カテゴリ:  koharu日記( 89 )

移動臨託で 大室山へ


 お宿の朝食は 充実したバイキングでしたが、
 あーだ、こーだと わがまま娘と一緒の食事では どこに何をどれだけ食べたのか 記憶にございません、はい。
d0174983_18592598.jpg

 伊東駅からバスで 『大室山』に向かいます。
 伊豆高原のどこからみても、お椀をふせたような柔らかな曲線のシルエットが美しい大室山は
 標高580mの山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山で、全山カヤにおおわれています。
 2010年8月5日には、単成火山の典型例として、国の天然記念物に指定されたそうです。
d0174983_10555213.jpg

 この山には 歩いて登ることは出来ず、有料のリフトを利用しなければなりません。
d0174983_10542365.jpg

 今の時期は ススキが山の斜面を飾り、 風にそよいで とても美しい。

d0174983_10543680.jpg

 標高は580mなのに 山頂からの眺めの良さは、他に類を見ません。

 7日ぶりということですが、今日は遠くに 富士山が見えています。
 富士山の初冠雪は 先日の雨で消えたそうで、山頂に雪がありません。
d0174983_10544468.jpg

 海岸に目をやると 霞んでいますが伊豆七島が見えます。
d0174983_10544810.jpg
 ぐるっと 「お鉢めぐり」ができるようですので、歩きたくて うずうずしましたが、
 歩くのが何より苦手のkoharuを連れて歩くのは 自殺行為に等しいので あきらめました。
d0174983_10545469.jpg

 代わりに 山頂で「串団子」を食べることに。
 「花より団子」ならぬ 「山より団子」のkoharuです。
d0174983_19150396.jpg

 いつもなら お昼寝の時間。
 グズグズ機嫌が悪くなったので、急いでタクシーで駅に戻り、熱海に移動。
 移動中に寝るかと思ったのですが、、、、寝ない。

 結局、熱海では おもちゃを買って、お菓子を買って お腹を満たして 機嫌を直して
 帰路に。
d0174983_19151333.jpg
 帰路の電車の中では 寝るだろうと グリーン車にしたのですが、
 興奮しているせいか やはり寝ることはなく元気なままで バーバは グロッキー。

 1泊2日以上の移動臨託は 体力的に無理だなあ、、、。 

by saint-arrow-mam | 2017-11-07 06:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(6)

大室山 ナウ

d0174983_12161334.jpg

 移動臨託で 静岡に。
by saint-arrow-mam | 2017-11-05 12:15 |   koharu日記 | Trackback | Comments(2)

移動臨託で 伊東へ


 移動臨託は 普通のお泊り臨託に比べると さらにハード。

 昨日 上京したばかりですが Shinpapaに助けてもらおう と思っていたところ
 Shinpapaは 上京する前日まで高知県でゴルフをしていたそうで すでに疲れ気味。
 やれやれ、、、、。

 でも今回は お宿も観光スケジュールも Shinが手配してくれたので 文句は言えません。
d0174983_19522026.gif

 伊東駅で降りて 歩くこと10分で お宿の「ラフォーレ 伊東温泉湯の庭」。
d0174983_19502985.jpg

 お部屋は 自家源泉を引いた温泉付きの和洋室タイプでした。

 湯温の高い温泉に入るのを嫌がるKoharuと大浴場の温泉に入るのは大変なので
 お部屋に温泉があり、ぬるめに温度調節ができるのは嬉しいです。
d0174983_19564445.gif

 とりあえず 自称温泉女子のKoharuと風呂に入ってから
(人魚姫ごっこで すでに へとへとになってから)
 夜の温泉街に出かけます。
d0174983_19564818.jpg

 夕食には 地元で新鮮な魚を食べさせてくれることで有名な
 居酒屋「まるげん」を手配してくれています。
d0174983_19565297.jpg

 とりあえず このお店が推薦する珍しい料理を、、、

 < うずわ定食 >
 「うずわ」とは「ソウダガツオ」のことで 背中に渦のような輪の模様がある魚なので、地元では「渦輪」と呼んでいるそうです。
 うずわは傷みが早く、鮮魚としては一般に流通しない魚で、
 うずわ定食は、そのうずわを青唐辛子でタタキにした料理です。
 新鮮さが肝心のため 注文が入ってから調理をするそうです。
 たたきにしたうずわは、まずはそのまま青唐辛子を入れた醤油をつけてお刺身として、
 次にうずわのたたきをヅケ風に醤油と和えてご飯にのせ丼ぶりとして、
 最後に熱々の出汁をかけてお茶漬けとして3度に分けて楽しむことが出来ます。
d0174983_19565580.jpg

 < ちんちん揚げ >
 魚の美味しい街・伊東に昔から伝わる郷土料理で サバのすり身をベースに、
 イカゲソ、生姜、ゴボウ、ネギなどを併せて混ぜ合わせた生地を揚げたもの。
 つなぎに 山芋を使っているので、ふんわりとした食感が味わえる。
 油で揚げる時に「ちんちん」と油が音を立てることから名がついた 「ちんちん揚げ」です。
d0174983_19570528.jpg

 < ひゃくひろの刺身 >
 「ひゃくひろ」とは マンボウの腸のことです。
 マンボウの腸は 真っ白で鮮度のいいものは刺身でもいけます。
 ただ、基本的に冷凍で保管している為に湯引きや焼き、から揚げが人気だそうです。
 独特の食感は一度食べると癖になるそうですが、酒を呑まないShinpapaも その食感を絶賛していました。
d0174983_19570277.jpg

 < 鯵のなめろう >
 味噌の美味しい地方なので美味しいのでは?と思ったのですが、
 やはり なめろうの味噌は 事のほか美味しかったです。
d0174983_19565908.jpg

 そして koharuは?といえば 大きな金目鯛の煮つけを
 「これ美味しいねえ」「とっても美味しいよ」と言って なんと半身以上 ばくばく食べました。

 「このお魚の名前は?」と聞くので 「金目鯛(きんめだい)」と言ったのが「金メダル」と聞こえたらしく
 その後 金目鯛の干物を見ると 「あっ 金メダルだ」と大騒ぎしていました。(笑)
d0174983_19570834.jpg

d0174983_19522026.gif

 お部屋に帰って、もう一度お風呂に入り、のぼせるほど遊んだ後、
 koharuの大好きな「千疋屋のババロアフルーツケーキ」を食べました。

 これは 品川駅にある千疋屋で購入して、保冷バッグに入れ、持って来たものです。
 蝋燭を吹き消すことが大好きなkoharuのために ちゃんともらってきました。
    (蝋燭は 自分で立てないと 気が済みません)
d0174983_21043573.jpg

 九時過ぎには 寝の谷へ。
 さすがのkoharuも 疲れたのかな? 
d0174983_21201787.jpg


by saint-arrow-mam | 2017-11-05 00:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(2)

まだまだ ひよっこ


 祖母の法要の後の会食。
 集まった親戚の中で 私は 「ちゃんづけ」で呼ばれます。

 還暦を過ぎた身で「ちゃんづけ」は ありえないことですが、
 親戚の中では まだまだ「ひよっこ」ですので 違和感はありません(笑)

 会食は 「うさ季」で。
d0174983_17410747.jpg

 古民家をそのままレストランにしているので 内装に趣があります。
d0174983_17411292.jpg

 宮島では有名な料亭の板長が 独立されたお店として 地元ではよく知られています。
d0174983_17411838.jpg

d0174983_17412412.jpg

d0174983_17412912.jpg

d0174983_17413478.jpg

 美味しいお料理をいただいたあと、スーパーで買い出し。

 カープのお米に、、、
d0174983_17413981.jpg

 カープのお茶、、、
d0174983_17414415.jpg

 やっぱり こげんじゃないと(こうでないと) 広島に帰って来たような 気がせんよーね(しないよね)。
by saint-arrow-mam | 2017-10-22 17:49 |   koharu日記 | Trackback | Comments(2)

136歳の誕生日?


 「バーバ お誕生日おめでとう」 と 
 お泊りセットと一緒に 私の大好きなモンブランを 持ってきてくれました。
   (自分用には 大きなプリンアラモードを買ってました、、、(笑)

 koharu用に作った ”辛くないカレーライス”を お腹いっぱい食べて
 2時間くらい遊んだら、お待ちかねのケーキの時間です。

 なんでも 自分でやりたがるkoharuが ろうそくを立ててくれましたが、、、
d0174983_20221002.jpg

 ムムム、これって 136 ? 

 ま、いいか このままで、、、。(笑)
d0174983_20312947.gif

 日曜日は 朝一番で「ドームシティー」へ。

 まずバーバが 2時間半みっちり koharuに付き合って、「アスレチック」や 
「おままごと」をした後、ハロウィーンのイベントに参加。
d0174983_20221913.jpg

 お昼を食べた後は ジージに バトンタッチ。

 ジージは koharuに指示されるがまま 車に乗ったり、ゲームをしたりしています。
d0174983_20221693.jpg

 大好きな「宇宙戦隊キュウレンジャー」のイベントで
 手の甲に キュウレンジャーの絵を描いてもらっているkoharu。

 僅かな時間ですが、その間に ジージとバーバは ひと休み。
 臨託に要する体力は 半端じゃありません。
d0174983_20221445.jpg

 雨の中、koharuを連れて移動するのは大変なので 常にタクシーを利用しましたが
 そのタクシーを スマホで呼べば 雨の中でタクシーを探すことは不要です。
d0174983_20222208.jpg

 ジージとバーバの体力は 文明の進化に助けられています。

by saint-arrow-mam | 2017-10-16 06:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(6)

敬礼の日?


 台風18号が来る前に 豆台風がやってきました。

 玄関から入って来るなり
 「あのね、ジージとバーバに ありがとうって 敬礼する日なんだよ」と 敬礼するkoharu。
d0174983_17493127.jpg

 何のことかわからず 聞いてみると
 保育園の先生から教えてもらった「敬老」の日を 「敬礼」の日と 思い込んでいたようです。

 笑ってしまうのは 可哀相な気がして ジージとバーバも 敬礼を返しました。(笑)
d0174983_17550226.jpg

 せっかく遊びに来てくれても 雨が降ると 遊びに行くところが限られ、
 体力を持て余してしまうkoharuのために 東京ドームシティ―に行くことに。

 ドームシティーの中にある「ASOBONO(アソボーノ)」という遊戯施設は
 広い屋内敷地の中に koharuが好きそうな遊びがいっぱいあります。

d0174983_17562289.jpg

 日曜日であることを考えて、オープンする時間に合わせて行ったのですが、
 すでに長蛇の列ができていて、45分待ちになりました。

 でも帰る頃には 列はさらに伸びて 2時間半待ちになっていました。
 
 遊ぶ前に 待っているだけで親も子も 疲れそうです。 

 若いお父さん、お母さんに混ざって 同年齢のジージとバーバに会うと、
 「よし 私も頑張るぞ」という 気持ちになります。(笑)
d0174983_17575656.jpg

d0174983_18031996.jpg

 その後、スーパー銭湯で リラックス、、、、
 というわけにはいかず いつものように 「人魚姫ごっこ」で のぼせます。

 子供は 本当に疲れを知りません、はい。

by saint-arrow-mam | 2017-09-17 19:40 |   koharu日記 | Trackback | Comments(4)

誕生祝と夏祭り


 7月は Shinpapaの誕生月、8月は Shinの誕生月なので 合同で誕生日会を行いました。
 でも 誰の誕生日であろうとも 誕生日会の主役は koharuでなければ おさまりません。

 ケーキに 好きな数だけ ろうそくを立て、バースデーソングを 大声で歌い、 
 その ろうそくを吹き消すのも 全部 koharuです。
d0174983_18584152.jpg

 自分の誕生日と勘違いしているのかなあ? と思っていたら
 「バーバ!! 11月の私の誕生日には もっと大きなピンクのケーキを お願いね」 というkoharu。
 
 ちゃんと 理解しているようで、、、、、。(笑)
d0174983_19103021.gif

 翌日は koharuと一緒に 「富岡八幡宮」の本祭りにでかけます。
d0174983_18584077.jpg

 露店が大好きなkoharuは 「風船釣り」「金魚すくい」「スマートボール」など
 自分ができる露店を見つけると 犬のように立ち止まり、動こうとしません。

 教育上、お金を出し渋る親には 頼まず
 財布のひもがゆるゆるのジージとバーバに狙いを定め 「お願い、、、」というkoharu。

 こんな時、応じるべきか 断るべきか、、、
 答えは簡単。
 ジージは 家の貯金箱から 100円玉を山のように持ってきています。
d0174983_18584186.jpg

 歩行者天国の大通り。
d0174983_18584088.jpg

 3年前に感激した 神輿に水をかける勇壮な本祭りを 今年も取材したい気持ちは 山々でしたが
 1時間以上  道端でジッとして神輿行列を待つことは koharuには無理なので 今年はあきらめます。

 ただし 一基だけ 行列に参加しない神輿があり、
 それは 某宅配業者が寄進した神輿で ダイヤモンドなどが飾られた非常に高価な神輿だというので それのみ取材。
d0174983_18584136.jpg

 門前仲町から 浅草のスーパー銭湯にタクシーで移動し、
 いつものように 「温泉女子」になり 汗を流し、
 いつものように 浴槽の中で 人魚姫と王子様ごっこをして、
 いつものように バーバがのぼせて 倒れそうになりました。
 

by saint-arrow-mam | 2017-08-13 19:46 |   koharu日記 | Trackback | Comments(4)

汗だくの水族館


 お江戸は どんより曇りましたが、気温が30.9℃まで上がり湿度が高く 熱中症の注意報が出た日曜日。

 こんな日のお泊り臨託で koharuを連れて どこに行こうかと考えた末、
 冷房の効いた建物の中が 良いだろうと 「品川アクアパーク(水族館)」に行くことに。

 ところが 幼い子供がいる家族は誰も 考えることは同じとあって
 水族館の中は 押すな押すなの大混雑で 魚を見るどころではなく 冷房も全く効きません。

 「だっこ」「おんぶ」と すぐに甘えるkoharuを 少しでも歩かせるために ”koharu専用カメラ”を渡しています。

 
d0174983_17414596.jpg

 水族館では 走り回り汗だくのkoharuに水分の補給をこまめにさせたのですが 
 気が付けば 私自身が水分不足になっています。
 流れるほどの汗をかいたのに、それどころではなかったのです。

 マンションに戻ってから ずっと スポーツ飲料水を飲んでいましたが、
 シャワーを浴びた後に 足がつってしまい(こむらがえり) うなりました。

 うーーーーむ、バーバは もっと体力つけておかなきゃね。

by saint-arrow-mam | 2017-07-03 08:23 |   koharu日記 | Trackback | Comments(0)

富士サファリパーク


 朝食を済ませるとすぐに ホテルを出て、開園前の「富士サファリパーク」へ。

 サファリゾーンを 自分の車で回ることもできるのですが
 動物に直接エサを与えることができる「ジャングルバス」に乗せてやりたいと、
 園内に入ると 急いでチケットを購入するために 案内所へ走ります。

 午後のバスチケットであっても 開園してまもなく完売してしまうというのですから
 日曜日のサファリパークは 事前の情報が貴重です。
d0174983_20223242.jpg

 もらったエサは 3種類。
 ライオンに鶏肉を クマにリンゴを ラクダに飼料を。
d0174983_20223852.jpg

 トングで挟んで 直接口にエサを食べさせるのですが
 ライオンやクマが目の前で大きな口を開けるので koharuは 大興奮。

 いえいえ、koharuだけじゃない、
 50分のジャングルバスツアーは Shinpapaも充分楽しんだようです。(笑)
d0174983_20224166.jpg
 
 面積が広い公園ですが 休める場所がたくさんあるので ジージとバーバは 助かります。
d0174983_20224742.jpg

 今までに山口県の「秋吉台サファリ」、大分県の「アフリカンサファリ」に行ったことがありますが
 「富士サファリランド」の規模や設備の充実、動物の美しさは レベルが違います。

 動物園はどこでも独特の匂いがあるのですが 不思議なくらい ほとんど匂いがしません。
d0174983_20335443.jpg

 しかも 直接エサを与えることができる動物が数多くあり、
 その都度100円のエサ代がかかるので出費がかさみますが、
 koharuが 動物を怖がらずとても喜んでいるのをみると うれしくなります。
d0174983_20335116.jpg

d0174983_20340086.jpg

 それ以外にも 乗馬経験や好きなウサギを抱っこできるので とても満足できるサファリです。
d0174983_20334841.jpg

 園内のパン工房では パン生地でいろんな形を作って渡せば 焼いてくれるというので
 koharuがトライ。

 自分の作った 虹のパン(ナマコではありません)と 「カタツムリパン」を
 「こんな美味しいパンを食べたことがないよ」と自画自賛しながら 食べるkoharu。
d0174983_20340250.jpg

 すぐに 抱っこ、おんぶ というkoharuも 今日は よく歩きました。
d0174983_20340555.jpg

d0174983_22320105.gif

by saint-arrow-mam | 2017-06-12 00:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(4)

首都高 初疾走!!

 
 お泊り臨託で 「富士サファリランド」に連れて行くことに。
 なんでも 土日のサファリランドは 来園者が多く、
 目的のジャングルバスに乗るためには 開園前に並んでおかなければならないそうです。

 ふーーーむ、しゃーーーない。
 前日からでかけて1泊し、日曜日の朝早い時間に行くことにします。
d0174983_10025781.gif

 Shinpapaの運転で レンタカーで首都高速道路を走ります。

 首都高は 分岐、IC、出口が多く、観光バスに乗っているときに見ると 複雑でわかり難そうだったのですが、
 走ってみると 車線数が多いので ナビを頼りにすれば なんとか走ることができました。 

d0174983_09581036.jpg

 横浜ベイブリッジも 車目線で渡ると 面白い光景がみえます。
d0174983_09581419.jpg

 40年ぶりに来た 「七里が浜」「湘南海岸」「稲村ヶ崎」「江の島」、、、
d0174983_09581842.jpg

砂まじりの茅ヶ崎/《勝手にシンドバッド》
江ノ島が遠くにぼんやり寝てる/《夏をあきらめて》
江ノ島が見えてきた俺の家も近い/《勝手にシンドバッド》などなど サザンの歌が次々浮かびます。 

         画像右奥に 飛び出ているところが江の島です。
d0174983_09582352.jpg

 ところが この界隈の車の混みようといったら 尋常ではなく
 チャイルドシートに縛り付けられながら大騒ぎするkoharuの相手をするのが ひと仕事です。
d0174983_10025781.gif

 「御殿場アウトレット」へ立ち寄り、「紅富士の湯」へ。

 広くて 富士山が見える大きなショッピングモールの「御殿場アウトレット」でも
 お風呂から 富士山を見ることができるスーパー銭湯の「紅富士の湯」でも
 koharuがからみついてくるので 富士山をゆっくり見ることもできず
 気が付けば 私としたことが 画像を残せていません。

                HPより ↓
d0174983_10242138.jpg

d0174983_10241768.jpg

 明日の朝は 早い出発です、、、、

 が koharuが「まだまだ遊びたい」と言うので ジージもバーバも眠ることはできません。
d0174983_09582165.jpg

 

by saint-arrow-mam | 2017-06-11 00:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(4)