『明』と『暗』


 7月4日の 中国新聞スポーツ面の記記事 は『明』

d0174983_10121748.jpg

 7月5日 の 中国新聞スポーツ面の記事 は 一転して『暗』

d0174983_10122345.jpg

 数年前までは 『明』と『暗』が だった。

 いつか、両方とも 『明』 になってくれるといいなあ。
d0174983_10265163.png
 

# by saint-arrow-mam | 2017-07-06 06:00 |   カープ・サンフレ | Trackback | Comments(4)

映画『追憶』


 映画の『追憶』というタイトルを聞くと 
 バーブラ・ストライサンドと ロバート・レッドフォードの「追憶 (The Way We Were)」という40年前の映画を思い出し、
 彼女が切なげに歌う 美しい主題歌が即座にイメージされるのですが、
 この日本映画は 全くストーリーが全く異なります。


d0174983_13262878.jpg

 この映画を 見るきっかけになったのは
 日本映画のレジェントと称され、故 高倉健さんらと共に 数々の名作を発表し続けてきた 降旗康男監督
 木村大作キャメラマン、そして降旗組と呼ばれるベテランスタッフが集結して 
 昔のように ”フィルム”を使って写し 現像し 編集して 映画をつくっている様子を ドキュメンタリー番組で見たことです。 

 主演は 岡田准一小栗旬柄本佑 という 今の映画界を背負って立つ 
 脂の乗った30代のキャストだけに 演技に間違いはないので見ていて安心。
 それゆえ この映画が「名匠たちから”継承”した日本映画の系譜」と呼ばれるのでしょうけど。

 ひょっとしたら、降旗組のスタッフで作られた映画を見るチャンスは もうないかもしれもしれない、
 この目で 絶対に見ておきたい映画の一つだと思いました。

 ストーリーは 落ち着くところに落ちつくので 意外性はありませんが 
 北陸の厳しさ、寂しさ、美しさが 詩情豊かに表現され、
 話の展開ごとに背景となって現れる美しい風景は秀逸です。
 とにかくベテランキャメラマンによる 計算しつくされた映像美が 素晴らしい!!

  特に、冒頭の厳しく荒れ狂った冬の海景から クライマックスの穏やかな夕陽の映える海岸線まで、
 主人公たちの心情や状況に合わせ、様々な異なる表情を見せる「夕陽」を
 的確に捉えた場面が非常に印象的でした。

 俳優さんの顔だけでなく 背景を含めスクリーン全体を楽しみながら、ストーリーを追っていると
 どこからか あの健さんが ふっと現れて来そうな気がしました。
d0174983_15384011.jpg

 映画の中で 主人公がラーメンを食べている場面が 何度も出てきたのを見て
 台風接近の影響で それでなくても蒸し暑い中、
 わざわざ帰りに ど・みそ へ立ち寄り 食べてしまいました、熱々のラーメンを。

 はい、汗だくです。105.png105.png105.png
d0174983_16573899.jpg

# by saint-arrow-mam | 2017-07-05 06:00 |   映画・本 | Trackback | Comments(8)

将棋の世界


 
 今話題の将棋の世界。 

 近所に住んでいたK君は小学生の時から 毎週末、たった一人で 広島市内から大阪の将棋会館まで新幹線で通い 
 1泊しては 帰って来るという生活を ずっと続けていました。
 ご両親のお考えで 進路を将棋1本に絞ることなく、中学受験も大学受験もしっかりと両立しましたが
 その陰では ご両親が精神的に、また金銭的に一生懸命サポートされていました。

 広島では 大人相手に負けることのなかったK君も、大阪や東京では壁にぶち当たり 苦労した時期もあったようですが、 
 遅まきながら東大在学中にプロデビューし、 今は棋士6段、35歳で将棋連盟の理事をしています。
 
d0174983_13033974.png

 今、名古屋大学付属中学に通いながら 東京で頑張っている藤井四段の姿をみると、
 同じように学業と両立させて頑張っていた 20年前のK君の姿が 私の中でダブっています。

 駒の動かし方くらいしか知らない私ですが、親しくさせていただいていたK君のご家族のことを懐かしく思い出し
 藤井四段の勝負の結果が 気になっています。

d0174983_22101787.jpg

 この日、 藤井四段は破れ 連勝が29でストップしました。
 でも
 若い彼の事ですから、これからまだまだ 伸びていくに違いなく、
 できれば 私が生きている間に なにかタイトルを取ってくれたら うれしいなあと思います。

# by saint-arrow-mam | 2017-07-04 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(2)

汗だくの水族館


 お江戸は どんより曇りましたが、気温が30.9℃まで上がり湿度が高く 熱中症の注意報が出た日曜日。

 こんな日のお泊り臨託で koharuを連れて どこに行こうかと考えた末、
 冷房の効いた建物の中が 良いだろうと 「品川アクアパーク(水族館)」に行くことに。

 ところが 幼い子供がいる家族は誰も 考えることは同じとあって
 水族館の中は 押すな押すなの大混雑で 魚を見るどころではなく 冷房も全く効きません。

 「だっこ」「おんぶ」と すぐに甘えるkoharuを 少しでも歩かせるために ”koharu専用カメラ”を渡しています。

 
d0174983_17414596.jpg

 水族館では 走り回り汗だくのkoharuに水分の補給をこまめにさせたのですが 
 気が付けば 私自身が水分不足になっています。
 流れるほどの汗をかいたのに、それどころではなかったのです。

 マンションに戻ってから ずっと スポーツ飲料水を飲んでいましたが、
 シャワーを浴びた後に 足がつってしまい(こむらがえり) うなりました。

 うーーーーむ、バーバは もっと体力つけておかなきゃね。

# by saint-arrow-mam | 2017-07-03 08:23 |   koharu日記 | Trackback | Comments(0)

蚊にかまれたら、、、


 私は とにかく 人より蚊にかまれます。

       http://runslowly.exblog.jp/16306030/

 東京にきても それは少しも変わらず、公園や庭園、木の多い場所に行くときには 
 必ず 虫よけスプレーを持って行きますし、ハンドバッグの中には 常に ポケムヒを入れています。
d0174983_21145297.jpg

 お泊り臨託で来ているkoharuと一緒に 夕方、近くの公園に行き、
 砂遊びをしているkoharuの横で、カメラを構えて アガパンサスを写していると、、、、
d0174983_20351965.jpg

 「バーバ、痒い。痒いよぉ」 とkoharuがいうので 見ると蚊にかまれてkoharuの足がボコボコに、、、。 
 かわいそうに、油断して 虫よけを塗って来なかったバーバのミスです。
d0174983_20353099.jpg

 あれ? でも 私は ひとつもかまれていない、、、蚊が 私よりkoharuを選んだ?
 ほっほう、、、
 ついに 私も加齢で蚊からそっぽを向かれるようになったのか? と喜んでいる場合では ない、
 可哀相にkoharuもO型なので かまれ易い体質なのかも、、、、、。
d0174983_21102702.gif

 我が家には 蚊にかまれた後に塗るものは 豊富に取り揃えていて 
 急速に効くのは ブログの先輩に教えていただいた ムヒ アルファー EXですが、、、
d0174983_21024188.jpg
 
 小さいkoharuには 蚊にかまれた部分にシールを貼る ムヒパッチが おススメです。
 貼ると 痒みがすっとおさまるので、かきむしることがなくなります。

d0174983_20353742.jpg
 運動をして体が温まると 一度 痒みが収まったはずの かまれた跡が再び痒くなり、ついかきむしってしまうので
 恥ずかしながら、毎年夏になると 手足にアンパンマンを貼っています。

# by saint-arrow-mam | 2017-07-02 08:10 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(6)