<   2012年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

インスブルックへ

 
 8月1日より 8月31日までの1か月間 インスブルックに行ってまいります。

 7月中は広島にいるのですが、ブログは 9月より 怒涛のアップとさせていただきます。
d0174983_14445060.png

 「インスブルックに 行ってくる」と言うと
 「インスブルック? どこの国?」 と母。
 
 「オーストリアよ」と言うと
 「ああ、コアラがいる国よね」 と母。

 ト、ホ、ホ、、、 コアラがいるのは オーストラリアですよ。
 
 この落語のような母との話を、信じられないことに 何度も繰り返しています。
 きっと母はまだ インスブルックにコアラがいると思っているに ちがいありません。(笑)
d0174983_14561858.gif

 お天気が良い日は 「山歩き」や「ゴルフ」を楽しみ、
 また、インスブルックを起点として、ミュンヘンやザルツブルクにも足を伸ばしてみようと考えています。

 トランク3個とゴルフバッグ、加えてザック2つという大荷物を持っての旅立ちです。
 どんな珍道中になりますやら、、、。
 
by saint-arrow-mam | 2012-07-29 15:28 |   インスブルック | Trackback | Comments(16)

都会の神社とお百度石

 shinmamaの いい加減な主観ですが、(笑)
  
  広島の暑さは 重くて 暑さに押しつぶされるような イメージ、
  京都の暑さは ねちこく 暑さが体にまとわりつくような イメージ、
  東京の暑さは 足元から 暑さが上ってくるような イメージです。
d0174983_16324045.png


 ホテルのある 赤坂の「豊川稲荷」。
 キツネの銅像がいっぱい置かれ、あちこちにお賽銭箱が置かれています。 「お百度石」は現役のようです。

d0174983_1615544.jpg


 息子の勤務先のある 虎の門の「金刀比羅宮」。
 ビルとビルの間に組み込まれ、近代的なオープンスペースですが、ここも お百度石は古いまま残っています。

d0174983_1664382.jpg


 結婚後 初めての上京に shinが都合を合わせてくれたので 一緒に「打ち上げ」をしました。
d0174983_1632381.jpg
 
 夜遅くまで サッカーの試合を見たので、朝は ゆっくりとスタート。

 涼しさに惹かれて 「ブリジストン美術館」へ。
 オルセー美術館とオランジュリー美術館共同企画 「ドビュッシー、音楽と美術」を開催しています。

 点数は思ったほどありませんでしたが、お目当ての絵を 見ることはできました。
  (いずれも ポストカードより)

d0174983_16374419.jpg


ピエール・オーギュスト・ルノワール

 「ピアノに向かうイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロール」

 オランジュリー美術館

d0174983_16392249.jpg


 エドゥアール・マネ

  「浜辺にて」

 オルセー美術館

d0174983_16405195.jpg



 岡田三郎助

  「婦人像」

 ブリジストン美術館

 

 








 美術館の シートに座って ぼんやりしていると あやうく寝の谷に行ってしまいそうになりました。(笑)




 
by saint-arrow-mam | 2012-07-28 17:05 |   関東地方 | Trackback | Comments(10)

参勤交代

 
 京都から持って帰った洗濯物をたたんで 再びバッグに詰め 明日よりお江戸に参勤交代に行ってまいります。

 でも、その前に 「トウモロコシ と 枝豆」の収穫に行ってまいりました。

d0174983_16163574.jpg


 「枝豆は鮮度が命。 枝ごとゆでると美味しい」 と聞きましたので、今夜は枝ごと茹でて 食べてみます。
 
 ビールもキンキンに冷やして、、、、。
d0174983_162634.jpg


 お留守番は アフロヘアーの ヤングコーンさんに お任せします。

d0174983_16274416.jpg
 
 
by saint-arrow-mam | 2012-07-25 16:44 |   関東地方 | Trackback | Comments(9)

京都 名庭めぐり

 個人旅行をしたことがない80歳の叔父夫婦と一緒に 京都へ行きました。

 shinの挙式の翌日は、庭づくりが大好きな叔父夫婦のために 「京都 名庭めぐり」という 定期観光バスの1日コースに 申し込んでいました。


 新幹線では 改札口で切符を渡し、通り抜けたらすぐ回収して預かる。
 ホテルの鍵を 1つ預かり、オートロックに対応。(部屋は隣にする)
 席に座って 立つときには 帽子、ハンカチなど忘れ物をチェック。
 支払いは すべて私がするので、お土産物を買う以外 財布は出さない。
 観光バスの座席は 乗り降りしやすい一番前にする。 
 寺社の見学時 履物を脱いだら 私が出し入れする。(収納場所がわからなくなるので)
 水分の補給を心がけ、トイレをしばしば確認する。

 という 添乗員shinmamaの 高齢者対応ノウハウです。

  << 高台寺  >>

d0174983_16204864.jpg

 << 二条城  >>

d0174983_16214817.jpg

 << 南禅寺  >>

d0174983_16221033.jpg

 << 青蓮院  >>

d0174983_16225570.jpg


 それぞれの場所で 1時間ずつの自由な見学時間があり、叔父夫婦のペースで休みながら見て回れるのが何よりでした。

 途中で 叔父が 「学生時代(Hiro様の先輩になります)に ここに来た」 と言って大騒ぎ。
 叔父の記憶の中に この赤レンガの風景が残っているのに どこで見たのか ずっと思い出せなかったそうです。
 叔母と一緒に 何枚も写真を写して まるで子供のように喜んでいました。

それがここです ↓
 << 琵琶湖疏水の水道橋 >>

d0174983_16335683.jpg


 古人の知恵で 建物の中は涼しい風が吹き抜けるので 汗が流れるようなことはありませんでした。
 
 また、昼食は 冷房の効いた涼しいホテルで 京都らしいご馳走が用意されており、時間もゆったり。

 暑さの厳しい京都にしては 曇りがちの1日であったことも幸いして 楽しく観光することができました。
 
d0174983_1657646.gif
 

 新幹線の車中で 一緒にビールを飲んで 駅弁を食べ、家まで車で送って別れたのが 19時半。

 翌朝 疲れが出ていないかと訪ねていくと 叔父も叔母も とても元気そうで安心しました。

 私は 今回のお庭を何度も訪れていますが これほど美しい状態の「杉苔」は初めてでした。
 今年は 京都に 雨が ぎょうさん 降ったんやろか、、、。

d0174983_16455226.jpg

by saint-arrow-mam | 2012-07-24 17:10 |   関西地方 | Trackback | Comments(8)

新郎の母

 「新郎の母」は「雨女」です。

 午前中に 広島を発ち、京都駅に着いた途端に なんと激しい雷雨。
 「なんでやねん」 と 落ち込むことしきり。

 雨空を恨めしそうに眺めながら ホテルで昼食を済ませ、式場となる「豊国神社」へ向かった その時、、、
 なんと 雨が すっきりと あがったのです。 

 shinmamaとshinpapaは ハイタッチ。

d0174983_122524100.jpg

 豊国神社では 本殿の前にある 古式ゆかしいオープンな拝殿で 式が行われました。
(shinやharuちゃんの 晴れ姿をお見せしたいのですが、二人から許可がもらえそうにないので、静止画像でイメージだけです。BGMとしてお使いいただければ幸いです)

    

 京都の神社で挙式を選択した shinの こだわりのひとつ  生演奏される『雅楽』のサプライズ。

 しーーーんと静まり返った寺社の森に 篳篥(ひちりき)、笙(しょう)、横笛(よこぶえ)の音が響きわたります。
 その神秘的な深い音色に引き込まれ、「挙式」ということを忘れてしまいそうです。

 集合写真も 二人の記念写真も すべて屋外で豊国神社をバックにして撮影する段取りに。
 
 雨のおかげで 木々の緑が美しくなり しかも 暑い京都にしては 珍しく気温が下がりました。
 うむ、「雨女」も 役に立つじゃん。(笑)
 
 何よりも 雨があがり 予定していた通りに事を運ぶことができて shinが 一番ホッとしたことでしょう。
d0174983_12244560.jpg


 京の料亭「高台寺 土井」に場所を移して 会食です。

 「医師会で使おうと思っても ここの予約は なかなか取れない。」と 義弟から言われ shin は「どや顔」に。(笑)
 
 入り口から いかにも京都らしい雰囲気、確かにイチゲンさんは難しそうです。

d0174983_15153310.jpg

 石段を上がり、玄関へ。 
 今日は貸切りということで ゆったり。

d0174983_15412281.jpg

 お部屋に入ると同時に 一面に素晴らしいお庭が見え、、 しばし絶句。

d0174983_1542317.jpg

 雨が降ったので、滝の流れがアクセントに なっています。

d0174983_15421755.jpg


 お琴の生演奏が流れる中、鏡割りでスタート!!

d0174983_15173521.jpg


 お色直しもなく、ずっと 二人の姿が会場にあります。

 スピーチは全員。 友人も親戚も 自分だけが知る 思い出話を披露。
 
 歌も芸もゲームもキャンドルサービスなどは 一切なし。

 京大時代の友人たちの席に入り込み 一緒に楽しそうに食事をしているshinの様子は 披露宴というより、まるで同窓会です。

 両家の親も 次々運ばれてくる美味しい料理に 舌鼓を打ちながら お酒を酌み交わし 話し込んでいました。

d0174983_1524359.jpg

d0174983_15262987.jpg


 親の援助を断り、shin の限られた予算の中で 四苦八苦しながら考えた挙式と披露宴です。
 親の敷いたレールに乗った自分と比較して、企画力、実行力で shinに負けた感じです。

 昨晩 広島に戻ったものの 次々に所用があり 落ち着くことはできませんが、ふとした時に ポッコリと 心に穴が開いたような虚脱感があります。

 何度も 何度も大きなため息をついて、まるで気が抜けたサイダーのような 新郎の(心労の?)母です。

d0174983_12244560.jpg






 
by saint-arrow-mam | 2012-07-23 17:44 |   家族 | Trackback | Comments(6)

海老山(かいろうやま)

 シトシト、ムシムシ、戻り梅雨かと思われるような天気に エアコンと仲良くしています。
 でも、これではイカン。
 汗を流す訓練をしようと 「海老山(かいろうやま)」までウォーキングです。

 私が知っている30年前の海老山は けもの道しかないような 荒れ放題の小山でしたが、
 今は すっかり整備され、海を見晴らす展望台がありました。

d0174983_20327100.jpg

 あいにくの曇天でしたが、似ノ島、江田島、厳島を始め 瀬戸の小さな島が見えます。

 山には 桜の木が たくさんありましたので、来春のお花見は ここに決まり。
 一枝だけですが 「夏萩」が咲いていました。 

d0174983_20341643.jpg


d0174983_2111413.jpg
明日から1泊2日で 京都へ行ってまいります。
恥ずかしながら 息子shin と haruちゃん の 結婚式です。
 
東京でもなく 広島でもなく、ホテルでもなく、結婚式場でもなく、
学生時代を過ごした 京都の神社での挙式を選択したshinです。

  本人が すべてのお膳立てを致しましたので、親は お客様状態です。
  暑さの厳しい京都ですから 目からも たくさん汗が流れることでしょう。

  行ってきまーーーす。
by saint-arrow-mam | 2012-07-20 09:18 |   広島市内 | Trackback | Comments(8)

名刺を作る

 
 ジムで仲良くなった方、旅行のツアーでご一緒した方などに メールのアドレスや ブログのアドレスを書いて渡すことが あります。

 以前 「名刺をパソコンで作ろう」というブログを拝見して メモメモしておりましたので作ってみました。


 ①まず 名刺専用の用紙を買い求めます。
  用紙は 種類が多く、用紙の厚さも 色も 素材も 選ぶことができます。

d0174983_13285125.jpg
 

 ②用紙のメーカー「Elecom」に専用の「らくちんプリント」という作成ソフトがあり、無料でダウンロードできます。

d0174983_1341711.jpg


 ③文字の配置や イラストの配置、大きさ等 全体のバランスを考えます。
  保存している画像も利用できるので 楽しいです。


 近く同窓会があるので 「公」の名刺とは別に 新住所が書いてある個人名刺を 作って欲しいとshinpapa。

 ヘイ!! 一丁上がり!!!!

d0174983_1424988.jpg



 
by saint-arrow-mam | 2012-07-19 14:13 |   パソコン・スマホ | Trackback | Comments(4)

身長測定記録

d0174983_9165042.jpg
台所の柱に 書き込まれた 家族の名前と 手書きのライン。
これは 我が家の 『身長測定記録』です。

父、母、
shinpapa、 shinmama(私)、 shin、
私の妹、義弟、姪、甥
の9人の名前があります。

最も背が高いのは 義弟(185cm)で
記録上 最も低いのは shin(73cm)です。

今現在、実際に 最も背が低いのは 母(145cm)で
次が 悲しいことに shinmama(157cm)です。

私が まず妹に抜かれ、 
次に shin、姪、甥に 順番に抜かれてしまったことが
よくわかります。(笑)

この柱に書き込む以前 12歳までの私の身長の測定記録は
母の実家の台所の柱に 今でも残っています。

私が わずか70cm位の身長から 毎年 伸びて
祖母を抜き、母を抜いていった 記録です。

祖父は文系でしたので アバウトで 
大きなマッチ箱を頭に当てて 測っていましたが
父は理系でしたので きっちりと
L字型の金属製のスケールを頭に当てて 何度も測っていました。

shinpapaの実家では 柱で身長測定をしていなかったそうなので
我が家だけでしょうか?
by saint-arrow-mam | 2012-07-18 10:03 |   家族 | Trackback | Comments(9)

メタボな赤ちゃん

 父の書類の中に なぜか私の賞状がありました。
 (額は画像で 作成しました)

d0174983_17565849.jpg


 母が 大笑い。(もしもし、あなたの産んだ子供ですよ)

 shinpapaも 大笑い。 (もしもし、あなたの奥さんですよ)

 私、赤ちゃんの時に 健康優良児で 丸々と 太っていたんです。

 元祖 メタボの赤ちゃんです。(笑)
 今だったら 母親は注意されるのでしょうけど、、、。

 でもなぜ この賞状が 父の書類の中にあったのでしょう????

 Hiro様の真似をして ブログアクセサリー。
 私の生まれた昭和30年頃を デザインした切手です。

d0174983_1824390.jpg

by saint-arrow-mam | 2012-07-17 09:18 |   健康 | Trackback | Comments(8)

海の記念日

d0174983_13385097.gif

 2012年 7月16日は 『海の記念日』です。

 かつて「海の記念日」は 7月20日に固定されていたのですが、
 ハッピーマンデーの制度により7月の第3月曜日になりました。

 「海の記念日」に ちなんで 一人の海の男の記録をブログに残します。
d0174983_1482267.gif

 なんでもデータを取り、数値で記録に残す父でしたので、様々な記録が残されている中で
 父が どのような船に乗ってきたかという 記録があります。
(今回 父の遺品を 整理をしていて このような記録があることを 初めて知りました)

d0174983_1343526.jpg


 独特の文字で非常に読みづらいのですが、
 最後に

 (実乗船) 生涯乗船期間  30年7か月
        生涯勤務期間  43年4か月
                             と記載されています。

 父はパソコンを扱うことはできなかったので  グラフ用紙に罫線を引いて表を作り 自筆でまとめています。

 娘としましては 読みにくくても 父の自筆であることで この記録に重みを感じるような気がします。
by saint-arrow-mam | 2012-07-16 14:15 |   家族 | Trackback | Comments(9)