初の来客 at 古家


 
東京との往復は続けているものの、二拠点生活が 広島だけに落ち着いたので
 ”高校時代の友達を 古家に呼ぼう” という話をしていました。
 30代の頃、毎週のように友人たちを家に呼んで ワイワイしていたのが懐かしくて、、、。

 とはいえ コロナ禍にお招きして会食することに 躊躇はあったのですが
 同級生の訃報が届き 旧友たちが連絡しあったのを きっかけに 
 会える時に会っておきたい、、という気持ちが 強くなったShinpapaが
 「大勢ではなく 2人ならいいだろう」と 突如、声を掛けたようです。
初の来客 at 古家_d0174983_21153462.png


 私とShinpapaは 高校の元同級生なので 共通の友人が沢山いるのですが
 今回は Shinpapaと同じ「文系クラス」だった 才女2人が 
 ランチを食べに 来てくれることになりました。

 私の手作り料理ですから 大したことはできないのですが
 特に「サラダ2種」と「鰻飯」が好評で うれしかったです。

 また デザートに「ホワイトケーキ」と「アーモンドクリームパイ」を作って用意したところ
 この年になって デザートを家で作っていることに 驚かれてしまいました。
 たしかに 家に小さな子供や孫がいなければ ケーキを焼くことは珍しいかも、、、ですね。

 彼女たちは2人とも 高校時代は 男子顔負けの秀才でしたので
 子供さんたちが それぞれ有名大学を卒業されて、世界を舞台に仕事をされている様子を伺っても
 彼女の子供さんたちなら、、、、と 即、納得です。


 食事をしながら お互いに遠慮なく 同級生だった高校時代の馬鹿話に花を咲かせ
 楽しい時を過ごしました。
初の来客 at 古家_d0174983_19023334.jpg


 
「今度は 誰を呼ぼうか?」と Shinpapaが 人選作業をしていますが
 くれぐれも友人たちに 迷惑をかけないように、、と心配しながらも
 老後の楽しみの一つとして 古家での友人たちとの会食は ありかな? 
 と わくわくしています。




 <追記>
 毎月 あれこれ飾っても Shinpapa以外 誰にも見てもらうことがなかったのですが、

 かわいい!! と言ってもらった 現在のキッチン前の出窓カウンターと、、
初の来客 at 古家_d0174983_21503775.jpg
 
 食器棚の上の飾り in December
初の来客 at 古家_d0174983_21395347.jpg

# by saint-arrow-mam | 2022-12-03 21:55 |   友人・知人・恩師 | Comments(0)

「晴れの国 おかやま」 2日目


 
一昨日までの暖かさが 雨でこんなに一気に冷え冷えするなんて、、、、。

 夕食後、長湯をして ホカホカになった勢いで エアコンを切って寝たので
 朝起きると 寒さで身震いしました。

 何より、まず 部屋の温泉に飛び込んでから 朝食会場へ。

「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11584283.jpg


 朝食は 夕食とは異なるレストランで 
 すでに 多くの方が席に着いて 食事をしていらっしゃいましたが
 アラコキ夫婦が案内されたのは 窓際のお庭が良く見える 明るいテーブルでした。
 
 窓際の席が数席だけ 確保されたように 空いていたところを見ると、
 バイキング方式であっても 早く来た人から眺めの良い席をとる競争を防ぐために
 お宿では 部屋番号を告げさせて 席を調節しているようです。
 最近、朝食の時間指定をしなくなった代わりに 「テーブル指定」をする宿が増えた気がします。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11373685.jpg


 セレクトできる料理があり、Shinpapaは パンケーキを貰っていましたが、、、
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11373968.jpg

 このホテルは デザートに定評があるようなので 私は甘いものをいただきました。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11374175.jpg


 食後に 最上階のラウンジに再度上がり、ゆっくりとコーヒーをいただきながら
 津山城跡を眺めます。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11374655.jpg


 あいにくの天気ですが、くっきり丘陵一帯に折り重なる 高石垣が見えています。

 一二三段といわれる3段の縄張を囲む石垣は、威圧感たっぷりで
 石垣フェチには たまらない外観です。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11374812.jpg


 すぐそこなので 行って 近くで石垣を見たかったのですが
 寒々しい雨空に Shinpapaが 完全に行く気をそがれたようで
 11時まで お部屋でのんびりと過ごして ゆっくり帰ることになりました 134.png

 チェックアウト前に「全国旅行支援割」でいただいたクーポン6,000円分で
 昨晩の夕食時の飲み物を支払い、残りを売店で使うことに、、、。

 ちなみに いびつな配置のロビーは 方向感覚がつかみにくく
 出口の位置や フロントの場所 エレベーターの位置がわかりづらかったです。 
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11375155.jpg


 「黒豆茶」と 記念のガラス製の箸置きと、、、
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_13340375.jpg

 日本一辛いという日本酒をゲットしました。

 お正月に 呑むのが楽しみです、、、、それまで残っていれば の話ですけど。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11375433.jpg

「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_13381513.gif


 帰路は 中国自動車道の 院庄ICから入らず
 一般道を少し走って 道の駅「久米の里」へ立ち寄りました。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11375777.jpg


 数日後に 友人たちが我が家に来るので 
 この道の駅で 有名な「ジャンボピーマン」を 買うためです。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_13454375.jpg


 しかし この道の駅に 大きな「ガンダム」がいたのは なんでだろう?
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11375924.jpg


 お昼ご飯に 今が旬の自然薯を食べて
 しょぼふる雨の中 運転を交代しながら帰りました。
「晴れの国 おかやま」 2日目_d0174983_11380163.jpg


 
私が運転をしていると
 高速道路のトンネルに入るたびに 「ワイパーを 止めろ!!」と言い、 
 トンネルを出るとすぐに 今度は「ワイパーを 動かせろ!!」と 
 助手席から 毎回 鬼うるさく言うShinpapaに
 ちょっと キレそうになりながら 帰りました 133.png
 
# by saint-arrow-mam | 2022-12-01 00:00 |   中国・四国地方 | Comments(3)

朝風呂 ナウ

久しぶりに岡山に来ています。

朝風呂 ナウ_d0174983_08255547.jpg


 家では、朝も夜も入浴後に 
 浴室の壁、ドア、浴槽の水滴を 全て拭き取るのですが、
 お宿では 入りっ放しで済むので 天国です。
# by saint-arrow-mam | 2022-11-30 08:29 |   中国・四国地方 | Comments(2)

「晴れの国 おかやま」 1日目


 
都道府県には それぞれ「キャッチコピー」があり
 都道府県キャッチコピー → https://clip.zaigenkakuho.com/copy_pref/

 岡山県のキャッチコピーは 「晴れの国 おかやま」なのに

 私が 岡山に向かった日も 帰る日も 『雨』でした。

「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21050797.gif


 
広島の五日市ICから 高速に乗り、院庄ICで降りて さらに国道を走り
 お宿の「ザ シロヤマテラス津山別邸」まで 約3時間です。

「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20580858.png


 雨が降っているので どこにも立ち寄らず ホテルに直行することにしましたので
 チェックインの15時から 逆算して お昼前に ゆっくりと家を出て
 途中、安佐SAで お昼ご飯を食べ 運転をチェンジしました。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20581330.jpg


 お宿に着くと 大勢の若い女性が 出迎えてくれて
 屋根のある駐車場に 案内してくれました。

 初めてのお宿なので きちんとホテルの入り口の写真を撮りたかったのですが
 雨のせいで 肌寒かったので そそくさと中に入りました。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20581657.jpg
 

 夜になると こんな雰囲気のエントランスです。(HPより)

「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20581864.jpg


 ホテルのロビーは 家具の配置がユニークで ラウンジが複数室に分かれているので
 どこでチェックインをすればよいのか戸惑いました。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20582149.jpg


 結局、案内されるがまま 読書のできるカフェスペースのようなところで 
 ふかふかのソファーに 腰をかけて
 栗のマドレーヌと 黒豆茶をいただきながら 
 書類を書き 「全国旅行支援割」の手続きを済ませました。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20582480.jpg


 続いて 案内されたお部屋は 特別フロア湯楼の専用フロア6階の「602」でした。
 予約をしたのが遅かったので 特別フロア湯楼では この部屋しか 空きがありませんでした。

 55㎡の和洋室のようですが、、
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20582713.jpg


 ベッドルームが 少し狭い感じがしました。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20583016.jpg


 ただ、洗面所から 洗い場を通って露天風呂に入る以外に
 お部屋から直接 露天風呂に行くことも可能だったこと
 開放感がある 広い露天風呂に ソファーがあり 湯上りに休むことができたこと
 また 屋根があったので 雨が降っていても 入ることができたことは 良かったです。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20583384.jpg


 しかし、、、、
 大きな窓から 見渡しても、、、、
 津山城址が、、どこにも 見えないんです。

 雨に煙って見えないのじゃなくて 津山の街並みと 神南備山しか見えないんです。

 つまり 津山城址は 部屋の裏手側になるんだと しぶしぶ納得。 
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20583626.jpg


 大浴場に行けば 見えることは承知していますが、
 アラコキ夫婦は お部屋のお風呂しか入らないので 様子を知ることはできませんでした。

 仕方がないので 夕食前に 特別フロア専用のラウンジに行くと
 雨に煙る中、青く浮かび上がっている 津山城跡を見ることができました。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20585643.jpg

「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_20590027.jpg

「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21050797.gif


 さて、夕食ですが、

 お部屋から見えないので、その代わりに、、、という配慮かもしれませんが
 暗闇に浮かぶ津山城址が見える 窓際の最高のテーブルに案内してくださいました。
 
 
HPに掲載している まさにこの席です。

「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21591516.jpg


 
鯖寿司 零余子と焼き銀杏と揚げ蓮根 鮎の甘露煮
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21592186.jpg


 
日本海と瀬戸内海の旬の魚のお造里 取り合わせ
 生蛸が 最高に美味しかったです。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21592552.jpg


 
真名鰹の幽庵焼と焼茸
 セロファンを開けると ほわーーーと 湯気が出てくる演出でした。
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21592948.jpg

 
(左)甘鯛とたっぷり茸の蓮蒸し
 (右)フォアグラのソテーとエスカルゴの香草バター焼き
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21593345.jpg


 
(左)奈義和牛のサイコロステーキと鴨胸肉のロースト
 (右)フレッシュ野菜のサラダ
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21593883.jpg


 
津山米 田舎味噌汁 自家製香の物
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21594199.jpg


 
かわいいデザートと旬果の盛り合わせ
 コーヒー(Shinpapa) デザートワイン(Shinmama)
「晴れの国 おかやま」 1日目_d0174983_21595463.jpg




# by saint-arrow-mam | 2022-11-30 00:00 |   中国・四国地方 | Comments(0)

外食 11月の総まとめ


 
約束したかのように 毎週末に、、

 お蕎麦の「無着庵」と、、、

外食 11月の総まとめ_d0174983_20011764.jpg


 
ジビエの「CALAVAN」に行きます。

外食 11月の総まとめ_d0174983_20011278.jpg


 
そして さらに 庭仕事を頑張った日に「サイゼリア」に行き、、、

外食 11月の総まとめ_d0174983_20010891.jpg


 Shinpapaが ゴルフの日に「かつや」に行きました。

外食 11月の総まとめ_d0174983_20012179.jpg



 
主婦業をさぼることが多い サボリスト Shinmamaですが

 明日から 隣県に遠征して +「温泉」 +「上げ膳据え膳」 +「alcohol」させていただきます。

外食 11月の総まとめ_d0174983_20102074.png
 

# by saint-arrow-mam | 2022-11-28 11:56 |  ▼外食 | Comments(4)