カテゴリ:  ベーカリー( 8 )

スイート食パン in お江戸

 haruちゃんのホームベーカリーを借りて 東京でも 時々パンを作っています。

 広島で使っている日本製のホームベーカリーではなく 海外のメーカーなので
 使い勝手がまるで違います。
d0174983_9314837.jpg

 このホームベーカリーでは 成形して 専用のお皿に乗せて 焼きあげることができるので
 フランスパンやロールパンも簡単に作ることができます。
 にもかかわらず 何度やっても どれもこれも 噛みごたえのある(笑) 硬いパンになってしまうのです。

 日本製のホームベーカリーと 何が違うのか私にはわかりませんが
 うれしいことに やっと 今までで一番マシな食パンができました。
d0174983_9464465.jpg
 
 中に ドライフルーツを混ぜてみましたが 
 さらに 工夫してもっと柔らかくし、 ニンジンやホウレンソウなどの野菜などを混ぜて 
 koharuに 美味しいパンを作ってやりたいと思います。

d0174983_9532337.jpg


d0174983_9594673.gif

<< 分量    1.5斤用 >>

  強力粉      400g
  バター       80g
  砂糖        50g
  塩        ひとつまみ
  牛乳       250cc (生イーストの時 180cc)
  ドライイースト   5g  (生イーストの時 20g)


 
by saint-arrow-mam | 2015-04-21 06:00 |   ベーカリー | Trackback | Comments(8)

フランス食パン

 時期的に 「わらしべパン」の製作に 勤しんでおりますが、
 昨夜は 選挙速報を遅くまで見るに際して シチューに適したパンを作ってみました。
d0174983_10585114.jpg

      << クルミ入り フランス食パン >>

 材料   
   フランスパン用の粉  250g
   ミルク        200cc
   ドライイースト    小1
   バター        20g
   # クルミ      30g

 設定   
   焼き方  フランスパン
   焼き色  標準
   焼き時間 6時間10分
   「レーズン」 あり (自動投入を利用)

 室温   
   16℃ 曇

 材料費   
   パンの粉  198円
   ミルク    35円
   ドライイースト 手持ち
   クルミ    60円
   バター    手持ち     トータル  293円 
d0174983_1101728.jpg

確かにフランスパンの食感はあり、シチューに合いそうです。

ただ 形状が食パンなので どうもピンときません。
次回は フランスパンのイメージに合った形状に 作り直してみます。

パンは 厚みにも好みがあるので 
薄いパン2枚がいいか 厚いパン1枚がいいか
その日の体調によって 好きなように切って食べることができるのは ホームベーカリーのメリットのように思います。

通常の食パンより 焼き時間が1時間長くなるのが 誤算でした。
フランスパンの場合 水分をしっかり抜きながら 焼くためだと思われます。




一部を 薄く切って ラスクにしてみようと思っています。
d0174983_13402386.gif  
by saint-arrow-mam | 2012-12-17 13:42 |   ベーカリー | Trackback | Comments(4)

ごろごろチーズ食パン (リベンジ編)

 前回 チーズが溶けてしまったチーズパンのリベンジです。

 ゴロゴロしたチーズが残るように、、shinmamaのアイデアが受け入れられるか勝負です!!
 (この時点では 結果を知らずに ブログを書き始めています)

 材料  
  パン用の粉(スイート)250g
  ミルク       170cc
  ドライイースト   小1
  チーズ    120g (1cm角にカット)

 設定  
  焼き方  「メロン」
  焼き色  設定なし
  焼き時間 3時間 (自動設定)
  「レーズン」 なし

 室温   
  16℃ 晴

 材料費  
  パンの粉  198円
  ミルク    40円
  ドライイースト 手持ち
  チーズ    98円(前回の残り)

 スイッチを入れて 約1時間後 「ねり」の作業が済んだところで 生地を取り出す。
 (「メロン」の設定にしておくと この時点で ピッピ とお知らせが鳴る)

 長く伸ばした生地に巻き込むように チーズを入れて成形する。

 ねり込ませないように 底の『羽』を取り外す。(これがshinmamaのアイデア)

 チーズ入りの生地を戻し 再びスイッチON。 2時間後に焼き上がる と表示されています。

d0174983_11323059.jpg



とろとろとチーズが溶け 焼き立ては ピッツァのようです。

ごろごろのままのチーズも 残っています。

『羽』をとっても その後の作業に不都合はなかったようです。

家族が ちょこっと試食した感想は 絶大でした。

リベンジできました。  ヨシッ!!!





d0174983_11354538.gif


  
by saint-arrow-mam | 2012-11-21 11:40 |   ベーカリー | Trackback | Comments(8)

チーズ食パン と メロン食パン

d0174983_9365743.jpg

 風邪が完全に治るまで じっと我慢の 引きこもりです。
 最近 作り続けている「わらしべ 食パン」ではない 新しい食パンにチャレンジします。

         母の好きな
         << チーズ食パン >>


 材料  
    パン用の粉  250g
    ミルク     170cc
    ドライイースト 小1
    チーズ    100g (1cm角 にカット)

 設定  
    焼き方   ソフト
    焼き色   淡
    焼き時間  5時間 (自動設定)
    「レーズン」 あり  (ピピピと鳴った時に を入れる)

 室温  
    23℃ 曇

 材料費   
    パンの粉  198円
    ミルク     40円
    ドライイースト 手持ち
    チーズ     98円    トータル  336円 /1斤 


d0174983_1421965.jpg

これは 失敗でした。

ゴロゴロとしたチーズが入ったパンにするつもりが 
溶けて 姿がなくなっています。

パンは チーズの風味がして 美味しいのですが
ほとんど 底に沈んでいるようです。

ゴロゴロのままチーズを残すには
混ぜる時間を工夫する必要がありそうです。




d0174983_9484596.gif

       shinpapaが好きな
           << メロン食パン >>


 材料  
    パン用の粉  250g
    無塩バター  25g
    ミルク     170cc
 
    #クッキー用 粉 100g
    #卵         1/2 個
    #バター       25g

 設定  
    焼き方  食パン
    焼き色  淡
    焼き時間 5時間 (自動設定)
  
    4時間たったら で作ったクッキー生地をのせる

 室温  
    23℃ 曇

  クッキー生地の作り方
    クッキー用の粉にバターを混ぜ込む。
    良く解きほぐした 卵を少量ずつ加え 混ぜ込む
    冷蔵庫で1時間以上 寝かせる
    直前に取り出し 1cm程度の厚さに伸ばし、切れ目を入れる
    (容器の大きさに合わせて伸ばしておく方がかぶせやすい)
 
 材料費  
    パンの粉   198円
    ミルク      40円
    ドライイースト 手持ち
    無塩バター   22円

    クッキー用粉  62円
    卵        14円
    バター      22円    トータル   358円 /1斤
   


d0174983_9415768.jpg
のクッキー生地を入れるタイミングは 
予想的中でした。

市販のサンライズの真似をして 切れ目をつける。
もう少し浅めの切れ目が良かったと反省。

shinpapaは もっと甘い方がいいとのこと。
クッキー生地に砂糖を入れるとすると 
加熱により 水が出るので注意しなくちゃ。

チョコチップを入れたらどうかなあ。
どのタイミングで混ぜるか、、、ふむ。



 買い物の時 パン売り場に行っては、じーーっとパンを見つめています。 
 
 どのようなパンがあるのか それを「食パン」スタイルで 再現出来るかどうか 
 いろいろ 頭の中で 考えるのが 楽しいです。
d0174983_9153416.gif
by saint-arrow-mam | 2012-11-12 09:20 |   ベーカリー | Trackback | Comments(6)

キャラメル ナッツパン

d0174983_1121553.jpg

 お菓子のような甘いパンが好きなshinpapa用のパンを作りました。
 ヒントは スーパーで見つけた「キャラメルパン」です。

d0174983_1143030.jpg
よーし、とキャラメルを買って帰ったものの、参考になるようなレシピが見つかりません。

サイトで調べると、このミルクキャラメル食パンは 「森永」と「敷島」がコラボして 生み出したそうですので、素人に やすやすと 作れそうもありません。

困ったことになりました。




 手でこねて作ったり、途中で取りだして成形したりすることはせず、
 あくまでホームベーカリーを使って 手軽にできることを条件としました。

 要は 「横着ものの私が 再び作ることができる食パン」ということです。(笑)


材料  
   パン用の粉    260g (キャラメル・シナモンシュガー分だけ減量)
   *キャラメル・シナモンシュガー 30g (粉に混ぜて入れる)
   ミルク       200cc  (糖分は熱を加えると水分を出すので やや控えめにする)
   ドライイースト   小1

  ミックスナッツ 50g (無塩のもの 1cm角にカット)
  キャラメル   6粒  (1/8にカット)
d0174983_11321539.jpg

  *キャラメル・シナモンシュガー 
    トーストにバターを塗った後 ふりかけるとキャラメル・シナモンの香りがして 甘くなるので shinpapaのために 常備してあります。
    今回は これをパン生地の中に練り込んでみました。  


設定  
   焼き方   ソフト
   焼き色   淡
   焼き時間  5時間 (自動設定)
  「レーズン」 あり (ピピピと鳴った時に蓋をあけ、#を入れる)

室温  
   26.5℃ 曇
d0174983_2040883.jpg
d0174983_16482982.jpg


キャラメルとキャラメル・シナモンシュガーを入れたので 甘みを感じるパンができました。

キャラメルは 適度に溶け混んで 違和感はなく シナモンとあわせて 甘い香りがします。

ナッツは 心地よい歯ごたえを残しています。

焼き立ては ソフトで 柔らかく しっとり感もあります。
これは 糖分が多いことも影響していると思います。




 スタバのキャラメルマフィンほど甘くはなく、菓子パンというよりも 
 少し甘い食パンの分類に 入れてよいと思います。

 冷えてからの食感も 風味も問題なく shinpapa好みのパンができました。

 偶然に分量が適合して 今回は すべてホームベーカリーで作ることができましたが、
 その気になれば 途中で取り出して、手でこねて キャラメルのトッピングができそうです。


追記:
d0174983_1761419.jpg
17日に焼いた ココナツパンのその後ですが、
22日(5日後)に
室温で保存したサンプルに 青、黒、赤のカビがはえました。
← 
冷蔵庫で保存したパン、冷凍庫で保存したパンには カビはありません。

よってSHINMAMAベーカリーのココナツパンの消費期限は 4日です。


いよいよ 次回は 残りご飯を入れたパンにチャレンジします。
d0174983_17253595.gif
by saint-arrow-mam | 2012-10-23 06:00 |   ベーカリー | Trackback | Comments(8)

マロン&ナッツパン

d0174983_18301239.jpg

 引き続き SHINMAMAベーカリーです。 
 だんだん 基本ラインから外れ、失敗覚悟でいろいろ挑戦することにします。

 課題は 「パン生地の中に 多量の混入物を入れるとどうなるか」

 材料   
    パン用の粉    240g (アーモンドの粉の分量だけ減量)
    アーモンドの粉  50g  (粉に混ぜていれる)
    ミルク       180cc (冷たい状態。 混入するものの水分を考慮して 10ccマイナス)
    ドライイースト   小1 強
   
    甘栗       50g  ( 1/4サイズにカット)
    ミックスナッツ  50g  (無塩のもの 1cm角にカット)

 設定 
    焼き方    ソフト
    焼き色    濃 
    焼き時間   5時間 
   「レーズン」  あり  (ピピピと鳴った時に蓋をあけ、を入れる)

 室温 
   24℃ 晴

d0174983_17484172.gif

ミックスナッツの歯ごたえは 良かったのですが、甘栗は ほとんどわかりません。
練り込む時に さらに小さな粒になってしまったようです。
 (改善点; 大きくカットする)

アーモンドの香りは 50gでは さほど感じません。
 (改善点; アーモンド粉を増やす か 香りの強いコーヒーやココアを利用する)

ナッツ、甘栗合わせて100g入れても 問題なく焼き上がりました。
 (入れるタイミングは ソフト設定の場合 165分後にピピピと鳴った)







「ソフト」に設定したものの 焼き色を「濃」に設定したので さっくりとした食感になりました。
外をこんがり、中をしっとり、もっちりさせるためには バターなど油脂分を加えるなど工夫が必要だと思います。


追記:
 17日に焼いた ココナッツパンの一部を 「冷蔵庫」「冷凍庫」「室内」の3か所で保存していますが、
 2日を過ぎ どれにもまだ、カビなど見た目の変化はありません。
 このまま 観察を続けます。
d0174983_18354630.gif

   
by saint-arrow-mam | 2012-10-20 06:00 |   ベーカリー | Trackback | Comments(4)

ココナッツ パン

d0174983_14542023.jpg

 SHINMAMAベーカリーの新作ができました。 「ココナッツパン」です
 まだ新人ですので、失敗した時のショックを和らげるために 家にある材料で作っています。
 今回は 冷蔵庫の中にあった ココナッツの粉末を使いました。


 材料  
     妹からもらった パンミックス 1斤用 (ココナツの分量だけ減量)
     粉末ココナッツ     3/4C
     ミルク         200cc (水の代わりに 冷たいミルクを利用)
     ドライイースト   1袋

 設定  
     焼き色  淡
     焼き方  ソフト
     焼き時間 5時間弱 (自動設定)

 室温 
     25℃ 雨

d0174983_1414184.gif


焼き方の設定を ソフトにしたことので、前回より しっとり、もっちりしています。
私 好みです。

ミルクの乳脂肪分があるので、冷えても しっとりしている感じがします。
(前回も 翌日トースターで焼くと ふかふかして 焼き立てのように美味しくなりましたが )

きめが細かく、ココナッツ パンの場合 淡色の焼き色の方が美味しそうに見えるようです。







 shinpapaも shin-granmaも ココナッツの香りがして これは美味しいと大絶賛でした。

 「保存料」「膨張剤」「香料」などの添加物が含まれていないので、より自然な食感です。
 うまく表現できませんが、ホームベーカリーで作った食パンは「炊飯器で炊いたご飯」で 市販の袋入りの食パンは「保存できるパックご飯」 程度の違いのような感じがします。

 ただ、当然のことながら 現時点では 有名なベーカリーの食パンまでは至っていません。
 バターを入れたり、生クリームを入れたり さらなる工夫が必要だと思います。
 カロリーとの相談もありますので、悩むところですけど、、、。

 インターネットであれこれ検索しながら 試行錯誤をするのが 楽しいです。 
 調子に乗って 「SHINMAMA ベーカリー」のタグを作りました。(笑)
d0174983_14545015.gif
by saint-arrow-mam | 2012-10-18 06:00 |   ベーカリー | Trackback | Comments(10)

妹の「お古」

 母が京都から戻ってきました。
 宅配で 届いた母の荷物の中に、「ホームベーカリー」 と 「パン専用の粉」 がありました。
 私が欲しくて、買おうかどうしようかと 悩んでいた「パン焼き機」です。
 妹が買って半年使ったけど、もう飽きて使わなくなったからと 送ってくれたのです。
 
 初めて 妹から「お古」をもらいました。(笑)
 あまり使っていなかったらしく 新品同様です。  う・れ・し・い・・・
d0174983_16131738.jpg

 早速 試し焼きをしてみます。 手元にあった「ブルーベリー」を入れてみました。

 操作はカンタン。 
 粉と 水と ドライイーストと ブルーベリーを入れて スイッチon。
 タイマーで翌朝 焼きたて を作ることも可能です。

d0174983_17341364.jpg

待つこと 4時間。 できました。 いい香りです。 

焼き立ては さすがに芳ばしいのですが、粘りが 不足気味に感じます。

加える水分の温度によって ドライイーストの発酵の仕方が違うのではないか。

強力粉、薄力粉を 既製品ではなく自分で配合することで グルテンの量を調整したらどうなるか。

干しブドウや クルミなど 加えるものの水分や糖分によって 食感がどう変わるか。






『shinmamaベーカリー』 のオリジナルパンを作るべく 試行錯誤をしてみたいと思います。
「当分の間、パンばかり食べることになりそうだ。 フゥ~」 と shinpapaが つぶやきました。(笑)

d0174983_16182833.gif
by saint-arrow-mam | 2012-10-15 06:00 |   ベーカリー | Trackback | Comments(10)