カテゴリ:  台湾( 7 )

台湾鉄道

台湾では3度、鉄道を利用しました。
鉄子とまではいきませんが、列車は大好きなので、
車窓の景色はもちろん、乗り降りする駅、列車の外観、車内トイレまで興味津々でした。
 (画像はクリックしていただくと 大きくなりますが、たいした写真ではないので、、)

d0174983_1014627.gif


1.台北空港近くの「桃園」 から 「台中」 へ  台湾新幹線
   チケット画像
  
  プラットフォームは 「月台」、 エレベーターは 「電梯」  
  台南に行く時は 「南下」(くだり)、 台北に行く時は 「北上」(のぼり)でわかりやすい。

d0174983_93335.jpg

  座席は、新幹線の自由席そのまま。
  グリーン車は無く12車両編成。
  トイレは、少し高い段 を上がる 和式 で、高齢者には不向き。
  母は立ち上がれない、降りれないという 2重の災難に見舞われた。(笑)

d0174983_993447.jpg

  ドアは自動でなく、横の大きなボタンを押すと開くシステム。(閉じるのは自動)
  
  皆、ドアの前に しばし立って 開くのを待つ、が、開かない。
  すると日本人は 「手でドアを 無理やり開けようとする」 (押しボタンを探す人は、まずいない。)
  しかし台湾人は 「ボタンを探す」 
  これで日本人かどうか判別する仕組みになっている?
 
  車内販売で、ミネラルウォーターと少しだけお菓子を販売しに来るが、
  素早いスピードで通り抜けていくので、買うのは至難の業だ。(笑)

d0174983_994970.jpg

  地下にプラットフォームがあり、地下鉄のイメージ。 
  駅構内は、節電のため薄暗いが、新幹線口、在来線乗換口などはなく、出口はわかりやすい。

d0174983_910388.jpg
 

d0174983_1014627.gif
 
2.「高雄」 から 「花蓮」 へ   特急列車
  チケット画像 

  通常の駅には、エレベーター、エスカレーターが完備されていないところが多い。
  重たいトランクを持って、階段を上がり降りするのは、非常に腕力を要する。

d0174983_9394639.jpg

  プラットフォームの数が少ないので、2,3分間隔で、次々に列車が入ってくる。
  列車番号をしっかり確認しないと、乗りまちがえる人が多いというのも納得。
  
d0174983_940311.jpg

  列車の乗り降りにも階段があり、トランクが先か、人が先か悩む。 
  しかし、不思議なことに、この列車は自動扉だった。よってボタンはない。
  
  車内の中央に丸い間仕切りがある。デザインというより、構造強度を保持するためだと思われる。
  冷房が非常に効いていて、母は決死の覚悟で何度もトイレに行く羽目になった。
    
d0174983_9401666.jpg


d0174983_1014627.gif

3.「花蓮」 から 「瑞芳」 へ   特急列車
  チケット画像

  日本のようにきちんとした停止位置に列車は止まらず、適当な位置に列車が入ってくるので、
  プラットフォームに示されている「号車」と列車の「号車」は、一致しない。
  そのために、列車の中で駅に着くたびに、混乱が起きる。

  指定席券を振りかざした乗客に「そこは私の席よ」と台湾語で 怒鳴られるのである。
  「あなたの号車は となりですよ」と英語で行っても大抵、通じない。
  
  そこで、チケットを指さし、次に列車のドアの上に書かれている号車番号を指さし、再度チケットを指さし、
  またドアの方へ向けて くるっと指を回し 「隣の号車ですよ」と 目で教える。
  
  いつの間にか、これは、私の仕事になっていた。(笑)
      
d0174983_9403533.jpg

  前回のことがあったので、シッカリ冷房対策をしていたら、今度は冷房が効かない。
  しかし、この列車も自動ドアであった。
  すると新幹線だけ自動ドアではない? 台湾が列車購入の際、値切ったのか?    

d0174983_9404727.jpg

  指定席だが、開いているところは座って構わない、と言うことになっているらしく
  空いている席に移動しながら座っている人もいる。
  
  車内改札も実にいい加減なので、しなくてもいいんじゃないの、と思うくらい。(笑)

  チケットを回収することもないので、お土産に持って帰れたことはラッキーだったが、、。  

d0174983_9405771.jpg
 

d0174983_1014627.gif


  これでなんとか、東京へ行くまでに 台湾ブログを完了できました。
  相変わらずの拙いブログですが、続けてご覧いただき心より感謝いたしております。

  
by saint-arrow-mam | 2011-04-16 00:00 |   台湾 | Trackback | Comments(7)

台湾へ (台北ー広島 )

 台湾で宿泊したホテルは、どこもお部屋が広くて びっくりしたのですが、
 特に最後のホテルは、皆さんとても楽しみにしていらっしゃいました。
 
 「圓山大飯店(本館)」は華麗な朱色の列柱と装飾に色取られた中國宮殿式のホテルです。
 カメラを抱えて、ホテルの中をあちこち写して回るのが、忙しいこと。(笑)

d0174983_21133425.jpg


d0174983_21495666.gif

 台湾には徴兵制があり、高卒、大卒のタイミングで、1年間入隊するそうです。
 中でも特に優秀な兵士が、『忠烈祠』 の衛兵を務めます。
 1時間に1回行われる衛兵の交代式の見学をしました。

d0174983_21175012.gif

d0174983_22291991.gif 衛兵として立っているのは一人1時間。 その間、眉一つ動かしません。
 驚くのは、「瞬き」もしないのです。  アンビリーバブルです。

d0174983_2125155.jpg


 歴史と文化の宝庫である 『故宮博物院』。
 中國からごっそりと台湾に持ち出した財宝が展示されています。
 
 愚かなことに、
 私は数年前に、中国の故宮博物院で見たものが、レプリカだったということを、今回、知りました。

d0174983_21293077.jpg


 さすがにここは、写真撮影もバッグ(リュック)を持って入ることも許可されません。
 
 ガイドさんの案内で、効率よくみてまわりましたが、
 全てを見るには1日では絶対に足りないと実感しました。

 お昼は、同じ敷地内にある「故宮昌華」という超高級レストランで。
 帰りが近くなるほど、高級なホテル、高級な料理になります。
d0174983_2149317.gif
 母も最後だからと言って、結構 頑張って食べていました。

d0174983_21332185.jpg


 先ほど、故宮博物院で見た 貴重な品々を料理にアレンジしています。

d0174983_21351587.jpg


 それ以外の創作料理もとても美味しく、雰囲気も素晴らしく、一つ一つ歓声があがります。

d0174983_21362377.jpg

d0174983_2151405.gif 
 これで台湾観光が終了しました。
 母も限界に近い感じですが、何とか乗り切りました。

 台北空港発16時55分(日本時間17時55分)。約2時間のフライトの機内食です。

 旅行中、何度か食事をするうちに、飲み仲間が出来ました、、、オ、ホ、ホ。

d0174983_21421725.jpg


 カメラの中の写真を、プレイバックしながら、あれこれとブログのことを考えている間に広島に着きました。

               謝謝
d0174983_21555776.gif

 

 <おまけ>
 コンビニ、ファーストフード in 台湾です。

d0174983_2211034.jpg


 そして 郵子としては、これは外せません。

d0174983_8173337.jpg


d0174983_2154275.gif
 
by saint-arrow-mam | 2011-04-15 00:00 |   台湾 | Trackback | Comments(5)

台湾へ ( 花蓮ー九份ー台北 )

d0174983_13321162.gif


 特急列車に乗ること約2時間、
 さらにバスで30分で、時を越えたレトロな街、九份(きゅうふん)へ。

d0174983_13354464.jpg


 山の中腹に見える建物は、「千と千尋の神隠し」 のモデルになった建物です。

d0174983_13374624.jpg


 小さな屋台が集まったようなレトロな街は、映画のロケにもよく使われるそうです。

d0174983_13383957.jpg


 散策のあと、眺めがすばらしいレストランで昼食。
 お茶の美味しい入れ方も見せてくれました。

d0174983_13393410.jpg


 バスで約1時間で台北へ。
 観光はなんといっても 故 蒋介石の業績を称えるメモリアルホール 『中正記念堂』

d0174983_1346528.jpg


 都心の約25万㎡の広大な公園の両端には、国家音楽庁と国家戯劇院があります。
 あまりに広く、一度に写せなかったので、パノラマ加工しました。

d0174983_13463773.gif


 ホテルに帰る前に、スイーツの人気店で、マンゴスイーツを。

d0174983_13485319.jpg


 ホテルは、台湾随一の伝統と格式のあり、迎賓館としても使われている「圓山大飯店」です。
 (ホテルにつきましては、後日 別ブログにします)

 夕食は、市内のレストランで。

d0174983_13513648.jpg


 夜7時からが、私の最初で最後の自由時間。
 
 ホテルから近い場所に台北市立美術館があり、夜9時半まで開いているとのこと。
 ちょうど「モネ」展をしているので、飛んで行きました。
 
 モネの晩年の作品を中心に、見ごたえがある、素晴らしい内容で、大満足です。

d0174983_13554369.jpg


 なんと、美術館のすぐ横が、「花博」 の会場でした。
 夜10時までオープンしているとあっては、寄らないわけにはいきません。
 5時を過ぎていたので、入場料金が安くなっていました。

d0174983_13574731.jpg


 会場にはまだ多くの人がいて賑やかでした。
 南国独特の花も見事に演出され、駆け足ながら次々に見て歩きました。

d0174983_1359269.gif

d0174983_13592596.jpg


 ホテルまで無料のシャトルバスが出ているので、帰りも楽でした。
 お留守番をしていた母は、すでに限界を超え、爆睡していました。
 
d0174983_1422227.gif

 
 今日一番の感動は、地面にありました。
 左が通常の蓋、右は中正記念堂の蓋ですが、
 蒋介石氏に関するものは、マンホールの蓋まで特別製なんですね。

d0174983_1464470.jpg



d0174983_14143740.gif
 
by saint-arrow-mam | 2011-04-14 00:00 |   台湾 | Trackback | Comments(6)

台湾へ ( 高雄ー花蓮 )

d0174983_6593989.gif

 台湾の人口は、約23万人、そのほとんどが、 台北 と 高雄 に住んでいます。
 台北を東京とするならば、高雄は大阪だと考えれば、その違いは分かりやすいと思います。

 今日は4時間の列車の旅。
 台湾の東海岸を北上し、台湾東部のゲートタウン花蓮へ向かいます。

d0174983_752860.jpg


d0174983_842767.gif 列車には段差があり、熟年ツアーでは、重たいトランクを持って乗り降りするのが大変。
 エスカレーターがない場合もあり、階段での移動となると、体力勝負になります。

 相変わらず霧で霞んでいる 車窓からの景色ですが、
 進行方向の左手には、整地され、広々と広がる田園風景が見え、
 進行方向の右手には、果てしなく広がる太平洋がみえます。

d0174983_7104474.jpg


 花蓮到着後 駅前から観光バスで移動。(これがツアーの良いところですね) 
 花蓮で有名な行列のできる「ワンタン屋さん」で、噂のワンタンをいただきました。
 
d0174983_832783.gif さすがに すごく美味しい ワンタンで、
 「美味しい」という言葉を、「ハオ・チー」というのにも慣れてきました。(笑)
 
d0174983_7154367.jpg


 バスは山の中へ進路を取り、台湾最大の景勝地 『太魯閣(たろこ)峡谷』へ。
 
 何万年もの歳月をかけて、急流が大理石の山を削り、
 断崖絶壁が約20㎞も続く光景は、圧倒的なスケールと迫力を誇ります。

d0174983_7265268.jpg

d0174983_8125124.jpg



 途中でバスを降りて、徒歩で進みます。
 
 「落石」が常にあるようで、手すりや地面に大きな傷が見えます。

 先のとがった石が地面に転がり、「今落ちた」という感じが
 生々しく伝わってきます。( おいおい、大丈夫なの? ) 

 
 この観光地には、観光客の安全を守るという概念はなく、
 ケガは自己責任、当たれば運が悪いという感じです。



 
 ダイナミックな台湾の自然に触れて、私の血が騒ぎます。
 ツバメが巣を作っているところや、美しい大理石の縞模様には驚愕しました。

d0174983_7295163.jpg

 
 空を見上げると「台湾」の形に見える というビューポイント。
 
 人目を気にせず、イナバウアーをしながら5枚写して、パノラマ加工しました。
 それがこれだ!!! イー、 アル、 サン、

d0174983_7334631.jpg

 
 私の価値観では、街中の神社仏閣の観光より、この自然美のほうが数段に優り、
 できれば、トレッキングシューズを履いて、ゆっくりと歩きたいと思いました。

d0174983_7405586.jpg

d0174983_82385.gif 母も良く歩いていましたが、今日の行程は少しきつかったようです
 早めにホテルに入り、夕食タイム。

d0174983_742123.jpg


 再びバスに乗って、30分。
 原住民 アミ族の民族舞踏鑑賞へ行きました。

 この種類のものに弱い私は、ウツラウツラ、、、。

    

 明日は、再び列車に乗って、千と千尋の郷、九份(きゅうふん)へ向かいます。 
d0174983_8501434.gif

 今日の驚きは列車です。
 座席番号が連続していません。奇数2列と偶数2列に分かれています。

d0174983_853018.jpg



d0174983_8461053.gif

 

 
by saint-arrow-mam | 2011-04-13 00:00 |   台湾 | Trackback | Comments(8)

台湾へ ( 台中ー高雄 )

d0174983_18544742.gif
 
 朝食の後、母が部屋で一休みしている間、私は近くの公園を散策。
 思いがけず、湯治にきていた台湾の方から 流暢な日本語で声をかけられました。
 
 彼は 京都教育大学に留学し、現在は台南大学の教授をしているそうです。
 「留学をしていた当時、台湾が大地震に遭い、日本には非常に助けてもらった。
 今回はお返しをしたいので、大学の先生や学生たちに呼びかけて、募金活動をした。
 少ないけど自分の給料の3分の1を義捐金とした。」と話してくれました。

 熟年の上品な紳士と別れた後も、ずっと心がウルウルして、
 素晴らしい朝を迎えることが出来た幸運に 感謝しました。
 
 遊歩道がある公園には、桜によく似た花が咲いていました。

d0174983_19113715.jpg


d0174983_19251956.gif


 バスで走ること約1時間。
 1653年に オランダ人によって築かれた台南最古の建築物 『赤崁樓』

d0174983_1921062.jpg


 お庭の池にたくさんの鯉がいたので、カープファンは素通りできません。(笑)
 鯉の形をした面白い餌の自動販売機を発見、10NTD(約30円)で購入しました。

d0174983_19232027.jpg


 さらにバスで 20分走り 『延平郡王祠』へ。
 民族的英雄の鄭成功と一族を祀っているところです。

d0174983_19321514.jpg


 高雄へバスで移動して、昼食となりました。

d0174983_19331436.jpg


 龍虎塔で有名な 『蓮池潭』。龍の口から入って、虎の口から出ます。
 ジグザグした橋を渡り、塔の中を、6階まで階段で上がます。

 塔の下で待っている母の分も頑張ろうと思い、私は両方とも最上階まで上がりました。

d0174983_19385762.jpg


 高雄の街が一望できる高台の 『寿山公園』へ。
 戦争で亡くなった方の慰霊を祀る 『忠烈祠』がありました。

d0174983_19422935.jpg


 夕食は、海鮮料理のレストランで。

d0174983_20101935.jpg


 台湾には「夜市」で有名な場所がいくつかあり、地元の人達で賑わっています。
 中でも有名な 『六合観光夜市』へ。食べ物は、ちょっと不気味で口にできませんでした。

d0174983_19522729.jpg


 明日は、特急列車に4時間揺られて花蓮まで移動し 断崖絶壁の渓谷へ。

d0174983_1959325.gif


 本日の一番感動した、石の彫刻 ( 龍虎塔前の保生大帝 )

d0174983_2023640.jpg




d0174983_203526.gif




 
by saint-arrow-mam | 2011-04-12 00:00 |   台湾 | Trackback | Comments(6)

台湾へ (広島ー台北ー台中)

d0174983_11294094.gif
 今までにアジアの国々 (中国、韓国、香港、ベトナム) を訪れたときは、
 いずれも「飛行機のチケット」と「ホテル」だけを手配してのフリー旅行でしたが、
 今回は『 熟年 あっぱれ台湾周遊 』 という ちょっと気恥ずかしい名前のツアーに参加しました。
 
d0174983_1054385.jpg
 九州より少し小さく、四国より大きな面積を持つ台湾を、
 反時計回りに4泊5日で一周するこのツアーは、 
 地元のテレビ局 と 旅行会社のコラボによって出来た人気の企画ということで
 広島発着の直行便を利用した 中国地方に住む人には参加しやすいツアーです。
 
 確かに26名の参加者は皆さん「熟年」でしたが、母はダントツで最高齢でした。


 
d0174983_11212216.gif

 朝9時に広島空港を飛び立ち、現地時間10時半(時差1時間)に着くという2時間半のフライト。

d0174983_11245368.jpg

 機内食で朝食。 すでに旅モードということで、朝からビールです、ホ、ホ、ホ。

d0174983_11274288.jpg

d0174983_11474577.gif 到着後、出迎えのバスに乗って、新幹線の駅に移動します。
 看板の文字が漢字で書かれているので、「書いてある意味が分かる」と母は大喜び。

 いかにも日本の新幹線技術をそのままに反映したことがわかる新幹線で台中まで。

d0174983_11333690.jpg

d0174983_1136429.jpg
 車中でお弁当を食べました。
 今回は
 オレンジ色の笑顔マーク で美味しさのレベルを、
 赤い への字顔マーク は「まずさ」を
 黄色の顔マーク で訪問してよかったかどうかのレベルを
 表現しようと思います。

d0174983_1146759.gif
 
 台中駅からバスで5分。
 30mの巨大な布袋様が シンボルになっている『宝覚寺』
d0174983_11464017.gif
d0174983_11452047.jpg

 エメラルド色の神秘の天然湖 『日月潭』
d0174983_11542354.gif 母は、どこを見ても霞んでいたので、黄砂かと思って絶望的になっていましたが、
 この時期の台湾は、黄砂ではなく、霧で霞むことが多いそうです。

d0174983_11554390.jpg


 孔子と関羽を祀っている 『文武廟』には、大きくて派手な狛犬がいました。
d0174983_11464017.gif
d0174983_1210319.jpg


 今日のお宿は、美人の湯として名高い 『関子領温泉』 です。
 泥を体に塗り、水着を着て入る 泥湯が有名です。
  ㊟お見せできるような代物ではありませんので、入浴画像は省略します。(笑)

 夕食はお宿で養生料理を、「台湾ビール」 と共に。
 (中華料理の撮影は一人分だけでは冴えないことが分かりましたので、
 翌日からは、大皿の状態で写させていただくことにしました。)
d0174983_12215251.jpg


 早朝より旅が始まり、夜は、爆睡いたしました。
d0174983_136144.gif
 
 一番感動した、石を掘った壁画 ( 『文武廟』にて )
d0174983_1343724.jpg



d0174983_1323459.gif

 
by saint-arrow-mam | 2011-04-11 00:00 |   台湾 | Trackback | Comments(8)

台湾へ

d0174983_16265129.gif
 先月、ベトナムへ行ったときには、甥や姪と留守番してくれていた母ですが、
 今回はその母の希望で、「台湾」へ行ってきます。


 広島空港から直行の 「チャーター便」 を設えてのツアーなので、
 約2時間ちょっとで台湾へ行くことが出来ます。 (母には、絶好の条件です)
 
 また、熟年対象のツアーなので、とても ゆったりとしたスケジュールになっています。
 
 今回は 観光や食事が全てプランに組み込まれているので、
 残念ながら 添乗員 shinmama の出番はなさそうです。 
 

  
d0174983_16471837.jpg
 
 10日に、広島市長、広島県議会議員、広島市議会議員の選挙があるのですが、
 当日、行くことができないので、期日前投票に行ってきました。

 初めて期日前投票をしたという母は、それだけで楽しそうでした。

 
d0174983_20274469.gif

 冬の間、リハビリをさぼり、気持ちも落ち込みがちだった母が、
 旅行が決まった3月中旬からは、朝夕、一生懸命歩き
 料理なども積極的に作るようになったことが、私には何よりうれしいことです。


d0174983_18395681.gif
 

 
by saint-arrow-mam | 2011-04-08 18:43 |   台湾 | Trackback | Comments(6)