カテゴリ:  マレーシア( 9 )

ボルネオ物語 その7

「おはよう」「おいしい」「ありがとう」の たった3つしかマレーシア語を話せないのですが、
ホテルに滞在した 1週間 こればかり連呼していると ホテルのスタッフが 親しく話しかけてくれるようになりました。

d0174983_14214144.jpg

 ちょっと目を離すと 私の料理を略奪して行った 連中とも 今日でお別れです。
d0174983_14244163.jpg


d0174983_14252590.jpg


 昨日のマレーシアン・ヌードルで shinpapaのお腹はピンチになりました。
 吐き気も 痛みも ないのですが、お腹にやさしいものを 食べなくてはなりません。

 海外旅行に行く前に、いつもその土地の「日本料理店」を調べる 添乗員shinmamaです。
 非常時に備えてのことですが、今回は、初めて その資料が役に立ってしまいました。
d0174983_15271618.gif
 
 チェックアウトをして 荷物をホテルに預け、コタキナバルの新しいビルにある 日本料理店へ行くことにします。
d0174983_1433293.jpg

 ありがたいことに 「おうどん」があり、味も良く 価格も 日本並み。
 ほうじ茶 と 巻きずしも注文しました。

 すき焼きや天ぷら、刺身などもありますが、お腹の調子が悪いので パスです。 
d0174983_1435126.jpg

 
 思い返せば コタキナバルは 想像していたより衛生的で まだまだ 発展すると思わせる街でした。
 これから だんだん日本料理店も 増えてくるかもしれません。
d0174983_144123100.jpg

 空港は新しく とてもきれい。 それなのに 日本からの直行便がなくなるのは残念です。
 とはいえ、帰りの飛行機も ガラガラでした。 
d0174983_14454255.jpg

d0174983_19352866.gif


d0174983_15285584.jpg


 羽田では出発時と同じホテル、同じお部屋に泊りました。
 早朝、次々に飛び立つ飛行機を見ると また どこかへ行きたくなります。(笑)
d0174983_14504295.jpg
 

 帰路はJALで広島まで。
 往路で見た富士山より 頂く雪が多くなっていました。

 寒いんだろうなあ、、広島。
d0174983_20542241.jpg


 帰国後 shinpapaは徐々に回復。 
 季節外れの日焼けに悩む私も 以前の生活に戻りました。

 でも 朝、お布団から出るのが、、、、つらい。
 冬は 暖かいところで暮らすのが いいなあ、、、、と思う毎日です。

d0174983_1936745.jpg






 
 
by saint-arrow-mam | 2012-01-19 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(4)

ボルネオ物語 その6

d0174983_2214125.jpg
昨日 ゴルフをしているときに お声をかけてくださった Sさんご夫妻。
コタキナバルに マンションを買い、ロングステイして6年が経つそうです。

お二人は このゴルフクラブのメンバーで
私たちを 『メンバーのゲスト』 ということにしてくださったので
安い料金で プレイできました。

コタキナバルでの暮らし方、ロングステイのメリット、デメリットなど 
暮らしてみないとわからない 生の情報をいろいろ教えていただきました。

帰国後もメールで写真を送らせていただいたり 交流は続いています。

d0174983_22231515.jpg

 朝 7時の空を見上げて びっくり。
 空全体が真っ赤な 鱗模様です。 なにか特別なことでも起こりそうな 異様な感じがします。
d0174983_22294545.jpg

d0174983_19382983.gif
 
このコースを知り尽くしていらっしゃる Sさんご夫妻とラウンド。
記念写真を写したり、おしゃべりをしたりしながら ゆったりとプレーします。
d0174983_22261156.jpg

 アヒルたちも 木陰で休みながら 散歩をしています。
d0174983_22322121.jpg

 奥様に ゴルフ場の中で珍しい花が咲く場所を教えていただき カメラマンshinmamaは張り切りました。
d0174983_22354587.jpg
 

 
 午後もスコールの気配もないピカ天。 プールでひと泳ぎしてから 街へ出かけます。
 道路標識が 暑さに負けてます。  これでは 読めません!!
d0174983_2242119.jpg

 最近整備された 新しい歩道に なんとマンホールがありました。
 よほど 価値があるのか ダイヤモンドマークです。(笑)
d0174983_22444065.jpg

 マレーシアのローカルフードが気に入り、また食べたいという shinpapa。
 
 再びフードコートで 怪しそうなヌードルに挑戦。 
 カレー味で shinpapaは絶賛して ガツガツ。 (それが 後に とんでもない結果を招くとは 知る由もありません)
d0174983_22463864.jpg

 毎日、夕焼けを見るのが楽しみの一つになりました。
 でも明日は 帰国です。  早いなあ、、、、。
d0174983_22473396.jpg

d0174983_13303165.jpg
by saint-arrow-mam | 2012-01-18 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(2)

ボルネオ物語 その5

d0174983_15494443.gif

 「スラマッパギ」 おはようございます 
 
 「雨季」は どこへやら。 また また また 今日も朝から ピカ天です。
 日焼けヒリヒリの体で、午前中にゴルフをして 午後は島でシュノーケルをしまーーーす。

d0174983_15482544.jpg


 日本のゴルフ場に花がないこの時期、南国の花が鮮やかに咲くゴルフ場は 美しい。

d0174983_15524614.jpg

 今日のコースは「レイクコース」。 要所要所に池があり、私のゴルフボールが 飛沫を上げ 吸い込まれていきました。(笑)
d0174983_15542822.jpg

 時々、人がいないのを見計らって スプリンクラーの水が飛び出します。
d0174983_15551172.jpg

 お昼は、ゴルフ場で。
 レストランのお姉さんおススメ No.2 のマレーシアンヌードル〝Mee Mamak"。
 これも なかなか おいしい。

d0174983_161899.jpg

d0174983_175156.gif

 水着に着替えて ボート乗り場へ。 今日は「マムティック島」へ まいるぞ。

 「旅レコ」も一緒に ボートに乗りました。  ほほ、ここがマムティック島なんだ。
d0174983_16541724.jpg


d0174983_16544918.gif
シュノーケルをつけて もぐります。

昨日の経験があるので、ちょっと余裕があります。

でもカメラで写すのは 想像以上に難しいです。

息と止めて 水中深く 潜っても カメラを構えた途端、 
プワーーーっと 体が浮き上がってしまうのです。

スキューバダイビングなら いいのですが、、、。


 動画編集しました。 ちょっと長いですが、私の一生で 最初で最後の海中の動画だと思います。

 最後に nimoちゃん を写せたことで ミッションクリアーです。

    

 サピ島と同様に マムティック島も サンゴの白い砂浜が美しい海岸でした。
 魚たちも 恐れずに 良く集まってくれました。 (パノラマ加工)
d0174983_17275583.gif

 今宵の夕日も エキゾチック。 楽しいと一日があっという間に過ぎていきます。
d0174983_17313681.jpg

 夕食は、初日に食べた 中華料理のレストランでお腹いっぱいになるまで食べてしまいました。
d0174983_1732196.jpg


 明日も、早朝から ゴルフです。

d0174983_17402282.gif

by saint-arrow-mam | 2012-01-17 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(4)

ボルネオ物語 その4

 またまた お天気に恵まれた 日曜日。 
 ホテルのプールサイドは 週末のバカンスを楽しむ人たちで 賑わっています。

d0174983_10371520.jpg


 コタキナバルのメインストリートである「ガヤ・ストリート」では 毎週サンデーマーケットが開催されています。

d0174983_10485090.jpg

 露店では 手作りのお土産、日用品、食材が ランダムに売られています。
 お客さんは観光客ばかり、現地の人はあまりいないようです。
d0174983_10552091.jpg

d0174983_19365643.gif

 レストランではなく、現地の人に混じって フードコートで食事をすることに。 
 味の想像が つくものと、素材すら わからないものが 並んでいます。
d0174983_1124427.jpg


d0174983_113539.jpg
好きなものを 好きなだけ お皿に取って席に着くと お姉さんがやってきます。
じーーーーっと 皿を見つめて、小さな紙に 値段を書きます。

料理には 何グラムでいくら、何個でいくらと表示されていますが、
お姉さんは お皿を見ただけで それぞれ何グラムか わかるということでしょうか?(笑)
これで 260円 くらいです。
  

 〝特別に美味しい″ ということはありませんが、甘酸っぱい「酢豚味」が多く 不思議に 口に合います。

d0174983_11173178.gif


 ボルネオ島から程近いところに トュンク・アブドュール・ラーマ海洋公園と呼ばれる島々があり、シュノーケリングを楽しむことができます。 

d0174983_11233627.jpg
日本人だけのツアーで行くと 料金が数倍も高くなるので、
絶対に 個人手配が おすすめです。 

日本から シュノーケルの道具と 防水カメラを持ってきましたが
果たして うまく写せるかどうか、不安です。

今日は ピカ天なので、日焼け止めを たっぷり塗っておかないと、、、。




  いざ 『サピ島』へ。

d0174983_11381910.jpg

 島に上がるときに 入島料を 10RG 払います。
 砂浜は さらさらとした白いサンゴの砂です。
d0174983_2061099.jpg

 実際にシュノーケリングでは 魚が はっきり見えるのですが、息を止めて水中に潜り、ゴーグル越しにカメラのディスプレイ画面を覗き、 動く相手を瞬間に写すことは とても難しいです。

d0174983_199213.jpg

d0174983_1993787.gif

d0174983_1995526.jpg


 コツがつかめてきた頃には、『日焼け』 の限界でした。
 島には シャワー設備がないので、水着の上から服を着て帰ります。  明日はマムティック島で、再チャレンジします。

d0174983_2035192.jpg



 夕食は 海辺に一番近い アウトドアの席で バーベキューです。
 「香水」ではなく 「虫よけスプレー」を たっぷり ふりかけます。(笑)

d0174983_20104418.jpg


 ビールを片手に見た夕日は 雲を茜色に染め、空を紫に変え、なんとも美しい光景を見せてくれました。

d0174983_2016015.jpg


 上を向いて寝ると 日焼けがヒリヒリして 眠れない夜でした。(笑)
by saint-arrow-mam | 2012-01-16 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(6)

ボルネオ物語 その3

 

 朝食のレストランに 人がいっぱい。  そうか、今日は土曜日なんだ。
 週末を コタキナバルで過ごす人達がこんなに、、、、、。 

d0174983_917370.jpg

   旅レコで綴る
    添乗員shinmamaの ウォーキングツアー  9:00~12:30


d0174983_9234784.jpg

① ホテルで朝食 
   目の前で焼いてもらった〝オムレツ″ と 〝ナン″が 美味しくヤミツキになりました。
d0174983_9253396.jpg

② メインストリート
   車は右ハンドル。 スピードは出せるだけ出すぞという 粗い運転で コワイです。
d0174983_9314490.jpg
 
③ サバ州立モスク
   5000人のイスラム教信者が礼拝をすることができる 大きな州立のモスク。 「ムーン&スター」という愛称で呼ばれています。
d0174983_9364727.jpg

④ タンジュンアル タウン
   地元の人が暮らす街。 美味しいと評判の中華料理屋さんがあるのですが、地元の人の目線が厳しく、どうも入りにくくて、、。
d0174983_9382442.jpg

⑤ 水上住宅
   基礎となる柱が腐っているし、非常に不安定。  コタキナバルには 地震がないというのですが、じめじめしないのかなあ。
d0174983_17364128.jpg


⑥ ホテルの敷地(ゴルフ場)
   昨日ラウンドしたコースが 見えます。 ゴルフ場に現れたサギが たくさんいます。
d0174983_94444.jpg

⑦ グレースポイント
   新しくできたフードコートで 現地の人に混じって ナシゴレンを50円で食べました。
d0174983_1042030.jpg



 しかし 一般的な住宅街に    マンホールがない!!
 
 そうです。 おそらく 下水道が整備されていないのでしょう。
 
 ガスは プロパンガス。 水道管は 露出していますが 凍結する心配はありません。(笑)


d0174983_1145752.gif


      テングザルを探す エコツアー  14:00~21:30


d0174983_1162385.jpg
ボルネオ島にはそこだけに生息する 固有種がいます。
その一つが テングザルです。

大きな鼻が最大の特徴ですが、オスのみがこのように大きくなります。

夕方になると 見晴らしの良いねぐらを求めて川にやってきますが
個体数が徐々に減っているので 見ることができない日も多いそうです。

  

 参加者は 私たち二人だけでした。 ガイドさんと運転手さんが専属でついてくれるので申し訳ないです。
 行先が全くわからなかったので、「旅レコ」で記録できたのがうれしいです。

d0174983_1114928.jpg


 (暴走運転でも)2時間かかる ボルネオの湿地帯へ向かう途中 果物ショップ(といってもテント)で 休憩。
 見たことのない果物がいっぱい並んでいて、試食自由。  ガイドさんが次々に食べさせてくれます。
d0174983_11205087.jpg


 少し小雨が降る中 クリアス川に到着です。
 気温が下がり、小雨が降るくらいが テングザルと マレーシア蛍を見るにはベスト、、、らしい。
d0174983_11254136.jpg

d0174983_1126862.jpg

  この風景を見たときに 最初に 頭に浮かんだのは 

    「蚊、蚊、蚊、蚊、蚊、蚊」

  スプレーを出して再度 念入りに ふりかけます。



 いよいよ クリアス川を 船で進みます。  テングザルを見つけることはできるのでしょうか?

      

 「サルがいる」となると それーーーーっと船が集まってきます。
 これほど テングザルをたくさん 見ることができる日は珍しいそうなので ラッキーでした。
d0174983_1812949.jpg


d0174983_12204793.jpg
小屋で夕食を食べて 日没を待ちます。
同じクリアス川で 今度は「マレーシア蛍」を見るのです。

マレーシア蛍は 日本の蛍より 光る間隔が早く チカチカと光ります。
好きな樹液に密に集まって光るので クリスマスツリーのようでした。

残念ながら 写真には何も写っていませんでした。


夜の小路を 湿地に落ちないように歩きます。
d0174983_12242785.jpg

車でホテルに戻ったのが 21:30。 
馴染みになったマフィンショップで 夜食のケーキをいただいて お部屋に帰りました。
d0174983_12253988.jpg


このケーキを食べなければ 体重を維持できたのに、、、、。
by saint-arrow-mam | 2012-01-15 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(4)

ボルネオ物語 その2

d0174983_1753638.jpg

 今回の旅行の 最大の目的は とても安価にプレー出来る 『ゴルフ』 です。

 ゴルフ場に併設された 27ホールの チャンピョンシップコースを 全部プレーしたいshinpapaは、昨日からグリーンを見ては ソワソワ。

 それではと 土日を除いて3日分の予約をしました。

 旅行社を通してお願いすると 日本でゴルフをするのと変わらないくらい 高くなりますので、現地で 個人で申し込みするに限ります。

d0174983_18345539.jpg


 朝ごはんはバイキング。 野菜とおかゆで ちょっとカロリーセーブのつもり。(笑)

d0174983_18392982.jpg


d0174983_19351427.gif

 ゴルフ場の風景は、世界中 どこも似たりよったりです。

d0174983_1934449.gif
でも、さすがに サギが ひょこっとティーグランドに姿を現すと びっくりします。

d0174983_1843295.jpg

d0174983_19355711.gif
でも、さすがに ココナツの実が ラフにドスンと落ちると びっくりします。

d0174983_19335153.jpg

d0174983_19385429.gif
海が見え、島が見える 素晴らしいロケーションに 暑さを忘れて 感動します。

     

 お昼ご飯は ゴルフ場で。
 英語がわかるウエイトレスさん おススメの マレーシアヌードルの 名前は「Mee Hailam」。 
 見た目は いまいちですが とても美味しいです。

d0174983_1923307.jpg


d0174983_19242994.gif
「日焼けするから 泳がない」 と言っていたのですが、ホテルに戻り プールを見ると 我慢できませんでした。(笑)

d0174983_19263119.jpg

d0174983_19242994.gif
泳ぎ疲れると ビーチパラソルの下で ジュースを飲んだり、本を読んだり、のんびり過ごします。

d0174983_19264782.jpg

d0174983_19242994.gif
ムシムシする日本の暑さと違って 日陰はさらりとしています。 蚊は 全く大丈夫です。

d0174983_9102590.jpg

d0174983_20211215.gif


 旅先での時間は いつも あっという間に過ぎていきます。

 今宵の夕食は イタリアンレストランでいただきます。

d0174983_1947126.jpg

 現地情報で 美味しいと聞いていたのですが、日本ですと 普通のレベルだと思います。

d0174983_19481038.jpg

 ステラハーバーゴルフクラブは ナイターゴルフもしています。

 ライトアップされたグリーンが見えると 再び 心が落ち着かず ソワソワするshinpapaでしす。
 でも、 夜は 蛇や大きなトカゲが出るらしいから 絶対にゴルフはしないぞ!!!

d0174983_2062121.jpg


d0174983_21492066.gif

by saint-arrow-mam | 2012-01-14 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(8)

ボルネオ物語 その1

 1月 10日    広島から東京へ。

 東京までの往路はANAです。 
 就航したばかりの 最新式の機種787型で エコノミーでも一人一人の座席に テレビ画面が付いています。

d0174983_10252711.jpg


 天候は安定、shinpapaが嫌いな 機体の揺れもなく、 富士山が美しく見えました。

d0174983_10343391.jpg


 空港に直結したホテルに宿泊するので、荷物はすべてカートのままホテルまで持っていくことができ 楽ちんです。
 
 空港が見渡せる 眺めの良いお部屋でした。
 しかも 飛行機の音が全く聞こえない 完全防音の部屋なので 都心のホテルより むしろ快適です。

      

 
 shinpapaは 本来の目的である会合へ(笑)、私は浜松町までモノレールで移動して 増上寺へ。

d0174983_10495452.jpg


d0174983_14181596.jpg
「羽田空港」「浜松町」「月島」の風景印を ゲットしました。


d0174983_11175221.jpg



 1月11日    東京 後楽園ドームのイベントなどで 終日 過ごします。 (このイベントは 後日 ブログにまとめます)

 23:30 マレーシア航空カウンターにて チェックイン。
d0174983_153589.gif
 初めて海外へ マイ ゴルフバッグを持って行きます。 
 マレーシア航空の場合 ゴルフバッグは 無料で追加できます。   

 1月12日   01:20    深夜の MH 085便で コタキナバルへ。
 
 機内は ガラガラです。 暇なのか マレーシア人の男性キャビンアテンダントが 流暢な英語で 話しかけてくれます。
 
 コタキナバルで キナバル山に3回登った話や、船で島へ渡ってシュノーケルをしたこと などなど、、、そして 飛行機の絵葉書を くれました。
 
d0174983_111889.jpg


d0174983_112733100.jpg


 飛行機から見る 夜明けは とても神秘的です。
 
 水平線、地平線と 呼ぶならば まさに「雲平線」からの日の出です。

 ボルネオ島の上空、東南アジアで1番高い キナバル山の山頂が 見えます。

d0174983_11324688.jpg

d0174983_17223176.gif

 現地時間 08:30 
 今夜から6泊する ステラハーバーリゾート マジェランホテル 着。
 
d0174983_12592455.jpg



d0174983_1312851.jpg


 ホテルでは 英語が通じますが、韓国語で話しかけられることが多く
 これには閉口しました。

 それほど、コタキナバルには、中国人と韓国人の観光客が多いのです。

 もちろん 日本人にも とてもフレンドリーに接してくれます。

 お部屋が使えるのは14:00からなのですが、
 日本から送ったメールが功を奏したのか すぐにチェックインさせてくれました。

d0174983_131352.jpg

 ベッドルームとバスルームが 鎧戸のついた窓で繋がっています。
 シャワーブース と トイレが別スペースになっていて 広々しています。

d0174983_13134519.jpg

 最上階で 眺めの良い角部屋なので バルコニーから山々や 州立モスクまで見えます。 (サービスで お部屋をランクアップしてくれたお陰です)
 でもやはり外は暑いので クーラーの効いたお部屋の中に 即、退散します。

d0174983_13175374.jpg

d0174983_17142092.gif
 荷物を整理し、日本から持ってきた「電子蚊取り」を部屋にセットします。

 〝蚊が多い″ という情報に 用意周到でやってきたのです。 (実際は 全然いませんでしたが)

 体中に 虫よけスプレーをふりまいて いざ コタキナバルの中心街へ。
 
 「気温30℃なので、歩いて行くのは 無理ですよ」 と ホテルマン。
 
 でも 初めて海外で使用する 『旅レコ』 です。 
 なんだか うれしいので 無謀にも歩いてしまいました。

d0174983_13482272.jpg

d0174983_17172490.jpg
 ジリジリと音がするような 日差しの強さに 頭がクラクラしてきます。

 商業ビルに入るとエアコンが効いていますが、青果市場は 蒸し風呂のようです。

d0174983_13513257.jpg
 
 海辺を歩くと 多少なりとも 風が心地よいのですが、道路の信号は あっても無きがごとし。
 ベトナムで習得した歩き方がここで役に立ちます。 右見て左見て ひたすら走って渡ります。

d0174983_13535355.jpg

d0174983_17172490.jpg
帰路も 炎天下を ひたすら歩いて やっとの思いでホテルに到着。  
途中で 何度も倒れるかと思いました。(笑)

d0174983_1412475.jpg

 部屋で休んでいると 空が夕焼け色に 染まり始めました。
 昨日までずっと雨だったとか。 「雨期」だものねえ。  でも 明日も晴れる?

d0174983_1414126.jpg

 今夜は ホテルの中で 中華料理を食すことにしました。  料理は ご飯を除いて どれもスダァップ(美味しい)です。
 
 人気の ビールは?  『タイガー ビアー』? 
 
 マレーシアのトラ ってこのことだったのでしょうか?  よし、これなら 次々にやっつけちゃうぞ!!

d0174983_1445846.jpg


 
by saint-arrow-mam | 2012-01-13 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(8)

コタキナバルって?

 ただいま 帰りました。

 まずは、情報が少ない コタキナバルの フムフム編から、、、。

d0174983_1824657.png

コタキナバルへは 羽田から直行便があり、片道6時間で行くことが可能で、日本人のロングステイ先として 人気の高い都市です。

d0174983_17462489.jpg

でも、飛行機は 空席が目立つガラガラ状態、今月限りで直行便は廃止になるそうです。
でも、マレーシア航空の新型飛行機は エコノミーでも乗り心地が良く 機内食は ソバが美味しいと評判です。

d0174983_18184235.jpg



d0174983_1825196.gif

コタキナバルは ボルネオ島のサバ州にあり、クアラルンプールに次ぐマレーシア第2の都市です。

d0174983_17204025.jpg

でも、ボルネオ島には、ブルネイとインドネシアという国も存在しており、他宗教、多民族ですが 見るべき名所旧跡は全くありません。 
でも、ゴルフやマリンスポーツを楽しむには、ハワイより安価で 利便性も良く 素晴らしい自然環境が残っています。

d0174983_18332398.jpg



d0174983_18573569.png

コタキナバルには 「雨季」 と 「乾季」があり、11月、12月、1月は「雨季」です。

d0174983_1840120.jpg

でも、天気予報は当てにならず、現地の人は 毎日、雷が鳴り、必ず雨が降るもんだと思っているようです。
でも、旅行中には 1滴も雨が降らず ありえないほどのカンカン照り。 ジリジリとした日差し、気温30℃の洗礼を受けて、真っ黒になりました。

d0174983_17301972.jpg



d0174983_18412268.jpg

通貨は RG(リンギット)、 1RG= 26円くらいですが 日本では換金できず、両替店によって レートに ばらつきがあります。 

d0174983_17425614.jpg

でも、コカコーラが 2RG、  街のフードコートでは 11RG くらいで お腹いっぱいになります。
でも、宗教上 アルコールを飲まないので、ビールは 30RG、なんと高いこと。

d0174983_1911850.jpg



 
 コタキナバルでは 真夏の服装で 1週間を過ごしたので、今は服を重ねて着ても とても寒く感じます。
 
 気の毒に shinpapaは お腹の調子が悪くなり、おかゆを食べています。
 
 私は、手足が日焼けで ヒリヒリとしていますが、とても元気です。
 

 「おはよう」  は 「スラマッ パギ」
 「ありがとう」 は 「トゥリマ カスィイ」
 「おいしい」  は 「スダップ」

 やっと覚えた たった3つのマレーシア語ですが、これを使うと とても和やかになり、それ以外は 今回も拙い英語で なんとか乗り切りました。

 時差は1時間で問題はありませんが、真っ黒になってしまったことが 大きな問題です。
 恥ずかしいので 当分 家に引きこもり、ブログアップに専念しようと思います。

d0174983_19464484.gif




 
by saint-arrow-mam | 2012-01-11 00:00 |   マレーシア | Trackback | Comments(10)

今年の旅は マレーシアから

d0174983_23173194.jpg


明日10日、いつもの所用で東京へ行きますが、 ちょっと足を延ばして そのままマレーシアへ行ってまいります。

マレーシアの中心都市はクアラルンプールなのですが、今回は コタキナバルに7泊8日 滞在します。

羽田から わずか 6時間で、平均最高気温が30℃というコタキナバルへ 直行です。

d0174983_22452923.png



コタキナバルの物価は 日本の 1/3程度で、 ホテル、ゴルフなどの費用がとても安いので 日本人のロングステイ先の上位に上げられている都市だそうです。

それを本で読んで 行ってみたくなった shinpapa、 となれば 二人旅なので 添乗員は 頼りない私、shinmamaです。

ホテル と 往復の飛行機だけは すぐに手配できましたが、 コタキナバルについての詳しいガイドブックはなく、インターネット情報によると、「蚊が非常に多い」ことと「雨期」であることは わかりました。(ガックリ) 


帰国予定は 18日の深夜。  

広島には19日に戻る予定ですが、予定通りにいかない経験だけは豊富です。

d0174983_22571385.gif

by saint-arrow-mam | 2012-01-09 08:26 |   マレーシア | Trackback | Comments(12)