祈りの夜

   被爆から65回目の 8月6日の夜です。
   原爆で亡くなった母の弟、母の友人たちの御霊を弔うために 一緒に灯篭流しに行きました。

d0174983_21232961.jpg

   灯篭には 思い思いのメッセージを書いて流します。
   満ち潮に合わせて 川をのぼっていく灯篭は、
   夜中には向きを変え、引き潮に乗って海へと流れていきます。

d0174983_21331160.gif

   日中の厳しい暑さも和らぎ、母は ゆっくりゆっくり公園の中を歩いています。
   
   ウチワでパタパタ仰ぐ主人の様子を もの珍しそうに じっと見ていた外国の子供。
   主人が手渡すと とてもうれしそうな顔をして受け取りました。

   二胡による「千の風」の生演奏が、聞こえてきます。

   私の周りだけ、時がゆっくりと過ぎていくような不思議な感覚です。
d0174983_21415868.gif

     広島の祈りは、夜遅くまで続きます。
by saint-arrow-mam | 2010-08-06 22:01 |   日々甘露苦露 | Comments(0)


<< うわさの「蕎麦」 写真の連結  テーマは「ホワイト」 >>