京都 in 2015

 前回 大阪に来たのが 2011年でしたので 
 オリンピックと同じように4年に一度ということであれば 次に来るのは2019年?

 その時には また中之島のこのホテルに泊まりたい と思った大阪の朝です。
d0174983_20361869.jpg

 JR大阪駅まで ホテルのシャトルバスで出て、そこから電車に乗ります。
 「新大阪」と「高槻」以外 停車しない新快速ですので 30分もかからずに京都へ着きました。
d0174983_20392244.jpg


  < 西本願寺 >

 チェックインはできないので ホテルに荷物を預けて、まずは 歩いて 「西本願寺」まで。
 「お西さん」には Shinpapaの亡父を納骨しています。
d0174983_2041820.jpg

  < ホテルグランヴィア京都 浮橋 >

 一週間前から 妹のところに滞在しているShingranmaと
 京都駅で待ち合わせて、ホテルグランヴィアの中の「浮橋」でランチをします。

 大阪でも思いましたが やっぱり私には 関西のうす味が 好みに合うようです。
d0174983_20425184.jpg

  < 渉成園 >

 昨年来たときに とても雰囲気が良かった「渉成園(しょうせいえん)」へ
 一度も行ったことが無いというShingranmaを案内。

d0174983_2054285.jpg

 ゆっくり ゆっくり Shingranmaのペースで園内を歩きます。
d0174983_20541557.jpg

 とても10月とは思えない 日差しの強さですが、植物を見ると確かにもう秋です。
d0174983_2057133.jpg

  < 大谷祖廟 >

 Shinpapaと2人なら 歩こうということになりそうなのですが、
 Shingranmaが一緒なので タクシーで 大谷祖廟へ移動。

 お経に合う前に 野点をしてくれるお店で 水分補給を兼ねて ひと休み。
d0174983_211124.jpg

 亡父が亡くなって 15年目の秋を迎えました。
 早いなあ。
d0174983_213757.jpg

  < 北野天満宮 > 

 Shinの中学受験の時、大学受験の時、合格後のお礼参り、、、と
 何度も訪れたことのある「北野天満宮」ですが
 事前に調べた情報では ちょうど この日に 「ずいき祭り」を 開催しているというので、、、。
d0174983_21151144.jpg

 都合の良いことに 予定より少し 遅い時間に 氏子区内を巡行した行列が 天満宮に戻ってきました。

 活気あふれる お江戸の祭とは異なり、しずしずと 無言の行列です。
d0174983_21175843.jpg

 ひずめの音も軽やかに 馬に乗る神職さんや 
d0174983_21191367.jpg

 のそのそと 力強く進む 牛車(ぎっしゃ)に Shingranmaが 大喜び。
d0174983_2120475.jpg

 かわいいお稚児さんの姿には koharuがダブります。
d0174983_21232132.jpg

 迫力というより、日本古来、京のみやびを感じさせる御神輿に
 「これはこれで いいもんだなあ、、」 というShinpapa。
d0174983_2124505.jpg

 本社殿に入っていく神輿。
 これで 5日間にわたる「ずいき祭り」のクライマックスである還幸祭(かんこうさい)が 終了です。
d0174983_2125124.jpg

  < 百万遍 きっちゃん >

 夕食は 懐かしい鉄板焼きのお店を 予約しました。

 Shinの通うキャンパスがあった百万遍にあるお店で 学生だったShinに連れてきてもらった
 K大生御用達の 安くて美味しいお店なんです。
d0174983_21323927.jpg

 Shingranmaも Shinと来たことがあるそうで、 その時に食べたメニューを覚えていました。

 食事をしながら Shinの幼いころの話 や 京都で過ごした学生時代の話で 盛り上がりました。

 今や30歳を超え、1児の父親となっているShinですが
 3人にとっては いつまでも手のかかる息子であり、かわいい孫のままなんですね。
d0174983_21343161.jpg

 Shingranmaを タクシーに乗せて 妹の家に送り、
 その後 バスでホテルへ戻って やっとチェックイン。

  <リーガロイヤルホテル 京都 >

 お部屋は 普通のツインルームですが (あまりに普通の部屋なので 写すのを忘れました)
 広いお部屋に ランクアップしてくださっていました。

 しっかり食べたはずなのに 甘い物が欲しくなり、
 ホテルのカフェで 〆のスイーツを。

d0174983_21451313.jpg

 
 蛇足ながら 
 イタリア語のアクセントと 関西弁のアクセントは よく似ていると思いました。

 「ボン ジョール ノ」   「なん でや ねん」
 
 そうか 第2音節か、、、。(笑)
 
by saint-arrow-mam | 2015-10-05 00:00 |   関西地方 | Comments(2)
Commented by TanMatsui at 2015-10-06 10:00
>短時間の関西滞在ですので 「行き忘れ」はあっても 「食べ忘れ」の無いように
しなくては…
 と 出発前に書かれたように、日々ブログアップされた豪華な食膳を拝見して
 フウッ! とため息が出るばかり (笑)

 今朝は 宿泊臨託を終え、昨日来やっと暇になったので、まだ帰省中の
ドラえもんにまだ在庫を持ちながら先送りして、臨託ブログを予約投稿したばかり。

 ”臨託 Self Cooking” で、私のみすぼらしい食膳をアップしたのが恥ずかしく
なりました。 乞う 非ご期待 (笑)
Commented by shinmama at 2015-10-06 13:28 x
Hiro様

はい、思う存分食べた結果を トレーニングジムで測定してきました。
今日から 一週間食べずに過ごせ、、、と言われたような数値でした。(笑)

昨日の臨託で koharuが 次から次に 口に押し込んで食べている様子を見ていると
私の真似ではないだろうかと 少々落ちこみました。

しかし このままでは shinpapaも マラソンを走れそうもなく
上京してきたら 2人で外食ゼロを目指します。


<< 『ほな さいなら』 大阪 観光編 >>