映画『風立ちぬ』

 台風26号が 関東沖を通過。

d0174983_16191656.jpg

 暴風の中 スーツを着て ベビーカーは とても無理 と Shinから連絡があり バーバが保育園に連れて行くとなりました。
   (オイオイ、親の責任放棄じゃないのか!!)

 koharuを抱っこして その上から山用のレインウエアーを うしろまえに着て koharuを 守ります。
   (koharuも 不安なのでしょう。 小さな手で しっかり私の腕をつかんでいます。)

 捻挫しているジージが 「頑張れよ」と ベランダから手を振って見送ってくれます。
   (オーーーーイ。 私も首が痛いんだよぉ)

 目の前で 街路樹の 大きな柳の木が 根元から 真横に倒れて びっくり。
   (これ以上 ケガでもしたら 目も当てられない)

 無事に 保育園にkoharuを連れて行った 帰り道。
 右に左に 風にもてあそばれながら、、、ふと  思い出しました。

  Le vent se lève, il faut tenter de vivre. 
   「風立ちぬ。 いざ 生きめやも」

 そうだった!! バタバタしていて 忘れてた。 映画!!!!!
 Shinpapaと行こうと思っていたのに、、、、、。

d0174983_1626540.jpg10時を過ぎると ウソのように 風も止まり、
青空が見え隠れしています。

映画館まで歩いて10分。

首に コルセットをしている人が
捻挫している人と そろりそろりと歩きます。

このところ 見る映画がどれも イマイチでしたが
この映画は 最高ランクでした。

荒井 由美 (松任谷 由美)さんの歌う 「ひこうき雲」が
ぐっと 気持ちを盛り上げて 映画が終わりました。

これが 宮崎 駿氏の 最後の映画になるのかと思うと
残念で仕方ありません。

彼の作品は 緻密な構成を必要とするので
その構想、準備に時間がかかり
これ以上は 年齢的に無理だと判断されたとか。

アニメでも 実写を越えた感動を与えることができるなんて
彼が現れるまでは 考えられませんでした。


首の痛みも 足の痛みも忘れた 126分。
久しぶりに 映画を見て 涙しました。 
by saint-arrow-mam | 2013-10-17 08:52 |   映画・本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/19830403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2013-10-17 09:11 x
山用雨具は使い勝手も良いし防水は完璧だし良いですね!!
しかも其れを後ろ前に着る発想がとても僕の能ミソではでてきません、、、今日も脱帽です。
それにしても白い、透明で血管がうっすらと見えてるじゃないですか〜どう見たってshinmama様ですぅ
Commented by Hiro at 2013-10-17 09:51 x
「風立ちぬ」 をご覧になりましたね。
戦争に突入する時代、若者達はどう生きたかを考えさせれれる映画でした。
関心のあった零戦の誕生秘話、それにもましてアニメとは思えない画面の見事さにほれぼれ。

Commented by shinmama at 2013-10-17 09:59 x
よし坊様

自分より孫が大事、、という 必要に迫られての発想です。

息子をおんぶしていて こけたとき
手を離さないで 自分の顔から落ちて わざと下敷きになった経験があります。
女は弱し、、、されど母は強し、、、、バーバはアイデア勝負ですね。(笑)

絶対にShinpapaの 足ですってばぁ、、、
私の足を アップできないのが残念ですが、もっと 黒いです。(笑)
Commented by shinmama at 2013-10-17 10:07 x
Hiro様

Hiroさまからこの映画を教えていただいたときに
これだけはShinpapaと行こうと思って メモメモしていたのですが
病院通いをしたり、一人で違う映画をで見て過ごしているうちに
すっかり 忘れておりました。

昨日の暴風で思い出せてよかったです。

Shinpapaは 「来てよかった。 宮崎 駿は天才だ」と感動しており、
私も 映画館が明るくなっても しばらく座っていたいほどでした。

夕方からの臨託の時に
紙飛行機を作って 何度も飛ばして koharuに見せたことは 言うまでもありません。(笑)

教えていただき ありがとうございました。


<< スカイツリーで 直滑降 チケット完売 >>