが間違いで
 出発ゲートで ダブルブッキングが発生したとのアナウンス。
 すでに 機体の変更とかで出発時刻を遅延しているのに さらに出発が遅れます。
   (日本は時間に正確、、というのは過去の話ですねえ)
 しかも 
 「席をお譲りくださった方には 17時発の航空券と1万円を差し上げます」とのアナウンス。
 「なになに 1万円? 2人で2万円くれるのかい?」
 急ぐ旅ではないし、函館で待っている人もいないし、、、と 心が揺れましたが
 交換を名乗り出た学生たちを見て 1万円の権利は彼らに譲るべきだと、、。077.gif

 それにしても AIR DOの座席は非常に狭く、コーヒーが 腹が立つほど美味しくない。
 CAさんの 素敵な笑顔だけが 救いです。
d0174983_15314639.jpg

 函館空港から 湯の川温泉の宿「湯の浜ホテル」まで 車で10分。

 津軽海峡に面した宿の 津軽海峡に面したお部屋、、、値段の割には なかなか かも。
 案内してくれた女中さんによると
 「晴れた日には 青森がはっきり見える」という 高層階。
 ところが 台風の接近に伴い波が高く 打ち寄せる音が非常にうるさくて、、、。008.gif
d0174983_07334158.jpg

 出発が遅かったので すでに日が暮れ まずは温泉へ。
   (温泉は 撮影禁止なので お宿のHpより)
 露天風呂は入口がわかりにくく しかも急な階段を上っていく必要があるせいか
 いつ行っても 誰も入っていませんでした。
d0174983_07335225.jpg

 夕食はバイキング方式でしたが (想像していた通り)函館らしい料理が何もないので、
 2日目からの夕食は 外で食べることにします。
   (写すに値しませんでした)
d0174983_15455865.gif

 とりあえず雨が降っていないので 夜の湯の川温泉街を散策。

 北海道新幹線のお陰で、「湯の川温泉」が 少しは復活しているかと思ったのですが、
 一度さびれた温泉街が復活するには かなりの時間がかかるのでしょうね。

 こけら落としに GLAYがコンサートを行ったという「函館アリーナ」(左)を見学後、
 他にこれといって行くところもなく ふらふらとパチンコ屋に。(右)
 すると 僅か1時間の間に 2人で7,000円近くも勝ってしまいました。085.gif
d0174983_15553748.jpg

 函館の1日目が 何もしないまま 終わりました。025.gif
by saint-arrow-mam | 2016-09-06 00:00 |   北海道地方 | Trackback | Comments(2)

道東の旅 5日目

 学生時代、広島から東京へ行くときには、(新幹線が岡山までしかないので) 特急を乗り継ぐか、寝台列車を利用していました。

それ以来、40年ぶりの 「寝台特急」に乗って 上野まで移動しました。 
d0174983_1120376.jpg


 <<  札幌駅  >> ワクワク!! 早く乗りたい気持ちで ソワソワします。 まるで 「お子ちゃま」 です。
d0174983_1128741.jpg


 <<  カシオペア 到着  >> あれ、ずいぶん厳つい顔をしています。 あれれ、先頭に雪よけのラッセル車がついています。
d0174983_1132464.jpg


 <<  カシオペアに乗車する  >> 通路が狭くすれ違うことがやっとです。 廊下から階段で上に行けば2階、下に行けば1階です。
d0174983_11341574.jpg


 『 個室 』
 9号車の2階、 ツインの個室をとりました。
d0174983_11393215.jpg


 ** 水回り **
 狭いながらトイレがついています。 奥の壁のふたを開けると洗面台になっています。
 鏡を開くと コップと歯ブラシが用意されています。
d0174983_1142052.jpg


 ** テレビ・コントロールパネル **
 テレビでは BS、ビデオ、GPSによる列車の位置がわかる画面が写ります。
 車内販売が来ると ランプがついて知らせてくれます。
d0174983_11492040.jpg


 ** ソファーをベッドにする **
 簡単な作業でベッドにできるようになっています。 寝巻、タオル、スリッパがついています。
d0174983_129560.jpg


d0174983_1210817.jpg


 『 ラウンジカー 』
 最後尾にあり、だれでも入ることができます。 時々 入り浸っておりました。
d0174983_1213669.jpg


 『 ダイニングカー・シャワールーム 』
 夕食は 3交代制でそれぞれ1時間。 シャワールームは カードを購入して1回30分、シャワーは6分です。
d0174983_12175596.jpg


 <<  カシオペア 上野へ  >>
 函館で、青函トンネルの中だけを引っ張る機関車が接続され、進行方向が逆転します。
 青森駅で 機関車が外されて、進行方向が元に戻ります。

d0174983_1452503.jpg

 青函トンネルに入る時間を計算して カメラを構え 海底駅の画像を写すことができて 大満足です。

 そして 「陸上クルーズ」のようなイメージがする寝台列車には もっともっと乗っていたいと思いました。

       


   松山千春 「大空と大地の中で
 
     果てしない大空と 広い大地のその中で
     いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう

     歩き出そう 明日の日に  振り返るには まだ若い
     吹きすさぶ 北風に  とばされぬよう とばぬよう

     こごえた両手に 息を吹きかけて  しばれた体を あたためて

     生きる事が つらいとか  苦しいだとか いう前に
     野に育つ花ならば  力の限り生きてやれ


d0174983_1512023.jpg


 皇居東御苑に立ち寄り 夕刻 広島へ。

d0174983_15432066.jpg

d0174983_15433287.jpg

d0174983_15434432.jpg

d0174983_15494367.jpg

 寒そうな画像ばかりでしたので、最後に ちょっとだけ「春」を。
 
 いつものように 長ーーーい 旅ブログになってしまいましたが、 ご覧いただきありがとうございました。

 
              道東の旅  完
by saint-arrow-mam | 2012-02-22 00:00 |   北海道地方 | Trackback | Comments(19)