カテゴリ:  日韓クルーズ南廻り( 8 )

クルーズ6日目 (横浜)


 6:30 横浜に帰港しました
d0174983_21370053.jpg
 ところが 最後の最後になって 雨です。
d0174983_21380512.jpg
 下船時間を9時ごろに希望していたので ゆっくりと集合場所へ行くと
 スタッフに 「いつでもOKだよ」 と言われ すんなりと下船しました。

 港から宅配でトランクを送り、シャトルバスで桜木町へ。

 横浜から約1時間で豊洲にもどり お昼ご飯は お茶漬。
 現実に戻りました。

by saint-arrow-mam | 2016-10-10 00:00 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(0)

クルーズ5日目 (Sea Day)

d0174983_21000242.jpg

 長崎から横浜に向けて 北東の進路を進みます。
 黒潮を通過するときには 多少揺れますが この潮に乗ると船は4ノット以上速くなりま
す。
d0174983_21002305.jpg

 この日も 終日航海日ですので、朝からジムへ行って ひと汗かき
 朝食後に 本を片手に船内をウロウロしていると、、
 両足に異常が起こり、カメラどころではなくなりました。

 ということで 参加したイベントを「プリンセスパター」に記入します。
d0174983_21033175.jpg

d0174983_21035375.jpg

 昼食は 「海寿司」。
d0174983_21041057.jpg

 夕食は 「サバティーニ」。
d0174983_21045612.jpg

d0174983_21051255.jpg

d0174983_21052643.jpg

 ショーを見て、、、
d0174983_21061195.jpg

 大浴場へ行って、、、
d0174983_21172386.jpg

 バルーンを拾うのを あきらめて
d0174983_21095146.jpg

 荷造りをして、、、 支払いを済ませて、、、早めに寝ます。

by saint-arrow-mam | 2016-10-09 00:00 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(0)

クルーズ4日目 (長崎)


 昨晩も 台風の影響を受けることなく 静かな航海を続けました。

 釜山の出港が遅れたので スピードを上げたのでしょうが
 予定通り 長崎の女神大橋を通過し 内港に入りました。
d0174983_14011901.jpg

 ダイアモンド・プリンセスは 2004年に長崎の三菱重工業造船所で造船されましたので
 長崎に「里帰り」した、、というイメージです。 012.gif
d0174983_14035573.jpg

 釜山と異なり、バスツアーに参加する方が 早朝から下船したので 
 船の中が静かになり、個人で下船する人も楽です。
d0174983_14092038.jpg

 入国審査を受けるときに イスラエルから来たグループに
 380年を超える歴史がある「長崎くんち」について説明。

 そうなのです。 
 日本三大祭りの一つにあげられる「長崎くんち」が 本日、開幕するのです。049.gif
d0174983_14110375.jpg

 乗船前に下調べをしているときに 「くんち開幕」のことを知り
 時間帯、演舞の行われる場所、プログラムの詳細を調べておきました。

 船が予定通りに入港出来たら 「奉納踊」に 間に合いそうなので
 「公会堂前広場」を起点に 市内を歩くミッションをたてます。
d0174983_15311619.jpg

 ① 公会堂前広場 
 諏訪神社を出発した庭先廻りが 次々に入場し 奉納踊りを披露します。
 残念ながら この会場は 有料招待席なので 中に入ることができません。

d0174983_15322108.jpg

 「今どき 限られた人にしか見せない祭り、、というのは どうかなあ?」と思いますが
 翌日の長崎新聞には たくさんの写真がアップされていました。
d0174983_15334536.jpg

 お天気も良く(良すぎて暑いくらい) 最高のお祭り日和。
 警備が厳しい中、会場の出入り口に陣取って カメラを構えます。

 お江戸に比べれば 見物人の数が少ないので これくらいは楽勝です。
d0174983_15355888.jpg

d0174983_15384079.jpg

d0174983_15382383.jpg
 この方も来られたようです。
d0174983_15392184.jpg

d0174983_17455404.gif

 以前に読んだ「ふぁん・しーほるとの娘」の本 のイメージを辿ろうと思います。

 ②眼鏡橋
 1634年に架けられた日本最古のアーチ型石橋。
 橋のたもとには 「シーボルトの桜」があります。
d0174983_17514038.jpg

 ③長崎一の繁華街 「浜市アーケード」
 今は立派な商店街ですが、坂本竜馬やシーボルトが歩いたときには
 「花街」へ続く賑やかな道だったのでは、、、。
d0174983_17593413.jpg

 ④思案橋
 昼間に通っても意味がない 夜の繁華街ですが ここを抜けると 花街です。
d0174983_18495990.jpg

 ⑤丸山
 坂本竜馬も通ったという料亭「花月」を始め 
 シーボルトが滞在した時代の建物がたくさん残っている かつての「花街」です。

 驚くことに 左の古い建物は 現在も交番として使われています。
d0174983_18532253.jpg

 シーボルトの日本妻「おたきさん」の仕事場だった「長崎検番」も残っています。
d0174983_18561739.jpg

 ⑥中華街
 江戸時代 長崎は中国と貿易を独占的におこなっていたので、
 中国人がたくさん住んでいた、その名残です。
d0174983_18583754.jpg

 十数年前、長崎に住んでいる友人から教えてもらった「会楽園」を もう一度訪れてみます。
 外観は 変わったように思いますが、中は昔のままでした。
d0174983_19010440.jpg

   左:特製ちゃんぽん 1200円   右:特製皿うどん 1200円

 鳥ガラと豚骨のバランスが絶妙で おいしい!!
 長崎には 専門店が多くありますが、地元の人には この店が一番愛されているそうです。
d0174983_19011314.jpg

 ⑦オランダ橋
 この橋を渡ると そこは「出島」。
 鎖国を行っていた日本では 遊女以外この橋を渡ることはできなかったそうです。
d0174983_19050856.jpg
  出島和蘭商館跡
 歴史的な資料に基づき忠実に復元された建物は シンプルですが、重厚な作りです。
d0174983_19135109.jpg

 ⑧長崎中央郵便局
 シーボルトにちなんで マンホールの柄にアジサイがあり
d0174983_19162874.jpg

 風景印には オランダ船と出島が描かれています。
d0174983_19161804.jpg

 「くんち」の衣装を着けた人達が ご祝儀を戴いたところへお礼参りをしており
 街のあちこちで 祭りが 1日中続いています。
d0174983_19203434.jpg

d0174983_17455404.gif

 4:30 出港
d0174983_19355949.jpg

 17:00 ラインダンス教室
 すでに2万歩近く歩いたので足が痛くてたまらないのですが 
 ラインダンスが 好きなので 参加してしまいます。

 18:30 大浴場

 19:00 夕食は「海寿司」で
d0174983_19374934.jpg

 今日は二人とも 海鮮丼セットに
d0174983_19381941.jpg

 ここで止めればよいのに 寝る前にホライズンコートでケーキを、、、、
d0174983_19385178.jpg

 意志の弱い我が夫婦には 魔性のクルーズです。

by saint-arrow-mam | 2016-10-08 00:00 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(6)

クルーズ3日目 (釜山)


 台風の影響でやや波がありましたが、
 釜山を目指して急いでいる船は 揺れても関係なく 非常に早い速度で進んでいます。

 15:00 大浴場「泉の湯」
 浴場には 水着着用で入ることができるジャグジーもあります。
 屋外ですが 気温が高いと入る気になります。
               ↓ HPより
d0174983_23074957.jpg

 
 すごーーーい 16:30に 釜山国際ターミナルへちゃんと入港しました。
d0174983_22041502.jpg
d0174983_22032112.jpg
 ところが 問題は ここからです。

 1. 予定では 半数以上の乗客が 観光バスで出かける予定だったものが
   ツアーが中止になったので、乗るはずのバスがない。
  
 2. しかも 港から街中までは 車でも20分かかり、タクシーはいない。
 
 3. 唯一の交通手段は 船会社が用意したシャトルバスだけ。

 さて、3,000人近い乗客を 運ぼうとすると のべ何台のバスが必要か?

 今までの経験から、数台のバスが ピストンで往復していることはわかるのですが
 なにせ 往復40分もかかるのですから、、、
 結局 下船するまで 約1時間半も 並んで待ちました。
d0174983_22272606.gif

 やっとこさ シャトルバスに乗って 市内中心部へ。
d0174983_22131132.jpg

 時間がないので 街を離れて、チャガルチ市場へ行って見ます。
d0174983_22144366.jpg
 
 「魚市場」なのですが、気温24.5℃にもかかわらず、「氷」もない状態で 魚が並んでいます。
d0174983_22171381.jpg

d0174983_22170485.jpg

 入国審査まで行ったにも拘らず 釜山の観光は これでお終い。 076.gif
 帰りのシャトルバスの混雑を考えて 早めに帰らなければ、、、。

 初めて釜山に来た人は 本当にお気の毒。
 何も見れなかっただろうなあ。
d0174983_22185326.jpg

d0174983_22205338.jpg

 つい、いつもの習慣の定点観測で、、、、
d0174983_22210652.jpg

d0174983_22272606.gif

 20:00 夕食は 「サバティーニ」で
d0174983_22452326.jpg

  左: ハーブを使ったフォカッチャ 
   中: グリッシーニ 
   右: プロシュート(生ハム)をのせたローズマリー風味のフラットブレッドとグリーン&ブラックオリーブ

d0174983_22453121.jpg

   左: トマトのカルパッチョ 手で形を整えたクリーミーな牛のチーズとバルサミコソースをのせて
   中: カラマリ(イカのフライ)コーンとレモンを入れたガーリックディップ
   右: 白豆とムール貝のスープ
d0174983_22453944.jpg

  左: 海老のマリネ、削ったウイキョウと白豆、白トリュフオイルのサラダ
  中: エビ、ホタテ、アサリ、ムール貝のチェリートマトソーススパゲティー
  右: リブの煮込みのペンネグラナ・パダーノチーズ添えて
d0174983_22455047.jpg

  左: 10オンス(300g)のショートトインステーキ ローズマリー、ガーリックと共に
  中: ロブスタープレート ロブスターテール、ロブスターのオルゾット。ビスクソースを絡めたロブスター
  右: ロブスターを食べやすくサービスしてくれます

d0174983_22460180.jpg

  左: アーモンドとアイスのミルフィーユ仕立て
  中: ショコラティラミス
  右: ワインは3杯飲みました。
d0174983_22460924.jpg

 前回のクルーズの時にも感動しましたが、このお店は さすがに美味しい!!
 規定のレストランとは大違いです。

 9:45 スポットライトショー
 スティーブン・ケーンのピアノの弾き語りは あまりに見事で 感動しました。
 ピアノだけでも 歌だけでもすごい!!
d0174983_22461717.jpg

by saint-arrow-mam | 2016-10-07 00:01 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(2)

クルーズ3日目 (釜山まで)


 朝、ジムに行こうとして最上階のデッキに出てびっくり

 「あ、、、陸が見える、、、なんで? 釜山の入港予定は午後2時のはずなのに」
 「むむむ、、、、、ここは釜山じゃない、、、長崎???」
d0174983_17453087.jpg

 「????? でも こんなに陸の近くを通ることはないはず ??????」
d0174983_17453704.jpg

 すると一隻のボートが近づき、なんとプリンセスがエンジンを停止しました。
 いったい何が起こっているのか? 異常事態であるはずなのに 放送がありません。
d0174983_17483583.jpg

 「あれぇ??? 船の向きを変えようと押している ????」
d0174983_17484162.jpg

 急いで部屋に戻りテレビをつけて 現在地を確認すると、、、
 「あれ???? 長崎に戻ってる ????」
d0174983_18010558.jpg
 
 「台風の影響で 釜山に入港できないのかな?」
 「釜山の抜港はあり得ないから 長崎に先に行くのかなあ?」 

 とにかく Shinpapaを起こして朝ごはんに行かなくちゃ。
d0174983_18162919.gif

 朝食を食べていると 船長から 英語でのアナウンス。
  「午前5時過ぎに 緊急を要する病人が出たので 日本の病院で治療を受けるために 
   長崎に戻り、海上保安庁の船で上陸することになった。
   これにより 釜山の入港時刻は 当初より2時間半遅れた4時半に変更する」

 これが 日本語のアナウンスでは
 船員が緊急を要する事態になった だの ヘリコプターで輸送するだのと言っています。
 どっちが 正しいんだろうねえ。
  (後日 配られた書類をみると 船長の言うことが正しかったようです。)

 その日のイベントなどの予定表が書かれた「プリンセス・パター」が毎日配られるのですが
 今日は 即座にその改訂版も 配られました。
d0174983_19401896.jpg

 大変だったのは 入港時間が遅れたために 釜山での観光ツアーがすべて中止になったことで
 ツアー会社任せにしていた人たちが 船内を右往左往しています。
d0174983_18162919.gif
 9:45 ゴルフホール・イン・ワンに挑戦!
 昨日のリベンジで参加し、Shinpapaが めでたくホールインワンを達成しました。
d0174983_20122028.jpg

 その後 部屋のテレビで 映画をみました。
 日本語吹き替えの比較的新しい作品が 40本くらいあるのですが
 とても全部 見ることはできないのが 残念。 033.gif

 11:30 「海寿司」で昼食
 店長さん も ナオコさんも とても いい人です!!
d0174983_20295925.jpg

 昼間から アルコールを注入した 私の昼食
d0174983_20311126.jpg

 日本食が大好きなShinpapaは 「カツ丼」と「うどん」の昼食
d0174983_20311950.jpg

 「海寿司」の 抹茶アイスは めちゃくちゃ美味しい!!
d0174983_20334683.jpg
 12:30 プールにチップショット
 プールに浮かべたフラフープの中に プラスチックのゴルフボールを入れます。
 船の上でなくても難しいのに 揺れるんだから、、、。
d0174983_20354642.jpg

 14:15 ラインダンス教室
 QM2で覚えたラインダンス、、、、
 様々なステップを瞬時に覚える必要があり、脳トレになります。
                          ↓ イメージ
d0174983_20500002.jpg

 15:00 アフタヌーンティー
 食後のコーヒー、ホライズンコート(ビュッフェ)のコーヒーは無料ですが、
 「エスプレッソ」「マキアート」「カプチーノ」「カフェラテ」「アイスコーヒー」は有料です。

 それで 美味しいコーヒーを飲むために お得な「コーヒーカード」を 購入しました。
d0174983_20595853.jpg

 「コーヒーカード」というのは 有料コーヒー15杯分のプリペイドカードですが、
 二人共通で使えるので 毎日「ロビーバー」で 本を読みながら コーヒーを飲みました。

 「ロビーバー」は レギュラーコーヒーも有料ですが、
 いつでも ドリップしたての美味しいコーヒーを飲むことができます。
 
d0174983_21024866.jpg

 暑い日は アイスで、涼しい日は ホットで、、、
d0174983_21033921.jpg

d0174983_18162919.gif

 
 4:30 釜山入港
 でも、、、、、、、      次のブログに続く。


by saint-arrow-mam | 2016-10-07 00:00 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(2)

クルーズ2日目 (Sea Day)

 6:00
 目覚まし時計を 7時より早い時間にセットすると怒られるので
 日の出の時間に 自然に目が覚めるかどうか 毎朝とても不安です。 039.gif

 横浜を出港して 台風に向かって進路をとっているにもかかわらず それほど揺れることもなく、
 大きな船は さすがに違いますね。
d0174983_21130678.jpg

 今日は 終日航海日。

 この船では のんびりするつもりで 本をたくさん持ってきたのですが、
 前回に比べると 参加型のイベントの数がかなり増えていたので
 なんだか朝から忙しくなりました。
d0174983_21131939.jpg

 8:00 朝食
 朝食は ホライゾン・コートのビュッフェで 軽く済ませます。

 9:00 ウクレレ教室
 前回も参加したのですが、ステージで演奏しているキモさんがウクレレを教えてくれます。
 ウクレレの数に限りがあるので先着順になり、日本人同士 醜い争奪戦をします。 042.gif
d0174983_21181538.jpg
 
 ウクレレ教室が終わり 部屋に戻ろうとしたら 人だかり発見。
 10:15 野菜と果物の彫刻デモンストレーション (フルーツカービング)
d0174983_21225884.jpg

 デモをしているのは 4人のフィリピン人コックさん。
 彼らの父親の職業は いずれも木彫り職人だとか、、、なるほど。
d0174983_21230560.jpg

 10:45 グロッケンシュピール(鉄琴)教室
 ミュージシャンの岩城さんが教えてくれますが こちらも楽器の数に限りがあります。

 伴奏コードを使い 右手左手で異なった演奏をするので 音楽経験者でなければ難しい内容になっています。
 その結果 当然のことながら 途中でギブアップする人が続出、、、
 これで いいのかなあ? 008.gif
d0174983_21231316.jpg

 12:00 昼食
 船内には 昼食を食べることができるレストランが 8か所あります。
  (夕食ができるレストランは 12か所)
 「海寿司」、「ステーキハウス」、「サバティーニ」だけが 有料のレストランで
 その価格は 標準の食事との差額(追加)というイメージです。

 カジノにいたShinpapaと待ち合わせて 「海寿司」へ。
d0174983_22113707.jpg

 海鮮丼セット(19$+15%サービス料)と 刺身セット(17$+15%サービス料)をチョイス。
d0174983_22114409.jpg

 隣のテーブルに座った お寿司が大好きというカナダ人ご夫妻と会話をしながら
 楽しく昼食を食べました。

 13:30 ゴルフパッティングに挑戦
 前回は 打ちっぱなしだった最上階に 新しくゴルフリンクスが できていました。
 
 風が強く、船が揺れ 狙ったところにボールが行かず  まるで運試しのような感じ。
 しかも 途中から大雨になり イベントが中止に。
d0174983_22115214.jpg

 << バーゲン >>
 航海中は 常にどこかでバーゲンが開かれています。
 なかには 隣国の人に負けないくらいお土産を「爆買い」している人たちがいます。

 代金は その場で支払わず、クルーズカード(部屋の鍵も兼ねています)で 
 下船時にまとめて支払います。

 残念ながら 興味がないので、、、、パス。
d0174983_22593609.jpg

 15:00 大浴場「泉の湯」
 明るいうちに 海を見ながら入浴をしてみようということに。
 外から見られる心配はない、、、かな? 012.gif        ↓ HPより
d0174983_22573622.jpg

 16:00 船長主催のパーティー
 乗船するとすぐに 船長から招待状が届きました。
 リピーターだけに配られる招待状で、どの船でも必ずあります。

 今回は 特別に企画されたショーを見た後で フリードリンクチケットをいただきました。
d0174983_23011271.jpg

 17:30 夕食
 昨日と同じダイニングで 同じメンバーで食事をします。

 今日のドレスコードは 「フォーマル」です。
 日本人女性の ドレス着用率が高くなっていたのでビックリ。
 でも 男性のタキシード着用率は まだまだです。
 
d0174983_23052113.jpg

 ビールは 前回 この船で出会った メキシコのビール「ドスエキス」に。
d0174983_23052773.jpg

   左: アップルウッドでスモークした鴨の胸肉   中:グリーンサラダ   右:若鶏のロースト
d0174983_23053766.jpg

   左: シュリンプ「ダニエル」  中:ショコラバー  右:チョコレートケーキ
d0174983_23054477.jpg

 フォーマルの日は ご馳走が出るはずなのに そうでもなくてガッカリ。
 デザート以外、どうも口に合いません。 

 明日からの夕食は 有料レストランで食べることにします。

20:00 プロダクションショー
ダイナモンドプリンセスのシンガーズ、ダンサーズによる 見ごたえのあるショー。
これだけは 日本船には真似ができない!!
d0174983_23154142.jpg

 20:45 プリンセス 落語会
 バイリンガルのアメリカ人女性が 流暢な日本語で落語を語り、同時に英語でも。
 乗客は日本人ばかりではないので 1人で両方の言語を話せないと 
 この船で イベントはできません。

 キャプテンからいただいたチケットで カクテルをいただきました。
d0174983_23154907.jpg

 ちなみに 船会社の発表によると 今回のクルーズの乗客の国籍は 

 日本       1977名  70.1%
 アメリカ      191名
 イギリス      157名
 オーストラリア   149名
 フィリピン     100名
 カナダ       44名
 ロシア       42名
 香港        19名
 台湾        16名
 その他      123名

 また、私が参加したイベントは ほんの一部で、そのほかに
 「操舵室の見学」「クイズ大会」「宝石イベント」「シャッフルボート」
 「絵画収集セミナー」「クラフト教室」「輪投げ」「鍼治療セミナー」「腕時計イベント」
 「ビンゴ大会」「風呂敷ラッピング」「クラシックコンサート」「ピアノコンサート」
 「オークション」「社交ダンス」「ダンス」「カラオケ」などなど
 常時6個程度のイベントが 船内のあちこちで 一日中同時開催されています。

by saint-arrow-mam | 2016-10-06 00:00 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(4)

クルーズ1日目 (横浜出港)

d0174983_15273228.jpg

 我が家には 「タクシーに乗る」という選択肢はないので 
 中華街から ①山下公園北の通り へ歩きます。
d0174983_15284122.jpg

 今にも雨が降りそうなので湿度が異常に高く ムシムシして気持ち悪くなり
 エアコンの効いた ②ドトール で ひと休み(ひと涼み)。
d0174983_15284830.jpg

 陸橋をてこてこ歩くと ③ダイアモンド・プリンセス が見えてきました。
 なんだか 後ろ姿が カッコ悪い船ですねえ。
d0174983_15305049.jpg

 コロコロバッグを引きながら ④大桟橋の長いスロープ を上がります。
d0174983_15310041.jpg

 船が大きくて 全体像が写せないので ⑤大桟橋のライブカメラを利用して、、、。
d0174983_15351961.jpg

d0174983_15363676.gif

 乗船手続きは 驚くほど すんなりと行われ、
 部屋が ”バハ 342(11階)”であることを教えてもらいました。
  (実は この時まで部屋番号は知らされず トランクの宅配にはGTYと記入しました)
d0174983_16355622.jpg

 8月の「日本丸」では海側の窓付き、9月の「飛鳥」では海側バルコニー付き、と
 眺めの良いお部屋だったのですが 今回は 倹約して窓のない内側の部屋にしました。
d0174983_16411404.jpg

 でも リピーターだったお陰か 
 船会社の配慮で 内側でもアッパーランクの広いお部屋にしていただいたようです。
d0174983_16435978.jpg

 水回りは コンパクトですが、
 毎日「大浴場(1回15$)」を利用したので 部屋のシャワーは一度も使いませんでした。
d0174983_16440963.jpg

d0174983_20375531.jpg

 いつものように 10分で荷解きを終え、
 お決まりのエマージェンシードリルを済ませると いよいよ出港です。
d0174983_16470665.jpg

 午後5時 小雨が降る中、 ⑥氷川丸とマリンタワー に しばしのお別れを。
 台風はどうなんだ?  船は揺れるのか?
d0174983_16522398.jpg

 偶然隣り合わせたアメリカ人のご夫妻と 横浜やパサデナの話を、、、、。
 そういえば ダイアモンド・プリンセスは 外国船でしたネ。 006.gif 
d0174983_16551581.jpg

 船が大きいので ⑦横浜ベイブリッジ をくぐると ぶつかりそうで緊張感があります。
d0174983_16552939.jpg

 ふりかえると きれいな夕陽が、、、
d0174983_17022832.jpg

 そして 富士山のシルエットに うっとりと、、、、 
d0174983_17150431.jpg

 、、、、、する暇もなく 
 「夕食」だ、、「夕食」だ、、急いで「夕食」に行かなくちゃ。

 アーリーシティング(1回目)なので 夕食が5時半からスタートするのです。
 指定されたレストランは「サンタフェ ・ダイニング」、 座る席も指定されます。
d0174983_17370861.jpg

 飲み物は 迷わず「グロールシュ」を注文。
 大好きなオランダのビールなのですが なぜかこの船にはあるので うれしい!!
d0174983_17372307.jpg

 テーブル担当者が日本語勉強中のフィリピン人男性。
 英語でのやり取りを必要とします。

 日本船が続き ご馳走を食べてきたせいでしょうか、
 料理が口に合わなくて ほとんど残してしまいました。

   左:手巻き野菜春巻き   中:スパゲティ ポモドーロ   右:ポルチーニ茸のクリームスープ
d0174983_17373081.jpg


  左:プライムリブ ローズマリー風味のソースと西洋わさびクリーム  中:アイスクリーム  右:チーズケーキ
d0174983_17373857.jpg

 テーブルは8人掛けで 同じような年代の4組の夫婦が座りましたが
 とても良い方達でしたので 食事以外の時に船内で出会っても 話ができ楽しかったです。
d0174983_15363676.gif

 外国船の良いところは 昼間のイベントや夜のショーが非常に充実していることです。
 この夜は Alex & Magdaのダンスショーでした。

 台風の影響で揺れ始めた船上で バランスよく踊るのは 大変だろうなと思いました。 
d0174983_17374429.jpg

d0174983_15363676.gif

 入浴時間の予約をするのは面倒ですが、
 ゆらゆらと揺れながら夜空を眺めながら お風呂に入ると し・あ・わ・せ、、、。
d0174983_19561000.jpg



by saint-arrow-mam | 2016-10-05 00:01 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(8)

3カ月連続クルーズ


 8月の「日本丸クルーズ」  9月の「飛鳥クルーズ」 に続く 第3弾。

 本年のクルーズ最終章は 「プリンセスクルーズ」です。
d0174983_10482456.jpg

 とある日、Shinpapaが パンフレットを見て 
 このクルーズが 非常に値下がりしていることを発見しました。

 クルーズの価格は、、、 
 1. 早期(1年くらい前まで)に申し込むと 安くなる。
 2. メンバーや株主になると送られてくる割引券を使うと 安くなる
 3. 船内で次のクルーズを予約すると 安くなる。
 4. 一定の期間を過ぎても予定した人数が集まらないと 安くなる。


という設定が どの船会社にもあります。
 1.と2.は 一般的な旅行にも 存在しているサービスだと思いますが、
 3.と4.は クルーズならではの価格システムではないかと思います。
d0174983_16244528.jpg

 ということで 今回は 「4.」の理由だと思われますが 
 寄港地が「長崎」と「釜山」だけという 2013年に母と一緒に行ったコースの短縮版のような 
 ショートクルーズなので 人気がなかったのでしょうね。

 また 外国船はクルーズ中に一度は国外へ寄港しなければならない という規定があるそうで
 日本周回をする外国船は 日本に近い韓国、ロシア、台湾などに 必ず寄港します。
 今回のようにプリンセスラインの船が南下する場合、その寄港地が たいてい「釜山港」なので
 リピーターを 呼び辛くなっているのだと思います。
     (私も 釜山港は3度目になってしまいました)
 
 とにもかくにも
 国内旅行よりはるかに安い その価格に魅かれたのは 私たちだけではなかったようで
 結果として クルーズ会社が 他にも安くする企画を打ち出したために
 この船は めでたく満室の運びとなったようですが、、、

 乗船される方には 全く申し訳ない事に 
 私が雨女ゆえ進路にまたも台風が待ち受けています。
 025.gif あぁ~~ 
 海が荒れ 船が揺れることに Shinpapaが どこまで耐えられるか、、、不安な旅立ちです。

           一番信頼できると言われている 米軍の台風進路予想より ↓
d0174983_16401171.jpg


by saint-arrow-mam | 2016-10-04 06:00 |   日韓クルーズ南廻り | Trackback | Comments(4)