<   2013年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

算術の世界

 国立科学博物館は リケジョ(理科系女子)にとっては ディズニーランドと 同じように
 ワクワク ドキドキと 興奮をさせてくれる夢の国でした。

 このあと、西洋美術館に行こうと思っていたのですが、とんでもない。
 国立科学博物館だけでも 時間が足りないくらいです。
d0174983_1521065.gif

 万年時計の周りをグルグル回っているときに、目線の先に 古木の看板を見つけました。
 どこかで見たことがある、、、

 そうだ、先日 教えてもらったばかりの 「算額」に違いない。
 近づいてみると 春日神社(一関市)に1847年に奉納された 算額の複製でした。

d0174983_14451191.jpg

 思いもよらぬ出会いに 飛び上がりました。
 
 ブログを拝見したのを機に 興味を持ち あれこれサイトをのぞいていただけに うれしくってたまりません。

   @ 江戸時代の庶民の和算書である 「算法出世宝大全」 (オリジナル)
d0174983_14473361.jpg


   @ 方程式も解ける江戸時代の計算器 算盤と算法書 (オリジナル)
d0174983_14595352.jpg


   @ 習得レベルが5段階あったという 「関流算術免許皆伝書」(複製)
d0174983_1525414.jpg

 さらに 複雑な連立方程式を解くことができる 日本で初めての大型計算機械
   @  九元連立方程式求解機 (オリジナル) 
   まったく  『求解機』 という名前が またイイんですね!!
d0174983_1585343.jpg

 そして 日本で最初に稼働した電子計算機 
   @  真空管式計数型電子計算機 FUJIC (オリジナル)
 1956年に真空管を1700本も使用し、人手の約2000倍の計算速度であったようです。
d0174983_1511472.jpg


d0174983_15334821.gif
 おそらく ブログをしていなかったら 和算術のことも知らず、素通りをしていた コーナーだと思いますが、 
 こんなに 心躍る 嬉しい出会いをすることができるなんて、、、
 
 ブログをしていて よかったと思いました。

 明日に続く、、、、。
 
by saint-arrow-mam | 2013-10-31 06:00 |   忘備録 | Trackback | Comments(8)

自鳴鐘(じめいしょう)

 ずーーーーーーーーーーと 見たいと 思っていたものに会えたので 今の私は 非常にハイテンションです。
 落ち着いて 落ち着いて、、、
d0174983_21424731.gif

 あいにくの雨ふりでしたが、上野の森に 出かけました。

 最初に訪れた 「東京国立博物館」 は 今までに何度か訪れたことがあるので、中を ざざざ と見て回り、
 10月26日から 一般公開されている庭園を 歩くことを目的としました。

 お庭には 点々と 古い由緒あるお茶室などが 移築されているのですが、
 思ったほど広くなく 建築物の保存状態も悪いので 足早に 出てしまいました。

d0174983_2056670.jpg

 はやる心で向かった先は 隣の「国立科学博物館」 です。
 (似たような 名前で ややこしいこと)

d0174983_21142183.jpg

 脇目もふらず 直行したのは 和時計最高の傑作といわれる 400日巻きの複雑精巧な「万年時計」です。

d0174983_212452.jpg

 「からくり儀右衛門(ぎえもん)」 あるいは 「東洋のエジソン」と よばれた田中久重(ひさしげ)が
 1851年(嘉永4)に完成させ、久重が自鳴鐘(じめいしょう)と名づけました。

d0174983_2141159.jpg

 国立科学博物館の「自鳴鐘(じめいしょう)」は オリジナルですが、
 この複製が東芝科学館に 展示されていて 複製は実際に動いているようです。

 つい最近まで 「万年時計」について 全く知らなかったのですが、
 先輩ブロガーに その存在を 教えていただいてからというもの 
 見たくて見たくて、、、、、、、やっと  会えた という感慨の対面でした。(笑)

 平成18年度に重要文化財に指定された 貴重な展示の足元に置かれた説明書きには 
 以下のように書かれています。

江戸末期から明治初期に活躍した田中久重が、その持てる技術の全てを傾注して制作した和時計の最高傑作。不定時法に合わせた割駒式文字盤などの各種表示や 太陽や月が自動運行する天象儀が備えられ日本独自の創意工夫が随所にみられる。また当時の職人らにより、意匠的にも美術工芸的にも優れたものとなっている。 

 「自鳴鐘」の周りを グルグル何回も回り、覗き込んでは カメラ撮影を試みましたが
 悲しいことに ガラス越しなので ほとんどが ボツでした。

 「彫金」や「透かし彫りの飾り柱」
d0174983_21244755.jpg

 「螺鈿(らでん)」や「蒔絵」
d0174983_21263212.jpg

 「台座の七宝飾り」
d0174983_21272976.jpg

  
 こうなれば東芝科学館で動いている 複製の万年時計も 見たいものです。
d0174983_215742.gif
 国立科学博物館では この他にも キャーーーーと 声をあげたくなる展示に
 たくさん出会ってしまいましたので、明日も明後日も 続けてまとめます。


 
by saint-arrow-mam | 2013-10-30 06:00 |   忘備録 | Trackback | Comments(2)

浜鴫

 燃えカスを まき散らしている?
d0174983_20431788.jpg
 
 コウモリの群れ?
d0174983_20421891.jpg

 コンデジの限界まで 望遠にすると、、、
d0174983_20441030.jpg

 「浜鴫(ハマシギ)」の群れのようです。 

 気温が下がり始めたころから 夕方の運河で 連日 見るようになった光景です。

 かなりの数の ハマシギが 賑やかに鳴きながら ぶつかることもなく 見事に同じ方向に飛んでいます。

 時に ハート形になり、時に三角になり、うねるように形を変えます。

d0174983_20492759.jpg


 日に日に 鳥の数が増え、群れが大きくなっています。

 渡り鳥たちの ツアー集合場所なのかもしれません。
d0174983_2103724.jpg

 
by saint-arrow-mam | 2013-10-29 06:00 |   野鳥・水鳥 | Trackback | Comments(4)

豊洲 マラソン大会

 Shinが出張で 京都へ、 Haruちゃんも仕事で 出社。
 昨日とは正反対のお天気の良い日曜日を 終日 koharu と一緒に過ごしました。

 今日は 豊洲マラソン大会が開催されています。

d0174983_13212693.jpg

 午前中は ブログの取材方々、ベビーカーで スタート地点、豊洲公園まで お散歩です。
 たびたび構えるバーバのカメラに すっかり慣れたkoharuは カメラ目線を覚えました。

d0174983_13251861.jpg

 走ってくる選手に 「ガンバレ!ガンバレ!」   と 声をかけても 全く反応しない koharu。

 そうだった。   「カープ! カープ!」     と 声をかけると 両手をバタバタさせる koharu。

 よし、これでよいのだ!!! (笑)

d0174983_1330280.jpg

 12時 お昼を食べさせ、 13時 お昼寝の添い寝、 15時 軽食を食べさせ、
 16時 公園で遊ばせ、17時 室内で遊ばせ 18時夕食を食べさせて 19時 親元に返し、
 バーバは 無事に 「臨託 マラソン」 を完走したのでした。
by saint-arrow-mam | 2013-10-28 06:00 |   東京23区内 | Trackback | Comments(2)

寒い一日


 台風の影響で 昨日は 朝からシトシト雨が降り 寒い一日となりました。

 7月に 東京に来たので 秋冬の服は 広島に残したままなのです。

 帰広するたびに Shinpapaが 少しずつ 季節の服を持って来てもらうのですが、
 「どこから探してきたの?」というくらい 「古い服」を 選んで持ってきてくれます。

 普段 女房がどのような服を着ているのか 全く興味がない、、、ということの現れです。(笑)
d0174983_10165234.jpg

 昨日の 豊洲の気温変化をグラフにしてみると
 結果は 夜中より 日中の方が気温が低い、、珍しい一日だったようです。

d0174983_1012616.jpg

 先ほど koharuが やってきましたが、 鼻水を垂らしております。

 さあ 臨託のはじまり、はじまり、、、、。
by saint-arrow-mam | 2013-10-27 10:17 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

秋のコサギ 


 秋の日は つるべ落とし。
 日が短くなり 保育園からの帰り道 運河沿いの遊歩道は 薄暗くなっています。

 このところ 台風の影響で 急に涼しくなったからでしょうか、様々な水鳥の姿を みかけるようになりました。

 今日は コサギを見つけ、カメラを構えました。

d0174983_2056981.jpg

 koharuも じーーーーーと 見ています。

 ところが 嬉しさのあまり奇声をあげたkoharuに 驚いたコサギが、、、

d0174983_20565069.jpg

 サギもたくさんの種類があるので、 koharuに正しい名前を教えるために
 見分け方を アップしておきます。

d0174983_2122194.jpg

by saint-arrow-mam | 2013-10-26 06:00 |   野鳥・水鳥 | Trackback | Comments(4)

カフェ with  すずめ


 台風の影響を心配して 早めに帰広する Shinpapaを バス停まで見送った帰り道
 一人で 近所のオープンカフェへ 寄り道しました。

 ホットケーキを食べていると いきなり スズメが テーブルの上に現れました。
 
 すっかり人慣れしているようで 「おこぼれが欲しい」と 言いたげな様子。
 カメラを構えて、、、、、ひとかけらのケーキを ポイ!

d0174983_21502877.jpg

 すると すぐさま 仲間が同じように テーブルに上がって 私の様子をうかがっています。
 仕方がないなあ、、ポイ! ポイ!

d0174983_21515747.jpg
 
 すると 次から次に 集団でやってくるのです。
 これ以上は 私も面倒見きれないよ、、、ポイ!ポイ!ポイ!ポイ!

d0174983_21542281.jpg

 こんなものを食べていては 都会のスズメは コレステロール値が高いだろうな、、、、
 と 実に くだらないことを考えながら、家に帰りました。
by saint-arrow-mam | 2013-10-25 06:00 |   野鳥・水鳥 | Trackback | Comments(4)

六義園

 首も足首も 少しずつ快方に向かっているので 連続で庭園を歩くことにしました。
 駒込駅から歩いて7分、 東京9大庭園の一つ 「六義園(りくぎえん)」です。
d0174983_21411559.jpg

 六義園は 柳沢吉保が 1702年に築園した 「回遊式築山泉水」の 大名庭園です。
 清澄庭園などと同様、 明治に入って 三菱の創業者、岩崎弥太郎の別邸となりました。

d0174983_2123284.jpg

 広島にある縮景園を ちょっと大規模したイメージです。
 手入れが行き届いているので 池の周りを歩くだけで 楽しくなります。 

d0174983_21235081.jpg

 デザイン優先のように見える飛び石ですが、非常に歩きやすく設計されています。
 元気なら ケンパ ケンパ と飛んでみたい気持ちになりますけど、、、。(笑)

d0174983_21263357.jpg

 ナナカマドが 一部だけ赤く色づき 緑の中で 際立っていました。

d0174983_2127169.jpg

 お気に入りのベンチに座って和歌を一句、、、となれば風流ですが、現実は お弁当を広げてパクパク。
 楽しい時間は あっという間に過ぎていきます。 

d0174983_21312143.jpg
 
 眺めのよいお茶室で 食後の一服をいただくと 急いで帰途につきます。
 今日は koharuの定期検診なので、早めにお迎えに行かなければなりません。

d0174983_21383023.jpg
 
 次に 2人で 庭園を歩けるのは Shinpapaが 上京する11月9日以降。
 
 さあ、また 私一人での臨託が 始まります。
by saint-arrow-mam | 2013-10-24 06:00 |   庭園に行こう | Trackback | Comments(4)

旧古河庭園  (10月)

d0174983_22443551.png
 


 東京で 「バラ」で検索したところ 「旧古河庭園」が 表示されました。

 以前 この庭園は バラの時期に訪れ 
 ブログに アップした事がもあったのに すっかり忘れていました。

 有楽町線の市ヶ谷駅で 南北線に乗り換え 西ヶ原で下車。 
 片道 約 50分です。


 旧古河庭園は 明治の元勲 陸奥宗光の本邸だったのですが、その後 古河財閥の所有となったそうです。

 現在の洋館は 鹿鳴館などを手掛けた かのジョサイア・コンドルの建築で
 庭園は 京都の庭師・植治こと 小川治兵衛が手がけた名園です。
d0174983_22243185.jpg

 西ヶ原の郵便局でもらった風景印と 同じような角度で 写してみました。

d0174983_22292725.jpg

 五分咲きということでしたが、園内は 馥郁たるバラの香りに包まれていました。

d0174983_2231685.jpg

 洋館をバックにすると 広島の植物園で見るのに比べると ずいぶん オシャレでハイカラな植物になります。

d0174983_2232330.jpg

 Shinpapaが パシャパシャ 写した作品から、一枚 拝借。

d0174983_22341269.jpg

 あいにくの曇り空でしたが アマチュアカメラマンや スケッチを描く人で いっぱいです。

d0174983_22371546.jpg

 人のいない空間のバラを写そうとすると 1枚の写真を写すのに とても時間がかかりました。

d0174983_22374798.jpg

 明後日に 帰広する予定の Shinpapa。
 次に上京した時には 紅葉が 美しく色づいているだろうなあ。
d0174983_2332377.jpg

by saint-arrow-mam | 2013-10-23 06:00 |   庭園に行こう | Trackback | Comments(4)

葛西臨海公園 10月 (2)

 今月 2回目の 終日臨託。
 
 ジージとバーバは また 水族館に 連れて行ってくれました。

 今朝は寒かったので ダウンのジャンパーを着て行ったのに
 バーバが 薄着にしなさいと 脱がすんですよ。  ヒャーーー寒い。

 水族館は 平日でも 空いている早い時間が おススメ。
 館内の順路にも すっかり慣れて 上手にお魚を 見せてもらえるようになりました。

d0174983_2054871.jpg

 前回 ペンギンを見ても 全然 なんだか わからなかったのに 
 今日は ペンギンが歩く様子が すごく面白くて 手を振って 大喜びをしちゃいました。

d0174983_20571835.jpg

 お昼は バーバが 離乳食を お弁当に 持ってきてくれてます。
 でも バーバが食べている おうどんが美味しいそうだったので 少し もらちゃった。

d0174983_20583532.jpg

 帰り道は バーバに抱っこされたままお昼寝。

 首が悪いバーバには申し訳ないけど、ジージの足の方が危なっかしいもので、、、。(笑)
 
 おうちに着いても そのまま ベッドで寝ちゃいました。

d0174983_2059050.jpg

 夕食を食べて お風呂に入って いつもの時間に おうちに帰りました。

 バーバの首が ちょっと痛くなったというので 心配だけど  明日も 保育園に迎えに来てね。
by saint-arrow-mam | 2013-10-22 06:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(6)