アヴデーエワ リサイタル


 4か月前に サイトで偶然に見つけチケットをゲットした 『ユリアンナ・アヴデーエワ』のリサイタル。

 結果として 日本シリーズの移動日でしたので 心置きなく楽しむことができましたが
 これが 試合のある日だったら、じっと座っていられなかったと思います。

d0174983_16364585.jpg

 彼女は 2010年ショパン国際コンクールの覇者で 
 アルゲリッチ以来 45年ぶりの女性優勝者として脚光を浴びたピアニストとして有名です。

 また 東日本大震災の時には復興のチャリティーコンサートも開いている親日家の彼女は
 美しい風貌から 日本では人気があるピアニストの1人です。

 私が 彼女に最初に出会ったのは 2011年5月に プラハへ行ったとき。
 「プラハの春」の演奏者として選ばれた彼女は 「ドヴォルザーク・ホール」の多くの観客の前で
 素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

       http://runslowly.exblog.jp/13659408/
d0174983_16454382.jpg

 あれから5年を経て 円熟味が増した彼女の演奏を聞くことができる、と思うと
 チケットを手にした瞬間から この日をワクワクとして待ち焦がれていました。016.gif
d0174983_17033572.gif

 「すみだトリフォニーホール」に行くのは 初めてですが
 豊洲から バス1本で行くことができる場所にあるので 都合が良いです。

 この会場は フランチャイズしている新日本フィルハーモニー交響楽団のホームグランドなので
 彼女は 11月6日に ここで新日本フィルと協奏曲も演奏します。

d0174983_16492971.jpg

 リサイタルの曲目が 囁くような 嘆くような ソフトなタッチの曲だったので
 彼女の力強いタッチは いずこへ?? と思っていたら 
 前半の最後の「英雄」で ドカンと衝撃、、、これこそ アヴデーエワ!!

 後半も リストが作曲した追悼曲で 聞き入るほどに静かなスタートでしたが
 次第に 魔術師のような運指にうっとり、、、、。
d0174983_22263880.jpg


by saint-arrow-mam | 2016-10-29 06:00 |   コンサート | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/23578915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2016-10-29 08:39
リンク先のblogを拝見し、動画を視聴しながら、当時の食事も拝見。
YAMAHAのピアノは欧米でもブランドなのですか?
広島からコンサートのために引返されたほど、今宵の再開が楽しみであったのはよくわかります。
改めて、多趣味、多彩な興味と行動力にパチパチ。
Commented by TanMatsui at 2016-10-29 09:01
このところ、広島ではこれといった音楽会が開催されないので、音楽の余韻に浸ることができず、残念!

一両日中に、結果はどうあれ 気分も落ち着くでしょう。 ひろしま美術館にでも出かけたいと思っています。
http://www.hiroshima-museum.jp/special/detail/201610_anno3.html

 ブログに載せられた 「プラハのスメタナ ホール」 をみて、このときのことを思い出しました。
http://tanmatsui.exblog.jp/16497525/

なかなか 変わった戦法を取っていますね。 先取点をとって、逃げ切りが肝要。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6219128

【横レス】 
コンクールでは、演奏者が引き馴れたピアノの選択可能。 Stainwayがよく使われますね。
 ピアノ製作所は ここで使ってもらうため、必死の競争とのこと。
Commented by うつきよう at 2016-10-29 13:03 x
 素敵なコンサートですね。
 shinmama様の余韻のほどがうかがえます。
 近在でコンサートがあるときは、できれば自分で運転して行きたくありません。
 余韻に浸って注意散漫になりそうで(笑)
 現実にはそうもいかないので、気をつけますが、
 長野とか、大宮とか、ちょっと列車で行けるところが大歓迎です。
Commented by shinmama at 2016-10-29 14:19 x
okadatoshi様

はい、足が悪くなったので お医者さんに診てもらうこともあったのですが、
このコンサートは見逃せないので 戻ってきました。(笑)

弦楽器や管楽器の奏者は自分の楽器を持ち歩くことができますが、
ピアノは動かすと音が変わるので調律が難しくなります。
それでコンサート会場に 何台かピアノを用意してその中から 
キーの重さや音色などピアニストがその曲の演奏に適していると思うピアノを選ぶことが多いようです。
中には 古い象牙のキーを選ぶピアニストもいますし、
初めからメーカーを決めているピアニストもいるので 
各メーカーが戦々恐々とする場面だと思います。

ただ、最終的には細かなタッチや音の響きなどを 
練習時と同じにするために 専属の調律師を連れて歩くか指名するようです。

YAMAHAのピアノを ヨーロッパのコンサートホールで見た経験はありませんが
きっと有名なホールでは 弾ける状態にしてあると思います。

私は自分が弾く限りにおいて YAMAHAのピアノの音色はあまり好きではありませんが、
日本でのコンサートにはKAWAIよりYAMAHAの方が多いような気がします。
Commented by shinmama at 2016-10-29 14:30 x
Hiro様

私もドレスを着ないタキシードっぽい姿のアヴデーエワが
ピアノの前に座っている様子を見ると
「プラハの春」が思い出されて ついこの間の事のようにワクワクとしました。
こんな時、その日、一緒に演奏を聞いた人が隣にいて、思い出話ができれば楽しいのでしょうが、
彼の当時の記憶はすでになく、今回も誘ってはみたものの断られ、
そうはいかないのが現実の寂しさです。(笑)

なになに、そんな作戦なんですか、、、
リーチをかけたチームの余裕ですかね。
はい、大幅に先取点を取って 早々に決めてもらいましょう。
Commented by shinmama at 2016-10-29 14:38 x
うつきよう様

コンサート会場の「すみだトリフォニーホール」は 音響も良くて
この会場でフルオーケストラの演奏を是非聞いてみたいと思う様なホールでした。

Shinpapaが 行かないというので 遠慮して3階の安い席にしたのですが、
音がすんなり上がってきた気がします。

東京には有名な演奏家のコンサートを演じるだけの
集客力と機能を持った会場があちこちにあるので
地方では太刀打ちできないなあと思います。

はい、まだ今日も余韻に浸っています。
Commented by okadatoshi at 2016-10-29 22:38
ごくろうさまでした。
最後のこの悔しさを来年に。
Commented by TanMatsui at 2016-10-29 22:48
The End of War!
11月5日午前10時半 からの 【優勝パレード】 に出かけましょう。
Commented by shinmama at 2016-10-30 08:19 x
okadatoshi様

昨晩は寝付かれず、
「あそこでピッチャーを交代させていたら、、
そもそも おとといの試合で、、、」と考えてしまう自分と
「いや、贅沢を言っちゃあいかん、
リーグ優勝に何年かかったと思ってるんだ、、」という自分が
頭の中で 戦っていました。

今日も頭がぼーーーとして 何をするにも力が入りません。
来年も 3Sのブログが作れますように、、。(笑)
Commented by shinmama at 2016-10-30 08:31 x
Hiro様

はい、終わってしまいましたね。
今は 想像以上の脱力感を味わっています。

優勝パレードの時刻に 上京する予定なので、残念ながら取材ができません。
東京のテレビでは放送しそうもないし、、悔しいです。


<< 帰広します 赤くなれ!! >>