<   2017年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

『吉宗(よっそう)』


 長崎で茶碗蒸しが有名な「吉宗」が 銀座にあることは知っていたのですが、
 銀座店には大好物の「豚の角煮」がないと思い込んでいたので 
 今まで お店の前を通っても 中に入ったことがありませんでした。

 ところが ブロ友さんからの情報で「角煮がある」とわかったので、出かけていきました。
d0174983_16492742.jpg

 お店は 銀座のはずれ、新橋駅に近い場所にあるので 新橋駅から歩いて行きます。

 通りに面して お店の大きな看板がありますが、お店は地下にあります。
d0174983_16414349.jpg
 
 Shinpapaは「皿うどん」が食べたかったそうですが、 
 店内に ちゃんぽんは 数に限りがあります と書かれているのを見て 
 思わず注文してしまったという「長崎ちゃんぽん」。
d0174983_16421689.jpg
 そして 吉宗では絶対に外せない 「茶碗蒸し」
d0174983_16422779.jpg
 ところが 渡されたメニューに「豚の角煮」がないのです。

 そんなはずはない、、、と テーブルの上にあった夜のメニューを見ると ちゃんとありました。
      (ひょっとしたら ランチには ないのかも)

 おそるおそる 「豚の角煮」を頼むと 店員さんが奥まで確認しに行ってくれて
      (キャーーー だめなのかな?)

 「豚の角煮 あります」との返事。
 
 よかったあ、、、。
d0174983_16423599.jpg
 感想は、、、
 
 期待した「ちゃんぽん」の麺がのびてしまって美味しくない、、というか 不味いんです。
 スープは 絶品なのに、惜しいなあ!!
 ランチタイムは人が多いので 仕方ないのかもしれませんが、私もShinpapaも残してしまいました。

 「茶碗蒸し」は 文句なしに 超 美味しい!! さすが 看板メニューです。
 具だくさんで満足感があり 小さいサイズにしたことを後悔しました。

 「豚の角煮」は 980円もするので Shinpapaとシェアしたのですが
 トロトロで 味がよく滲み込んだ Shinpapa好み。
 「美味しい、美味しい」と言いながら ほとんどShinpapaが 食べました。

 ふむ、次は 「ちゃんぽん」ではなく 「皿うどん」にしようっと。

by saint-arrow-mam | 2017-03-31 06:00 |   外食の部 | Trackback | Comments(8)

『焼肉 TORAJI』 

d0174983_18483388.jpg焼肉のTORJIでは 毎月29日を 「肉の日」として お得なイベントをしています。
  (2月は9日です)


毎月 月末月初に Shinpapaが帰広するので 行くことができませんが
今月は 東京にいますので出かけることにしました。


いくらお得でも 並びたくないというShinpapaなので 
予約をして 出かけます。
お店は マンションから歩いて5分のビルの中にあります、



 最初は お肉も お野菜も 控え目にお願いしましたが 結局追加で、、、
d0174983_21022993.jpg

d0174983_21021313.jpg

 ついでに ビールも追加、、、
d0174983_21021903.jpg

 久しぶりの焼肉でした。

 いつものように Shinpapaが焼肉奉行ですが
 わらじより大きなお肉を焼いて 焼けると はさみで切ってくれます。
d0174983_21023734.jpg

 最後に サービスのアイスクリーム。
d0174983_21024391.jpg

 お肉の値段が半額になっていても、お肉の質が落ちることなく 
 美味しい焼肉を食べることができました。

 そして ありがたいことに 薬のお陰で紫斑が出ずホッとしています。

by saint-arrow-mam | 2017-03-30 09:21 |   外食の部 | Trackback | Comments(4)

『海で逢いたい』2017


 2014年の同じ時期に行き 今回 見せていただくのが2回目になる 写真展 『海で逢いたい』です。
d0174983_15163528.jpg

 会場は 前回と同じ 大崎の「O(おー)美術館」。
 大崎駅に直結した 便利な場所にあります。
d0174983_15164244.jpg

 水中で写すと 自分の身体が波に揺れて カメラをコントロールしにくいはずですが
 アップでクリアに写せていることに 毎回 驚かされます。

 前回も 素敵な作品がたくさんありましたが、
 今回は 愛好家の方らしい作品の他に プロらしいハイレベルな作品が多く展示されていました。

d0174983_15284511.jpg

 それだけに プロの方が使われる「水中カメラ」とは どんなものなのか?見てみたい気がしました。

 絵画展に 実際に使った絵の具や筆が置かれていないように 
 写真展に 撮影に使ったカメラが展示されることはない と思いますが、
 「海中」という特殊な世界の写真展なので 
 (難しいとは思いますが)会場で 実際に撮影に使われた特殊なカメラが展示されていたら 
 あるいは そのカメラ自体の写真があれば 見たかったなあ、、と思いました。

d0174983_15354297.jpg

d0174983_15354812.jpg


 神戸に続いて 東京でも写真展を開催された 写真展 『海で逢いたい』。

 今回も 絵葉書の売り上げを 東日本大震災の被災地に寄付されるそうです。

d0174983_15465259.gif


by saint-arrow-mam | 2017-03-29 15:53 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(4)

特技なんです。


 お気に入りのベーカリーのテラス席。
 パンくずを食べようと 鳥達が集まってきます。

d0174983_16524531.jpg

 今日は 鳩もやってきて、スズメの上前をはねています。

d0174983_16525255.jpg

 しばらくして警戒心が薄れた 欲深い鳩が近づいてくると、、、

d0174983_16555675.jpg

 Shinpapaが、一瞬で、、、

d0174983_16530592.jpg

 鳩を捕まえるのは 彼の特技なんです。

by saint-arrow-mam | 2017-03-28 17:04 |   家族 | Trackback | Comments(6)

プレゼントが届きましたが、、、


 『トランヴェール』という雑誌の特別企画に応募、、していたようで
 「大沼の四季」というカレンダーが 送られてきました。

 きれいな写真のカレンダーでしたので 調べてみると 1,200円もするのですが
 応募した記憶が全くないのです。
d0174983_18514313.jpg


 疑問 その1 「いつ 応募したんだろう?」

 『トランヴェール』という雑誌は新幹線の車内サービス誌のようです。
 「大沼国際観光コンベンション協会」というところから送られてきているところを見ると
 対象となる新幹線は 北海道新幹線。
 でも 北海道新幹線には 乗ったことがないのです。
 ということは 「トランヴェール」という雑誌を どこで読んだのか?

 疑問 その2 「なんで 今頃カレンダーなんだろう?」

 もうすぐ4月になるというのに なぜ 今になって今年のカレンダーが 送られてくるのか 不思議です。
 年末に 翌年のカレンダーのプレゼントというのなら わかるのですが、、、、。
 応募したのが 昨年だった?
 それにしても今頃送られてくるなんて??? 046.gif

d0174983_19234743.gif
 

by saint-arrow-mam | 2017-03-27 19:24 |   応募・抽選 | Trackback | Comments(4)

『太鼓鳥』


 マンションに帰って 万歩計を見ると すでに 2万歩を越えています。
 横浜の港町を よく歩いて 良く呑んで よく食べました、、、、

 さらも 7時には 門前仲町で 待ち合わせて
 Shinが 連れて行ってくれたのは 『太鼓鳥』という
 雑居ビルの1階にある 小さな居酒屋さんです。
d0174983_13274256.jpg
 聞いたところ、門前仲町には「鳥」を扱う居酒屋さんが多いそうですが
 このお店のウリは 「鳥鍋」とか。

 鍋セットを頼むと まずは突出しと
d0174983_13274252.jpg
 焼き鳥が4種類がでて、
d0174983_13274186.jpg
 鍋が始まり、、、
 鳥のエキスをしっかり含んだ 美味しい出汁で作ってくれる雑炊で 〆です。

 この鳥鍋セットで 1人3,200円。
 お江戸でこの値段は 安い!!

d0174983_13274101.jpg
 写すのを忘れましたが ビールと冷酒「一ノ蔵」 を一人で空けました。

 門前仲町から豊洲までは 歩いて15分。
 寒風が吹いていましたが、酔い覚ましにちょうどいいや と歩いて帰りました。

 ところが
 帰って服を着替える時に 何気なく足を見ると
 紫斑 が出ています。

 薬を止めて10日。
 ダメだったんだ、、、、治ってなかったんだ。

 また しばらく 安静にしなくちゃ、、、007.gif

by saint-arrow-mam | 2017-03-26 13:44 |   外食の部 | Trackback | Comments(4)

楽しい写真講座(3)


『楽しい写真講座』の最終回は 横浜レンガ倉庫で行われます。
d0174983_22591774.jpg

 明日10時に「日本大通り駅」に集合し 港にあるレンガ倉庫まで 全員テクテク歩きます。

d0174983_22504991.jpg


 「建物の面白いと思ったところを 切り取るように」と言われましたが、それが難しい!!

 先生にチェックをしていただくと をメインにして写した写真と、、
d0174983_11145510.jpg

 モノクロで写した の写真を 褒めていただきました。
d0174983_22525371.jpg


 今日から横浜では ガーデニングのイベントが行われ、色とりどりの花が飾られているので
 生徒の中には 建物ではなく「花」を写している人もいます。
d0174983_11220898.jpg

 3か月連続で 開催された写真教室でしたが 今回が最後。
 勉強になりましたし、同じ趣味を持つお友達もでき、有意義でした!!
d0174983_22555185.jpg

d0174983_11253157.jpg

 実は 今日はShinpapaに こっそり付いてきてもらっていて
 講座終了後、横浜の中華街で一緒にお昼を食べます。
d0174983_11273930.jpg
 イベントがある土曜日の中華街。
 すごい人が 歩道も車道も埋め尽くし、有名店には長い行列ができています。
d0174983_11281236.jpg
 迷わず 美味しかいチャーシューのお店「金陵」へ。

 場所がわからず、スマホをナビにして、、、。
 私には スマホに換えた一番の理由が このナビ機能です。
d0174983_11291352.jpg
 今夜は Shinと夕食を一緒に食べる 約束をしているので 少し控えめに。
d0174983_11302396.jpg
 そして 次に来たときに このお店がすぐに見つけられるように 
 スマホのGoogle Mapに ◎印をつけておきます。

 この機能は非常に便利で 美味しいと思ったレストランに印をつけておけば 自分だけの グルメマップができるので
 外出した際に その近くの美味しいお店を探すことができます、、、できるはずですけど、、 023.gif
d0174983_11470485.jpg



by saint-arrow-mam | 2017-03-26 11:54 |   カメラ・旅レコ | Trackback | Comments(2)

東京へ

短い帰広でしたが、2つの目的が達成できて、ホッとしています。

今、広島駅です。
Shinpapaの仕事が終わり次第 新幹線に乗ります。

d0174983_14464081.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-03-23 14:40 |   中国・四国地方 | Trackback | Comments(8)

春の瀬戸路 2日目


 目覚まし時計をかけないのに 7時には目が覚めてしまいます。
 習慣って 恐ろしい。
d0174983_21530887.jpg

 「平成いろは丸」は すでに仙酔島までの往復をしています。
d0174983_21534267.jpg

 朝食は レストランで。

 八朔ジュースが なんとも美味!!  お土産に買って帰ります。
d0174983_21534717.jpg

d0174983_21535372.jpg

d0174983_21535973.jpg

 お部屋に帰り、もう一度 お部屋の露天風呂に。

 お部屋に置かれていたコーヒーミルで ガリゴリガリゴリ豆を挽いて コーヒーを入れます。
 美味しいコーヒーです。
d0174983_21540442.jpg

 チェックアウトまで お部屋でWBCを見て のんびり。
 おお!! 野茂が始球式を、、。
d0174983_19125889.jpg

 Shingranmaの歩調に合わせて ほんの少しだけ散策。

 ヴェネツィアのように細い路地は 「鞆の浦」の宿命、だから海に橋を架けたくなるんですよね。
d0174983_21540944.jpg

 映画のロケによく使われる 港の常夜灯。
 「鞆の浦」に来るたびに 昔の町並みが風景が保存されなかったことに ショックを受けます。
d0174983_21541534.jpg

d0174983_21542729.jpg

 帰りは 山陽自動車道を走らずに 2号線を走ります。
 瀬戸内海には 島に架かる橋がいくつもあり、それぞれが美しいフォルムを描いています。
d0174983_21541945.jpg

 三原の道の駅で 休憩を兼ねてお昼ご飯を食べます。

 といっても 昨晩、お夜食にと お宿がつくってくれた「鯛ご飯」のおにぎりでーーーす。

 今回の1泊旅行の オチはこれで決まり!!
d0174983_21542253.jpg

 ちんたらちんたら3時間もかかって家路につき、帰広の2番目の目的も 無事終わりました。



<< マンホールの蓋 >>

d0174983_22415812.jpg

 << 風景印 >>

d0174983_22421672.jpg


by saint-arrow-mam | 2017-03-23 09:00 |   中国・四国地方 | Trackback | Comments(4)

春の瀬戸路 お宿


 条件を満たす宿として 今回選んだのは 『汀邸 遠音近音(をちこち)』です。

 江戸時代に開業し、十返舎一九や井伏鱒二が逗流するなど、文人に愛された宿であった「宿屋籠藤」の建物を再生し、
 さらに 海側に5階建ての建築物を増築したユニークな構造のホテルです。

 ただ、昔ながらの路地奥にあるので 駐車場がなく、
 車で3分程度離れた 姉妹ホテルの駐車場まで送迎をしてくれます。
d0174983_17105033.jpg

 正面玄関は 木造本瓦のべんがら塗り仕上げで なかなか趣があります。
d0174983_16462100.jpg

 梁(はり)など当時の建材を再生して部分を わざと見せ、さらにインテリアでレトロな雰囲気を醸し出し、
 タイムスリップしたような感じを受けます。
d0174983_16462590.jpg

 玄関ロビーを抜けてホテル部分に行くまでの渡り廊下が ホテルへの期待感を盛り上げるように
 計算された演出となっていて 小憎らしい!!
d0174983_16463448.jpg

 ホテルのロビーに入ると 正面に 海と弁天島、仙酔島が、、、。

 大きな窓ではなく あえて一幅の絵のように見せる小窓が 心をひきつけます。
d0174983_16463471.jpg

 小窓の前に座って 生姜紅茶とお菓子をいただきながら チェックイン。
d0174983_16463467.jpg

 商業ビルの建築は かくあるべき、、というお手本のような設計です。
d0174983_17313066.jpg

 お部屋は 「アッパースイートルーム」の 201。
 2階には 3部屋しかありません。
d0174983_17531229.jpg

 縁なし畳が敷かれた和室ですが、テーブルと椅子が置かれているので Shingranmaには 助かります。
d0174983_17530813.jpg

 露天風呂は リビングからは見えないので いつでも気兼ねなく入ることができ
 洗い場と浴槽の境にはガラス扉があるので、暖房をしておくことができます。
d0174983_17531692.jpg

 パウダールームは ツーボウルで、アメニティーはフェラガモ。
 浴衣の他にバスローブとパジャマがあったので 何度も入浴するShinpapaが 喜びました。
d0174983_17532182.jpg

 お風呂上りに涼むことができる広いバルコニー と ベッドの寝室に Shingranmaは満足そう。
 結局、私とShingranmaがベッドで、Shinpapaが 一人で和室に寝ることになりました。
d0174983_19125207.jpg

 お部屋からも海が見えますが、、、、
d0174983_19123838.jpg

 バルコニーに出ると 遠く 沖ゆく船まで見ることができます。
d0174983_19124392.jpg

 刻一刻と 日が沈んでいくにつれ、海の風情も変わります。
d0174983_19124815.jpg

d0174983_19125889.jpg

 お部屋の露天風呂以外に 貸し切り風呂 「南風(はえ)」と「東風(こち)」があります。

 大きなお風呂を 貸し切って入るのも 気持ち良さそうなので、「南風」をお願いしたのですが、
 窓が閉まっていると 内風呂ですが、窓を開けると 露天風呂に。
d0174983_20102299.jpg

d0174983_19125889.jpg

 夕食は お部屋で。

 お風呂上がりのビールは 特に美味しい!!
 続いて白ワインも、、、一人で どちらもいただきます。
d0174983_20102850.jpg

 左: 黒米菜の花お強 うるい桜花あんかけ 油目葛打ち 花弁人参
 中: 春キャベツと細目昆布〆の碓井味噌和え 土筆
 右: 三良坂チーズと生湯葉の山葵餡 クコの実
d0174983_20104583.jpg

 左: 明日葉と飯蛸の黄味酢あえ
 中: カワハギ潮仕立て 蓮豆腐 新順菜 芽葱 露生姜
 右: 車エビ湯引き 太刀魚焼霜 紅白渦巻き
d0174983_20105217.jpg

 左: 地穴子薄造り 花弁大根
 中: 雲丹殻盛り 鎗烏賊生雲丹のせ
 右: 赤にし貝
d0174983_20105724.jpg

 左: 渡り蟹 姫青竹 生姜酢ジュレ掛け 花穂
 中: 蝦蛄 葉牛蒡 彩りパプリカ 煎り酒盗
 右: 白さ海老唐揚げ 蚕豆 醤油フリーズドライ 檸檬
d0174983_20110348.jpg

 鯛しゃぶ鍋 助子 鯛粗 黄韮 春蕪 たもぎ茸 蕨 蕗 豆腐 新若布 白髪葱 黒七味
d0174983_20110807.jpg

 JTBで 予約をすると 鯛のお刺身が プレゼントされるそうで
 ドーーーンと出てきました。
d0174983_20362471.jpg

 それを 土佐醤油、ハーブオイル、檸檬塩で食べたり
 鯛しゃぶにして ポン酢で食べたり、いろんな味で楽しみました。
d0174983_20381653.jpg

 黒毛牛 和風ローストビーフ桜葉巻き
 こごみ 新竹の子 花っこりー 針牛蒡 杏ソース
d0174983_20345149.jpg

 鯛釜飯 
d0174983_20113070.jpg

 これを 土瓶仕立ての鯛の出し汁で 薬味を載せて お茶漬けに
d0174983_20113579.jpg

 完熟トマトシャーベット トマトジュレ ミント
 しまなみ「せとか」 二色白玉(南瓜、梅) 小倉餡
d0174983_20425773.jpg

 食べきれなかった鯛釜飯を 夜食用に おむすびにして持ってきてくださいました。

 でも、大食漢の我が家でも 夜食のおむすびには さすがに手が出ませんでした。
d0174983_20440508.jpg

 食事中 テーブルの上で優しい光を灯していた 大根のカツラむきで作られた照明、、、素敵です。

d0174983_20485877.jpg



by saint-arrow-mam | 2017-03-22 21:06 |   中国・四国地方 | Trackback | Comments(4)