<   2014年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

関空から スイスまで

 さて、 根性をすえてスイスに向かいます。
 直行便ではなく パリでトランジットするので、 ホテルに到着するまで 順調でも16時間かかります。

d0174983_694053.jpg

 まずは 関空のラウンジで お昼を食べます。
 そして アルコールも注入しておきます。 軽く ホワイトワインを駆けつけ2杯。
d0174983_6113493.jpg

d0174983_6141729.jpg

 関空ではシャトルに乗って 出発ゲートまで向かいます。
d0174983_612185.jpg

 機内へと案内されましたが、ビジネス席には 空席が目立ちました。
 定刻に離陸し、水平飛行になると 再びアルコールを注入します。
 今度はシャンペンに。
d0174983_6143680.jpg

 日本上空を飛び去ると お食事のメニューが届きました。
 というより、ワインリストが届きました。(笑)
 
 第1回 機内食です。
 さっき お昼を食べたのに、といいながら別腹を用意します。
d0174983_6175752.jpg

 さすがに半分以上残しましたが ビールは 飲みました。
 チーズと一緒に シャンペンを勧められ また飲みました。
d0174983_6185470.jpg

 窓を閉め お休みタイムに入ったのですが 眠られず、
 本を読んでいると フランス人の男性キャビンアテンダントが アイスクリームをくれました。
 そして、また本を読んでいると、カップヌードルも くれました。

 フランス男性は女性に優しいと言っても これはいくらなんでも過剰です。(笑)
d0174983_6205938.jpg

 映画で 再び「アナと氷の女王(英語版)」を見て いるうちに パリが近づいてきました。
 すると 2回目の機内食です。

 今度は 3分の1 くらいしか食べることができません。
 ふーーーー 苦しい、、、胃腸薬を飲みます。

d0174983_6223063.jpg

 フランスを10年ぶりに 上空から見下ろし 感慨にふけります。
 雨のパリへは 定刻に着陸しました。

d0174983_625119.jpg

 パリでのトランジットは 1時間のはずだったのですが、
 なんということでしょう、飛行機の タイヤの交換をするというのです。

 結果 な、な、なんと 2時間も 待たされます。
 ラウンジで 軽食を取っているのですが、この影響で 「軽」食が 「重」食に。
 そして アルコールの摂取量も、増えてしまいました。

d0174983_6263096.jpg

 ヨーロッパ線の飛行機は小型なので、 ビジネス席は6席しかありません。
 操縦席がよくみえるので、Shinpapaが喜んでいます。
d0174983_6512738.jpg

 飛行機も私も なんとか パリを飛び立ち、ホッとしたのも つかの間、、、
d0174983_6274640.jpg

 また 機内食です。
 もう さすがに胃が何も受け付けません。
d0174983_628995.jpg

 1時間少々のフライトで スイスのジュネーブへ着陸。
 上下に揺れる飛行機に 胃の中がシェイクされ 気分が悪いのですが 自業自得です。

 スイス着陸直前に きれいな虹を空から見ました。
 明日は 晴れるといいなあ。
d0174983_6292089.jpg

d0174983_6294083.gif

やっとのことで スイスに着いたときには 腰まで痛くなり 泣きそう状態でした。
ところが 空港からグリンデルワルトまで さらに バスで2時間半かかるのです。
d0174983_631575.jpg


ホテルに着いたときには 日付が変わって いました。
d0174983_761632.jpg

ホテルを出てから ホテルで横になるまで24時間。
地球が狭くなったと 思っていましたが 訂正します。

スイスは とっても 遠い国です。
by saint-arrow-mam | 2014-06-30 00:00 |   スイス | Trackback | Comments(6)

関空ラウンジにて

d0174983_956844.jpg

早速、アルコールを注入しています。
パリまで12時間のフライトが、まもなく始まります。
by saint-arrow-mam | 2014-06-29 09:56 |   スイス | Comments(8)

国内移動 関空へ

 大阪支店 と 東京支店の共同企画ツアーなので
 「成田」から出発するグループと 「関空」から出発するグループがあります。
 添乗員さんは 「成田」から同行され、トランジットのパリでグループが合流します。
d0174983_1428599.jpg

 当初 「成田」から出発しようと思ったのですが、
 成田便のビジネス席の確保が難しい上に 旅費が 「関空」発の方が 1人万円(2人で万円)安いのです。

 ツアー会社(朝日旅行社)が 「羽田」から「関空」の航空運賃を「無料」に、
 しかも 自宅から空港間の往復、トランクを無料で宅配してくれるというので 「関空」発に決めました。

d0174983_14372779.jpg

 明朝、羽田を出発しても間に合うのですが、 何かあっては困るので 関空に前泊します。

 13:40 ラウンジで「官兵衛」を見ています。

d0174983_1346088.jpg


<< 追記 (ホテルの部屋にフリーWiFiがありましたので、、、) >>

 羽田空港搭乗口は503番
 飛行機まで 空港バスで連れて行かれました。

 キャーーー、真っ黒い飛行機なんて嫌だあ。
 スカイフライヤーとANAの共同運航便ですが 色が、色が、黒いなんて、、、、。

 でも テレビは完備しているし、フットレストはあるし、設備は◎です。
d0174983_21584235.jpg

 羽田離陸時は 雨、関空着陸時は曇でした。
d0174983_21593211.jpg

 前泊の宿は 関空から直結している「ホテル日航関西空港」です。
d0174983_2201256.jpg

 久しぶりに 関空のショッピングモールをウロウロして、スイスでの「行動食」を調達しました。

 夕食はホテルの中の和食レストラン「花ざと」で。
d0174983_223493.jpg

 茶葉の天ぷら等 美味しい料理が続いていたところで お品書きに無い 「梅そうめん」が出てきました。
 あれ? 茶そばじゃなかったっけ? と思いながらも、美味しかったので それはそれで大満足。

 するとすぐに チーフマネージャーの新治さんが、間違えました、と 重ねて茶そばを出してくださいました。
 もう お腹もいっぱいになっていたので 辞退したのですが、
 一口食べたところ あまりに美味しくて ペロッと食べてしまい 大笑いです。

 最後にチーフマネージャーが お詫びの印にと コーヒーまで出してくださいました。

d0174983_2284099.jpg

 美味しい料理をいただいた上に、度重なるマネージャーの心遣いに嬉しくなりました。
 

 最後に マネージャーと少しお話をして、名刺をいただき お店の外まで送っていただきました。
 旅のスタートの食事が 思いがけず心地のよいものになりました。
 これは さい先がよさそうです。
by saint-arrow-mam | 2014-06-29 00:00 |   スイス | Trackback | Comments(8)

山岳王国へ

 ジージとバーバに 夏休みをもらったので 海外へ逃亡します。
 限られた日程と 行きたいところを突き合わせた結果 逃亡先は 『山岳王国スイス』にしました。

 スイスには 2011年8月に ドロミテの旅をしたときに イタリアから氷河列車で2つの都市に立ち寄りました。
    (地図の 紫のライン)

    サンモリッツ   http://runslowly.exblog.jp/14406167/
  
    ルガノ       http://runslowly.exblog.jp/14417831/
 

 でも この時に、ハプニングが起こったために、ツアーから離団して 
 2人だけで移動した思い出のルートであるだけに 今でもよく覚えています。

   http://runslowly.exblog.jp/14411727/
  
   http://runslowly.exblog.jp/14413632/

 
 今回は 黄色のラインを移動します、ただし ハプニングがなければ、、、ですけど。(笑)

d0174983_1593262.jpg

 移動は少なく グリンデルワルトに4泊、ツェルマットに3泊するハイキング中心のツアーで
 ほとんど食事がフリー、自由時間が かなり確保されています。

 両都市とも スイスの中では ドイツ語圏の地域ですが、
 スイスは バイリンガル、マルチリンガルの方が多いことを経験していますので
 自由行動をしても 英語が通じるものと 安心しています。

 「インスブルック」に滞在した30日に比べれば 非常に短い期間ですが、
 可能な限り 現地の人の中に入り込んで ハイキングをして来ようと思っています。

  インスブルック    http://runslowly.exblog.jp/16562203/ から ブログ連載 30日間

 今年は 日本スイスの国交150周年なので
 スイス観光局から 記念に作成した資料を送ってもらいました。
 
 現地では 「お得な記念クーポン」 と 「花の名前が書かれた冊子」が特に役に立ちそうです。

d0174983_1510141.jpg

 また 今までに読み漁った山岳小説の中から アイガーを題材にした本数冊と
 ハイキングルートを詳しく調べた 山のような資料を 持って行きます。

 もちろん お休み前のバイブル、数独も。(笑)

d0174983_15103349.jpg

 Shinpapaの予定に合わせて 28日 羽田から関空へ向かい宿泊。
 翌29日 パリ経由で チューリッヒへ 飛びます。

 「ノートパソコン」 と 「旅レコ」 と 「アイゼン」 が お供をさせて欲しいというので 連れて行きます。

 それでは ごきげんよう   Auf Wiedersehen!!
d0174983_15484616.gif

by saint-arrow-mam | 2014-06-27 06:00 |   スイス | Trackback | Comments(14)

ホワイトケーキ

 
 昨日は koharuが風邪気味なので 保育園を休ませて 終日臨託となり、
 予定していたことができず、夜もバタバタして、ブログをお休みしました。

 食欲が落ちているkoharuのために 今日は 朝から 十八番のホワイトケーキを作りました。
 
 我が家では 大変好評なのですが Haruちゃんも気に入って 作り方を教えて欲しいと言ってくれているので
 どうせなら 写真入りのレシピを作って渡そうと思い 撮影しながら作りました。

 <<  ホワイト ケーキ のレシピ  >>

d0174983_11315179.jpg 

d0174983_1120865.jpg


 { 台 }
   * リッツ        39枚 (1箱)        * バター    50g

 { フィリング }
   * ヨーグルト     500ml (1パック)     * 生クリーム   200ml (1パック)
   * グラニュー糖   110g              * レモン果汁   少量
   * 粉ゼラチン   大さじ2                
     ㊟ 粉ゼラチンは 動物(主に牛)の骨などから抽出したコラーゲンを精製したものなので
       日本のメーカー方が安全な気がします。


d0174983_11381450.jpg

d0174983_1142276.jpg

  ゼラチン(大さじ2) を 160ccの水で ふやかす(浸して柔らかくする)。

  バター(50g) を室温に戻しておく。


d0174983_11461954.jpg

d0174983_11472425.jpg

  リッツ をミキサーで できるだけ細かく 粉砕する。
  (今回は ミキサーがないので ビニール袋に入れ ビンで叩いてつぶしています)

  室温に戻したバター に 粉状のリッツ を加え、手でよくこね粘土のような状態にする。
  (パサパサになるときは バターを追加する)

  等分にし 容器の底に 敷き詰めておく。
  (容器の深さや好みで 隙間なく敷き詰めれば OK)


d0174983_11571514.jpg

d0174983_11575625.jpg

  生クリーム(250ml) に グラニュー糖 (110g)を合わせて 8分だてにする。
  (柔らかい角が立つ程度でやめること。 あまり泡立てると 仕上がりが硬くなり 口触りが良くない)

  さらに ヨーグルト を加え混ぜたところへ、湯せんして溶かしたゼラチン液 を加える。
  (ゼラチン液は低温で固まるので、混ぜながら少しずつ 手早く入れる)

  最後に レモン果汁 を入れ よく混ぜる。
  (好みの分量でよいが、大さじ1杯程度を目安に。 多すぎると分離する)


d0174983_129554.jpg

d0174983_129405.jpg

  台に フィリングを流し込み 冷蔵庫で数時間冷やして 完成。
  (蓋をしないで 冷やした方が表面がきれいに仕上げる)
by saint-arrow-mam | 2014-06-26 13:35 |   クッキング・レシピ | Trackback | Comments(4)

商業ビル完成間近

 昨年7月に 上京して豊洲に住むことになった時、すぐ近くに建築中だった商業ビルが
 いよいよ完成間近です。

 マンションは 箱を作るだけでなく、1室1室のキッチンやお風呂、など設備をはじめ
 玄関ドアや 室内ドア、収納建具などを設置しなければならないので
 工期が長くなりますが、商業ビルや学校は 非常に短い工期で完成します。

 しかも 商業地でのビル工事の場合、よほどのことがない限り、工事時間は施工会社の思うがままで、
 むしろ近隣のビルに ビジネスマンのいない夜間に 工事をする方が喜ばれたりします。

d0174983_1575045.jpg

 
 豊洲が難しいのは、商業地でありながら マンションが乱立する住宅地でもあることです。

 このビル工事では そこを はき違えた施工会社が 
 竣工日が迫ったために ここにきて 日曜日も含め 朝早くから夜遅くまで工事をガンガンやり始めたことです。
 
 もと同業者の端くれとしては 施工業者の事情は 痛いほどよくわかりますが
 近隣住人からのクレームがないのは 不思議なことでした。

d0174983_1529829.gif

 この界隈では 次から次にビル工事があるので みなさん慣れっこなのかな、、と思っていましたら
 ついに どこからか苦情が出たようで お詫びのプリントが配布され、
 工事の時間が 厳密ではありませんが なんとなく守られるようになりました。

 ビルには 歯医者、スタバ、有名イタリアンのお店、和食店などが入るようなので 楽しみですが、
 もう2か月 この騒音を辛抱しなければなりません。

 この先、オリンピックの会場予定地となる この界隈では
 あっちでもこっちでも ガンガン、ゴンゴン、キンキン、カンカンという音が鳴り響き、埃っぽくなり、
 とても住むのに良い環境とは言えなくなりそうです。

 
by saint-arrow-mam | 2014-06-24 15:42 |   江東区内 | Trackback | Comments(10)

コンデジをマニュアルで

 普段の散策で持ち歩いているコンデジでも ボケ感のある画像が写せないものかと
 「絞り優先」に設定して マニュアル操作で写してみました。

 (1) 中庭のラベンダーでの比較。
 
  主とするラベンダーに 背景が重なると煩いので できるだけ ぼかしたい、、と思います。
  設定を「オート」から「絞り優先」にして f/8 と f/3.3 の比較です。

d0174983_16245148.jpg

 
 (2) 鉢植えのベゴニアでの比較。

  後ろの赤い色のベゴニアの雰囲気はわかる程度に ぼかしたい、、と思います。
  絞りを優先にして f/8 と f/3.3 の比較です。

d0174983_16271535.jpg

  少しぼかしすぎたのか 赤の明度が落ちて暗い感じになったので f/4に。
  f/3.3 より 鮮やかな赤になりました。  

d0174983_1629545.jpg

 イチデジを持って行けない旅行や 天候の不順なときに
 コンデジでも ある程度の目的は達成できそうです。
 
by saint-arrow-mam | 2014-06-23 21:03 |   カメラ・旅レコ | Trackback | Comments(8)

ベランダ菜園

 東京では 白くて太いねぎが主流ですが、広島の我が家では 「観音ネギ」を よく使います。
       http://runslowly.exblog.jp/12631078/
 

 ネギ鍋が好きなShinのこと、マンションのバルコニーで 九条ネギを栽培しているそうです。

 今夜の夕食は何にしようかな、、と思っていたところへ 
 「無農薬の野菜は いらんかえぇ?」 と やってきました。

d0174983_18233039.jpg

 なんだか 希少な野菜のようで 食べるのが もったいない気がしたのですが、(笑)
 せっかくなので新鮮なうちに いただくことにしました。

 甘くて 柔らで とても美味しかったよ、、とメールをしました。
d0174983_18401462.gif

by saint-arrow-mam | 2014-06-22 06:00 |   家族 | Trackback | Comments(6)

マクロレンズ デビュー

 カメラ本体と一緒に購入していたマクロレンズをデビューさせました。

 モデルは koharuのペットの 「セマダラコガネ(♂)」です。

 イチデジの写真と一緒に 撮影データが掲載してあると カッコイイなあと思うのですが
 何を 書けば良いのか 全くわかりません。(笑)

d0174983_1113368.jpg


 Canon 70D, Canon EFS60mm マクロレンズ、露出時間 1/100 秒、 
 絞り値 f/8(絞り優先設定)、 ISO速度 ISO-6400
 
 
by saint-arrow-mam | 2014-06-21 11:07 |   カメラ・旅レコ | Trackback | Comments(10)

2014 FIFA ワールドカップ

d0174983_1253078.jpg

豊洲の駅で ワールドカップのポスターを見かけました。

なになに?
8Kスーパーハイビジョンパブリックビュー?

何だそれは?

朝起きて とりあえず 芝浦工大まで 行ってみました。

残念ながら ライブは予約でいっぱいで 
午後の録画なら見ることができるということでした。



 大学の構内に 看板が立てられていたのですが、
 それだけでは面白くないので 画像を加工して 見 エルナンデス。(笑)

d0174983_1372127.jpg

 勝ったら 録画でも見ようと思っていたのですが、結果はドロー。
 10人対11人でも勝てない試合を もう一度見るのは あまりに腹立たしいだけなので パスです。

 それにしても このイベントは ギリシャ戦までで 第3戦は放映しない、、というのもなんだか中途半端。
 仕方ないので 画像を加工して 次の試合に夢を ハセベ。

d0174983_137449.jpg

 しかし、朝から ふがいない試合を見てしまうと 1日がつまらないですね。
by saint-arrow-mam | 2014-06-20 15:56 |   祭り・イベント | Trackback | Comments(6)