誕生日のケーキ


 画像を持ちこむと それをチョコレートで作成してくれるという ケーキ屋さんに
 koharuのバースデーケーキを 頼むことにしました。

 予約に行ってみると、画像を持ちこむまでもなく 
 お店のサンプルに koharuの好きなキャラクターの「ソフィア」がありました。
 「ソフィア」は 女児には 一番人気のディズニーの かわいいプリンセスです。
d0174983_20480811.jpg

 箱からソフィアのケーキを出した途端に koharuは 目を丸くして 大喜び。

 よかったぁ。
 だって ケーキ代とは別に ソフィアのチョコだけで1,500円もするのですから  024.gif
 
d0174983_20431079.jpg

 酸欠になるのではないかと心配するくらい 何度も何度も 息を吹きかけて
 やっとのことで 4本のろうそくを消すやいなや 「ソフィア」をガブリ!!

 彼女は 好きなものを 最後まで取って置く というタイプではないようです。
d0174983_20514057.jpg

 親からのプレゼントが 偶然にも ソフィアのロングドレスだったので もう至福のひととき。

 鏡の中の自分の姿を うっとり見ていたかと思うと
 ドレスの裾を摘んでお辞儀をするプリンセスポーズを 何度も何度も練習していました。
d0174983_21121189.jpg

 私が4歳の頃の写真を見ると 風呂敷を首に巻いて「月光仮面」の格好をしているのに比べて
 ずいぶん女らしいなあ、、、と感心するバーバです。
by saint-arrow-mam | 2016-11-19 21:35 |   koharu日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/23627824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2016-11-19 22:54
長女が孫を出産したとき
「男の子がいなかったから、孫が男で話があうんとちゃうん」
といったことを覚えています。
確かに自分の小さいときをトレースしている自分に気づきます。

バーバにも至福の時ですね。
Commented by TanMatsui at 2016-11-20 06:55
奇しくも同じ日、我が家も一泊臨託の真っ最中です。
我が家では孫 (長女) はそろそろ中学校へ、次は小学校高学年が近づいた年頃になったのに、
ここに載せられた写真のような 女らしさは見受けられず、やって来てガヤガヤ、ワイワイ大騒ぎです。

昨夜騒ぎすぎて、この時間はまだ熟睡中。そっと覗いてみると、昨夜 川の字になって寝た3人が!  わおー! です。

ここに載せられた写真のような格調のある写真は 到底撮れませんが、
私も 「乱れ寝」 シーンでも撮って載せましょうか (笑)

今日は 孫達の町内で公民館祭りがあるそうで、午前中に帰りますが、
帰宅のとき、玄関から車まで送ってやると、上の孫が 「ジィジ おんぶ!」、 息子は 「甘えるな!」
これが何時ものパターンです。 私は重くなった孫が また充分 おんぶ出来ます (笑)

格調の低いコメントが長くなりました。 ジィジバカの証拠です。
Commented by パンジー at 2016-11-20 10:41 x
孫が傍にいないので、「ソフィア」さんを知りません。
でも可愛らしい愛すべきキャラですね。
昨秋プレ幼稚園に参加した孫は、変身遊びの時、迷うことなくフック船長のお衣装を選んだそうです(笑)
ヒラヒラきらきらフリフリを来ていた娘の子ですが……
Commented by shinmama at 2016-11-20 17:54 x
okadatoshi様

子育てをしているときには Shinpapaの父親も元気でしたし、
Shinが男だったせいか 彼は次の世代の人間、、という意識が強かったのですが
孫の場合は 爪の形や二重瞼など 自分のDNAをkoharuに見つけると 
分身のような気がして 自分のその年代と重ねあわせてしまいます。

昨晩は 元気に4歳まで育ってくれたことに感謝し、
久々に 孫という存在に対して思いを深くしました。
Commented by shinmama at 2016-11-20 18:02 x
Hiro様

「ソフィア」は 「ミニマム」という空飛ぶ馬を飼っていて
どこへ行くにも乗っていくのですが、
Shinpapaはその「ミニマム」役に任じられ、背中にkoharuをのせて走り回っています。
最近では 「ジージ速く走ってよ!! 空を飛んでる感じがしないじゃないの」と厳しく言われています。
老化したミニマムは みるからに大変そうですが、頑張っています。(笑)

ベビーギャングと呼ばれる年齢になり、わがままを通そうとするkoharuに対して
躾なければいけない と思いながらも 可愛いばかりのジージとバーバは 
koharuから見れば ちょろい存在になっています。
Commented by shinmama at 2016-11-20 18:07 x
パンジー様

お孫様は アメリカで本家本元の「ソフィア」に出会っていらっしゃるかもしれませんね。
発音もアクセントも 本場仕込みで、、、。

フック船長の服、、、きっと 金モールなどがついてかっこよかったのでしょうね。
わかるような気がします。


<< 品川アクアパーク 色とりどり >>