<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

BOTTER SPUMANTE BRUT

 在庫のスパークリングワインが 残り2本になりました。

 8月はShinpapaが 上京しないので 残り1本で過ごせるかどうか、、、不安です。

d0174983_17415591.jpg
 

 (説明文より)
ブドウ品種:シャルドネ、ピノ・ビアンコイタリア東北部に位置するヴェネット州で、1928年からの歴史を誇るワイナリー「ボッター・カルロ」。
厳選したぶどうを使用し、確かな品質を持ちながらも、リーズナブルな価格でワインを産出する造り手として注目を集めている。
すっきりとした辛口の味わいがとても清々しく、上質で豊かな時間を過ごすための、魔法の一杯として活躍してくれる。




 「酒呑みは どんなワインでも 要するに呑めればいいんだろう」 とShinpapaによく言われますが
 私の場合 あながち間違いではないので 否定はしません。

 でも、 美味しい料理や美味しい酒の肴を目の前にして 不味いワインを呑むほど 哀しいことはありません。
 反対に、その料理の美味しさを倍増させるような 相性の良いワインに出会った時には 最高の幸せを感じます。

 今回は 炎天下にもかかわらず、汗を流してウォーキングをした 「ご褒美」、、、、、、、、ということで。
d0174983_17503915.jpg

by saint-arrow-mam | 2016-07-31 06:00 |   ワイン | Trackback | Comments(4)

ブルーチーズ はやきた

 ここ数日、梅雨明け後の 猛烈な暑さを理由に 引きこもっていたのですが、意を決してウォーキングに。

 弱虫の私は 目的がないと ウォーキング途中で へこたれてしまうので
 先日見つけた 北海道の乳製品の専門店まで 歩くことに決めました。
d0174983_16525221.jpg

 お店の名前は 『チーズのこえ』
 誰が見ても どう見ても 「北海道」、、、という感じの店構えです。(笑)
d0174983_15565615.jpg

 外から見えなかったのですが、
 狭い店内(なんて失礼なことを)は オシャレな若い女性のお客さんがいっぱいでした。

 冷蔵のショーケースに 自家製チーズと 北海道から取り寄せたチーズが 数多く並んでいて
 ガラスのショーケースでは チーズを量り売りしています。
 
 イタリアでもオーストリアでも たとえスーパーであっても ガラスケースはもっと大きくて
 しかも 面前で 必要なだけカットしてくれるので
 比べては失礼だと思いますが、チーズ専門店にしては 少し貧弱で 正直 ガッカりしました。
d0174983_15595662.jpg

 とりあえずカマンベールにしようか カチョカバロにしようか、、、と悩んだ挙句
 やっぱり 大好きなブルーチーズにしてみました。

 北海道産のブルーチーズといえど たくさん種類があったので お店の人と相談して
 北海道の「はやきた」のチーズにしました。
d0174983_16453159.jpg

 初めて食べた「はやきた」のブルーチーズですが
 濃厚で パサパサ感がなく 風味も抜群で とにかく美味しい!!

 日本で こんなに美味しいブルーチーズが作れるのなら 外国製を ありがたがる必要ないのでは、、、。
    (さっきまで言ってたことと 矛盾してますね)
d0174983_16474882.jpg

 在庫のスパークリングワインを開けたのですが、 たまたま それがとてもマッチして 超ラッキー!!
 残念なのは 干し無花果を 切らしていたことです。

 そのワインは、、、、、、、 酔いがさめたら まとめます。

 暑さの中、頑張ってウォーキングしたのですが、、
 これだけ飲んだり食べたりしては 結果は なんのこっちゃ。
by saint-arrow-mam | 2016-07-30 17:11 |   ウイスキー・酒の肴 | Trackback | Comments(2)

ピアニストの憧れ

d0174983_1983568.jpg


日本を代表するピアニストで 世界的に活躍されていた 中村紘子さんが亡くなりました。

私は 小学校に入った時から ピアノを習い始めたのですが、その頃から名前を知っていた ひとまわり年上の彼女。
おそらく 私だけでなく ピアノを習っていた女の子みんなの憧れのピアニストだったと思います。

「ピアニストは指にケガをしてはいけないので 私は 料理も洗濯もしない」 という彼女は 音楽だけのために生きる人だ と勝手に思い込んでいた私ですので 「赤頭巾ちゃん気を付けて」の庄司薫氏と結婚されたと知った時には ショックで ひっくり返りそうになったことをよく覚えています。




 (中村紘子 オフィシャルサイトより)

中村紘子は早くから天才少女ピアニストとして注目され、1960年NHK交響楽団初の世界一周公演のソリストに抜擢され華やかにデビュー。ジュリアード音楽院留学を経て1965年に第7回ショパン・コンクールで入賞。以後、日本のピアニストの代名詞となり、国内外のオーケストラとの共演、世界各国でのリサイタルなど3800回を超える演奏会を通じて聴衆を魅了し続けた。レコーディングも活発に行い1968年にソニー・レコードの専属第1号アーティストになって以来、50点余りの録音を残した。
1982年からはチャイコフスキー・コンクール、ショパン・コンクールなど数多くの国際コンクールの審査員、1997年から浜松国際ピアノコンクールの審査委員長も歴任。「難民を助ける会」や日本赤十字などを通じてのボランティア活動にも積極的な役割を果たした。デビュー50周年を迎えた2009/2010年シーズンには80回を超える「デビュー50周年記念コンサート」を実施。2015年には東京交響楽団と36年連続37回目となるニューイヤーコンサートに出演。病気と闘いながら、2016年4月には東京交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第24番を共演。5月8日に兵庫県洲本市(淡路島)で行ったリサイタルが最後の公の場での演奏となった。


 憧れていた人が この世から姿を消すということは 無性に寂しいものですね。

                            R.I.P.中村紘子さん
d0174983_1954225.jpg

by saint-arrow-mam | 2016-07-29 20:00 |   思いを寄せて | Trackback | Comments(2)

梅雨明け

 
 梅雨が やっと明けました。
 今年は ショボショボと お情け程度に降る 寂しい梅雨でした。

 でも 例年より梅雨が長かったお陰で 気温がずっと低いままだったので、過ごしやすい7月になりました。

d0174983_1273542.jpg


 1年に一度 梅雨時期にする 『脳トレ』を、、、、、。


 <<  うるうる加工  >>  素材は 雨の中 池にたたずむ 亀戸天神のアオサギくん

d0174983_121671.gif


  << 雨降り加工  >>  素材は ウォーキングルートのコブシの実

d0174983_12102139.gif
  

 うむ、今年も なんとか加工できたので ホッとしました。
by saint-arrow-mam | 2016-07-28 12:24 |   パソコン・スマホ | Trackback | Comments(6)

豊洲の風物詩

 『梅雨時期は 窓掃除に最適な時期』 といいますが、 高層ビルも例外ではないようです。

d0174983_1761724.jpg

 高層ビルや高層マンションが 軒を並べている豊洲では 珍しくない光景ですが、
 「超」がつくほどの 高層建築の屋上から ゴンドラを吊り下げて窓ふきをしている人を見ると 
 いつもヒヤッとして 足が止まってしまいます。

 当然、高所ですから、それだけでも危険は伴いますし、風が吹いただけでも ゴンドラが大きく揺れて、、、、、、、
 などと考えると 高いところが平気な私でも 背筋が ぞくっとします。

 ところが 最近 高層ビルの窓ふきは 男性だけでなく 女性にも人気があるというのです。
 危険が伴うだけに 時給が高額だからかなあ と思っていましたが  
 調べてみると 平均時給は大体、800円~1,500円、日給は8,000円~10,000万円前後と 
 普通のアルバイトとあまり差がないようです。
 ということは この仕事は 安全なのかなあ、、、とも思ったり。
 
by saint-arrow-mam | 2016-07-27 17:38 |   日々是好日 | Trackback | Comments(5)

ミュズレで椅子づくり

 シャンパンやスパークリングワインのコルクを押さえているキャップを「ミュズレ(王冠)」といいますが
 イタリアンレストランで その「ミュズレ」を使った椅子が 飾られているのを見ました。
d0174983_14382599.jpg

 昨晩 スパークリングワインを開け ミュズレが用意できたので 作ってみました。
d0174983_14415432.gif

 <1> 私が 包丁の次によく使う 「ラジペン」と スパークリングワインのミュズレ。
d0174983_14313548.jpg


 <2> 下にぐるりと一周しているワイヤ(留め金具)を外します。
d0174983_1433076.jpg
 

 <3> 外したワイヤーで 背もたれ部分を作ります。
      好きな形でよいのですが、ワイヤーが結構硬くて作りづらく 
      なかなか左右対称にならなくて 少しメッキが剥げてしまいました。
d0174983_14343687.jpg


 <4> ミュズレから伸びている4本のワイヤーを チェアの脚に見立てて形状を変え、
      背もたれをチェアにつけて完成です。
d0174983_14511864.jpg


 シルバニアファミリーのうさぎちゃんのチェアに ちょうどいいかな?
d0174983_14535084.jpg


 ちなみに うさぎちゃんは あと6匹いますので 全員にチェアを作るためには あと6本、、、、、、、。(笑)
by saint-arrow-mam | 2016-07-26 15:05 |   ワイン | Trackback | Comments(6)

取水制限

d0174983_19385346.gif
 いつまでも梅雨が明けない東京ですが  今年の梅雨は しょぼしょぼ たまに雨が降る程度。

 さすがに これでは間に合わず 20日には 20%の取水制限になりそうだ という報道がありました。

d0174983_1921211.jpg

 
 私の感覚では 昨年と降水量が変わらない気がしたので 東京の臨海地区の降水量を比べてみました。

d0174983_192494.jpg

 昨年は 7月に 強烈に雨が降っていますが やっぱり記憶にないので さらに調べてみると、、、
 
d0174983_1927417.jpg

 なんと 台風が3つも来ていました。

 そうだったかなあ?



 あっ 思い出した❢❢

 Shinpapaが盲腸になったので 台風の中を あわてて帰広したんだった。
d0174983_19521354.gif

by saint-arrow-mam | 2016-07-25 19:51 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

決めて断つ

       やっと この日がやってきました ❢❢
d0174983_934736.jpg

 実は もっと早くこの日が来るだろうと思っていたのに なかなか来ないので イライラ。

 どうもこうも待ちきれなくて とりあえずBook offで買った 黒田選手の「決めて断つ」という本。

 ゴーストライターを褒める気はありませんが、
 広島に帰ってくる時の黒田選手の心中が詳しく書かれていたので 想像していた以上に感動し 読み応えがある本でした。

d0174983_22145787.jpg
  (解説より)

衝撃とともに伝えられたヤンキース黒田博樹の日本復帰。
メジャーで日本人ナンバーワン投手とまで言われた男は、なぜその絶頂期に広島カープに戻ってきたのか。

決断までの苦悩、名門・ヤンキースで出会ったプロフェッショナル、ロビンソン・カノーからの言葉……。
カープ復帰までの黒田博樹の生き様とその人生哲学を読む。

名門ニューヨーク・ヤンキースが欲しがった日本人は「元補欠の野球選手」だった。
挫折を知り、両親の死を乗り越え、 広島への愛に悩んだ男が、繰り返してきた「決断」の道。
そこには、現代にこそ見習うべき、静かで熱い「本物」の男の姿がある。





チームの成績などは ブログの3Sルールに抵触するので 日々、我慢していますが 
偉業を成し遂げた黒田選手に関しては 
プロ野球界共通の話題として 3Sルールの例外であることを願って、、、。

d0174983_8502150.jpg

d0174983_8503279.jpg

d0174983_905954.jpg


 歓びついでに 私の「ドラえもんのポケット」の中に眠る 数少ない資料から 地下鉄列車内の中吊り広告を。

d0174983_98248.jpg


 次の3Sブログは カープのXデイに ❢❢
by saint-arrow-mam | 2016-07-24 09:18 |   カープ・サンフレ | Trackback | Comments(6)

珍しい訪問者


 Shinpapaが 帰広して 気が抜けたのか
 昨日から ちょっと体調を崩して 引きこもっています。

 幸い 昨日も今日も とても涼しいので エアコン不要。
 朝からノーメイクで ゴロゴロ & ウツラウツラ しています。

 そんな中、珍しい訪問者が やってきました。
 広島では 顔なじみのカナブンですが 豊洲では 貴重な存在です。

d0174983_15264021.jpg

 美味しいビールを飲めるように もう一日 お休みします。
by saint-arrow-mam | 2016-07-23 16:08 |   日々是好日 | Trackback | Comments(0)

7月の外食


 今月はShinpapaの誕生日の月でしたので
 Shinpapaの好きなものを食べよう、、ということで 外食エンゲル係数が上がりました。

 おそらく 一生に一度しか行かない(行けない)お店だと思うので 記録に残す意義を感じます。(笑)

 < 日本橋 伊勢定 >

 お江戸で初めて 専門店で 鰻を食べました。
d0174983_20131190.jpg

 お江戸の鰻は、背開きで 素焼の後で蒸すのが特徴だと言われています。
 確かに 関西風に比べると とろとろっに 柔らかくて口の中で溶ける感じがします。

 1人5,500円の鰻を いつものペースで パパパッと食べてしまいましたが
 もっと ゆっくりと おちょぼ口で 味わって食べるべきだったと後悔しています。
d0174983_2016479.jpg


 < 千疋屋 >

 宝石のような高価で立派な果物しか扱わないお店なので 
 いつもは 店先で果物の値段をみては ため息ばかり。

 今月は勇気を出して それを見るでなく 買うでなく 千疋屋のパーラーで食べました。
d0174983_20204495.jpg

 期間限定の マンゴのパフェと マンゴプリンセット。
 お誕生日のケーキの代わり、、と言いながら
 それぞれ 2,000円くらいするのですから とてもデザートの価格ではありません。
d0174983_2023148.jpg


 < 近為 >

 お茶漬けの専門店で、30分から1時間並ぶことを覚悟しておかなかければならないお店です。
d0174983_20245918.jpg

 お漬物は食べ放題で いろんな種類のお漬物が出てきます。
 柄杓で 御釜から自分でお湯を汲み 急須にいれて お茶づけにします。
 それ以外は 普通のお茶漬けなのに 2,000円近いお値段とは これいかに、、、。
d0174983_20271265.jpg


 < 船橋屋 >

 亀戸天神に行った帰りには 必ず立ち寄るので 5、6度目になるでしょうか?

 何度食べても 本店の葛餅は 美味しいのに
 東京駅で売っている 同じ船橋屋の箱詰めの葛餅が 
 どうしてあんなに美味しくないのだろう と不思議に思います。
d0174983_20334022.jpg

by saint-arrow-mam | 2016-07-21 20:40 |   外食の部 | Trackback | Comments(8)