<   2017年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

名古屋にいます

石垣ファンにはたまりません。
d0174983_14212535.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-05-22 14:20 | Trackback | Comments(5)

3度目の飛鳥クルーズ


 ダ洒落のような出だしですが 明日か(アスカ)ら 飛鳥(アスカ)で クルーズします。
 寄港地は「名古屋」「函館」「釧路」「八戸」で 6泊7日です。

d0174983_10250646.jpg


 実は このクルーズは Shingranmaと一緒に行こうと計画したので
 母が乗ったことのない「飛鳥」で 乗下船が「名古屋発」で 母が希望する「北へ向かう航路」にしていました。

 ところが 行きたくない、、、と 急に言いだしたので さあ大変。
 
 私たち夫婦だけだったら、「飛鳥ではない船」で 「横浜発」で 「北ではない航路」を 選んだにちがいないのですが、
 それらは今回の趣旨からいうと論外の希望で 却下されているため
 Shingranmaが行かないとなると 無理をしていく必要はないクルーズだといえば そうなんです。

 「行かない」とshingranmaが表明したのが(笑) キャンセル料がかかる前でしたので、
 じゃあ3人とも 取りやめだなあ、、、と考えていたところ
 Shinpapaが 「もうスケジュールに入れて 段取りをしているので 俺は行くぞ」というのです。
 
 「俺は」って? 私はどうするんだよ と思いながら、とりあえず 行くことになった次第です。

d0174983_10251147.jpg

 ただ、Shinpapaは 月末月初に 広島で予定があるので、
 「広島から名古屋」に来て 下船後「名古屋から広島」に帰り、
 私は「東京から名古屋」に行って 下船後「名古屋から東京」に戻ります。

 いつものように 東京で二人分の荷物を作り、大きなトランクに詰めて すでに宅配済み。

 それぞれの新幹線のチケットの手配も 寄港地の下調べも済ませ、
 明日は 観光資料、乗船書類、オカリナ、タグボートの入った 小さなコロコロバッグを持って 移動します。
  
 そして Shinpapaは、手ぶらで名古屋駅に来ます。
 彼は 港はどこか、何時に乗船するのか、キャビンの番号など 資料を見ているはずもなく、、、

 それゆえ 私は Shinpapaより早く名古屋に行って、改札口で出迎えます。
 もちろん 「SHINPAPA様」と書いた大きなカードと「旗」を持って、、。(笑)

d0174983_14460086.jpg

d0174983_10245932.gif
 
 << 23:02 追記 >>
 
 飛鳥は 順調に名古屋に向かっているようです。

d0174983_23021234.jpg



by saint-arrow-mam | 2017-05-21 08:02 |   北海道みちのくクルーズ | Trackback | Comments(8)

横谷(よこや)渓谷

d0174983_00175186.jpg
 
 クラツーでは 同日に「上野発」「新宿発」「千葉発」など 3つのコース それぞれにバスを出しているのですが
 私の参加した「上野発」組は 19名の参加で ボッチ参加が13名
 バスの座席が 1人で2人分もらえました、、、ラッキー。

 ただ、私の座席は ひたすら北上するバスの進行方向に向かって左側(東側)なので
 太陽が眩しい、、、というより、日差しが痛いのでした。
d0174983_07341968.gif

 おお!! 富士山が見える。
 よ!! 日本一!!
d0174983_23444748.jpg
 歴史に疎い私ですが、東京から長野に向かう時には
 北条氏、武田氏、上杉氏、とその家臣たちについて 自分が知る限りの知識を総動員し
 この道を行き来したであろう 多くの兵たちや姫様たちのことを考えるのが楽しみです。 
 

 走ること3時間半で やっとこさ 横谷渓谷です、、遠いなあ。
 駐車場から見下ろすと 雲が目線の高さに たなびいています。
d0174983_23445101.jpg

 フリーハイキングなので 地図を持って各自のスピードで歩きます。
 バスは 温泉に先回りするので、着替えなどはバスに残し、身軽に出発!!

d0174983_23445411.jpg

 駐車場から横谷観音展望台までは フラットで道幅も広く歩きやすい散歩道です。
d0174983_00023581.jpg

 横谷観音
d0174983_00023870.jpg

 横谷観音展望台より
     雪を頂いた山が見えますが、展望図を見なかったので名前がわかりません。
     眺めている方向から考えると 中央アルプスかな?
d0174983_00024036.jpg

 ここから先は 渓谷の遊歩道になり、道幅がぐっと狭くなります。
 横谷展望台から横谷温泉に行く 今回のルートは 下りオンリーです。
d0174983_00024353.jpg

 大滝
d0174983_00024636.jpg

 一枚岩
d0174983_00024982.jpg

 遊歩道を歩いていくと いくつもの名もなき滝に出会います。
 氷瀑で有名な横谷渓谷ですが、その時この小さな滝はどうなっているんだろう?
d0174983_00025447.jpg

 霧降の滝
d0174983_00025822.jpg

 乙女の滝
  最後に 一番大きくて立派な滝を見るという 良く考えられたハイキングコースですこと。(笑)
  汗ばんだ身体に 飛沫が飛んでくるのが心地よいです。

  マイナスイオン 20,000個 と書いてありますが、誰が数えたんだろう???
d0174983_00030108.jpg

 横谷温泉
  バスを降りて たった90分程度しか歩いていないのに もう昼食と入浴です。

  食事は まずまずの「にぎわい御膳」。
  朝食を6時前に食べているため 美味しく感じましたが 写すまでのことはありません。

  お風呂は写せませんでしたので、HPより
d0174983_00174789.jpg

d0174983_00174394.jpg

 温泉宿で 2時間の休憩、、、といわれても、、することはないし、、、
 広い畳敷きの休憩室で 同じツアーのおばちゃんたちとダベリング。

 御射鹿池
  あまりに思っていたのと違う山の色合いに 口あんぐり。
d0174983_00175471.jpg

 きっと この絵を描いたのは 早朝だったんでしょうね、、さゆりさん。
d0174983_08260050.jpg

 バスで上野に戻ります。
 南下するので 私の座席は 今度は西日が照りつける側になります。
d0174983_00175880.jpg

 午後になっても山がくっきり見えるのは珍しい!!
 たぶん 甲斐駒ケ岳だろう、、というのがバスの車内の噂。
d0174983_00180039.jpg

 予定より1時間遅れて 夜7時に 上野に帰着。
 豊洲に帰ったのは 7時半でした。

 時間はかかったのに 歩いた時間はわずか、、、
 ウム、次は 氷瀑の時期に。

d0174983_10560365.jpg

d0174983_10562004.jpg

d0174983_10561218.jpg

 それなりに調べたのですが、ほとんどわからず 参っていましたら
 うつきよう様が教えてくださいました。
 性格的に空白にしておくのは非常につらかったので、本当にうれしいです。
 ありがとうございます。


by saint-arrow-mam | 2017-05-20 08:33 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(8)

新緑の横谷渓谷 日帰りハイキング


 クラツーの 日帰りハイキングツアーに ボッチで参加します。
 集合が 朝の7時に 上野ですので、予約投稿して出かけます。
d0174983_19550918.jpg

 目的地は 長野県の横谷渓谷と

d0174983_17043184.jpg


 2015年に東山魁夷美術館で見た この場所です。

d0174983_17043997.jpg
 
 歩く距離は長くありませんが 久しぶりのハイキングなので
 痛めている 右脚の足底筋が 悲鳴を上げなければいいなあ、、、と少し不安です。

 ただ、天気予報は 珍しく、、、
d0174983_20000648.gif

by saint-arrow-mam | 2017-05-19 06:00 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(2)

希望の星?


 史上最年少でフランス大統領になったエマニュエル・マクロン氏。
 頭脳明晰で 若くても素晴らしい経歴をお持ちの イ・ケ・メ・ン。

 ただ、公表された画像を見ると ちょっと違和感が、、、、
 隣にいるのは 奥さん? それとも お母さん? 
d0174983_21110163.jpg

 パリ 7日 ロイターによると
 
 39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となるエマニュエル・マクロン氏と
 妻ブリジットさんの初めての出会いは、マクロン氏が15歳、ブリジットさんが40歳のとき。

 当時ブリジットさんは 銀行員の夫と3人の子供を持つ既婚者で、マクロン氏に演劇指導を行う学校の先生だったが
 2007年 彼女が54歳の時にマクロン氏と結婚し 現在は64歳。
 
 ファーストレディーとしてエリゼ宮(大統領府)に入ることになるブリジットさんの夫への指導は 
 今後も続くだろうが、より大きな舞台の上で行われることとなる、、、ですって。


d0174983_21334823.gif ひゃーーー、25歳も年上の 奥さんだったんだ。
 だから 大統領は39歳なのに 「孫」がいるんだ。

 日本だったら、元の御主人がテレビに出たり、今の生活をパパラッチされたり 大騒ぎになっているのでしょうが
 フランスでは それはない というのが素晴らしいです。

 同年代のおばちゃんとして ブリジットさんのことを 「希望の星」といってよいのかどうかわかりませんが
 マクロン氏の一途な思いに敬意を表して 私がフランス人なら 絶対に 1票入れたと思います。
d0174983_07541600.gif

by saint-arrow-mam | 2017-05-18 07:54 |   日々是好日 | Trackback | Comments(4)

映画『美女と野獣』

 
 2013年に上映された 『ウォルト・ディズニーの約束』という映画が
 スカパーで 再放送になっていたので 昨日 3度目ですが 見ました。

d0174983_13475008.jpgジョン・リー・ハンコック監督によるアメリカ合衆国・イギリス・オーストラリアの伝記・ドラマ映画(英語版)で、
1964年に上映されたディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描いているので
明るく楽しい映画だろうと思うとそうではなく、
エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演の 何度見ても 心が重くなる映画です。
 
以前にも書きましたが、
私が小学生の時、母が初めて連れて行ってくれた映画が 『メリーポピンズ』で 
今でも メリーポインズが傘をさして空から降りてくる場面を 鮮明に記憶しています。


 今でもディズニー映画は好きですが、どちらかというと アニメよりも実写の方が好みなので
 『美女と野獣』を見に行くことに。
d0174983_22575738.jpg

 日本語の吹き替え版 と 英語版(字幕)の どちらがいいか、
 行く前に ネットで実際に歌声を聞いてみたところ 
 声のイメージが 画像に合っている気がしましたので 英語版にしました。
d0174983_13315863.jpg
 ストーリーは 良く知っているので 感動も失望もしませんでしたが
 アニメ通りの映像の中で 人間の動く様子に 全く違和感がなく
 CG技術の素晴らしさに ビックリしました。

 しかも テーマソングはもちろんのこと どの挿入歌も 声量のある声で歌われているので
 聞き惚れてしまいました。
 
 見終っての感想は、映画を見た、、というより 
 大人向けの素晴らしいミュージカルを見た という方が当たっている気がします。

   
        

 ちなみに ヒロインのベルを演じたのは 
 ハリーポッターのシリーズで ハーマイオニー役を演じたエマ・ワトソンだったのですが、
 あの小さな女子が すっかり娘さんになって、、、という おばちゃん的感慨もありました。
by saint-arrow-mam | 2017-05-17 08:18 |   映画・本 | Trackback | Comments(2)

5月の外食 2017

d0174983_10063953.jpg 「ばあさんや、この前 この店に来たのは いつじゃったかいのう?」
 「いつじゃった?と 聞かれてもねえ」 という 夫婦の会話を 
 我が家では ブログを振り返ることで なんとか免れています。

 ですので、残す価値のない事を承知で 「外食」のカテゴリーの箱に 入れておきたいと思います。


 < コメダ珈琲 >

 西洋の「パン」と日本の「餡(あん)」の組み合わせに 多少、違和感を感じる私と違い
 海外旅行をしている時でも「あんパン」が食べたくなるほど 「あんこ」が大好きなShinpapaには
 食パンに「小倉あん」がついてくる コメダ珈琲のモーニングサービスの満足度は高く、わざわざ食べに。

 広島では Shingranmaがパン食の時に「小倉あん」と「バター」を出してくれるそうですが
 お江戸では これだけは勘弁してもらっています。
 相手が パンではなくお餅だったら 私もアリなんですけどねぇ。

d0174983_09031947.jpg


 5月は2度目の < 広島や (Pizzeria MERI PRINCIPESSA) >

 昼間は ビジネスマンや子連れの主婦たちで満席になることが多いので 遠慮しているのですが、
 雨の日は 極端に空いているので 「行ってあげなくちゃ」という気になります。

 オーナーも店長も 銀座店と渋谷店が忙しいようで 昼間に豊洲店には来なくなり
 カープの話が できなくなりましたが
 店員さんは 顔を覚えていてくれるので 居心地はいいです。

d0174983_09032330.jpg


 < 銀座 天一 >
d0174983_09033295.jpg
 所用で出かけた時に、二人とも無性に天麩羅が食べたくなり 立ち寄ってしまいました。
d0174983_09033226.jpg

 夜ですと非常に お高いのですが、お昼はリーズナブルで ほぼほぼ貸切り状態になるので
 板前さんと話をしながら 食べるペースに合わせて 上手に揚げてもらえます。
d0174983_09033268.jpg

d0174983_09033388.jpg

d0174983_09033317.jpg

 御品書きには無いのですが 
 今日は「琵琶湖の稚あゆ」が入ったというので Shinpapaが 大喜びです。

d0174983_09033462.jpg

 最後は かき揚の食べ方が選べるのですが、
 悩んだ挙句、いつものように私は「天茶漬け」に Shinpapaは「かき揚丼」に。
 さすがに 人目があるので シェアはしませんでした。
d0174983_09033195.jpg
 
d0174983_09591529.gif

 一昨日 テレビで かの名店「すきやばし次郎」の店主、次郎さんが通うという 天ぷらのお店を知りました。

 ミシュラン★を獲得したこともある 「みかわ是山居(ぜざんきょ)」というお店で
 意外にも 銀座や六本木ではなく 豊洲から歩いて行ける門前仲町にあるお店でした。

 予約が取れるかどうかわかりませんが、特別なハレの日に 行ってみたいと思います。
by saint-arrow-mam | 2017-05-16 08:06 |   外食の部 | Trackback | Comments(4)

わっしょい!!「タナ」「キク」「マル」


 鯉のぼりが 上がっている5月は 大丈夫、
 去年の勢いがあれば 大丈夫、
 と思っていたのですが なんと 胃が痛いことでしょう。

d0174983_20032075.jpg

 ふむ、さすがに 今日は どこにも外出せず (外出できず?)、
 試合開始に備えて 頭に鉢巻を撒いて テレビの前に独りで陣取っています。

 ここが 踏ん張りどころじゃけえ!!

 VS 巨人 8回戦

 広島は同点で迎えた6回裏、4番・鈴木の2ランで勝ち越しに成功。
 続く7回には、松山と丸の適時打でリードを広げ、
 投げては、先発・九里が6回1失点で今季3勝目。

 よし、よーーーーし。

 よし、よし、よーーーーし。

 ようやったねえ!!

 新聞のタイトルが泣けますねえ、、「コイ猛攻」だけでなく「Gを一蹴」

d0174983_08390837.jpg


 ちなみに 40年前の5月13日のカープは?、、、同じように2位かぁ。

d0174983_08213347.jpg
 「タナ」「キク」「マル」!!!! 

 「浩二」のあとに 続け!!!!

by saint-arrow-mam | 2017-05-15 08:43 |   カープ・サンフレ | Trackback | Comments(6)

第1860回 NHK交響楽団 定期演奏会


 建築講座から帰り、ブログを途中まで纏めてから もう一度 家を出ます。
 今宵は NHK交響楽団のコンサートなのです!!

 地下鉄千代田線の「明治神宮前」で降りて NHKホールの方に歩いていくと
 先ほど 建築講座で見たばかりの 国立代々木競技場が、、、

 なんとまあ、ご縁がありますこと。
 雨の中ですが スマホで撮影して 作りかけだったブログに添付して アップします。

           http://runslowly.exblog.jp/24170678/
d0174983_00262784.gif

 今日の指揮者は ピンカス・スタインバーグ
d0174983_23261169.jpg

 2005年9月以来、約12年ぶりにN響に帰って来た彼は、名指揮者ウィリアム・スタインバーグを父としてイスラエルのテルアビブに生まれた。
 米国でヴァイオリンを学び、ベルリンで作曲を学び、1974年にベルリン・リアス交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)を指揮してデビューした。
 現在は ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者を務める傍ら ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする世界の著名なオーケストラに客演している


 そして 演奏する曲は スメタナの交響詩「我が祖国」しかも「全曲」なのです<br>

 毎春,チェコのプラハで開催される クラシック、特に管弦楽や室内楽のための国際音楽祭である「プラハの春」は
 必ずこの「我が祖国」の演奏で幕開けをします。

 ただ、私が2011年の「プラハの春」に東欧に旅行をした際には
 なんどか コンサートに行きましたが
 オープニング・コンサートではなかったので この曲を生で聞くことはできませんでした。

 モルダウ川(モルタヴァ川)をながめるスメタナに 会えただけで感動しましたけど、、、。
d0174983_23482478.jpg
 「我が祖国」は 「ヴィシュフラド(高い城)」「モルダウ」「シャルカ」「ボヘミアの牧場と森から」
 「ターボル」「ブラニーク」という6曲で構成されていますが
 その中で 2曲目の「モルダウ」が有名で よく演奏されるのですが、
 全曲が演奏されることは めったにないので 楽しみにしていました。

 1曲目は ハープの演奏から始まり、2曲目は フルートの演奏から、、、
 聞いていると プラハで見たモルダウ川が目に浮かび、 懐かしい画像を 引っ張り出してきました。

 もう一度行きたいなあ、、、。
d0174983_00341135.jpg
 実は N響は2月から3月にかけて 4年ぶりにヨーロッパ公演に行き 6か国7都市を回ってきています。

 その疲れが残っているのか、練習不足なのか、指揮者が変わったので戸惑っているのか
 私にはわかりませんが、
 残念なことに いつもの切れの良い演奏ではありませんでした。
d0174983_23260883.jpg
 素人の私が聞いてもわかるくらいですから、よほどのことだと思います。
 
 ま、こんな日もあるでしょう。

by saint-arrow-mam | 2017-05-14 09:53 |   コンサート | Trackback | Comments(2)

大学講座『建築設計の世界〜丹下健三の作品とその人物像に迫る〜』


 歩いて3分の距離に S大学の豊洲校があります。

 S大学は工学系の大学ですが、本年4月 建築学部が開設されるのに伴い、定期的に特別講座を開講するようで
 その第1弾として 日本を代表する建築家 丹下健三にスポットライトが当たりました。

 4月の初めに HPでこの講座の開設を知り、即、申し込んでいました。

d0174983_08341435.jpg

 講師は S大学の建築学部長に就任された堀越教授です。

 彼は 丹下健三の事務所で8年間一緒に仕事をし、
 その間に 東京新都庁の設計に携わったそうです。
d0174983_08352750.jpg

 S大学の学食に行ったことはありますが 教室に入るのは初めてです。(笑)
d0174983_15555496.jpg

 会場は 教室棟の3階。
 100名以上が入ることができそうな 広さがあります。

 息子の大学の古くて暗い教室に比べると 何もかもが新しくて 白いインテリアで統一され、清潔感があります。
d0174983_15565742.jpg
 丹下健三は 広島高等学校(現広島大学)理科甲類に在学中に 
 ル・コルビュジェの「ソビエト・パレス」という作品に出会い、
 建築家を目指したいと考え、2年浪人して 東京帝国大学工学部建築科に入学したそうです。

 丹下健三が 広島平和公園のコンペで一等入選をしたのは
 広島に縁があったから、、、ということもあったのでしょうが、

 コンペの応募したデザインは 実際とは少し異なるデザインだったようで
 特徴的な 大きなアーチがあり、、、

d0174983_16085373.png
 コルビュジェの作品である 「ソビエト・パレス」に 似てる、、、
d0174983_16085608.jpg
 しかも 「平和祈念資料館」のデザインも
d0174983_16114114.jpg
 ル・コルビュジェがデザインし、世界遺産に指定された「西洋美術館」に似て
 1階部分は 柱で建物が支えられている構造です。


d0174983_16114315.jpg
 これは 丹下健三氏が ル・コルビュジェを尊敬しているからで
 決して パクったとは言わない、、、のでしょうね。(笑)

 そのほかにも 丹下健三は世界中に多くの建築物を残し
 特に 東京都庁や 東京カテドラル聖マリア大聖堂などは 
 70歳を越えた彼が設計した 代表的品です。

 そして 講師の堀越先生が 建築家をめざすことを決めたという 丹下健三の作品の前に 今、私はいます。

d0174983_17321415.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-05-13 08:41 |   講演会 | Trackback | Comments(4)