<   2011年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

TOILET PAPER ORIGAMI

 1枚の紙から、いろんな形が作れる面白さにワクワクするので、
 「折り紙」がとても好きです。

 時々、季節の小物を折って楽しんでいるのですが、
 かわいいお菓子の包み紙なども、捨てずに持っていると役に立つことがあります。

 今回は、正方形の色紙ではなく、トイレットペーパーを使っての折り紙です。

 トイレの中で、これを折るということは、ちょっと考えにくいですが、
 お客様が来られるときに、ちょっと話題を提供できるかもしれません。

 少し硬めのトイレットペーパーの方が折りやすいと思いますが、
 我が家のウォシュレット用のペーパーでも折ることが出来ました。
 
 You Tube に、映像があります。




 折り方が詳しく描かれていたので、ここに記録として残しておこうと思います。
d0174983_1812274.jpg


d0174983_1915026.jpg


 これ以外にも、トイレットペーパーを使った折り紙はたくさんあります。
       http://toiletorigami.com/work
  
by saint-arrow-mam | 2011-02-28 09:12 |   川柳・折り紙 | Trackback | Comments(12)

マリンバ コンサート

 知人のお嬢様は姉妹で「広島ジュニア マリンバ アンサンブル」に
 5歳の時から所属されていて、
 カーネギーホールを初め、香港やフランスでも演奏された経験がおありです。

 小さい時に、飛び上がるようにして、マリンバを演奏されていたお二人でしたが、
 大学卒業後、プロになって活躍され、
 今は、年に一度マリンバデュオのコンサートを開いていらっしゃいます。

d0174983_16285846.jpg


 所属する音楽事務所などの関係から、撮影も録音も禁止されているので、
 パンフレットの写真と、演奏前のステージの写真だけ。

d0174983_16312591.jpg


 d0174983_16443882.gif

 映画音楽や、ディズニーのメドレーなど、ポピュラーな曲ばかりでしたが
 お昼ご飯のすぐ後だったので、主人はグッスリよく寝ていました。



 コンサート会場まで、歩いて15分、行き帰りに平和公園を通りぬけます。
 
 暖かくなったので、カメラを持った人の数も増えてきました。
 (私も その中の一人でした、、ホ、ホ、ホ)

d0174983_16543078.jpg


 木に「ツバキ」という札が下がっていましたが、
 ハラハラと花弁が落ちていましたので、赤い花は「カンツバキ」でしょう。
 
 
by saint-arrow-mam | 2011-02-27 17:15 |   コンサート | Trackback | Comments(4)

花の祭典

 駅前のデパートで第57回「花の祭典」が開かれています。
 
 各流派による生け花や、フラワーアレンジメントの展示もありますが
 新しい品種の花を見ることが出来るので、いつも楽しみにしています。

d0174983_20427.jpg


 年々増える「青い花」。
 バラの花のイメージも変わりました。
d0174983_207268.jpg

d0174983_208596.jpg

d0174983_20822100.jpg


 でも、私には造花のように見えて、
 どうも 部屋に飾るというイメージにつながりません。
 
 新しい品種の中で、最も有名な blue rose は、
 サントリーが生み出した「アプローズ」という大輪のバラです。
d0174983_2011399.jpg


 会場に、春を告げる樹木が「木」のまま運ばれていて、迫力はあるのですが、
 カメラを通してその花をみると、青空の下で見る花のような輝きがありません。
 
 わたしにとって、これは不思議な発見でした。
 
 < サクラ >
d0174983_2017338.jpg


 < ボケ >
d0174983_2018046.jpg


 < モモ >
d0174983_20182429.jpg


 今日はお天気も良く、花粉が飛び回り、街を歩くとくしゃみが止まりませんでした。
 春の訪れは、私にとっては「恐怖の到来」でもあります。

d0174983_2050549.jpg

 
by saint-arrow-mam | 2011-02-26 20:56 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(6)

カンツバキ?ハルサザンカ?

 皇居東御苑で出会ったこの花の名前は ハルサザンカ です。
 宮内庁が名札をつけていたので、間違いないと思います。
d0174983_19322991.jpg

 
 そこで私の悩みが増えたのです。
 
 サザンカ と ツバキ の違いは、花の散り方です。
 花弁がハラハラと散るのが サザンカ で、
 ぽとっと花首から落ちるのが ツバキ です。
   (知っていたのは、ここまで)

 では ツバキ と カンツバキ の違いといえば、
 カンツバキ は サザンカ と ツバキ の交配種で、
 サザンカの仲間になるので、花弁がハラハラと散るそうです。

 そこで出会った ハルサザンカ なる花。
 この花も、サザンカ と ツバキ の交配種で
 花弁がハラハラと散るので、やはり サザンカ の仲間のようです。

 では カンツバキ と ハルサザンカ の違いはどこで見分けるのでしょう。
d0174983_20142674.gif

 
 悩む私を無視して、毎日お参りをしている神社に咲いてしまいました。
 これは カンツバキ なのか ハルサザンカ なのか。
d0174983_2094532.jpg


 花のアップ
d0174983_2010727.jpg


 葉のアップ
d0174983_20103137.jpg

 
 葉にギザギザがあり、ツバキ ではない、
 咲く時期が遅いので サザンカ でもない。
 
 調べて見ると、
   http://chiba-hanabi.at.webry.info/200812/article_24.html
 カンツバキ のような気がします、
 
 でも、時期的には ハルサザンカ ?
 
 どちらでもいいのですが、
 毎日、お参りするたびに 気になるなあ。
d0174983_2046514.gif
      
by saint-arrow-mam | 2011-02-25 08:29 |   植物 | Trackback | Comments(8)

和菓子&洋菓子の部

d0174983_1538360.jpg
 
 おすすめするのが、
 いつもお菓子で申し訳ありません。
 
 今回は運よく
 買い求めることができましたが、
 残念なことに
 広島では、他県の人にいただかないと
 食べることが叶わない、
 和菓子のご紹介です。




 My Recommend 和菓子&洋菓子の部 エントリーNo.5

 「どらやき
     by うさぎや  東京都台東区上野1丁目10番10号
            03-3831-6195  定休日 水曜日
            午前9:00~午後6:00
            (どら焼きは4時以降は予約が必要です)

d0174983_15305623.jpg


 このたび、東京へ行き、「湯島」「無縁坂」と上野界隈を歩きましたので
 寄らねばならぬと「うさぎや」さんまで足を延ばしました。

 お願してから、甘みを抑えた 餡(あん)を皮に挟んでくれます。
  
 ただ、日持ちがしないので、
 当日、お渡しできる人へ、限定のお土産です。

 それだけに、東京の方から いただいたときには
 うさぎに負けないくらい、飛び上がって喜びます。
d0174983_2305088.gif

d0174983_15364823.jpg



 My Recommend 和菓子&洋菓子の部 エントリーNo.6
 
 「きんつば
       by 本高砂屋
      (店舗によって異なります)

d0174983_1601641.jpg
 

 本高砂屋は、日本中に店舗があるので、
 「きんつば」を買うことは容易にできます。

 でも、私がお勧めするのは、実演販売で作った 
 出来たての美味しい「きんつば」なのです。

 実演販売をしているのは、下記の店舗のみ。
d0174983_1555896.jpg


 デパートで「全国の美味しいお菓子」のイベントがあり、
 なんと この「きんつば」の実演販売をしていました。

d0174983_16194492.gif
 
 広島で買うことが出来るなんて、夢にも思わず
 にんまりと 至福の時を過ごしました。
  
d0174983_16174034.jpg

by saint-arrow-mam | 2011-02-24 08:30 |   和菓子・洋菓子 | Trackback | Comments(6)

旅行の計画

 エジプト・トルコへの旅行が政情不安でキャンセルになり、
 今日は今日で、ニュージーランドで地震があり、
 海外旅行の計画は、いくつかのプランを並行して考えておいたほうが
 万が一の場合に 対応しやすいのでしょうか。
d0174983_19174776.jpg 
 




 一度利用したツアー会社から、毎日のようにパンフレットが届き、
 見るだけでも大変な労力を必要とします。
d0174983_10519100.jpg


 でも、そろそろ予定をたてて、申し込みをしなければ
 旅行に最適のシーズンが終わってしまいます。  

d0174983_19415718.gif

 << リクエスト その1 >>
  東京へ行ったついでに、成田、あるいは羽田から行ける海外旅行
   国内旅行でも結構、費用がかかるので、
   東京発の海外旅行の安いパックを利用すれば 、、。
   
  ポイント 
   添乗員は不要で、価格が安く、国内旅行に比べてお得感があること。    
   食事は朝食以外フリーで、自分たちだけで行動できること。    

 << リクエスト その2 >>
  母と一緒に行ける海外旅行
   寒さで歩くことをせず、目立って足腰が弱ってきている母なので、
   旅行をするという目的が出来れば、運動もするだろうと、、、。

  ポイント    
   ショッピングする時間やホテルでゆっくり過ごせる時間があること。
   関空、成田空港出発ではなく、広島空港から直行で行ければ ベスト。

 << リクエスト その3 >>
  片道の飛行時間が10時間以上かかる 海外旅行
   元気に無理ができるうちに遠くへ行き、
   先では近場を中心に、体に負担がかからない旅行を、、、。

  ポイント      
   後悔しないように、いろんなツアーを比較して決める。  
   自由時間が多く、ゆったりと過ごす時間があること。    
   

     
 これら3つのリクエストに対し、
 添乗員shinmamaは、膨大なパンフレットの中から、
 いくつかの候補を見つけて「家族会議」を招集します。

 限られた収益の中で、
  我が家の旅行が決定するのが早いか、
 それとも  
  国の来年度予算が決定するのが早いか、

 勝負です。
d0174983_19221649.gif

by saint-arrow-mam | 2011-02-23 08:30 |   日々是好日 | Trackback | Comments(6)

本日のガイド shinmamaです。

d0174983_11324678.gif 
 それでは
 皇居東御苑の大手門からお出になりましたら、
 そのまま右手にお進みください。
 皇居内苑へ移動いたします。
d0174983_9105888.jpg

d0174983_11324678.gif
 こちらが皇居正門です。 
 身動き一つしない警護の方が2名、たぶん人形ではございません。
 正面からですと、灯篭に隠れて見えない仕掛けになっております。
d0174983_9121648.jpg

d0174983_11324678.gif 
 横からご覧ください。
 橋のアーチが水に映るその様子から「めがね橋」と呼ばれています。
 これを二重橋だと言って写真を撮っている、そこのあなた、
 違いますよ、これは「めがね橋」です。

d0174983_915129.jpg

d0174983_11324678.gif 
 正門向かって右手奥に正門鉄橋、通称「二重橋」をご覧いただけます。 
 かつてこの橋が木造だったとき
 橋が二重であったことからこの名が付いております。
 国賓専用の橋ですので、皆様がお渡りになることはできません。
d0174983_9223173.jpg

 さて、皇居を背にしまして国道1号線に向かいます。
d0174983_9245214.jpg

d0174983_11324678.gif
 右手奥に見えておりますのが、国会議事堂です。
 一般の方は、予約をしないとご入場いただけません。
 
 一億人も国民がいて、代表があの方たちなのだと思うと 
 とても やり切れない気がいたします。

d0174983_927397.jpg

d0174983_11324678.gif
 正面の建物は、ドラマにしばしば登場する「警視庁」でございます。
 
 薄暗い雲の隙間から かすかに日差しが見えておりますが、
 建物は暗く陰気なイメージ、
 「ここにおいで」と呼ばれたらおしまいでございます。
d0174983_9335914.jpg

d0174983_11324678.gif
 皇居の周りには、新しいホテルやビルがいくつも建築中で
 大きなクレーンが動いており とてもにぎやかです。

 戦前なら皇居を見下ろすなど、非国民、即刻逮捕されてしまいます。
d0174983_11343920.jpg

d0174983_11324678.gif 
 スカイツリーも高くなりましたので、
 さまざまな場所からはっきり見えるようになりました。
 
 「セカイ(世界)ツリー」ではございません、お間違いなく。
d0174983_9362956.jpg



d0174983_11492126.jpg

 今回、東京で集めた風景印は3つ。
 一つは湯島二局と、八重洲地下街、
 そして、昨年8月2日
 郵便発祥の地、日本橋にオープンしたばかりの「日本橋南郵便局」です。
d0174983_20194273.jpg

 この郵便局の開局により
 「日本橋プラザ内郵便局」「日本橋二郵便局」「日本橋通郵便局」が
 閉鎖されました。

 「宮内庁内郵便局」にも風景印がありますが、
 この郵便局は、訪問することを拒絶されています。

 どこかの郵便局が必ず 
 「スカイツリー」をデザインした風景印をつくるでしょうから
 それをいただく日を楽しみに。
 
d0174983_11515991.gif
 

     お江戸 MISSION   完 
by saint-arrow-mam | 2011-02-21 20:21 |   関東地方 | Trackback | Comments(6)

お江戸MISSION   春よ来いの巻

 お江戸2日目は、ひたすら歩く覚悟でスタートしました。
d0174983_20491153.jpg

 「皇居東御苑」が、一般に公開されていると今まで知らず、
 一足早い春に会えるかもしれないと出かけました。




d0174983_19511252.jpg
   MISSION  no.4  
   <<  一足早い春を見つける  >>
 

 スタートは、東京駅。
 皇居東御苑には「大手門」から入りました。
 
 その時、どの場所に どんな花が咲いているかを
 こまめに宮内庁が H.Pで更新しています。
    http://www.kunaicho.go.jp/event/hanadayori/hanadayori-map.html
 
 敷地があまりにも広いので、この情報を持っていかないと
 MISSION は成功しなかったと思います。

 当日いただいた地図。この敷地内に、私は2時間半もいました。
d0174983_20234773.jpg


 「ハルサザンカ」「ユキツバキ」などの赤い花、
 「ダイダイ」「タチバナ」の柑橘系の実など 
 多くの木々が 春の訪れを教えてくれていました。


 その中でも特に私がセレクトした「春の使者」は、、、
 「シナマンサク」 
d0174983_20283387.jpg


 「福寿草」
d0174983_20263024.jpg


 「ふきのとう」
d0174983_2029573.jpg


 「カワズザクラ」
d0174983_20294550.jpg


 「白梅」
d0174983_20302488.jpg


 さすがに手入れが行き届いている 見事な枝振りの梅です。
d0174983_20311524.jpg


 江戸城跡の石垣に、ゆったりと植えられた紅白の梅が映えます。
d0174983_2032362.jpg



 江戸時代の番所跡などが残っている中、
 「桃華楽堂」は、皇室の方々が雅楽を楽しまれる場所として
 今でも使われています。
d0174983_20434757.jpg


 都会のど真ん中にありながら、
 野鳥たちのビオトープとなっている「二の丸庭園」
d0174983_2045218.jpg


 そして、私のカメラに収まってくれた
 メジロをはじめとする鳥たちです。
d0174983_2046057.jpg

 
 これで準備して行った MISSION  は 完遂したのですが、
 いかにも「おのぼりさん」らしい写真は、明日に。 
 
by saint-arrow-mam | 2011-02-20 00:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(6)

皇居東御苑

d0174983_1232377.jpg

春をいっぱい写しました。
コンデジでの作品ですが、被写体が立派でしたので
帰広してからの写真整理が楽しみです。
by saint-arrow-mam | 2011-02-19 12:32 |   関東地方 | Comments(7)

お江戸MISSION   湯島の巻

 お江戸初日の MISSION は3つ。
 今回は短時間の自由行動となるので、シッカリ下調べをして臨みました。

d0174983_10205670.jpg
 MISSION    no.1 
 << 泉 鏡花の「婦系図」の舞台を訪ねる >>
 

 「婦系図」は尾崎紅葉の「金色夜叉」、徳富蘆花の「不如帰」とならぶ
 国民的な長編小説で母は「湯島の白梅」というとすぐに歌いだします。
 
 「お蔦(つた)」「主税(ちから)」の悲恋は
 この湯島の天神さんが舞台になっています。

 「白梅」が多い中、「しだれ梅」も見事でした。
d0174983_10343897.jpg


 
 早瀬(ちから) 
         月は晴れても心は暗闇だ。   

 お蔦      
         切れるの別れるのって、
         そんなことは芸者の時に云うものよ。
         ……私にゃ死ねと云って下さい
d0174983_11191855.jpg







d0174983_10205670.jpg
 MISSION    no.2 
 <<  森 鴎外の「雁」 の舞台を訪ねる >> 
 


 不忍の池の水面に浮かぶ雁を石を投げて殺したことが、
 この本のタイトルになっています。

 帝大生「岡田」と元士族の娘「お玉」の悲恋は、
 旧岩崎邸の石垣が続く「無縁坂」が舞台になっています。

 不忍の池には「雁」ではなく「カモ」がたくさんいました。
d0174983_11292275.jpg

 岡田の日々(にちにち)の散歩は大抵道筋が極まっていた。
 寂しい無縁坂を降りて、藍染川(あいそめがわ)の
 お歯黒のような水の流れ込む不忍(しのばず)の池の
 北側を廻って、、、、、。
      (森鴎外 「雁」抜粋)
d0174983_11325315.jpg







d0174983_10205670.jpg
 MISSION    no.3
 <<  梅をデザインした 風景印 をいただく  >>

 東京には想像を超える数の郵便局があり、
 風景印もたくさんあります。

 事前に調べたところ「湯島四局」に、
 梅のデザインの風景印がありましたので、探すことにしました。

 大きなビルの1階の片隅にある郵便局で
 とてもわかり辛く、多くの通行人にお聞きしました。
d0174983_1142583.jpg


 デザインされている「湯島天神」「鳥居」「絵馬」を実写で。
d0174983_11432635.jpg


 強風が吹くあいにくの天気でしたが、
 馥郁とした梅の香りを楽しみ、小説を思い浮かべながら、
 自分で自分に課した 3つのMISSION を完遂しました。

 明日は、春を写すことが MISSION です。
d0174983_11535525.jpg

by saint-arrow-mam | 2011-02-19 00:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(4)