3Dプリンター

 十数年前に マンション建設工事に際して 鉄筋の強度測定検査のために 
 ゼネコンさんと 広島市工業技術センターに行ったときに 
 検査官のかたのご厚意で 当時 研究中だった 3Dプリンターを見せてもらいました。

 当時の3Dプリンターが あまりに大きくて物々しかったこと、
 しかも フィラメント(複製に用いる素材)が 軟弱な樹脂だったので 
 実用化されるのは 次世代の話だと思っていました。

 ところが 先日 自宅で3Dプリンターを使って拳銃を作り逮捕された というニュースで
 3Dプリンターが すでに売り出されていて 誰でも容易に手に入ることを知りました。

 ちょうど東京の「印刷博物館」で 3Dプリンターの企画展をしているというので 出かけます。
d0174983_17581559.gif

 豊洲 ~(有楽町線)~ 飯田橋 195円
 駅から歩いて 15分で 凸版印刷本社ビルにある 「印刷博物館」に着きました。

d0174983_1437459.jpg

 「博物館」と名前がついていても しょぼい資料を展示しただけの名ばかりの施設もありますが 
 この博物館の資料は 結構充実していて見ごたえがありました。

 でも 駅から遠い場所にある特殊な施設なので 日曜日というのに人影は まばらです。 
d0174983_14411034.jpg

 極端に薄暗い照明でしたので、老眼の目では 文字を見ることがとても難しいのですが
 個々の資料について 小さな液晶画面で説明するように考えられていました。 
  ( 館内は 撮影禁止でしたので HPから画像をお借りします )
d0174983_14512115.jpg

 海外の古い印刷物 や 日本の古い瓦版、浮世絵、初期の新聞 などを 
 「印刷」という観点から見せているのは 面白く感じました。
 また 古い印刷機械を忠実に再現しているので 迫力ある展示になっていました。
d0174983_145102.jpg

 別室の 特設展 「3Dプリンティングの世界にようこそ」には 多くの人がいました。
 これは 事件の影響なのでしょうか?
d0174983_14531055.jpg

 3Dプリンターが 非常にコンパクトで使いやすいものになっていること、
 フィラメントの種類が 多種多様になっていること、
d0174983_1523047.jpg

 すでに  義手や義足、心臓や内臓の手術の練習用など医療関係、
 車などの部品や工具、パーツ関係、建物や地図の模型、古墳からでてきた出土品の複製など 
 手広く実用化されていることを知り、この分野の進歩のスピードに驚きました。

 なかでも 心から素晴らしいと思ったのは 
 筑波大学付属視覚特別支援学校の「さわれる検索」プロジェクト でした。
    ↑ クリックしていただくと 動画を見ていただけます。

 この3Dプリンターが 2Dプリンターにとって代わり、
 一般家庭で普通に利用されるようになるのは そう先の話ではないのかもしれません。 
d0174983_18101234.gif

by saint-arrow-mam | 2014-05-12 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(8)
Commented by パンジー at 2014-05-12 08:51 x
最近ようやく、イラスト類をブログに添付できるようになったばかり…
画像処理すらちんぷんかんぷんで… (-"-)
3Dプリンターを利用して事件解決…なんてドラマを見ながら、
未来を感じていた私は、もう浦島さんかもしれませんね。
3D拳銃には驚かされました。
今なんとかせねば世の中の進歩から取り残されそう…
いえいえ大丈夫、こんな私でも対応できるようになるのが未来❢
と、強がってる?私です。
Commented by okadatoshi at 2014-05-12 09:07
企業が豊富な資料と技術を社会還元+企業イメージアップのために
公開している博物館施設は確かに見ごたえがありますね。
神戸海洋博物館の中にある“川崎ワールド”では、中で説明する方が
実際の社員や退職OBのボランティアで質問すれば、
ご自分の技術者としての体験を交えて話をしていただけます。
江戸では類似した特殊な分野の展示施設が数多くあり充実しています。
次回はなにがレポートされるのか楽しみです。
Commented by shinmama at 2014-05-12 09:25 x
パンジー様

<お知らせ>
http://runslowly.exblog.jp/20687305/に パンジー様への横レスのコメントが2件書き込まれています。
ご遠慮なさらずに どうぞ お返事のコメントを 書き込んでくださいね。
三田(さんだ)への反応が 皆様の興味を引いたのだと思いますが
いつも 素敵なコメントをありがとうございます。

3Dプリンターは ほんの一例で 世の中の技術はすごいスピードで進み、
どんどん改良され 実用されていることは 知っているつもりではいたのですが
それが 自分の予想よりあまりに速いスピードであると 戸惑うものですね。
はい、私も 強がって?います。(笑)
Commented by shinmama at 2014-05-12 09:36 x

おっしゃるお通り 営利目的の施設ではなく、
>企業が豊富な資料と技術を社会還元+企業イメージアップ
が主たる目的なのでしょうね。
大手出版社ですから 会社で保管している印刷に関する資料が多くあり、
それを一般にわかりやすく公開してくれているのは ありがたいことだと思いました。

OBのかたに 説明してもらえるというのは いいですね。
過日、某大学のオープンキャンパスで 学生さんに説明してもらい 非常に良かったですから、、。

Shinpapaに 興味のない分野の場合、
心ゆくまで 資料を見て楽しむのは 一人生活の時限定になりますが
お江戸には 行ってみたい資料館、博物館が まだまだ ありそうなので、
次のチャンスを待ちます。(笑)
Commented by ニャン at 2014-05-12 16:20 x
技術の進化のスピードは、半端なく早いですね。
この技術を悪用する人間がいるのも現実ですが・・・・。
キリンが作られていく様子を見ていると凄い!!と私も興味津々です。
私は独身時代、印刷業に関わりのある仕事をしていました。
その時代、印刷する前の段階(デザインや版下)を作るという仕事をしていました。
はい。手仕事でコツコツと・・・・。しかし今は、その作業もコンピューターです。
もう一度、その仕事に復帰しようと思っても技術の進化についていけないので無理ですね。^^;
Commented by よし坊 at 2014-05-12 18:40 x
凸版は東京での修業時代お得意様・・と言っても下請けですが・・よく行きました。当時は印刷博物館なんて有りませんでした。

3Dプリンターなんて、なかなか普及しないと思いましたが早かったですね。しかも想像を超えた使われ方が成されている。スゴイです。

J-trim はウインドーズ用の手軽なソフトらしいですがmacには使えないし僕の場合はフォトショップでやれば簡単。と言ってもやる気はないので宝の持ち腐れのまま、、、
Commented by shinmama at 2014-05-12 20:01 x
ニャン様

印刷の知識が何もないのに 博物館を見て ひゃーひゃーと感心してしまいました。
日本で最初の印刷機械が木製で ワインを作る機械を改良したものだったのが笑えました。
ニャン様がご覧になったら きっと全く違う視点からご覧になることができたのに、、私で 申し訳ないです。

印刷の技術が進んでいるにもかかわらず
一方でカメラの説明書などが ペーパーレスになり、不自由に感じています。
これも時代の流れとあきらめなければならないのでしょうね。
Commented by shinmama at 2014-05-12 20:09 x
よし坊様

飯田橋の駅からの道すがら 印刷会社をいくつか見つけました。
博物館の周辺は 印刷会社が多い地区なのでしょうね。

はい、私も 3Dプリンターが実用化されるのを 
この目で見ることができるなんて思ってもみませんでした。
今日、大手電気店に所用で行ったら、3Dプリンターが展示されていました。 
事件を機に、、というのも変な話ですが にわかに注目されているようです。

画像の加工は ゲーム感覚で楽しんでいます。
私の場合、理屈で作るというより 偶然の産物の方が多いので 
すぐに加工方法を忘れてしまいます。(笑)


<< 小石川後楽園 画像を重ねる(1) >>