<   2015年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

月の失敗

d0174983_15495965.jpg


 冬になると 星が良く見えるので 子供にオリオン座を教えてやると すぐに見つけるようになるのですが
 お江戸で 特に高層ビルが立ち並ぶ豊洲では 星を見ることはできません。

 仕方がないので 毎夜 8時頃 koharuを親元に連れて行くときに 月を見せるようにしています。

 満月 の時には   ♪♪ まあるい まあるい まんまるい ♪♪ 

             「丸い お月さんだね」 というと
             「お月さん まあるい、まあるい、、、」 とkoharu

 半月の時には    ♪♪  半分 半分 はんぶんこ  ♪♪   

             「半分こ のお月さんだね」 というと
             「お月さん はんぶんと (はんぶんこ の意味)」 とkoharu

 三日月の時には  ♪♪ 三日月様 こんばんは 銀の船こぶね ♪♪ 

             「おふね のお月さんだね」 というと
             「お月さん おふね おふね」 とkoharu

 ところが今の月は  半月より少し膨らんだ状態で 表現がしにくいので

             「お月さん ちょっと丸くないねぇ」 というと
             「お月さん 失敗 失敗」 と koharuが言ったので 大笑いしました。

 koharuには お月さんの形が 毎日違うのは 
 お月さんが丸くなることに 失敗したのだ と思っていたようです。

d0174983_21443353.gif

 そんな koharuをつれて 明日 広島に帰りShingranmaに逢わせる予定だったのですが、
 koharuが熱を出してしまいましたので 1人でとりあえず帰ることにしました。
by saint-arrow-mam | 2015-01-31 06:00 |   koharu日記 | Trackback | Comments(12)

あられ茶漬け

 テレビの「秘密のケンミンshow」という番組で 三重県の伊勢地方独特の食べ方として
 「あられ茶漬け」が紹介されていました。

 年明けに 伊勢に行ったときに 自分へのお土産に買ってきましたので
  「ボッチ昼ごはん」で トライしてみました。

 
d0174983_1356389.jpg

 ● 茶碗またはどんぶりにあられを入れる。
   あまり多すぎると お茶を入れたときにあふれ出てしまうので 8分目あたりが良い。

 ● 付属の抹茶塩を振りかける。

 ● お茶またはお湯をかける。

 ● あられが柔らかくなる程度まで 30秒から1分おいて 出来上がり。
     (ふたをしてもよい)

d0174983_13594294.jpg

 食べた感想としては

  本当に これを三重県の人達は 美味しいと思って食べているのかなあ?

  でも 小さい時から食べていると ふるさとの味であり、懐かしい食べ物なのかもしれないけど、、、。

  フム、、、、微妙です。

 でも ネットで 「あられ茶漬け」で検索すると 
 コンビニで手に入る「あられ」や「おかき」で どれが美味しいか試している人がいて 驚きました。
 
by saint-arrow-mam | 2015-01-30 06:00 |   関西地方 | Trackback | Comments(14)

皮膚科受診

 恥ずかしながら 私、おへその隣に 数年前から とても気になっていた 「ほくろ」があります。

 だんだん色が濃くなってきて なにやら 膨らんできたのです。

 こんな形 です、、と 自虐的に自分撮りをしたのですが、やはりアップするには耐えきれず モノクロ加工をしました。
   (画像の手は私ではありませんが ほくろは 実際の画像です)

d0174983_1323295.jpg

 あちこちのサイトで ほくろについて調べると 悪性であるような気がして、
   (なんで 病気は 調べれば調べるほど 悪い結果を想像させるのかなあ)

 かといって メスを入れるのは嫌なので 病院には行きたくないし、、、
   (他人には 偉そうなことを言うくせに 自分の体のこととなると 臆病なんだよなあ)

 本当は気になるのに ずっと我慢をして 気にしていないように装っていました。
   (毎日 お風呂に入るたびに 見てるのに 見ないふり)

 ところが 昨晩、koharuが ほくろを指さして 「バーバ 痛いの?」と聞いてきました。
 突然のことに驚きましたが、彼女の目には 痛そうに見えたのでしょう。

 「大丈夫よ」と答えたものの これはいかん と観念して 早速 皮膚科へ。

 組織を一部切り取って 病理検査になるだろうと思っていたのですが
 ダーモスコープとやらで のぞきこまれ、「悪性ではないので 心配いりません」で 診断終了。

 「もっと 詳しく調べてよ」 と 白いアヒルが囁きましたが、
 「切らずに済んだのなら それでよし」 と 黒いアヒルが囁いたので 即刻退散。

 ちなみに 「ダーモスコープ」と 診察項目に書かれている「ダーモスコピー」について調べた結果は以下です。

ダーモスコピーは光の乱反射をジェルや偏光レンズを使って防止し、強い光線を照射しながら皮膚病変を10〜30倍に拡大して観察する器具(ダーモスコープ)を用いた検査です。光の乱反射を防ぐことにより光が皮膚のある程度の深さまで到達しますので、肉眼では見えなかった皮膚の内部構造がかなり分かるようになります。  ダーモスコピーでは「色」と「かたち」を詳しく検討し、良性のほくろ(色素性母斑)や血マメ(血腫)などと、いわゆるほくろのがん(悪性黒色腫)を区別します。色素の濃い部分と薄い部分によってできる色素ネットワークや色素小球・色素小点、黒い色素沈着を取り囲むように見られる線状の色素沈着(色素線条)などが規則正しく分布しているか、でたらめに分布しているかを観察し、総合的に判断します。また、足の裏や手のひらの場合、色素性母斑では指紋のへこんだ部分(皮溝)に、悪性黒色腫では出っぱったところ(皮丘)に強い色素沈着が認められます。このことも良性、悪性の判断に役立ちます。  ダーモスコープの使用により診断技術は向上していますが、100%の診断には至りません。外科的に切除して、病理組織検査を行うことが必要なこともあります。

 こんなに簡単にわかるのなら この「ダーモスコープ」を借りて帰り、
 体中のほくろを調べてみたい気がしました。
by saint-arrow-mam | 2015-01-29 06:00 |   健康 | Trackback | Comments(8)

お年玉切手シート 2015

d0174983_15582081.jpg


 今年は いただいた年賀状 約400枚の中で 8枚当たっていました。

 そもそも 2/100 の確率で当たるわけですから ほぼ確率通りだったということになります。

 昔の1等は カラーテレビだったり 自転車だったり、夢のある景品だったと記憶しているのですが
 今の1等は 1万円 のキャッシュなんですね。

 1等が当たるなんてことは あきらめていますが、「夢」くらい見させて欲しいなあ。
d0174983_22115252.gif


 1月も最終週になり Shinpapaが 帰広してしまったので 今日から 臨託単身赴任です。

 頑張るぞぉ!!
by saint-arrow-mam | 2015-01-28 06:00 |   忘備録 | Trackback | Comments(8)

三渓園の鳥たち

 三渓園の池の鳥には 見慣れた鳥しかいませんでしたが
 パソコンの中で 眠らせておくのはかわいそうなので お披露目します。

   << カルガモ >>
 くちばしの先だけ黄色いのが カルガモの特徴です。
 カルガモは鳥にしては珍しく オスもメスも 同じ茶色の模様なので 区別がつきません。
d0174983_13443217.jpg

   << マガモの ♂ >>
 東京では なかなか見ることができないので 久しぶりにきれいな緑色の顔を見ました。
 繁殖期のオスは 下の画像のように 真ん中の尾羽が クルリとまいています。   
d0174983_93006.jpg

   << マガモの ♀ >> 
 オスに比べると ずいぶん地味ですが
 羽の下に ちょこっと 青い羽根を隠しているところが なかなかオシャレです。
d0174983_9271051.jpg

   << キンクロハジロの ♂ >>
 最近 数が増えたと言われている冬鳥のキンクロハジロですので
 三渓園でも 池を占領していましたが ほとんどがオスでした。
d0174983_1451527.jpg

   << キンクロハジロの ♀ >>
 キンクロハジロという名前が 申し訳ないくらい メスは 茶色く目立ちません。
 メスだけをみて、キンクロハジロだと気づくことができるでしょうか?
d0174983_1454530.jpg

   << 鵜 >>
 羽を広げているこのポーズは 鵜の得意ポーズです。

 鵜は 他の鳥のように 羽に油分がないので、泳ぐと羽が濡れてしまうため 
 時々 太陽に向かって羽を広げて 乾かさないといけないそうです。 
d0174983_9313453.jpg

 
 三渓園で カワセミが飛んでいるのを見つけ、
 木陰から出てくるのを かなり粘って 待っていたのですが 現れてくれませんでした。
 
 そうそう 上手くいかないものですね。(笑)
d0174983_15403097.gif

by saint-arrow-mam | 2015-01-27 15:56 |   野鳥・水鳥 | Trackback | Comments(6)

横浜(3) 中華街編

 横浜から みなとみらい線で 「横浜中華街」へ。

 この前 横浜中華街に来た時には 中国で食の事件があった後でしたので 閑散としていましたが
 のど元を 過ぎたのでしょう、すっかり 賑やかな中華街に戻っていました。

 今日は 昼御飯も 夕御飯も この門をくぐって食べます。
d0174983_1519446.jpg


   なじみの << 山東(さんとん) >>

 このお店は 水餃子が 有名なお店です。
 中華街に来たら、必ず山東に 立ち寄り 「黄ニラ炒め」と「ピータン」と「水餃子」を食べます。

d0174983_15221615.jpg


 このお店を  ブログに初登場させた時には 狭い路地にある 狭いお店でした。
 それなのに お店の前にはいつも行列ができていて、1時間くらい 待ってから食べるほどの人気店でした。

 そして 前回  クルーズの前に立ち寄った時には 現在の場所に移転していました。
 でも 相変わらず 店内は大入り満員でした。

 私は 新旧のお店を合わせて 10回近く 通っているのですが
 今回、 残念なことに 「味が変わった。美味しくなくなった」 と思いました。

 オリジナルの美味しい餃子のタレも ココナッツが少なくなっているし、、どうしたんでしょう?
d0174983_15372414.jpg

 そう言えば 今日は お昼時にもかかわらず 行列ができていなかったし、席も空いていました。
 店主に なにかあったんでしょうが、 残念ながら このお店にもう来ることはない、と お別れしました。
d0174983_1536650.gif

 ガックリと 肩を落として歩く二人ですが、
 夕食を食べる予定のお店は 初めていくお店なので 予約をお願いに お店まで行ってみました。
d0174983_1538368.jpg

 ところが ガガーーーーン!!
 なんと お店が閉まっています。

 一瞬 ブロ友が 今年のお正月に 楽しみにしていたお店が 臨時休業で
 危うく 夕食難民になりそうだったことを思い出しました。
d0174983_1539565.jpg

 恐る恐るドアを開けると お店にいたお姉さん(たぶん店主の娘さん)が 
 「ごめんなさい、母の介護をしていて 開店が遅くなったんです。 予約 大丈夫ですよ」 と言ってくださいました。

 「よかったわあ」 とお姉さんと握手。

 ルンルン気分で 三渓園に向かいました。
 (三渓園のことは「横浜 (2)」に。)
d0174983_1683922.gif


 シッカリ歩いて 腹ごなしをして 予約した17時に、再度 中華街に戻ってきました。
d0174983_15432291.jpg

 それにしても 中華街は 来るたびに どのお店も店構えが立派になっていくので 驚きます。
 儲かってるんですねえ。
d0174983_15442141.jpg

 その中で 夕食を食べる予定の お店は 10人も入れば いっぱいになりそうな小さなお店なんです。
 御品書きも 手書き。
 こういうお店こそ 美味しいことは 山東で経験済みです。

   上海蟹の << 桃源邨(とうげんとん) >>   
d0174983_15471633.jpg

 ブログの先輩が 上海蟹なら このお店が一番 と推薦してくださったお店なんです。

 えっと 大きさによって値段が違うのね、フムフム。
 メスはオスより 320円高い? フムフム。
d0174983_15494628.jpg

 その日によって 入荷した蟹の大きさが違うので
 「今日の蟹は オスなら 『中』か『大』、メスなら『大』か『特』 だよ」 と 店主のおじさん。

 フムフム、ここまで来たんだ、 せっかくだから ええい 「メスの『特』を 2杯」!!

 すると 厨房からおじさんが出てきて
 「これですよ。 大きいでしょう?」と 生きた上海蟹を見せてくれます。

 中華料理で『蟹』といえば ソフトシェルクラブしか知らないので、
 これが 本当に大きい上海蟹かどうかわからず
 正直 「ちっこいなあ」と 思ってしまいました。(笑)
d0174983_15522439.jpg

 蒸し上がるまで20分かかるというので、
 北風鶏ハムの「風鶏」と「青菜炒め」を食べます。

 足元や棚の上に 大きな紹興酒のカメがあり 呑みたいのですが、
 豊洲まで 帰らなければならないので 酔う訳にはいかず、、、泣く泣くビールで我慢。
d0174983_1603827.jpg

 間もなく アツアツの蒸し上海蟹が出てきました。
d0174983_161882.jpg

 お姉さんが ハサミでさばき方や 食べ方を教えてくださいます。
d0174983_1614693.jpg

 蟹に付けて食べる タレの容器もカニの形をしていて カワイイ!!
d0174983_162212.jpg

 はさみと蟹フォークで必死に上海蟹と格闘しているために、 寡黙になる2人。(笑)

 それにしても 甘くておいしい蟹です。
 今まで私は 美味しい蟹を食べたことがなかった ということが わかりました。

 〆に ピータン粥を食べて 2人で13、000円弱。
 贅沢で楽しい一日は あっという間に過ぎ、豊洲に戻ると すでに大河ドラマが始まっていました。 
by saint-arrow-mam | 2015-01-26 00:02 |   外食の部 | Trackback | Comments(6)

横浜その2 三渓園編

 数ある庭園の中でも 印象に残る庭園のひとつが 「三渓園」です。

 明治時代末から製糸、生糸貿易で財を成した横浜の実業家、原三渓の個人所有の庭園なのですが
 現在は国の指定名勝となっており、
 本牧の谷あいの地に広がる 53000坪の広大な庭園は、外苑と内苑の二つの分けられています。

 庭園内の数か所に 大きなお茶屋さんがあるので、
 お抹茶をいただきながら ゆっくりと時間をかけて 散策を続けることができます。
d0174983_1351853.jpg

 この庭園の特徴は 京都や鎌倉からあつめた歴史的建造物が17棟も移築され、
 それぞれが自然とうまく調和し 日本らしい景観になっていることです。
d0174983_10264573.jpg

 建築物の中には入れないのですが、
 すべての開口部が 大きく開かれているので すぐ近くから中を伺うことはできます。
d0174983_13571954.jpg

 いつもは 高台を見上げ ランドマークの三重塔を確認するだけなのですが、
 今日は時間があるので 階段を上がり、展望台まで 登ってみました。
d0174983_13562238.jpg

 霜月のこの時期にしては とても暖かな日に、、、、
d0174983_1403264.jpg

 水仙の小道を歩いていると、、、
d0174983_141841.jpg

 馥郁とした梅の香りが、、、、、。

 春でございますね。
d0174983_142073.jpg

by saint-arrow-mam | 2015-01-26 00:01 |   庭園に行こう | Trackback | Comments(4)

横浜その1 美術館編

 日帰りで 横浜へ。
 見たい、行きたい、食べたい、、、3つが重なり 思い切って出かけました。

 当初は 横浜に1泊するか? などと おバカなことを考えていたのですが、
 なんとなんと豊洲から 横浜までは 新橋経由で 約1時間。
 あまりに近いので 驚きました。
d0174983_22272068.png


  << 横浜美術館 >>

 一度だけ バックヤードツアーで 訪れたことがあるのですが、
 その後は 来るたびに 休館日に重なっているという 実に縁のない美術館です。
d0174983_21271719.jpg

 今日は 美術館の前の広場で 「American Motor Fair 2015」が開催中でした。
d0174983_21324129.jpg

 アメ車を 見る機会が少ないので なかなか面白かったです。
d0174983_21332860.jpg

 見たかったのは 横浜美術館開館25周年の企画展である 「ホイッスラー展」です。
d0174983_21344253.jpg

 今回のホイッスラー展は 国内過去最大級の大回顧展で
 アメリカ、イギリス、フランスの20か所以上の美術館などから、
 油彩・水彩・版画作品約130点を 集結しているので この機会を逃してはいけないと思いました。
 
   (撮影不可でしたので 購入したポストカードより)  
d0174983_223221.jpg

 ジャパニズムの画家として有名ですが、その作品も多く展示されています。
d0174983_2242328.jpg

 また 彼がパトロンと別れるきっかけになった
 「ピーコック・ルーム」についての紹介ビデオも とても面白かったです。
d0174983_2244140.jpg


 美術館のコレクション展は 撮影できました。

 イサムノグチの作品 と ダリの作品。
d0174983_2273442.jpg


 横浜美術館は 中央が大きな吹き抜けになっていて 
 小さいながら フランスのオルセー美術館に雰囲気がとても似ています。
d0174983_228487.jpg

  (横浜の一日は ブログのカテゴリー別に 「見た」「行った」「食べた」に区分します。)
by saint-arrow-mam | 2015-01-26 00:00 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(2)

なんで、や 豊洲店

 「なんで、や」 というお店は 豊洲フォレシアの隣に立つ 「豊洲フロント」の1Fに入っているお店です。

 店構えが 昭和の居酒屋のような雰囲気で しかも 仕事帰りのサラリーマンが多いので
 夫婦連れでは ちょっと入りにくい感じのお店です。

 また アルコールを必要としない人と 2人で 居酒屋へは あまり行かないのですが
 来週、Shinpapaが 帰広してしまうこともあり 急遽 付き合ってもらうことになりました。

d0174983_177079.png

 入口に 立ち飲み席があるため 外から見ると手狭な感じがしていたのですが、
 奥にはテーブル席が結構あり 入ってみると 意外と広々していました。

 どんなお店に行っても 最初に 全ての料理を 注文してしまう Shinpapaなのですが
 やはり ここは居酒屋さんなので 
 『食べたら 次の料理を頼む』『食べたら 次の料理を頼む』 という注文方法を お願いしました。

 その結果 温かいうちにと あわてて食べる必要がなく、
 料理のタイミングに合わせて 『アルコール』を タイムリーに 2種類注文することができました。(笑)

d0174983_14511142.jpg


 こんなお店の馴染み客になって 独りカウンターに座り、
 大将の勧めてくれる料理を食べながら ちびりちびりと お酒を飲む、、、
 この歳のなって 女性一人では 絵になりませんが 憧れてしまいます。

d0174983_14575967.gif  << なんで、や >>
  江東区豊洲3-2-20 
  03-3533-6850

  無休  (月)〜(金)  11:30~14:00 17:00~23:00
       (土) (日)   11:30~23:00
by saint-arrow-mam | 2015-01-25 06:00 |   外食の部 | Trackback | Comments(6)

はちみつレモン

 koharuを 親元に届け 臨託が一段落した時間に 
 ちょっとしたスイーツを食べながら ウィスキーを垂らした 温かい飲み物を飲んでいます。
        『まっさんのウィスキー』

 コーヒーに入れたり、紅茶に入れたりしていたのですが、どうも 寝つきが悪いような気がして
 カフェインレスで ウィスキーにマッチする飲み物はないかと 
 しょうが湯、ハーブティー、ココア、梅茶 などを試した結果 「ホットレモネード」が一番おいしく感じました。

 そこで 「はちみつレモン」を せっせと作って 保存しています。

 (左) スライスしたレモンに はちみつをのせた直後の状態
 (右) 2日後 はちみつとレモン果汁が混じりあった状態
d0174983_16173366.jpg

 もちろん レモンは広島産にこだわっています。(笑)

 それにしても ウィスキーが どんどん減るのは 
 今 話題の妖怪のせいかな?  ウォッチッチ!!
d0174983_2223599.jpg

by saint-arrow-mam | 2015-01-24 06:00 |   クッキング・レシピ | Trackback | Comments(6)