<   2012年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

台風が隠した 名月

 今宵は中秋の名月。
 お団子を作る準備をして 楽しみにしていたのですが、台風が来てしまいました。
 
 雨女のパワーがアップして、何かしようと計画するだけで 雨が降るようです。(笑)

d0174983_1005724.jpg



 ところが 午後から 時々 空が明るくなり 名月鑑賞の期待 大。
 ♪ お団子 ♪ お団子 ♪ お団子作ろう。

 東の空にぽっかり浮かんだお月様です。(20:26撮影)
d0174983_20573234.jpg

by saint-arrow-mam | 2012-09-30 21:01 |   天体・気象 | Trackback | Comments(10)

 光るきのこ

 先日 NHKで「光る森」が紹介されました。

d0174983_1104299.jpg

 
 四国山地の一角に不思議な「光る森」があり、夏のわずかな期間の真夜中に、キノコや落ち葉、木の幹がほのかな光を発しているのだそうです。

 不思議な光るキノコは四国だけでなく 八丈島にもあるというのですが、簡単に行けそうもありません。
 
 でも光るキノコを見たいなあと思って調べましたら、なんと すぐ近くの広島市植物公園に展示がありました。

 大温室の奥の方に 覗きこむような小さい暗室が作られています。

d0174983_1164920.jpg

 これは「ヤコウタケ」というキノコで 八丈島に野生があるそうですが、八丈島以外での展示は あまり例がないと書かれていました。

 いつの日にか この目で実際の「光る森」を見たいのですが、
 貴重な森を守るために 公開されることはないかもしれないなあ と思っています。
d0174983_21371570.gif

 ヒガンバナとラベンダー以外 目立つ花があまりない 地味な植物公園でしたが、満足、満足。
 鼻歌交じりで帰りました。

d0174983_1183393.jpg

 
by saint-arrow-mam | 2012-09-29 07:11 |   植物 | Trackback | Comments(5)

秋の収穫祭

 いつもの知人の菜園です。
 サトイモ と サツマイモの収穫です。

d0174983_952131.jpg

 これから育てる作物は 虫に食われないように ネットをかけて育てます。
 葉を狙っている虫、その虫を狙っているカエル。 食物連鎖だ。

d0174983_9554694.jpg

 植え付けが終わり、間引きを済ませ、水をやり、育つのを待つ。
 すべて知人が 行うのですが、、、(笑)

d0174983_9573578.jpg

d0174983_9575438.jpg

d0174983_958846.jpg

d0174983_1021019.jpg

 収穫を終え、ゴーヤの葉陰の小屋で 知人とshinpapaは お話し中です。
 ここからが 私の 撮影タイム。

 清流が流れる山裾の菜園。
 つぼみのヒガンバナに しがみついているオニヤンマです。
 
 秋 まだ浅し。
d0174983_10274189.gif

d0174983_10203962.jpg

by saint-arrow-mam | 2012-09-28 07:59 |   食材 | Trackback | Comments(6)

お江戸 新名所編②

 東京駅丸の内駅舎は、ジョサイヤ・コンドルを師と仰ぐ辰野金吾により設計され、1914年(大正3年)に創建されました。
 
 創建当時のイメージ 
d0174983_16533543.jpg
 
 しかし、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されていた東京駅は 1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失しました。

 創建当時の柱が ほんの一部だけ 現在の東京駅のホームに 残されています。
 いずれは取り壊されるだろう運命の柱を 昨年来 上京する度にホームで探し、2か所見つけることができたので、ファイリングしています。

d0174983_13155245.jpg
  
 戦後、元の駅舎を再建しようとしたのですが、予算がなく、3階建ての駅舎を2階建て駅舎として復興したそうです。
 しかし、この度の「保存・復原工事」で、外観は創建時の姿に忠実に再現されるというので とても楽しみにしていました。

 完成予想パース 
d0174983_16535899.jpg


 さらに、未来へ継承するため、鉄骨煉瓦造の下に地下躯体を新設し、機能拡大の工事を行い、
 巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工されています。

 駆体施行図 
d0174983_13212130.jpg


 10月に一般公開される東京駅の新駅舎が この日(9月24日)一足早く報道陣に公開されるため、
 現場では 足場が外され、仮囲いも撤去され 多くのカメラマンでにぎわっていました。

 一般のヘボカメラマン shinmamaの写した 新東京駅です。 (パノラマ加工)

d0174983_1329527.jpg


 偶然 駅舎を背にして テレビカメラに向かって話している 専門家らしき人がいましたので 耳をダンボにして話をメモメモ。

 1階2階のレンガ張り部分は保存して、3階部分を新しく増築したようなイメージだ。
 しかし3階部分には 構造上 レンガではなくタイルを使うことになった。
 
 現在、日本で使われているタイルのほとんどは 中国で作られているが 東京駅の復原工事には日本の小さなメーカーが作ったタイルが使われている。
 既存のレンガと違和感のない色に合わせるために メーカーは試行錯誤を繰り返し、見事なタイルを作り出した。



d0174983_1337155.jpg
しかし タイルはレンガに比べて 厚さが薄いため 重厚なイメージにならない。

そこで 目地をアールにして、
目の錯覚で厚みを感じられるよう工夫した。


フムフム、、、、目地ねえ。 
1階の入り口付近は 今回、修復しているので タイルのはずです。
見に行ってみました。(疑うわけではないのですが、、)

「洗い」は まだのようですが、たしかに目地が Ω になっています。
いい仕事 してるねえ、、。
d0174983_1502027.gif


 私の経験から考えて タイルの「角役物(角に貼る目的のタイルで L型になっている)」も90度のL型だけではなく 何種類かの角度に曲がった「角役物」が必要だったのではないか、また、「タイル割り(美観上、小さな欠片のタイルを貼らないように あらかじめタイルの幅、目地の幅、施工する場所の縦横の幅の調整をしておくこと)」で 綿密な計算をして行ったに違いなく、今回の工事は建物の復原なので おそらくタイルの方で 数値の調整をおこなったのではないかと、、、。

 煩雑な作業を 高度な技術でやり遂げられたのは、日本の小さなタイルメーカーだからこそ可能だったのではないかと 思うのです。

d0174983_1355357.jpg


 東京駅の新駅舎には 東日本大震災の被災地の「奇跡の瓦」が使われています。
 下記は 昨年のメモメモですが、この機に自分のブログに残しておきたいと思います。

宮城・石巻市雄勝町(おがつちょう)は、主に屋根材に使われているスレート瓦の名産地で知られてきた。
スレート瓦というのは、薄板状に割れやすくなった天然の岩石を加工したものである。

スレート瓦を扱う「四倉製瓦工業所」は、津波で工場の機械を失った。
しかし、この会社のスレート瓦は、東京駅舎の復原工事に使われることになっていた。

出荷目前だった2万5,000枚の瓦は、倉庫が海岸近くにあったため、その多くが流された。
「建物から何から何まで崩壊した。みんなで東京駅に出そうと頑張ったのに...」

雄勝のスレート瓦が絶望視される中、真っ先に始めたのは、1枚1枚拾い集めるという作業だった。
使える瓦かどうかを見極めるのが、「たたいた音」。
使えない瓦からは濁った音が鳴り、使える瓦からは甲高い音がする。
職人たちは1枚1枚叩いて確認した。
瓦の泥も丁寧に洗い流し、何とか1万5,000枚を確保することができた。

石巻市雄勝町の「復興のシンボル」を なんとしても東京へ出荷したい。
四倉さんは5月10日、東京駅を訪れ、「2億5,000万年前の石が、1,000年に1度の津波に負けてたまるかと」と熱く語った。
工事までに納品可能ということもわかり、無事、採用が確認された。

6月4日、スレート瓦は、東京駅に向けて石巻市雄勝町を出発した。
東日本大震災から4カ月たった7月11日、東京駅の屋根部分の復原工事では、石巻市の瓦職人が作業に入った。

雄勝のスレート瓦がふかれる中央部の作業が本格的に始まるのは9月ごろ。
東京の空の下で、多くの人の思いが込められた復興のシンボルが輝くこととなる。


 「奇跡の瓦」のことを知ってからは 1日も早く新駅舎を見たいと首を長くして待っていました。
 そして この駅を見上げるたびに 被災地の皆さんがこの瓦に込めた思いに 心を寄せようと思います。

d0174983_14193740.jpg


 内部を一部見ることができましたが、写真を写すには まだ不十分な状態でした。
 照明器具、天井の装飾を含め、内装は次回の参勤交代の楽しみの一つにしようと思います。

d0174983_15252367.gif



追記:22日 東京駅復原を記念して 東京駅をプロジェクターにしたCGショーが開催されたそうです。
   ディズニーランドも 顔負けの素晴らしい映像を Youtubeよりお借りしました。
  凸凹した東京駅に どうやってこのような映像を投影できるのか すごいです。

        
by saint-arrow-mam | 2012-09-27 07:01 |   関東地方 | Trackback | Comments(8)

お江戸 新名所編 ①

 昨日の豪雨がウソのように晴れた朝です。
 
 お江戸の秋を求めて、ホテルの近くの銀杏並木へ出向きましたが、、、、
 ハ、ハ、葉が青々としています。 秋は まだまだでした。

d0174983_20115533.jpg



 この秋の お江戸の新名所 ①は 丸の内界隈にあります。


d0174983_20144848.jpg

 丸の内仲通りで 10月14日まで行われているのが 
 「ベンチアート in 丸の内」というイベントです。

 ニュースで取り上げられていたのですが、
 面白そうだったので有楽町からウォーキングです。



d0174983_20165093.jpg

 「仮面ライダー」


 shinpapaが 後ろから首を羽交い絞めにして 遊んでおりました。 

 すごく 恥ずかしかったです。(笑) 

d0174983_2017752.jpg

 「所 ジョージ」


 仮面ライダーの次が なぜ所ジョージなのか わかりませんでした。 

 アートに 理由は不要ですね。

d0174983_20175387.jpg

 「石川 遼」


 今度は私が 隣に座り 寄り添うようにして写真を撮ってもらいました。(笑) 

 これで shinpapaのことを とやかく言う資格が なくなりました。

d0174983_20181230.jpg

 「ジャイアント 馬場」


 ここに至っては 存在理由も なぜ彼だけカラーなのかもわかりません。 

 ましてや このベンチには 座りたくない気分です。

 ヨーロッパで良く見かける パフォーマーだと 急に動いたりするのですが、、、。(笑)

d0174983_20183436.jpg

 「美空ひばり」


 外国人観光客が見たら 雨乞いの祈祷師に見えそうです。

 しかし ベンチを無視して 立っているような、、、。

d0174983_20185112.jpg

 「福原 愛」


 ラケットをもっていなければ 彼女とはわからないです。

 持っていても わかりづらいかも、、、。

d0174983_2019587.jpg

 「白鵬」


 うむ、隣に座るにはスペースが狭すぎる、、、。
 
 存在意義と存在感は 一番ありましたが。















 この通りはいつ来ても 日本ではない雰囲気を醸し出しています。

 外国人に 緊張する坂本竜馬

d0174983_20394770.jpg

 2階建ての サイトシーイング・バス

d0174983_20404471.jpg

 オープン・カフェで ひとやすみ

d0174983_2041393.jpg

 緑に映える 高層ビル群

d0174983_20445912.jpg


       楽しい場所は 大好きです。

d0174983_21445315.gif

by saint-arrow-mam | 2012-09-26 07:26 |   関東地方 | Trackback | Comments(8)

お江戸 食べログ編

 
 東京から戻り 体重を量ってみると なんと 1.5kg増。
 あわてて 今朝一番で トレーニングジムへ行ってまいりました。

 原因は カロリーの高い食事と ビール。
 東京を 少々歩いたくらいでは 摂取したカロリーを 解消できなかったようです。

 「食欲の秋」ということで 簡単に片づけるつもりは ございませんが、、、、。

d0174983_16444850.gif

 息子shin と 嫁のharuちゃんと 一緒に夕食を食べることになりました。
 平日は仕事の都合がつかないので 一緒に食事をすることは難しいのですが、今日は日曜日ですので、、、、、、、。
 でも 夕食後 企業戦士shinは 霞が関に出社するというので、ホテルにも近い 「赤坂離宮」に 集いました。

d0174983_1523353.jpg

d0174983_15231671.jpg

d0174983_15232972.jpg


 ただ 新幹線に乗っただけの1日の夕食としては 完全なカロリーオーバーです。 
 この時は 明日は食事制限をしよう、と思ったのですが、築地に行くと そうはいかなくなりました。

d0174983_16453190.jpg

d0174983_15435894.jpg

 「ちょっと秋の食材を買うだけ」というつもりが 前回 無念の涙を飲んだお店に リベンジしようということになりました。
 朝なので まだ、列が短いぞ! といっても40分待ち。

d0174983_1545735.jpg

 並んでいる間、オーストラリアから来た6人のグループと 話をしました。
 築地は いまや 海外からの観光客に占拠されつつあります。(笑)
 
 今まで、私は積極的に 外国の観光客と話をすることは しなかったのですが、
 インスブルックで 折に触れてお世話になったので、わかることがあれば教えてあげたいと思うようになりました。

 メニューのことや このお店が並んで食べるくらい有名であることなど わかる範囲で説明しました。 

d0174983_15562623.jpg
 
 わいわい話していると お店のおかみさん(83歳)が出てきて 話に加わります。
 拙い私の通訳ですが それなりに話が弾みました。

d0174983_15581297.jpg

 食べる前に iPadで撮影しています。
 私がクヌーデルやグラーシュを 撮影したのと同じ気持ちでしょうね。
 
d0174983_1694874.jpg

 微妙な味付けの酢飯に 新鮮な魚、 さすがに とても美味です。

 私がワサビをお醤油でといて かける様子や お味噌汁を飲む様子を覗きこんでは 彼らが真似をします。
 ちょっとお箸が 難しそうでしたが、感想を聞くと 親指を立てて〝Good” だそうです。

 できれば少し食べ残したいと考えていたのですが、彼らの手前 見事に完食してしまいました。(笑)
 
 「良い旅を!!」 と 私がインスブルックで言われていたセリフを そのまま彼らに伝えてお別れ。

d0174983_1614546.jpg


 またまた 今日も完全なカロリーオーバーです。
 なるようにして なった結果が 1.5kg増 でした。

d0174983_16531735.gif


 明日は お江戸の新名所をまとめます。
by saint-arrow-mam | 2012-09-25 17:06 |   関東地方 | Trackback | Comments(6)

弥栄ダム

 朝からお天気が良いと 習慣のように 視線が山へ山へと向かいます。

 突然に 「弥栄(やさか)ダムまで ドライブしようか?」 と言いだす shinpapa。 
 弥栄ダム?  どこだろう?  一度も行ったことがないぞ。

 とにかく、あり合わせで お弁当を作ろうっと!!!! ホイ、ホイ!!!
d0174983_18538.gif
 高速道路を1区間だけ西に下り、大竹IC で下ります。
 そこから山に向かって走ること 15分。 真っ赤な橋が見えてきました。

d0174983_1751224.jpg

 だーーれも いない ひっそりとした 山奥のダムです。 
 一般的に ダムというものは 山奥にありましたね。(笑)

d0174983_1753519.jpg

d0174983_20361844.jpg
 
 設備の整った公園に、お弁当を食べるには最適の 吾妻屋がありました。
 何より 「蚊」がいないのが いいです。
 
 お弁当の画像は 極力小さく、、、。(笑)

d0174983_17554761.jpg

 ダム湖の中には 噴水もあります。
 しかし、shinpapaは どうして こんな素敵な場所を知っているんだろう?

d0174983_17572114.jpg

 山口県への県境を越えると そこは「岸根栗」の名産地でした。
 でもまだ イガが青い。  うーーーん 時期尚早であったか、無念じゃーー。

d0174983_1815343.jpg

d0174983_18538.gif
 さらに 少し走ると 先日 shinpapaが 友人と来たゴルフ場がありました。
 なるほど、解せたぞ。 ゴルフ場へ行く道中で見つけたんだ。

 実り豊かな棚田に 真っ赤なラインがアクセントに入っています。

d0174983_18152698.jpg

 稲穂とヒガンバナのコラボレーション。 なるほど、暑さは お彼岸まででしたね。

d0174983_18163683.jpg


d0174983_1828255.jpg

 今年の秋分の日は 23日ではなく 22日なんですね。
 (地球の公転速度の誤差分の調整ですって)

 秋の気配を感じる中、明日から1泊2日で お江戸に参勤交代します。
by saint-arrow-mam | 2012-09-22 06:00 |   広島県内 | Trackback | Comments(6)

ス・キ・ヤ・キ

 友人の経営するお店に「ス・キ・ヤ・キ」を食べに行きました。
 優待券をいただきながら さすがに暑いので、今まで行く気にならなかったのですが、
 ちょっと涼しくなりましたので 早速 出かけました。
 
 「お飲物は 何になさいますか?」
 「オッ!!!  秋ですから、、、。」

d0174983_1931919.jpg

 お姉さんが 手際よく具材を鍋に入れ込み ぐつぐつと 煮えるスキヤキ。

d0174983_1933391.jpg

 ビールを飲みながら ゆっくりと食べたいのですが、 
 アルコールを摂取しない shinpapaが すごい勢いで 鍋の中の お肉を取って行くのです。
 
 お肉を追加して、シラタキも追加して、卵も追加して、、、それでも ご飯片手に shinpapaの食べるペースの早いこと。

 写真なんて 写している場合じゃないかも。(笑)

d0174983_19383343.jpg


 時間が少し早かったこともあるのでしょう。 お店は ガラガラでした。
 うむ、これからが 鍋の季節ですよ。 負けるな!!!  頑張れ!!!

d0174983_19443961.gif

by saint-arrow-mam | 2012-09-21 06:00 |   外食の部 | Trackback | Comments(8)

秋の訪れは 北から? 南から?

 今朝の日本は 気温のアメダスが不自然で 違和感を感じます。

d0174983_8383714.jpg

 気温25度~34度という オレンジ、ピンクのドットが 中部、関東、東北、北海道に分布し
 気温10度~19度という 黄緑、緑のドットが 中四国 九州に分布しています。

 見る限りでは 日本の「南」が涼しく 「北」が暑いという 常識と逆転した現象になっているのです。

 このように珍しい現象になった原因を 本州の中央で縦に伸びている雲が示しています。

d0174983_15201033.jpg


 気象庁によると、 北海道から山陰沖に前線が延び、この前線や台風16号から変わった温帯低気圧に向かって 南から暖かく湿った空気が流れ込んでいて それは縦に伸びている雲として レーダーに写されています。

 昨日は 関西地方に局地的な大雨が降り、今日は関東以北に大雨が降り、広い範囲で被害が出ています。

 今年は かつてないほど天災に翻弄され、その都度 各地で尊い命が奪われていくのが 辛いです。
by saint-arrow-mam | 2012-09-20 06:00 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

酔芙蓉

 蕾はもちろんのこと 朝咲いたときには真っ白だった花の色が

d0174983_1647438.jpg

 昼ごろには ほんのりと桜色に変わり

d0174983_16474384.jpg

 萎むときには 濃いピンク色に変わります。

d0174983_16483750.jpg

 この変化の様子を 酒飲みの顔に例えて「酔芙蓉」という名前をつけられた花。
 大抵は八重咲きなのですが、一重咲きの酔芙蓉もあります。

 呑んでも呑んでも 顔色ひとつ変わらない私は 酔芙蓉の妖艶さを見習わなければ、、、。(笑)

d0174983_171437.jpg


 撮影場所: 山陽花の寺 第24番 観音寺
 撮影日:  2012年 9月18日



 
by saint-arrow-mam | 2012-09-19 06:00 |   植物 | Trackback | Comments(8)