<   2014年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

日比谷公園 小音楽堂

 ずーーーと昔、 日比谷公園を訪れたときに ホームレスがあまりに多くて 怖い思いをしたので
 あまり良い印象を持っていなかったのですが、所用の帰りに 立ち寄ってみました。

 公園の入り口に 「第864回 都民の集い」という看板が立っていたので、
 「これはまずい、反政府デモなのか?」 と 心配しながら 恐る恐る近寄ってみると 
 屋外ステージでコンサートがあるようで、ぞろぞろと人の流れが動いています。

(パノラマ加工)
d0174983_21573231.jpg

 大きな木が 新緑の優しい葉を付けた枝を伸ばし、客席に大きな日陰のスペースを作っているので
 ひと休みを兼ねて ちょっと拝聴させていただくことにしました。
d0174983_2203252.jpg

 司会者の福田純子さんは なんとも優しい声の女性で、
 その声を聞くだけで 幸せな気持ちになりました。

 ステージは 四方にオープンなので、正面から写すと 背景が新緑になります。
 彼女は プロの司会者ですから きっと緑に同化せず、際立つ色の服を選ばれたのだと思います。
d0174983_2264830.jpg

 配布されたパンフレットによると 演奏する東京消防庁音楽隊は 
 平成24年に「日本管打・吹奏楽アカデミー賞」を受賞したそうです。

 当然 曲目は管弦楽と異なりますが、軽快な「鍛冶屋のポルカ」などは
 管楽器の特徴を生かした曲なので 思わず行進したくなります。
d0174983_2275194.jpg

 見回したところ 観客の大半は高齢者で、中には 外国人や あきらかにホームレスらしき人もいて、
 無料コンサートの観客は 非常にバラエティーに富んでいます。(笑)
d0174983_2212215.jpg

 この日の東京の最高気温は 29℃。
 でも 屋外ステージには 涼しい風が吹き抜け あまりに心地よくて このまま昼寝がしたいくらいです。

 なのに 公園の帰路 炎天下を歩くとトレーニングジムと同じくらいの汗をかきました。
 暑さに慣れていない頭が ぽーーと しています。

 豊洲に着いてすぐ、駅の近くの「そじ坊」へ飛び込んで 冷たいお蕎麦を食べ、
 体を冷やしてから 家に帰りました。
d0174983_22152472.jpg

 はや6月、夏が来てしまいました。
d0174983_22413721.gif

by saint-arrow-mam | 2014-05-31 06:00 |   コンサート | Trackback | Comments(8)

4種めの ツユクサ

 ブログをしていてよかったと思うのは 
 蒐集するつもりはなくても ブログにさえ纏めておけば
 先で 新たな出会いがあった時に すぐに確認して コレクションを増やすことが容易なことです。
d0174983_201494.jpg

 歩道脇で 白い「ツユクサ」を見つけました。
 白いツユクサを見たのは 初めてだったので 調べてみると 「オオトキワツユクサ」という名前のようです。
    <<  オオトキワツユクサ  >>
 トキワツユクサと似ていますが トキワツユクサは茎が紫色で オオトキワツユクサは緑色なので
 容易に見分けがつきます。

d0174983_1593190.jpg


 以前 パソコンの中に集まった3種のツユクサをアップしており これで 4種 揃ったことになります。
d0174983_1574555.jpg


 また 昨日は ピンクの Bottlebrushにも 出会い、赤に続いて2色目をゲットしました。
 今後 違う色のBottlebrushに出会うことを期待して 先日のブログに 追記として 纏めておくことにしました。

d0174983_15265323.jpg

by saint-arrow-mam | 2014-05-30 06:00 |   植物 | Trackback | Comments(6)

基準値の変更

 公園の周りのタイサンボクに 白い花が咲きました。
 花は2日ほどの命ですが、毎日次々に花が咲くので 長く楽しませてくれます。

 乾燥した葉を煎じて飲むと 高血圧に効くそうで、
 タイサンボクを見ると それを教えてくれた 祖母を思い出します。

d0174983_23163027.jpg
 
 今日、帰広している Shinpapaから 無事に健康診断を終えたというメールが来ました。
 深刻な状態ではありませんが 持病があるので、毎年、本人は検査結果を非常に真摯に受け止めます。

 実は 今年の4月4日に 人間ドックの血液検査で「健康」の基準とされる値が 現在の基準より緩くなるという発表がありました。

 男性の中性脂肪や男女のLDL(悪玉)コレステロールの上限は 大幅に緩和され、
 Shinpapaが 気にしている中性脂肪は 150未満から198以下に緩和。
 120未満が良いとされてきた悪玉コレステロールは、男性178以下、
 女性は年齢を3段階に分け、高齢女性で190以下となっています。

 でも 今迄通り 摂生をするに越したことはないので、
 Shinpapaが気づくまで 数値基準が緩和されたことは 内緒にしておこうと思います。(笑)

 
by saint-arrow-mam | 2014-05-28 23:38 |   健康 | Trackback | Comments(10)

Bottlebrush

 マンションの中庭には 次々に目を引く木が出現して 心地よい驚きを与えてくれます。

 今年に入って ミモザの花、や紅枝垂れモミジが 目を楽しませてくれましたが、
 今度は、赤い花をたわわに つけている樹木が現れました。
d0174983_14465777.jpg

 近寄って 房のようになっている花をみると ちいさな袋からはじけ出るような咲き方をしています。
d0174983_14473893.jpg

 先端の袋だけは 真下に向いて咲いています。
d0174983_14481546.jpg

 
 この樹木の日本名は 「金宝樹(きんぽうじゅ)」。
 でも 一般には「ブラシの木」と呼ばれ、 公園などでよく見かける樹木です。

 オーストラリアで最初にこの木を見たときに 教えてもらった名前は Bottlebrushでした。
 「ビン洗い」に 形が似ている、そのままのネーミングで とても覚えやすい名前でした。
d0174983_1455627.jpg

 
 決して珍しい木ではありませんが、これほど大きなBottlebrushは 見たことがなく、
 日本でも 環境が適せば 大木に成長するんだということを知りました。

 << 5月29日 追記 >>

 ピンクのBottlebrush を見つけました。
 いつの日か 黄色や白などにも出会えたら うれしいです。
d0174983_15214461.jpg

 
by saint-arrow-mam | 2014-05-27 06:00 |   植物 | Trackback | Comments(10)

探鳥会 5月

d0174983_19401312.jpg


2度目の葛西臨海公園での探鳥会に出かけました。

近くで鳥を見ることができないことは すでに前回経験していますので 余計な期待をせずに参加しました。

でも正直いって もう少しは見ることができるかと思っていたのですが 結果は ものの見事に不発に終わりました。
4月と5月では 見ることができる鳥が違う、、と聞いていたのですが、見ることができる鳥の「数」が違う ということだったのでしょうか?(笑)

探鳥会という名のウォーキング と思って せっせと歩きます。

お弁当を食べる時間を含め 5時間の探鳥会。
前回と同じ 葛西臨海公園と 葛西海浜公園ですから 目新しいものはありませんが
新緑が一段と美しくなり 咲く花の種類が すっかり変わっていました。

今日は真夏日になる、という天気予報だったので、ペットボトルを2本持参。
ところが 一日中曇り空の上に 海風が強く吹くので 体温を奪われるばかりです。
薄着をしてきたおじさんが 「寒くてたまらん。 天気予報が、天気予報が、、」と ずーーーーと文句を言っていました。(笑) 

参加者は 前回より多くて 約70名。
お江戸は すごいなあ。

前回 グループの後ろの方を歩いたために 鳥が逃げた後を追いかける形になってしまったので 今回は先頭グループにくっついて行きます。



 前回より 人が多い分だけ バズーカ砲の数も多く、見せていただくのに遠慮しなくて済みました。
d0174983_19561767.jpg

 ただ、のぞき窓から鳥を見るときには あまりに人が多くて 割り込むことができません。
d0174983_19573736.jpg

 1ヵ月前と 同じ時間に 同じ場所に来ているので、同じように潮干狩りをしている人がいっぱいいます。

d0174983_1959347.jpg

 鳥は はるか 遠くにいます。 オーーーーイ!!
d0174983_19594260.jpg


 << あまさぎ >>

 もう少しすると 羽が 「亜麻色」になるというのですが、まだ白いので 私にはシラサギと区別がつきませんでした。
d0174983_2033460.jpg


 << オオバン >>

 遠くて しかも後ろ向きでしか写せませんでした。
d0174983_2041024.jpg

 実は ミヤコドリを見つけて 写したのですが、遠かったために どれもボツ、残念です。
 せめて 大写しで。
 黒い鵜(う)の手前で海面に浮かんでいる白黒の鳥が ミヤコドリ、飛んでいるのはカモメだそうです。
d0174983_207791.jpg


 鳥類園には 鳥が好きな実がなる植物が植えられています。
 また 「カラテネオガタマ(下 右)」の花は バナナの香りがする 鳥が好きな花だそうです。

d0174983_20102812.jpg

 臨海公園に たくさん咲いている花の中から、初夏を感じる花をピックアップ。

d0174983_20121240.jpg
 
 来月も 第4日曜日に 探鳥会があるので、悩みながらも、雨が降らなければ 行くと思います。
 それまでに ひとつでも鳥の特徴を覚えるように 努力しておきたいと思います。
d0174983_181263.gif

by saint-arrow-mam | 2014-05-26 06:00 |   野鳥・水鳥 | Trackback | Comments(6)

ワードで新聞風に

 Word を使って新聞風に作る、という作業を 先輩ブロガーさんから教えていただいたので
 トライしてみました。

 Word の使い方を イマイチわからないまま 今日まで来ているので、
 何度トライしても 思うように作業ができず、ここ数日は ずっと泣きたい日々でした。

 結局 思い描いた通りにはいきませんでしたが、なんとかここまでできました。

d0174983_21554539.jpg

 実は ミッキーのゆで卵の 画像横の 空白部分にどうやっても 文字が入らないのです。

 作戦としては J-trimを使って この部分に 何かを張り付ければよいと思うのですが、
 それでは まるまるWord で作ったことにならないので 
 また 時間のある時を見つけて 続きをチャレンジしようと思っています。

 しかし連日 Word に付き合っていると 今まで 知らなかった機能が 少し理解できました。
 なんでも わかるまで やってみないと いけないのに つい怠けてしまいます。

<< 同日 追記>>

 できなかったことを教えていただくと 目の前の霧が晴れたような爽快感があります。
 一つ一つ検証しながら 修正してみました。

d0174983_16535010.jpg

How to 画像の右にも文字を書く
 画像の上で右クリック → プルダウンメニュー「文字列の折り返し」→「四角」

How to 文章の中に見出しをつける
 「挿入」 → 「記号と特殊文字」 → 「記号と特殊文字」 → 形を選択

How to バックの変更
 「ホーム」 → 「塗りつぶし(ペンキ缶の横の▼をクリック) → 色を選択

How to 区切り線の修正 及び 追加
 「右クリック」 → 「セルの統合」 → 「罫線」

How to 新聞らしい工夫
 横にテキストエリアをつくり 日付と発行責任を入れる


 

 先輩ブロガーが 作成してくださったお手本を 感謝の意を込めて ここにアップします。
 なんとも 美しく きっちりと 新聞らしくまとまっています。
 これほど はっきりスキルの差がわかるブログはないだろうと おかしな自信を込めて。(笑)

d0174983_170462.jpg

by saint-arrow-mam | 2014-05-25 17:14 |   パソコン・ソフト | Trackback | Comments(4)

マザーリーフ 成長記録 (2)

 西表島で買ってきた 「マザーリーフ(ハカラメ)」が 順調に大きくなっています。

 写真を撮り、成長記録を残すほどのことはない植物ですが 
 ブログにしておくと いつでも振り返ることができ、成長の様子がわかるので 楽しみに「なります。

  < マザーリーフ 成長記録 (1) >
d0174983_10313245.jpg


    5月24日
   葉が大きくなったので 1枚と2枚に分け ガラス器に移して育てています。
   そろそろ 土の上に植え替えてやらなければ いけないかなぁ。
d0174983_10343644.jpg

d0174983_10375520.jpg

by saint-arrow-mam | 2014-05-24 10:46 |   植物 | Trackback | Comments(4)

トビウオ

 お江戸の魚屋さんは 
 マグロなど赤身の魚の売り場面積が広く、干物の種類も豊富なことに 慣れましたが、
 今日は 驚くほどたくさんの鮮度の良い「トビウオ」が売られていて びっくりしました。

d0174983_081075.jpg

 『さくらんぼ』 と 『トビウオ』 は 初夏の風物詩だと思いますが
 広島のスーパーで 山積みされたトビウオを見たことがありません。

 珍しいので カメラを出して写していると
 魚売り場のおじさんが、写しやすいように わざわざトビウオを 並べてくださいました。

 ただ、それだけのことを ブログにアップする 実に平和な昼下がり、、、でした。(笑)
d0174983_0123919.gif


 



 
by saint-arrow-mam | 2014-05-23 15:34 |   食材 | Trackback | Comments(6)

常連めし (5) きじ

 「常連めし」のシリーズを ブログアップするのが 5回目になりました。

   常連めし (1)    インド枯 中栄
   常連めし (2)    キッチン南海
   常連めし (3)    青山シャンウェイ
   常連めし (4)    チョウシ屋

 実は 「常連めし」というテレビ番組は 今年に入って 放映が終了し、
 ブログのシリーズも もはやこれまでか と思っていましたら
 なんと テレビで紹介されたお店をまとめた本が 出版されていました。

 その本を手にしたShinpapaは喜んで、早速行きたいお店に たくさん付箋を付けています。
d0174983_13153345.jpg

 早速 その中から 今日は お好み焼きを食べに 「きじ」というお店に行きました。
 場所は東京駅と 有楽町駅の中間にあり、有楽町線を利用することが多いので 便利な立地です。
   (地図は 最後にリンクさせています)
d0174983_13164044.jpg

 大阪に本店があるようです。
 関西風のお好み焼きを食べることなど 殆どないのですが、贅沢は言っていられません。
 もんじゃ焼きよりは マシです。

 新しいビルの中のお店なので きれいな店内で、 なにより鉄板で食べさせてくれることが嬉しいです。
d0174983_13203147.jpg

 ジモンさんのおススメの「マストメニュー」の 「すじ肉焼き」を注文。(1、000円)

 甘い 関西風のお好みソースが 広島のソースと異なり、私には違和感がありましたが、
 これはこれで 癖になると 甘党のShinpapaは 満足していました。
d0174983_13235244.jpg

 ゴルフの試合があるとかで、今日、Shinpapaは 帰広してしまいましたが
 この調子ですと 上京するたびに 「常連めし」に 連れて行ってくれそうな気がします。

 ふむふむ、カテゴリーに 新しく「常連めし」のタグを作ろうかな?

d0174983_13351872.jpg   << きじ 丸ノ内店 >>

 千代田区 丸ノ内 2-7-3 東京ビル B1F     地図
  03-3216-3123

 営業時間  11:00~15:00
         17:00~23:00 (L.O.22:00)
by saint-arrow-mam | 2014-05-22 13:47 |   常連めし・孤独のグルメ | Trackback | Comments(7)

吉田(阿吽)旅人 コンサート

 コンサートのブログをアップするのに これほど悩んだことはありません。
 今の気持ち、感激を どう 表現したらよいのか 全くわからないのです。

 いつも コンサートにお邪魔している知人のお嬢さん(E音楽大学 声楽家 講師)の専門は ドイツリート(ドイツ歌曲)です。
 それだけに イタリア歌曲より はるかにドイツ歌曲を聞く機会の方が多く、
 ささやくような優美さと ストーリーを感じさせる独特の歌唱方法を 少しは知っているつもりでした。
d0174983_1953156.gif

 豊洲 ~(有楽町線)~ 有楽町 〜(JR京浜東北線) ~日暮里

 横降りに雨が降る中、日暮里に9時半までに行くために 早起きをして出かけたのですが
 通勤ラッシュの時間帯であることを 労働してない2人は すっかり忘れておりました。(笑)

 コンサート会場は 日暮里サニーホールで 駅のすぐ近くです。
 Shinpapaは コンサートの途中で絶対に寝てしまうので 駅前で別れ、私一人でコンサートへ行きます。

d0174983_2093652.jpg

 「無料」となっていますが、皆さんが受付で2、000円出していらっしゃたので
 私も 2、000円を お支払いして 会場に入りました。

 開演になり、辺りを見回すと 30名弱の入場者全員が女性で 一人も男性がいませんでした。
 Shinpapaを連れて来なくて正解だった、とホッとしました。(笑)
 吉田氏も伴奏のピアニストも70代、来場者の平均年齢もそれなりなので アットホームな感じがしました。

d0174983_207358.jpg
 
 吉田氏は シャイな方のようで、初めは小刻みに手が震えていましたが
 なんとも力強い歌声で そして美しいドイツ語で 几帳面に歌い上げていきます。

 終わりの時間が決まっているから、と 次から次に 休むことなく 歌詞を朗読され、歌を歌われ、
 ピアノの連弾まで演奏される吉田氏を、くちアングリで見ているうちに 2時間半が経っていました。 
d0174983_1953156.gif

 さて、さて、
 不思議なことに 何曲聞いても いつブレス(息継ぎ)をしているのか 私には わかりません。
 これだけ 次から次に歌い上げているのですから、ブレスしているのが わからない訳がないのに
 ついに 最後まで 全くわかりませんでした。

 吉田氏は特別な呼吸法を習得されているようですが、声量はあるし、ロングトーンでもぶれないし、
 すごすぎるほどの歌唱力なのです。
 CDと異なり、修正の効かない生の歌声で、私には アンビリーバブルです。

 しかも とても70代とは思えない、、と言ったら失礼にあたるくらい つやのある声の持ち主です。

d0174983_20161816.jpg

 実は パンフレットを 広島の知人の御嬢さんに渡してくれるように
 明日 帰広するShinpapaに頼みました。
 彼女が この歌を聞いたら また この歌唱法を知ったら、なんというのか 聞いて見たくて仕方ありませんので
 今後のコンサートの日程表も 彼女にメールしようと思います。 

 実は 「歌の翼に」という ハイネの詩にメンデルスゾーンが作曲した有名な歌曲が 好きなので
 背景も 意味も なにも知らずに 時々 聞いていたのですが、
 今日は その意味を教えていただき、また同時に この曲は 男性が歌っても 迫力があって良いものだということを知りました。

        
 
by saint-arrow-mam | 2014-05-21 21:30 |   コンサート | Trackback | Comments(4)