セミ捕り


 台風が過ぎ、またむせ返るような暑さが戻ってきました。

 朝早くから  中庭でジジジジ、、、、ミーンミーン、、と セミが鳴いています。

 するとShinpapaがむっくと起き上がり セミを捕りに行きます。
 今朝は 「ミンミンゼミ」を捕まえて帰ってきました。

d0174983_20195413.jpg

 夕方 koharuと一緒に公園に行くと Shinpapaは セミの鳴く木の下でジーーーとして
 手が届かない高さにいる「アブラゼミ」を 悔しそうに見ています。

d0174983_20201845.jpg

 とにかく Shinpapaは セミを捕まえようと 毎日奮闘しています。
 お陰で 最初は怖がってセミを触ることができなかったkoharuが 今では平気になりました。

 捕まえたセミは koharuの目の前で 逃がしてやります。
 バタバタと飛んでいくセミに 目が点になるkoharu と その様子を目を細めて見ているShinpapa。

 そして ジージと孫は バイバイと手を振ってセミを見送り 今日の儀式が終わります。
d0174983_20354543.gif

by saint-arrow-mam | 2014-08-11 20:37 |   家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/20997965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2014-08-11 20:57
庭で蝉を見つけると、つれあいは素早く捕まえて、孫君に持たそうとします。
孫君は「シッシ」のしぐさをして持とうとしません。
以前は母親は子供の時には捕まえていたのですが今は嫌がります。
蝉がゴキブリとなると悲鳴を上げます。
つれあいは、平然と必殺仕置き人になります。
私は応援団です。
Commented by shinmama at 2014-08-11 22:07 x
okadatoshi様

 セミをむんずと捕まえて 
「ふむ、これはミンミンゼミのメスね」などと かわいくないことを言うようになったら
ジージの責任よ、、と言ってます。

奥様と同じように Shinの時には 男の子だから虫ぐらい怖がるな、、と思っていましたが、
女の子が あまりに虫に対して平気でいるのも いかがなものかと
ゴキブリでもムカデでも あっさりと処刑できる私が 
koharuには 躊躇しています。(笑) 
Commented by grandpa at 2014-08-12 12:13 x
こんにちは。林檎の成長記録、ご苦労様。今、林檎は高値ですね。しかし美味しいですね。身近な果物ですね。近所の公園に孫と蝉取りに
行きました、大きくて幹が高いので、上の方に上がってしまって
捕獲できないんです、蝉も考えているのかな?(笑)抜け殻だけが
沢山取れました。大木ばかりでだめです。下の孫は捕まえられるのが
嫌なんかな?と聞きました、じじ曰く、生き物は、みんな捕まえられたく
ないんだよ。と返事しました。ふーんというて抜け殻を集めていました。
shinpapaさんkoharuちゃんと蝉取り、いい景色ですね、じじちゃんが
楽しそうですね。少年に帰って。花火大会中止、残念でした。
Commented by shinmama at 2014-08-12 13:56 x
grandpa様

セミが好きな樹木が多いのか
豊洲の樹木が まだ大木になっていないせいか 
広島よりセミを捕まえるのが とても簡単だと言ってます。

Shinpapaは 「鳩」を捕まえるのも得意で これは息子に伝承されています。(笑)

koharuは女の子なので 控えめにしてくれればよいのですが、
得意技を見せたくてムズムズしているようです。


<< リンゴの果実 (4) 富岳風穴と青木ヶ原樹海 >>