カテゴリ:  コンサート( 35 )

木管アンサンブルの競演


 オカリナを教えていただいている先生は プロのflautist(フルート奏者)で 
 コンサートに出演される機会が多いので 案内していただけるのを 楽しみにしています。

 今月は 千葉市で開催される 「木管アンサンブルの競演」に出演されるというので 
 豊洲〜新木場〜西船橋〜千葉 と電車を乗り継ぎ 1時間かけて行きました。
d0174983_17563848.gif

 千葉駅は 初めてですが とても大きな駅だったのでびっくり。
 千葉県には大きな駅が多いのですが、それは東京近郊のベッドタウンという存在だからでしょうか?
 
 駅前の交番は「ふくろう交番」と呼ばれ、人気があるようです。
 「夜も見守る」というイメージでしょうか?
 アニメ好きの外国人にウケそうな建物です。
d0174983_17501359.jpg

 マンホールは 地味な色ながら カラーマンホールが多くあります。
 この2つは 新旧でデザインが変わったもので、
 サイトを見ると 同じデザインで もっとカラフルなものもあるようです。
d0174983_17501301.jpg

 会場となったのは 地元銀行が所有する文化プラザの中にある音楽ホール。
 音響が素晴らしく 気持ちの良いホールです。
d0174983_17501498.jpg

 実は 千葉市が この音楽ホールを財政難を理由に手放すことを決め、
 現在、買い手を公募しているということでした。

 確かにこれだけの立派な音楽ホールを 「市」が維持して行くのは とても費用が掛かり 
 大変であることは理解できますが、
 「国」「県」の芸術に対する関わり方が 他の先進国のレベルに比べて 
 大きく遅れている事を哀しく思います。
d0174983_17563848.gif
 フルート以外の木管楽器の場合、通常は種類の違う複数の楽器でアンサンブル演奏しますが、
 単一木管楽器だけのアンサンブルというのは 珍しく
 それだけ お江戸では 演奏家の層が厚いということでしょうね。

d0174983_17500855.jpg

 それぞれ、楽器の音色の特徴を感じさせる演奏曲目でしたので
 木管楽器の持つ温かさを 堪能しました。

 オカリナも同じ管楽器ですので 息継ぎやロングトーンなどは勉強になりましたが、
 そのレベルの違いを痛感し、どうしたらあんなふうに音がぶれないのだろうと思いました。

 せめて私なりに オカリナを もう少しほんわりと優しい音色で 吹けるように頑張りたいと思います。

by saint-arrow-mam | 2017-06-04 09:15 |   コンサート | Trackback | Comments(4)

第1860回 NHK交響楽団 定期演奏会


 建築講座から帰り、ブログを途中まで纏めてから もう一度 家を出ます。
 今宵は NHK交響楽団のコンサートなのです!!

 地下鉄千代田線の「明治神宮前」で降りて NHKホールの方に歩いていくと
 先ほど 建築講座で見たばかりの 国立代々木競技場が、、、

 なんとまあ、ご縁がありますこと。
 雨の中ですが スマホで撮影して 作りかけだったブログに添付して アップします。

           http://runslowly.exblog.jp/24170678/
d0174983_00262784.gif

 今日の指揮者は ピンカス・スタインバーグ
d0174983_23261169.jpg

 2005年9月以来、約12年ぶりにN響に帰って来た彼は、名指揮者ウィリアム・スタインバーグを父としてイスラエルのテルアビブに生まれた。
 米国でヴァイオリンを学び、ベルリンで作曲を学び、1974年にベルリン・リアス交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)を指揮してデビューした。
 現在は ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者を務める傍ら ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする世界の著名なオーケストラに客演している


 そして 演奏する曲は スメタナの交響詩「我が祖国」しかも「全曲」なのです<br>

 毎春,チェコのプラハで開催される クラシック、特に管弦楽や室内楽のための国際音楽祭である「プラハの春」は
 必ずこの「我が祖国」の演奏で幕開けをします。

 ただ、私が2011年の「プラハの春」に東欧に旅行をした際には
 なんどか コンサートに行きましたが
 オープニング・コンサートではなかったので この曲を生で聞くことはできませんでした。

 モルダウ川(モルタヴァ川)をながめるスメタナに 会えただけで感動しましたけど、、、。
d0174983_23482478.jpg
 「我が祖国」は 「ヴィシュフラド(高い城)」「モルダウ」「シャルカ」「ボヘミアの牧場と森から」
 「ターボル」「ブラニーク」という6曲で構成されていますが
 その中で 2曲目の「モルダウ」が有名で よく演奏されるのですが、
 全曲が演奏されることは めったにないので 楽しみにしていました。

 1曲目は ハープの演奏から始まり、2曲目は フルートの演奏から、、、
 聞いていると プラハで見たモルダウ川が目に浮かび、 懐かしい画像を 引っ張り出してきました。

 もう一度行きたいなあ、、、。
d0174983_00341135.jpg
 実は N響は2月から3月にかけて 4年ぶりにヨーロッパ公演に行き 6か国7都市を回ってきています。

 その疲れが残っているのか、練習不足なのか、指揮者が変わったので戸惑っているのか
 私にはわかりませんが、
 残念なことに いつもの切れの良い演奏ではありませんでした。
d0174983_23260883.jpg
 素人の私が聞いてもわかるくらいですから、よほどのことだと思います。
 
 ま、こんな日もあるでしょう。

by saint-arrow-mam | 2017-05-14 09:53 |   コンサート | Trackback | Comments(2)

第1857回 NHK交響楽団定期公演


 「お江戸にいる間に この人の演奏を聞きたい」と思っているプレイヤーが何人かいますが
 その中のお一人が ヴァイオリニストの「諏訪内 晶子」さんです。

 N響と一緒に 彼女が演奏するなんて、私には夢の様な機会です。
d0174983_19165691.gif

d0174983_19104246.jpg


 日本を代表するヴァイオリニストの諏訪内晶子さんのプロフィールは 書くまでもないと思いますが、
 あえて N響のサイトにアップされているままをアップします。

d0174983_19235022.gif 3歳でヴァイオリンを始め、14歳から江藤俊哉に師事。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを修了。1987年、日本音楽コンクールで第1位獲得。1990年のチャイコフスキー国際音楽コンクールで優勝し、国際的な注目を集める。その後、ジュリアード音楽院、コロンビア大学、ベルリン芸術大学で研鑽(けんさん)を積んだ。 これまでに、ボストン交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、パリ管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などの一流オーケストラと共演。2013年から「国際音楽祭NIPPON」をスタートさせ、芸術監督を務めている。 NHK交響楽団とはしばしば共演。最近の定期公演では2013年にショスタコーヴィチの《ヴァイオリン協奏曲第2番》を弾く。2015年にはN響の北京公演に帯同して独奏者を務めた。今回演奏するシベリウスの《ヴァイオリン協奏曲》は、サカリ・オラモ指揮バーミンガム市交響楽団と録音を残す、得意のレパートリーである。
 使用楽器は、日本音楽財団から貸与されているストラディヴァリウス「ドルフィン」。


 そして 指揮者は パーヴォ・ヤルヴィ。
 彼は 2015年9月にN響の首席指揮者に就任しています。


d0174983_19223632.gifパーヴォ・ヤルヴィは、当時まだソ連に属していたエストニア共和国の首都タリンで生まれた。父はN響との共演もある名指揮者ネーメ・ヤルヴィである。タリンの音楽学校で指揮と打楽器を学んだ後、渡米してカーティス音楽院で研鑽(けんさん)を積み、ロサンゼルス・フィルハーモニックの指揮者コースではレナード・バーンスタインにも師事した。スウェーデンのマルメ交響楽団首席指揮者、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、シンシナティ交響楽団音楽監督(現桂冠音楽監督)、hr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)首席指揮者(現桂冠指揮者)、パリ管弦楽団音楽監督などを歴任し、現在ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督、エストニア国立交響楽団の芸術顧問を兼任、エストニア南海岸で毎年7月に開催されるパルヌ音楽祭とヤルヴィ・アカデミーの芸術顧問も務めている。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団をはじめとする欧米の名門オーケストラへの客演を重ねるなど、現代を代表する指揮者として世界を股にかけて活躍している。表現力豊かな音楽性と抜群の指揮テクニックの持ち主であり、特にそれぞれの楽団の持ち味を生かした音楽作りに定評があることから、今後のN響との活動に大きな期待が寄せられている。
 なお就任直後に録音されたR.シュトラウス『ドン・キホーテ』のCDは、このたび2016年度第54回「レコード・アカデミー賞」管弦楽部門受賞に輝いた。


d0174983_19165691.gif
 
 今夜の曲目は
  シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
  ショスタコーヴィチ/交響曲 第10番 ホ短調 作品93

 前者では 諏訪内氏の演奏をたっぷりと堪能させてもらえるでしょうし、
 後者は 旧ソ連 出身の指揮者 パーヴォ・ヤルヴィが 
 同じ旧ソ連出身のショスタコーヴィチの作曲した交響曲のタクトを振るのですから
 さぞかし 思い入れの強い演奏になるだろうと思います。

 今夜は帰りが遅くなる予定で、明日の朝は出発が早いので、
 コンサートの感想は 来週追記します。

 
d0174983_19420860.jpg
 <追記>

 急いで帰ってきたら、10時前でしたので、感動しているうちに、、追記します。
d0174983_22373238.jpg

 1曲目の シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47  では
 諏訪内晶子さんの演奏レベルの高さに くちアングリ。

 ピアニスト以上に 細かく指が動き 演奏の速さが半端じゃありません。
 日本を代表するヴァイオリニストだとはわかっていても 彼女の十八番の曲だとわかっていても
 今まで これほど素晴らしいソロ演奏を 聞いたことがなかったので 感動、ただただ感動!!
 若い時の演奏を聞いたことが無いので比較できませんが 
 円熟味が増した 今の彼女の演奏を聞くことができたのは ラッキーだったと思います。

 そして 2曲目のショスタコーヴィチ/交響曲 第10番 ホ短調 作品93 は 
 あまりに スローで単調なリズムで始まり、なんだか物足りない。
 ただ、マエストロのタクトは 流れるように また演奏のイメージを的確に細かく与えているので
 演奏しやすいだろうな、、くらいに思っていました。

 ところが 第2楽章から最後まで ずっと身を乗り出して聞く羽目に。

 N響ですから 大河ドラマのBGMとしてメリハリのある演奏をすることに 慣れているのでしょうが
 すごく速さを要求される演奏なのに 全員の音に乱れが無く、
 驚くほど強いかと思えば 極端に弱くなり
 曲がうねるように盛り上がり 観客めがけて襲ってくる感じなのです。

 打楽器を含め 楽器の音色をうまく生かした 曲そのもののすばらしさにも驚きました。
 ショスタコーヴィチの最高傑作と言われるこの曲、、、間違いない!!

 タクトの速さも 尋常ではないのですが、決して乱暴ではなく
 曲を完全に自分のものにしている「ゆとり」を感じるさせられる優雅な指揮に
 私は 一度で マエストロ パーヴォ・ヤルヴィ氏のファンになりました。

 N響がさすがのN響ならば 指揮者もさすがの指揮者、、、、
 ウーーン やっぱり私は N響が 一番好きです。
d0174983_23132539.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-02-17 09:42 |   コンサート | Trackback | Comments(2)

笛で奏でるメルヘンの世界


 オカリナを教えてくださっている M先生が出演される フルートのコンサート。

 M先生が卒業された音楽大学のフルート教室のOBと現役生たち(全員女性)14名が
 フルートを演奏するコンサートです。
 
 指揮者は 男性教授ですけど、、、。
d0174983_20505379.jpg

 フルートと言っても
 「ピッコロ」
d0174983_20554878.png

 「アルトフルート」
d0174983_20561903.png

 「バスフルート」
d0174983_20563907.png

 「コントラバスフルート」
d0174983_20575814.png

 など
 吹き方は同じでも 楽器の形状によって音域が変わるので
 フルートだけのコンサートとはいえ、低音高音の素晴らしい響きを聞かせていただきました。

 ただ、渋谷の会場が非常にわかりづらく 15分で行ける道のりを
 1時間もかかってしまいました。
 こんな時GPS機能が付いていて ナビしてくれる スマホが欲しくなります。


by saint-arrow-mam | 2016-12-22 00:00 |   コンサート | Trackback | Comments(2)

吉田(阿吽)旅人 コンサート  (6)


 前回のコンサートから 半年が過ぎてしまいました。
 何度か チャンスはあったのですが、吉田氏の体調が悪く コンサートが延期になったり、
 私の旅行や帰広がコンサートの日程に重なって なかなか思うようにコンサートに行くことが叶いませんでした。

 でも 今回のコンサートは 馴染みのないプフィッツナーという作曲家の歌曲でしたので
 全く白紙の状態で 楽しみにして出かけました。

 会場は いつもの日暮里のコンサートホールです。
d0174983_17041034.jpg

 Shinpapaは 近くの喫茶店で待っている というので 私一人で、、、、。
 今日は ライブ録音もされるとのことで お客さんは いつもより少なめです。

d0174983_16521596.jpg

 薄っぺらな音楽史しか知らない私には プフィッツナーの作品について評論する能力はなく
 また今回歌われた15曲が どれも それぞれに個性が強かったので 
 総じての彼の作品のイメージを掴むことはできませんでした。

 ただ、シューマンの伝統を引く、ブラームスに似たところがある、、、という西野氏の解説に対しては
 吉田氏と同感で とてもそうは思えませんでした。
 そして邪道だと思いますが、 同じ詩にメンデルスゾーンやシューマンが曲をつけたものと 比較する形で
 吉田氏の歌を聞くことができたら 面白いかもしれないと思いました。
 
 今日は 歌っている時に 何度か 足元がふらつかれたので はらはらしましたが
 声量のある歌声は 全く変わっていなかったので安心しました。
 
 そして 吉田氏の効率的なブレス方法を オカリナの演奏時に使えたら画期的だと思い
 いつも以上に 必死で口元を見ていましたが さっぱりわかりませんでした。

by saint-arrow-mam | 2016-11-09 18:51 |   コンサート | Trackback | Comments(4)

アヴデーエワ リサイタル


 4か月前に サイトで偶然に見つけチケットをゲットした 『ユリアンナ・アヴデーエワ』のリサイタル。

 結果として 日本シリーズの移動日でしたので 心置きなく楽しむことができましたが
 これが 試合のある日だったら、じっと座っていられなかったと思います。

d0174983_16364585.jpg

 彼女は 2010年ショパン国際コンクールの覇者で 
 アルゲリッチ以来 45年ぶりの女性優勝者として脚光を浴びたピアニストとして有名です。

 また 東日本大震災の時には復興のチャリティーコンサートも開いている親日家の彼女は
 美しい風貌から 日本では人気があるピアニストの1人です。

 私が 彼女に最初に出会ったのは 2011年5月に プラハへ行ったとき。
 「プラハの春」の演奏者として選ばれた彼女は 「ドヴォルザーク・ホール」の多くの観客の前で
 素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

       http://runslowly.exblog.jp/13659408/
d0174983_16454382.jpg

 あれから5年を経て 円熟味が増した彼女の演奏を聞くことができる、と思うと
 チケットを手にした瞬間から この日をワクワクとして待ち焦がれていました。016.gif
d0174983_17033572.gif

 「すみだトリフォニーホール」に行くのは 初めてですが
 豊洲から バス1本で行くことができる場所にあるので 都合が良いです。

 この会場は フランチャイズしている新日本フィルハーモニー交響楽団のホームグランドなので
 彼女は 11月6日に ここで新日本フィルと協奏曲も演奏します。

d0174983_16492971.jpg

 リサイタルの曲目が 囁くような 嘆くような ソフトなタッチの曲だったので
 彼女の力強いタッチは いずこへ?? と思っていたら 
 前半の最後の「英雄」で ドカンと衝撃、、、これこそ アヴデーエワ!!

 後半も リストが作曲した追悼曲で 聞き入るほどに静かなスタートでしたが
 次第に 魔術師のような運指にうっとり、、、、。
d0174983_22263880.jpg


by saint-arrow-mam | 2016-10-29 06:00 |   コンサート | Trackback | Comments(10)

IHI アトリウムコンサート

 
 その会社のポスターが面白いとブログにアップした『IHI』のビルは 豊洲にあります。
d0174983_19475731.jpg

 25階建ての高層ビルのすべてが IHI関連企業なのですが、
 そのビルの1階の広いアトリウムで コンサートが開催されるのです。

 日本でも 大企業は欧米のように社会貢献をすることが 当然視されるようになりましたが
 ともかく 地元に住んでいる人間として ありがたくその恩恵を受けることにしました。


d0174983_19515444.jpg

今回は 東京フィルハーモニー交響楽団に所属している8名の管楽器奏者が 
 無料で 管楽アンサンブルを聞かせてくれるというのですから 願ってもない ありがたいチャンスです。 


撮影が許可されていないのが 残念ですが、開場10分で早くも400席の椅子が満席になり、開演時には100名程度の立ち見(立ち聞き?)がでる状態。


 ベビーカーに乗った赤ちゃんから車イスに乗った高齢者までの幅広い年代の人達、
 普段着で来た近所の人(私)から仕事帰りに立ち寄ったと思われるスーツ姿の人まで
 観客はまちまちです。


演奏する仮設の舞台の後ろに とてつもなく大きなスクリーンがあり、演奏している人を プロのカメラマンが写し
後方の席の人にも 見えるような配慮が心憎いです。
d0174983_21140084.gif

 演奏曲目は
  ♪ ウォルタイム・ライン(ディズニーの名曲集)
  ♪ ジュ・トゥ・ヴ (大人の休日倶楽部のCM)
  ♪ 亜麻色の髪の乙女
  ♪ アルルの女より「ファランドール」
  ♪ 「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
  ♪ アメイジング・グレイス
  ♪ 3つのわらべうた(かごめかごめ・夕焼け小焼け・七つの子)
  ♪ となりのトトロ・メドレー
  アンコールで ♪ ドレミの歌

 これらの曲を
 「フルート」「クラリネット」「サキソフォン」「ホルン」「トランペット」
 「トロンボーン」「テューバ」「パーカッション」の8名で演奏するのですが、
 「サキソフォン」は 通常クラシックのオーケストラでは扱わない楽器なので
 メンバーのエキストラ演奏、、ということでしょう。
             ポスターの参考写真より ↓ 
d0174983_15544047.jpg

d0174983_21140084.gif

 コンサート会場と違って 小さな子供はぐずるし、泣くし、賑やかこの上ないのですが
 子供たちに 本物の演奏に触れる機会を与えている と思えば腹は立ちません。

 指揮者が無くても 息がぴったりで スピードの速い曲でも 音が滑ることなく、
 さすが、さすが、と感心しながら 1時間しっかりと楽しませてもらいました。
 
by saint-arrow-mam | 2016-09-29 06:00 |   コンサート | Trackback | Comments(2)

辻井伸行のコンサート

d0174983_16062972.jpg
 コンサートのチケットをゲットした時に あまりに嬉しかったものですから ブログにアップしてしまいましたが
     http://runslowly.exblog.jp/23165202/
 やっと その日がやってきました。
d0174983_23430219.gif

 指定席なのに 嬉しくて 早めに出発。
 豊洲から 有楽町線で直行20分 あっという間に「東京芸術劇場」です。
d0174983_23405559.jpg

 コンサート前であっても 会場は撮影禁止。
 舞台には大きなスクリーンと グランドピアノが1台。
 スクリーンに映し出される映像を見やすいように 舞台の照明がずいぶん暗く
 辻井氏の姿がポツンと浮かび上がっている感じです。

 前半は 彼が小さい時に『作曲した曲』に 彼の『小さいころの映像』が重なります。

 1曲1曲を丁寧に説明をしながら ピアノを弾く辻井氏の誠実な人柄が伝わってきます。

  
 曲を聞くにつれて 
 「これはまずい、テレビで見た彼は虚像だったのか?」と 正直 焦りました。
 流れるような指の動きはあるものの 手の動きが少なく 音に広がりはない、、、
 039.gif あれ〜? という感じです。

 休憩をはさんで
 後半は 『クラシックの名曲』に 『名画の映像』が重なるという趣向

 1曲目、2曲目、3曲目は ドビュッシーの曲に ルノワールやルドンの絵画。
 007.gif 彼の演奏に 強いインパクトを感じない私は 鈍感なのかな?

 4曲目、5曲目のラヴェルの曲の演奏になると 
 まるでウォーミングアップをしているかのように ピアノのタッチが非常に軽くなります。
 015.gif あれぇ? と思いながら 聞いていると

 6曲目、7曲目のショパンで 完全にノックアウト。
 楽譜にはない 隠れた音が聞こえる気がしてきて
 038.gif ヒャーーー 彼は手が3本あるにちがいない と思う様な見事な演奏です。

 うまく表現できませんし 障害者を揶揄する気持ちは 微塵もありませんが
  『曲を楽譜から学んだ人と 曲を聞いて学んだ人は
  英語を文字から学んだ人と 英語を聞いて学んだ人と 同様の差がある』。
 だから 楽譜にはない 隠れた音が聞こえるのではないかと思うのです。

 アンコールで NHKの「真田丸紀行」を演奏してくれたあと
 最後の最後に弾いてくれた「ラ・カンパネラ」は まさに「神ってる」演奏。
 024.gif 鳥肌が立ち、背筋が寒くなるほどの感動を感じて 当然のスタンディングオベーション。
 
 それにしても コンサートの盛り上げ効果が あまりにうまくできているので
 イージーな私は すっかり策略にハマってしまいました。

d0174983_21422693.gifd0174983_00222057.gif
by saint-arrow-mam | 2016-09-03 09:28 |   コンサート | Trackback | Comments(6)

吉田(阿吽)旅人 コンサート  (5)

 前回の吉田氏の演奏会から 7カ月が過ぎました。

   (6)は 2016年 11月9日です。
     http://runslowly.exblog.jp/23606554/
d0174983_1541020.jpg



 目の手術直後だった前回は 体調が不安定にみえたので心配していたのですが
 レコーディングも兼ねた今回の演奏会は 見違えるように元気になられて
 ホールに響きわかるほどに声量も復活し、何より声に艶があったように思います。

 私が初めて聞かせていただいた時より 確実に年齢を重ねていらっしゃるはずなのに
 ましてや 体のあちこちに病気をお持ちであるのにもかかわらず
 溢れんばかりの情熱を持って ひとつことに努力し続けていらっしゃる方というのは 衰えることを知らず、
 聞いている私の方が そのエネルギーをいただける気がします。

 会場には 作曲を手伝っていらっしゃる 吉田 要氏もいらしゃっていました。
 前々から 宮澤賢治の難しい詩に 作曲するなんて、すごい人だと思っていたので
 お会いできたことを嬉しく思いました。

 途中休憩のときに 隣の紳士に声をかけられ、お話しできたのも アットホームな雰囲気があればこそのこと、
 最後に全員で「夏の思い出」を歌って 演奏会は幕引きとなりました。
d0174983_15262152.gif

 帰路、「そじ坊」で 久々にお蕎麦をいただきました。
 もう 冷たいお蕎麦が欲しくなる季節ですね。
d0174983_15165631.jpg

by saint-arrow-mam | 2016-05-25 15:28 |   コンサート | Trackback | Comments(8)

とったど〜〜〜

 ずーーーーーーと ずーーーーーーと 行きたいと願っていたコンサートのチケットを 
  
         ついに   とったど〜〜〜 
d0174983_92231.jpg

 なにぶんにも 9月のコンサートのチケットですので、
 失くさないように カレンダーに貼り付けておくことにしました。
d0174983_19265552.jpg

 うれしくて うれしくて 黙っていられなくなって ブログにしちゃいました。
d0174983_9102253.gif
  
by saint-arrow-mam | 2016-05-24 06:00 |   コンサート | Trackback | Comments(10)