<   2011年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

紅葉饗宴の旅

d0174983_21444291.gif

本日から2泊、「宿坊」というものに泊り、精進料理をいただき、「大山」に登ってみようと思います。

初冠雪の知らせが届き、紅葉が終わってしまうのではないかと ハラハラしましたが、

現在の情報はいかに?

d0174983_852358.jpg


何ごともなく、予定通り 帰ってくることができたら 満足です。(笑)

ブログには 11月3日に戻ってまいります。

d0174983_8585538.jpg

by saint-arrow-mam | 2011-10-31 07:03 |   中国・四国地方 | Trackback | Comments(14)

JAPANESE BEAUTY

 
 ひろしま美術館で「藤島武二・岡田三郎助 展  JAPANESE BEAUTY」が始まりました。

 明治・大正・昭和にわたって日本の美術界をリードした巨匠お二人の展覧会ということで、
 オープンには広島美術館の館長さんはもちろんのこと、広島市長さんも来られていました。

 「初期」「中期」「円熟期」に分けて およそ180点の作品が展示されていて、久々に見ごたえのある展示会でした。


岡田三郎助の「あやめの衣」 1927年
d0174983_15263584.jpg
 
 岡田三郎助の代表作で、切手の図案になっています。 (イメージに加工しました)
 
 近代を代表する油彩の美人画と言われ、モデルの顔を描くことなく、後ろ姿をとらえることによって、匂い立つような官能性を表現しているのだそうです。


繊細な色遣いによって 微妙な肌の凹凸が 透き通るように描かれていて、千葉のホキ美術館で見たときと同じ感動がありました。
d0174983_1541375.gif

2011.10.30 中国新聞 朝刊より

d0174983_725035.jpg

by saint-arrow-mam | 2011-10-30 06:50 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(4)

三都物語 東京の巻

 大阪を離れ 東京へ移動します。  天気は下り坂で、富士山も墨絵のようです。

d0174983_1752224.jpg


 昨日 豪勢な思いをしたので、ちょっと物足りない感じですが、今宵のホテルも震災後の改装を終え きれいになっていました。
 そして、いつものお宿ですので 顔なじみのフロント係さんに会うと ホッとします。

d0174983_1937972.gif

 朝食は窓際の席で、お庭を眺めながら、、、、。

d0174983_1782969.jpg

 食後にお庭を散策すると、ススキが秋の風情を醸し出しています。 風も大阪より冷たい気がします。

d0174983_1793847.jpg

 もう 「十月桜」が咲く時期になっていました。 

d0174983_17103915.jpg


d0174983_1741177.gif

 今日のMissionは いささかハードで、「永田町」から「渋谷」まで歩きます。

 赤坂御所の前を通り、しばらく行くと 「高橋是清公園」があります。  私邸の跡地が公園になっています。
 
d0174983_1714277.jpg

 赤坂郵便局で風景印をいただきます。  デザインの赤坂迎賓館を ホテルのお部屋からの写真とコラボで。

d0174983_17164460.jpg

 神宮外苑のイチョウ並木。 この日発売された切手シートのFDCとコラボで。
 FDCのなかでも午前中にしか押さないスタンプがあって、鳩のマークがついていることを初めて知りました。

d0174983_17201455.jpg

 青山霊園を通り抜けます。 

d0174983_17225864.jpg

 根津美術館。 なかなか来れなかった美術館です。 この日発売された切手シートと コラボで。

d0174983_17244024.jpg

 岡本太郎記念館。 私邸を記念館として開放しています。 撮影可というのがうれしいです。

d0174983_17293754.jpg

 アトリエを動画で。
      
     

 所狭しと お庭にも作品が並んでいます。

d0174983_17291716.jpg

 青山大学の向かいの「こどもの家」にも岡本太郎の作品が見えます。 彼は地元に惜しみなく作品を提供しています。


 渋谷駅では ピカソのゲルニカを彷彿とさせるような岡本太郎の作品を見ることができます。  「明日の神話」と題された彼の大作を動画で。(駅なので 雑音がうるさいです)

     

 渋谷郵便局で、風景印をいただきます。 ファッションフェスティバルのために ピンクの服を着せられた 可哀そうなハチ公とコラボで。

d0174983_17362641.jpg

d0174983_1738336.jpg


 ここで この日発売された 「表参道界隈の切手シート」を購入し、FDCをいただきました。
 
 切手のデザインと、歩いた道が 偶然、同じだったところは、コラボさせてみました。
 
 お昼ご飯を渋谷で食べたときに、 歩数はすでに 16,000歩。  

 Missionクリアーです。 

 
 今回は いろいろ下調べをする時間がなかったので、足で稼ぎました。(笑)

 しかし、つれあいはまだ会議中。

 最終の新幹線まで、まだ歩きます。




d0174983_17564552.gif

 
 渋谷から地下鉄半蔵門線で 大手町へ移動。 
 入るのに許可証がいるという「大手町第1郵便局」で 風景印をいただきます。

 来年の大河ドラマに関連して 平将門の首塚がデザインされた風景印です。 実際の平将門首塚とコラボで。

d0174983_1845064.jpg



d0174983_18483562.jpg


 ずっと行きたいと思っていた「ていぱーく(逓信総合博物館)」に 3回目の訪問でやっと入場できました。

d0174983_1843139.jpg


近代文化の扉を開いたと言われる「前島 密」の特別展が開催されていました。
 
ビデオを見たり、資料を見て歩くうちに感動して すっかり時間を忘れてしまいました。

今まで名前しか知らなかったのですが、一度きちんと彼についての本を読もうと思っています。

彼が残した 素晴らしい功績がなければ日本の今は なかったのではないかと思います。

レトロなポストや電話など、通信に関する様々な資料展示がされていますし、世界中の切手が整理され、閲覧できるようになっています。

「郵子」としては、絶対に訪問すべきところであったと思います。







 三都物語は これにて完了いたしました。  次の国内逃亡は、31日からの「大山」です。



 
by saint-arrow-mam | 2011-10-21 00:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(8)

三都物語 大阪の巻

就職をして大阪にいる息子から、「ホテルは手配するから」と言われて、ホイホイ大阪に出かけました。

大阪と言えば、、、、「たこ焼き

 お店の方に焼いてもらった「たこ焼き」を食べることが多いのですが、自分で焼いて食べるたこ焼き屋さんを発見しました。
d0174983_21205268.jpg

d0174983_21211315.jpg

 なかなか上手に焼けませんが、時間つぶしになります。
d0174983_9425178.jpg


大阪と言えば、、、、「大阪城

 大阪城天守閣復興80周年のイベント中です。 
 天守閣の修復工事が終わり、 内外共に とてもきれいになっています。 
d0174983_21224944.jpg

 天守閣から下界を見下ろして MR.秀吉の気分です。
d0174983_21232376.jpg

d0174983_933566.gif


大阪と言えば、、、、「御堂筋

 イチョウの木が美しく、、といっても黄葉はまだですし、銀杏が落ちていてチョット臭いです。
d0174983_8595246.jpg

通りに北御堂(西本願寺別院)と南御堂(東本願寺別院)があるので、「御堂筋」という名前が着いたそうです。
d0174983_212715.jpg

d0174983_9334594.jpg


大阪と言えば、、、、「大阪駅

 関西にお住みの方からお聞きしていましたが、新しい大阪駅の斬新なデザインにビックリ。
 でも 田舎者には 表示がとてもわかりにくくて参りました。
  
 地下街のどこの出口が、どこにどのように通じているのかさっぱりわからず 迷路状態でした。

d0174983_2131248.jpg

d0174983_935964.gif


大阪と言えば、、、、「カラーマンホール

 インターネットで調べると、大阪は近年、マンホールに力を入れているようです。
 単色とカラーマンホールを揃えました。  カラーマンホールには区の名前が入っています。

d0174983_21354271.jpg

 アメリカ村で見つけた マンホールの蓋の日付を見ると 平成元年。
 若者の街で マンホールにカメラを向けて写真を写すことに、勇気が必要でした。(笑)  
d0174983_2135593.jpg

d0174983_21361538.jpg


大阪といえば、、、、「風景印

 「風景印 ありまっか?」「ありまっせ」と言うのかなあ、、、。

d0174983_21413100.jpg



d0174983_9362899.gif

息子が用意してくれたホテルは 大阪駅から地下道で直結しています。

d0174983_231551.jpg

チェックインは34階のクラブフロアーのラウンジで。 34階以上はエレベーターには鍵を差し込まないと行くことができません。

d0174983_2333635.jpg

軽食とお茶を飲み、大阪を眼下に楽しみながらチェックインします。

d0174983_2342234.jpg

お部屋までの廊下も お部屋のインテリアもアンティークな感じ。 オシャレなサイドテーブルもあります。

d0174983_2353718.jpg

水回りも、広くてきれい。 もったいないから お風呂に何回も入りたくなります。

d0174983_2363074.jpg

d0174983_23124488.jpg


お部屋に クッキーが置かれています。

それでなくても高いと評判のこのホテル。 

クラブフロアークラスだといくらなんだろう?

今まで、見たこともなければ 来たこともない世界です。

息子に払えるのだろうかと心配になり、そわそわします。






お部屋は35階。 生駒山が見えます。 これは時系列で写したくなります。

d0174983_2384585.jpg

ちょっと街歩きをして 風景印とマンホールの蓋を収集に。(笑) メインロビーも落ち着いたイメージでホテルの従業員さんのユニフォームも素敵です。

d0174983_2394763.jpg

34階のクラブフロアーラウンジで夕食後、メインロビーで息子と待ち合わせてバーへ。 

d0174983_23102168.jpg

「誕生日のプレゼント」としてホテルをとってくれたと聞かされてビックリ。
すでに支払いも済ましてくれていました。

何年分の誕生日のプレゼントなんだろう???



翌日の朝食も34階のクラブフロアーラウンジで。

d0174983_23115992.jpg


   軽食サービスは アルコールも無料です。
 朝食           午前 7:00 ~ 午前10:00
 リフレッシュメント    午前 11:00 ~ 午後 2:00
 アフタヌーンティー    午後 2:30 ~ 午後 4:30
 リフレッシュメント    午後 5:00 ~ 午後 7:30
 お休み前のお飲物     午後 8:00 ~ 午後10:00

d0174983_9282843.jpg


d0174983_9381252.gif
 
by saint-arrow-mam | 2011-10-20 00:00 |   関西地方 | Trackback | Comments(4)

携帯からパソコンへ

携帯で写した写真を、自分のパソコンのアドレスに送り それをホテルのパソコンで開き、アップしてみました。

なぜかプレビューで確認できませんが、アップはできるようです。

緊張に次ぐ緊張で、汗をかきました。
 
d0174983_750451.jpg

by saint-arrow-mam | 2011-10-19 07:55 |   パソコン・スマホ | Trackback | Comments(3)

三都物語 京都の巻

最近、時差ボケは 解消されたものの、夜中にウツラウツラしながら、「今どこにいるのか」を確認する習慣がつきました。

「船? ホテル?」 「日本? アメリカ?」 「大阪? 東京?」 、、、「そうだ、家に帰ったんだ」 と順番に思考回路をつなげていく感じで、 まるで天然ボケです。

ブログも同様に 「船? ホテル?」 「日本? アメリカ?」 「大阪? 東京?」 とアップすることにいたします。

d0174983_8383625.jpg
 



毎年、秋になると、京都の祖廟にお参りします。

今年は、私が海外逃亡をしていたので、母は先に妹の京都の家でスタンバイしていました。

京都タワーが美しくなっています。 お色直しされたのでしょうか?

d0174983_7543325.jpg


まずは「東大谷祖廟」さんへ。   
d0174983_7553461.jpg


次に「西本願寺」さんへ。
d0174983_756686.jpg


いつもでしたら、お昼達と食べるのですが、姪っこが大学受験、母も風邪気味なので、今回は中止、即、解散しました。

今年は、「親鸞聖人750回 御遠忌」にあたり、お西さん も お東さんも 大勢の人であふれています。
しかし、震災の影響で、全国の浄土真宗の関係者が 当初の見込みの半分くらいしか来ず、身動きできないほど賑わった700回忌の時に比べると寂しいものだそうです。

800回忌は この世にいないなあ、、、私。

西本願寺の正門に、親鸞聖人のイラストが、、、良く見るとペットボトルのキャップで書かれています。 門徒の子供さんたちの作品です。

d0174983_8105711.jpg


息子がいるときには季節ごとに訪れていた京都ですが、観光だけ。
風景印をもらったのは初めてです。 そして マンホール撮影も 初めて。

もしあの頃から 集めていたらなあ、、、とちょっと残念です。

d0174983_815107.jpg


早々に JRで 大阪へ移動し、明日は 息子と合流します。

d0174983_8441484.jpg

by saint-arrow-mam | 2011-10-19 00:00 |   関西地方 | Trackback | Comments(5)

三都物語

  

「北米クルージング 20日間の旅」の途中ですが、明日より しばし留守にいたします。

  18日 京都   19日 大阪  20、21日 東京 の三都へまいります。

  それぞれに目的と所用があるので、やむを得ずあちこちに行ってまいりますが、取材もちゃんとしてまいります。

  帰りまして、続きをアップしたく存じます。  では いってまいります。

  (今日はこれで 3つもアップしてしまいました。) 

  
d0174983_22131598.gif

 
by saint-arrow-mam | 2011-10-17 22:15 |   関西地方 | Trackback | Comments(3)

北米クルーズ 20日間の旅 番外編

おなじみの「マンホール」 と 「看板」は それぞれの場所にブログアップしたのですが、新たに収集してしまったものがあります。

これを 今後も集めるのか、と言われると ちょっと自信がありませんが、、、、。


  どうもコミカルに感じてしまう  << << 消火栓 >> >>
d0174983_12352833.jpg

d0174983_12354769.jpg

d0174983_123627.jpg



  自己主張するかのような  << << ナンバープレート >> >>
d0174983_12372395.jpg

d0174983_12374027.jpg

d0174983_12375341.jpg

d0174983_1238683.jpg



  なんともかわいい  << << リスたち >> >>


ニューヨークのセントラルパークで

d0174983_1239438.jpg

ボストン美術館で

d0174983_1240532.jpg

バーハーバーで

d0174983_1241837.jpg

ハリファックスで

d0174983_12412822.jpg

d0174983_124142100.jpg

d0174983_12415991.jpg


 
また 増えました  << << 山バッジ >> >>

d0174983_12504465.jpg



d0174983_13455368.png

 今春、 東欧の旅でお世話になりましたN様へ

 いつも、ご覧いただいていたなんて、感激です。

 また、神出鬼没で、ちょこちょこ動いております私のことを 「奥様は魔女」のサマンサを連想する、という言葉をいただき、ウホウホ と喜んでおります。

 お尋ねのshinmamaの意味は、息子の名前が「しんたろう」なので ご近所で「しんちゃんのmama」と呼ばれておりました。
 それで「shin mama」とつけております。
 おっしゃるように つれあいは「shinpapa」になりますので、今後 改名いたします。

 ニューヨーク、ボストンなど懐かしくご覧いただけたことも 何よりでした。

 たくさんに 送っていただいた 江差の資料をじっくり拝見させていただきました。 ブログで 特集を組もうかと考えています。
d0174983_14464132.jpg 本当に 温かいご配慮 ありがとうございました。
 そして、ご遠慮なく よろしければ コメントも 書き込んでくださいね。
d0174983_13472026.gif


 PS:
お手紙でお返事しようか? とも思いましたが、「開陽丸のマンホール」をはじめ 風景印まで集めてくださり、総括してブログにコメントをいただいている感じがいたしましたので、shinpapaと相談の上、ブログ内にてお礼申し上げることをお許しください。  
 
by saint-arrow-mam | 2011-10-12 00:00 |   北米クルーズ | Trackback | Comments(9)

ANCHORAGE NOW

I am in Anchorage now.

My airplain went back to Anchorage from New York to Narita.

So I will return to Japan 12th Oct.

Oh my God!!!
by saint-arrow-mam | 2011-10-11 00:02 |   北米クルーズ | Trackback | Comments(12)

北米クルーズ 20日間の旅 その17 (帰国の途へ? 後篇)

アンカレッジ空港の 雑踏の中で 日本にメールをします。 心配している母に? いえJRに です。
新幹線のチケットをインターネットで予約していたので、日時の変更をしなければなりません。
e- チケットは何度でも無料で(いや、アラスカからだと通信費は高いかも)携帯から列車の変更ができるので こんな時に便利です。
乗り遅れたら 変更も返金もしてもらえませんので、焦りました。
d0174983_1342067.gif

飛行機から降りるとき、「税関の手続き上  機内にお預かりした荷物は そのままお預かりいたします。 手荷物だけお持ちください」 の放送が流れていました。
「ラッキー!! 重たいトランクを持たなくていいんだ」と思った 自分の愚かさ。



 
飛行機の外は
とても   寒い  寒い 寒い 寒い 寒い     半端じゃなく 寒い 寒い 寒い 寒い 寒い

下船前日のニューヨークの最高気温が29度、そのまま日本の残暑に戻るだけ と考えていたので、厚手の服はすべてトランクの中です。

「着る服がないんです」 またしても貧しいマッチ売りの少女です。

渡されたのは、小さなポシェットひとつ。 
中身は 特大サイズのTシャツ(誰でも着れるように でしょうか)
     歯ブラシ
     デオドランド・スティック(これで体臭を消せ ということでしょうか)
     ハンドクリーム 
     石鹸 (これはホテルに ある っちゅうねん)
     綿棒(もっと他に入れるものはないのかなあ、、)



出発は明日(いえ、すでに今日)の18:00。 (日付変更線は越えたのか、いや戻ったのか、まるで わかりません)
デルタ航空の手配で 「シェラトン アンカレッジ ホテル」に宿泊することになりました。

ところが 今度はホテルまで移動するバスが ない

空港とシェラトンホテルをピストン輸送しているバスが1台とマイクロバスが数台。
これだけ 多くの日本人を輸送するのに、、、。

風邪をひくよ、こりゃ  って鼻水をすすります。   吐く息が 悲しいくらいに  白い、、、、

d0174983_8235496.jpg

どのツアーの添乗員さんも 自分のお客様を優先させようと 秩序のない状態に陥っています。
わが添乗員さんも、苦情を言われながら かわいそうに一人で奮闘しています。

「昔は 給油のために アンカレッジに必ず来ていたが、今は直行便が増えて、アンカレッジに寄ることは無くなったからね。 これは貴重だよ。」 
人生の大先輩である 同じツアーのご主人様のお言葉に 心が和みます。
d0174983_1350523.gif

ホテルに着いて チェックインに また時間がかかります、なにせ100人ですから、、、。
夕食時間なのか 朝食時間なのか わかりませんが とにかく空腹です。

売店で サンドイッチとジュースを購入すると、
それをご覧になっていた方が欲しいとおっしゃるので サンドイッチと飲み物を購入するお手伝いをし、
またそれをご覧になっていた方の サンドイッチと飲み物を購入するお手伝いをし、
そしてまた次の方、、、、、、、。
「マッチ売り」 ではなく 「サンドイッチ売り」 に変身です。
d0174983_13573263.jpg

部屋に入ったのが午前2時過ぎ。 
ルーティンワークですので、ホテルのお部屋を写し、窓からの眺めも写しました。

d0174983_937557.jpg


またも 資料が何もありません。
ホテルでもらった地図を頼りに、お部屋にあるガイドブックを照合し フムフムなるほど、あとはインフォメーションセンターに行ってみることにしましょう、、、、

と 振り向いたら、つれあいは すでに寝の谷へ。
d0174983_1713778.png

少し横になりウトウト、、、目が覚めると 頭の中が混乱しています。
「ここはどこ?」 「船?」 「飛行機?」 「日本?」 「あ、あ、ア、アンカレッジだあ」

普通なら泊れない「シェラトンホテル」なんだぞ  という感激はあるものの、問題は激寒。

まず 服がない。(半袖のTシャツに半袖の薄い上着なんです)
よし、この馬鹿みたいに でかいTシャツを2枚重ねて 下に着てしまえ。
そうだ、新聞を背中に入れると暖かいかも、、、。 ホームレスか、私。

しかも化粧品がない。(コロコロバッグに入れて 飛行機に預けてしまいました)
よし、 この得体のしれない ハンドクリームを 顔に塗っておこう。
口紅だけは手元にある。、、、、、、、すっぴんに口紅だけつけても、、、、、、、、つけました、私。


朝の7時でも 外は真っ暗。
ホテルのロビーには暖炉が赤々と燃え、あっパソコンだ。 ブログアップできるかなあ、、。

アップしてしまいました。
       http://runslowly.exblog.jp/14731990/
 (アルファベットの上でクリックしていただくと その時のブログへ飛んでいきますが、戻れなくなったら、また最初からやり直して ここへ帰ってきてください)

d0174983_15163836.jpg


8時になって少し 空が明るくなってきましたが太陽は見えません。
さあ、出かけるぞ。 気合いだ!! 気合いだ!! 

東の方角に山発見。 雪が積もっています。
d0174983_1522984.jpg

街には紅葉が残っていますが、霜がつき、水たまりには薄氷がはっています。

d0174983_1523879.jpg

今日の目的の一つ、「Salmon Viewing」
時期になるとこの川を登ってくるサケをこの橋から見ることができるそうです。(今はオフ シーズンです)

d0174983_15251144.jpg

間もなく9時になろうというとき、やっと日の出です。

d0174983_15263455.jpg

すると、周りがキラキラと輝き始めたではありませんか。

橋の板も黄色い木々も、みんなダイヤモンドのように輝いています。 すごい、すごい。 (うまく写せません、、、悲しい)

d0174983_15275714.jpg

あまりの寒さに 紫色に変わっている指で シャッターを押しますが、押した感覚がありません。

次なる目的地は 「Bridging the Gaps」
蒸気機関車の時代からある木製の鉄道用の橋です。

d0174983_15311051.jpg

すると列車の走る音が聞こえてきました。 走って列車が見える場所へ。 走る、走る。
この列車、プラモデルで見たことがあります。 わおーーー、走ってる。 向こうに雪山が見えるなんて、感動的です。

d0174983_1532971.jpg

人懐っこい鳥がそばに寄ってきます。 名前はわかりません。 
ぬくぬくとした平和公園の 鳩 に比べると 寒い国の鳥は歩き方も元気です。

d0174983_15343265.jpg

アンカレッジは京都のように碁盤の目になっているので、非常に自分のいる場所がわかりやすく、、、
そして どこにいっても マンホールです。

d0174983_176294.jpg

そろそろインフォメーションセンターが開く時間です。
郵便局だけは 地図になくても なぜか ちゃんと見つけることができます。(右)

d0174983_153838.jpg

インフォメーションセンターは 大きな暖炉があって、とても暖かでした。
 (尾籠ながら「鼻水が解ける」という表現がぴったりで、ティッシュが離せませんでした)

若いお姉さんが、なぜ夏の服を着ているのか と聞くので、(当然でしょうね)
「ニューヨークから飛び立った飛行機が 私が寝ている間に 太平洋の真ん中からUターンして アメリカに呼び戻されたんだ。そうしたら冬になってたんだ」というと ずっこけて大笑いしていました。
「すごくラッキーだったね。そうでもなければ 日本人はここには来ないよ」と言って、アメリカ全土の地図を広げ、アンカレッジの位置を教えてくれました。
d0174983_170410.jpg

飛行機の離陸は18:00なのに、13:00には バスが出るというので、早めにホテルに戻ります。

空港に行くのが早すぎる???  とんでもない。

空港に着いてからのことをかくと、また1日分のブログになるくらい、デルタ航空の対応が悪く、チェックインするだけに2時間もかかりました。 中には4時間も並んだ人もいました。

無事に飛び立った飛行機の窓からみた景色は、今までに見たことがない絶景でした。
長い動画ですが、是非ご覧ください。

       


結局 成田についた その日のうちに広島に帰ることはできず、成田にもう1泊することになってしまったために、18日間の旅の予定が「20日間の旅」になりました。(新幹線を もう一度変更しました)

明日は、今回の旅行で見つけた かわいいものと すごくうれしかったことをアップしようと思いますが、旅のブログはこれにて終了です。


皆様には いつもながらの(いつも以上の)長々としたブログを読んでくださり、また温かいコメントをいただき、心より感謝いたしております。
私にとって ブログ = アルバム ですので、ついつい写真をポイできず 申し訳ありませんでした。

そして、今年東欧へご一緒させていただいたN様、ドロミテにご一緒させていただいたO様も見てくださっているとのご連絡を下さり、飛び上がって喜びました。

また、この度 ご一緒にクルーズをさせていただいた皆様には 本当にお世話になりました。
皆様と同じ観光バスにいないと思ったら、私はこんなことをしていたのです。

またどこかの国のどこかの街で、アタフタと走り回り、マンホールを写している おかしな日本人を見かけたら、私かもしれませんので、声をかけてくださいね。

 
   北米クルーズ  20日間の旅      完


d0174983_16215228.jpg


おまけ; デルタ航空の片言の日本語で話すCAさんの最後の挨拶。

 皆様 この度は安全のために 大変ご迷惑をおかけしました。
 ここより先、皆様の最終の目的地まで お気をつけて 無事にお帰りになれません

 一同  ずっこけまくり。  下手な漫才より笑える CAさんでした。  
by saint-arrow-mam | 2011-10-10 00:00 |   北米クルーズ | Trackback | Comments(12)