カテゴリ:  祭り・イベント( 61 )

キッチンリフォーム6日目

d0174983_09484927.jpg 予定より早く 午前中で 大工工事が終了しました。

 キッチン設置工事、給排水工事、電気工事は 来週もまだ続きますが 
 優秀な大工さんが もう来なくなるのは寂しいです。

 彼は いい棟梁になるだろうなあ、、、。


 来週の月曜日にキッチン本体が届くまで 現場はしばし休業です。
d0174983_09413561.jpg

d0174983_09530446.jpg

 夕方になって 東京での仕事を終えたShinpapaが帰広してきました。
 だからといって キッチンがまだないので 夕食を作ることはできず 外食生活は まだ続きます。

 雨は降っているし、車はぶつけているし ラーメンでも、、と思っていたのですが、
 「慰労を兼ねて 好きなものを食べに連れて行ってやる」と言われ
 大好きな「ハナハナのお好み焼き」をリクエスト。

 ブログにも再々登場している我が家の定番のお好み焼き屋さんですが 
 お店が移転してしまってから いけなくなっていました。

  http://runslowly.exblog.jp/11780230/
  http://runslowly.exblog.jp/15156607/
  http://runslowly.exblog.jp/14006772/
  http://runslowly.exblog.jp/15336073/
  http://runslowly.exblog.jp/11717922/

 雨の中 車を走らせること40分、、、ちょうど カープの試合がある時間に合わて到着。
 おじちゃんとおばちゃんと 一緒にカープの試合を見ながら 盛り上がりました。
d0174983_20245479.jpg

 懐かしい味にご満悦 041.gif
 そうだ、トマトチーズをのせた ハナハナのオリジナルのお好み焼きにしようっと。
d0174983_20250988.jpg
 
 070.gif  盆と正月が一度に来たくらい 感謝 感激!! 070.gif

d0174983_22252590.gif


by saint-arrow-mam | 2016-10-23 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(4)

かっぱ橋道具街祭り


 クルーズから帰った翌日ですが 急いで洗濯をしてから でかけます。

 昨年 あまりに楽しかったので 来てしまいました、「かっぱ橋道具街祭り」です。
d0174983_22125628.jpg

 いろんなキッチン道具や食器が 所狭しと並べられたこの通りは ユニークで面白いです。
d0174983_22142196.jpg

 外国人の姿も多く見られ、中には大きなバッグを抱えた人も、、、。
 
 確かに 国籍を問わず 楽しむことができるお祭りですし
 食品サンプルなどは 日本独特の商品ですものね。
d0174983_22160172.jpg

 結局 何も買うことなく 約17、000歩も歩いてしまいました。
by saint-arrow-mam | 2016-10-11 00:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(0)

こち亀展

 
 「週刊少年ジャンプ」で  1976年の連載開始以来、40年の間 一度も休載されることなく
 ずーーと連載されていた 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が
 今回で 最終回を迎えたことは ニュースで知っていたのですが、、、
d0174983_16434313.jpg

 所用で 日本橋高島屋に でかけると 
 なんと 連載40周年&コミックス200巻発売を記念して、
 〈こち亀展 こちら中央区日本橋高島屋内派出所〉が 開催中でした。
 
d0174983_16461146.jpg

 売り場で たまたま「こち亀展」の入場券をくれたので 立ち寄ってみることに。
d0174983_16490138.jpg

 「こち亀展」の入口に書かれている案内文によると
 作者・秋元治氏監修のもと、40年間の連載で描かれた3万枚を超える中から厳選された原画を展示。
 そのほか立体造形物や、映像なども展示され、国民的ギャグ漫画「こち亀」の作品世界や
 秋元先生の多彩なアイディアをたっぷりと体感できる、、とあります。
d0174983_16491518.jpg

 「こち亀」の連載が始まったのは 大学4年の時だったのですが、
 その頃、Shinpapaが「少年ジャンプ」を立ち読みしていたのを よく覚えています。026.gif
d0174983_16485348.jpg

 かく言う私も 「こち亀」は何作か読みましたし、幼いShinと一緒にテレビ放送を見たことがありますが、
 主人公の両さんのイメージは 当然ですが「架空の警官」でした。

 でも 今日 改めて振り返って 見てみると
 
 主人公の活躍する舞台が 「浅草」「勝どき」「築地」「錦糸町」など 私ですら なじみの下町で
 しかも「祭り」や「情景」などの40年の歴史のうつろいが つぶさに描かれているので 
 東京の人からみれば 両さんは「身近なおまわりさん」のような愛すべき存在なのではないかな、、という気がします。
d0174983_17540962.png

 記念に購入した「最終回のコミック」 と 両さん顔のキティーちゃんのドロップ(左)。
 レジのおばちゃんがくれた 「日本橋高島屋」だけのオリジナルカバー(右)です。
d0174983_16492427.jpg

 帰宅後 早速コミックを読んで 大笑いしていたShinpapaが 
 笑いすぎて 唾液を気管に入れてしまい 咳き込んでいるのを見て 
 これが 40年経つということか、、、と 思いました。041.gif
by saint-arrow-mam | 2016-09-22 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(4)

土木展

d0174983_17255292.jpg

暑さ厳しき中 六本木で開催されている 「土木展」へ。

サイトで調べると 面白そうな展示があり

広島では見ることができそうもない 

最新の土木技術を 

自分の目で見ることになりました。





 会場は 六本木のミッドタウン内の 21_21デザインサイトです。
d0174983_17325131.jpg

 土木展のメイン展示は 砂場。

 砂場を掘ると 標高が低くなり、盛り上げると標高が高くなることを 
 上部の機器が探知して 色でリアルタイムに表現します。

 上空に手をかざすと手が雨雲になり、窪みに水が溜まるのが とても面白いので
 どうなっているのか と 上部の機器を見上げても 何もわかりません。(笑)
d0174983_17315072.jpg

 また もう一つの砂場では 高さに合わせて 等高線が現れます。
 
 自分で山を作り尾根を作ると その等高線が即座に見えるので 実にわかりやすいシステムです。
d0174983_1743493.jpg

 この二つの砂場は 今の土木を象徴している作品として 会場の中心に置かれていて
 大人から子供まで 自由に体感できます。

 一歩外に出ると 灼熱の世界、、
 へとへとになって 家に帰り着いたら オリンピックで三宅選手が 真っ赤な顔で 頑張って銅メダル。

 このくらいの暑さで 弱音を吐いてはいけないと 反省。
by saint-arrow-mam | 2016-08-08 06:47 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(5)

ワインと読書

 私は 最もふさわくない場所で その本を読んでいる。

 本の名は 大津秀一の 『死ぬときに後悔しない医療』、
 そして その本を読んでいる場所は 子供たちの元気な声が響く公園なのである。
d0174983_14102286.jpg

 考えてみれば 土曜日の公園で本を読もうと考えたことが そもそもの間違いだった。

 その日に限って 年に1度の「日本ワインMATSURI」が開催され、
 日本各地から51ものワイナリーがブースを作り 公園が 「酒場」と化していたのだ。
d0174983_1415026.jpg

 まあ、非日常的な公園 これも よし

 10、000本もの日本ワインが 用意されている中から 
 三次ワイン、世羅ワイン、島根ワイン、神戸ワインと 次々グラスに注いでもらう。
d0174983_13561086.jpg

 そして 甲州ワインを片手に 木陰にシートを敷いて 本を広げる。
d0174983_1441827.jpg

 風に揺れる木の葉の影が 本の上で踊り、、、、、、
d0174983_13485899.jpg

 樹にもたれて目を閉じると 鳥の声が耳に優しい。
d0174983_1464791.jpg

 こんな時、ちょっと 「いい女」の振りをしてしまう ほろ酔いの私。
by saint-arrow-mam | 2016-06-04 17:36 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(6)

世界のビールとグルメスタジアム2016


 広島市内中心部に所用があり 出かけたついでに
 blogの先輩から情報をいただいていた 「世界のビール」のイベントに行きます。
d0174983_19501083.jpg

 飲まないShinpapaと一緒に来ているので 帰路の運転手は確保できているのですが
 長時間 待たせるわけにはいきません。

 ぱぱぱっと ビールを飲んで、(1グラス 1,000円)
d0174983_195150100.jpg

 さささっと ソーセージを食べて (1皿 800円)
d0174983_19521465.jpg

 ステージの盛り上がりを横目に 帰ります。
d0174983_1953147.jpg

 うーーーん、 もっと呑みたいよぉ!!
by saint-arrow-mam | 2016-05-02 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(6)

東京マラソン 2016

 お天気に恵まれた 2月最後の日曜日 「東京マラソン大会」が行なわれました.

 豊洲の目抜き通りを走るので 昨年に続き 今年も買い物方々 見に行きました。
d0174983_12551354.jpg

 いつものように 最初に 車イスランナーが来ます。
d0174983_1304423.jpg

 続いて 男子ランナー。
d0174983_13157.jpg

 でも 次から次に来るのは 外国人選手ばかりで
 待てど暮らせど 日本人選手が来ない、、、、

 やっと来た、、、ゼッケン21番は トヨタ自動車の 今井正人選手です。
d0174983_135927.jpg

 今年は「青山学院」の選手が目立ちます。
 箱根駅伝の次は フルマラソンに参戦して頑張っているんですね。

 男子から遅れること 15分で 男子ランナーに混ざって女子ランナーが姿を現しましたが
 男子と同様に 外国人選手ばかり、、、、
d0174983_1381294.jpg

 見物していた人たちも なんだか盛り上がらないまま 次々に抜けていきます。

 仕事の内容によって いろんな色の パーカーを着ている ボランティアの方達。
 朝早くから 本当にご苦労様です。
d0174983_1391952.jpg

 < おまけに >
 私が場所取りをして立っていると、隣に かわいい子犬を連れた イケメン男性が来ました。
 選手が来るまでに30分以上あったので これ幸いと 彼と話をしていると
 これが とても感じの良い好青年なのです。

 ところが しばらくすると 彼のところに 
 次から次に 「写真を写させてください」という人や、
 犬をネタに話しかけたり 握手をする人が来るようになり
 挙句には 警備していたおまわりさんまで 彼に話しかけていました。

 一体 誰だったんだろう?  
d0174983_13173422.jpg

by saint-arrow-mam | 2016-02-29 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(2)

憧れのロングステイ

 Shinpapaが 在京中に 「ロングステイ財団」のイベントに参加しました。
 お台場にある 国際展示場では 毎日 何かしらのイベントを行っています。

d0174983_17234828.jpg

 大きな展示会場ではなく 小さな別館の方で行われていたのですが、
 実際に ロングステイをしている方と話ができるとあって
 私たちのような 冷やかしではなく 着座して真剣に聞いている人が多くいました。
     (ぼんやり画像にしています)
d0174983_17253693.jpg

 海外はロングステイ、日本は移住を前提とした資料が 多く用意されていました。
 面白いと思ったデータですが、これはロングステイ財団の発表なので
 母数などは不明です。
 
     「日本でロングステイしてみたい都道府県 ランキング」 

d0174983_17274335.jpg

 確かに 寒い時期は沖縄に住み、暑い時期には北海道に住む、、、というのは 憧れますね。

 「京都」というのは 観光目的という意味合いもあるのかもしれませんが、
 「長野県」は 軽井沢をはじめとする高級避暑地が多いので ハイソなイメージもあって
 人気があるのでしょう。





      「海外でロングステイしてみたい 国 ランキング」

d0174983_17403010.jpg
 以前、ロングステイしている人が多い、コタキナバルとサイパンに行きそれぞれ1週間程度 滞在してみました。
物価の安さと治安に不安はありませんが、衛生面での生活水準があまりに低くて、数年間の長期滞在となると しんどいかなあ。

そうかといって 先進国のハワイやアメリカ本土は物価が高く 治安が悪いですし、両方が ほどほどのレベルのマレーシアが暮らしやすいので ずっとトップなのではないでしょうか?




 インスブルックに1ヵ月滞在した時に
 この町なら もっと長期に暮らしたいと 思いましたが
 さすがに ヨーロッパに長く住むことは 不安な時代になってきました。

 仕方がないので 今は 「東京でロングステイしているんだ」
 と無理やりに思い込むことにするしかないのでしょうか。
 東京も安全とは言えませんが、、、、。(笑)
by saint-arrow-mam | 2015-11-30 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(6)

池袋の大道芸

 マドンナーラ松本かなこさんの パフォーマンスをみることができるチャンスがやってきました。

 「マドンナーラ」とは、チョークで地面に絵を描く仕事をする人のことで
 松本かなこさんは 2008年より、日本での路上アート活動を開始し、
 2013年より、東京都のヘブンアーティストとして活躍されている 若い女性です。

 ブログの先輩が 彼女のことを紹介されて以来、
 実際に彼女の作品を見たいと ずっと思っていたのです。
d0174983_17402845.gif

 彼女がパフォーマンスを披露するのは 池袋で開催されている 「みんなの大道芸」というイベントで
 会場は 東京芸術劇場の前の広場です。
d0174983_1723556.jpg

 この日は 初冬を思わせるような 冷たい風が吹く日でしたので
 地面に向かって 黙々と絵を描き続ける彼女を見守る人は ほとんどいなくて
 少し 気の毒な感じがしました。
d0174983_17412925.jpg

 描かれている絵を近くで見ると 顔が長くてアンバランスなのに 
 遠くから見ると 違和感なく立体的に収まっています。

 地面に対して垂直な壁にかけてみる一般的な絵と異なり、
 地上絵を描く場合には 独特のノウハウが必要なのでしょう。
 
d0174983_17432868.jpg

 会場では ジャグリングなどの大道芸に加えて 古本市が開かれていました。
d0174983_17463218.jpg

 彼女の絵が完成するのは 19時頃になるということで
 来るのが早すぎたことを後悔。

 古本を見たり、周辺を散策して時間を潰し 
 まだ 完成していないことを知りながら 2時間後に再び彼女のもとに。
d0174983_17502479.jpg
 
 この時、運よく 観客が誰もいなくて、彼女がひと休みしたので 声をかけました。

 神戸で彼女が描いた作品が だんだん薄くなり、消えるまで 1年間ずっと定点観測された
 先輩のブログを プリントアウトして持って行ったので それを渡しました。

 彼女は 「絵は すぐに消されることが多いのですが、消えるまで残しておいてもらえたのですね。」と
 とても嬉しそうにブログを見ていました。
 そして 大切そうに ブログをご自分のバッグの中に入れていらっしゃいました。

 少ししか話をしませんでしたが とても感じの良い物静かな方で 
 はかなく消えてしまうチョークアートのイメージにぴったりの女性でした。
d0174983_1891674.jpg

 出来上がった作品は 彼女のホームページに掲載されると思いますので
 とりあえず アドレスを残しておきます。

    http://canaco.web.fc2.com/works/chalkart/photo.html
by saint-arrow-mam | 2015-10-26 06:00 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(4)

かっぱ橋 道具まつり

 
 先日のスケッチ教室の帰りに 3連休の間に 「かっぱ橋道具祭り」がおこなわれることを知り、出かけました。
 浅はかな私は 建築道具もあると思っていたのですが、、、、(笑)

 
d0174983_216062.jpg
 
 なんと 合羽(かっぱ)橋というところは 端から端まで、キッチンに関する道具屋さんばかりなんです。
d0174983_2111642.jpg

 祭りの日曜日ですので、どのお店にも 入りきれないほどの人だかりで
 万引きを し放題ではないのかと心配するほどです。
d0174983_211592.jpg

 左: 業務用フライヤーや 業務用冷蔵庫など キッチン機器のお店
 右: ありとあらゆる形にくりぬける 「型抜き」専門店
d0174983_21175285.jpg

 左: 小さな食品サンプルをキーホルダーにしたり、お子様ランチなどについている おまけを扱う専門店。
 右: 大小さまざまな 食品サンプルのお店。
d0174983_21203079.jpg

 サンプルの野菜や果物は テレビ番組や映画の小道具として使われることもあるそうで、
 玉ねぎ1個 3、000円くらいで、ラーメン、デザートなどの料理のサンプルとなると 5、000円以上する高級品です。

 しかし、どこかみても 本物のビールだよなあ。
d0174983_21234826.jpg

 私の事ですから、、ヒャーヒャー言いながら 片っ端から店内に入り
 あれが欲しい、これが欲しいと思いながらも たいした買い物はせず
 通りの右と左を 往復すると 歩数が 軽く 17、000歩を越えました。

 おまつりではない日には この通りがどの程度賑わっているのかわかりませんが
 来年の「道具祭り」にも また来たいと思いました。

 行きは上野駅から来ましたので 帰りはスカイツリー方面から帰りました。
 いつまでたっても オノボリサン気分が抜けません。(笑)
d0174983_21294851.jpg

by saint-arrow-mam | 2015-10-13 09:30 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(4)