21時間半の帰広 (2)

 前日に大型寒波が襲来し 居座っているため、
 秋田も鳥取も 日本海側へ飛ぶ飛行機は 軒並み「欠航」。

 羽田空港で koharuたちと待ち合わせをしているので、
 早めに空港へ行って、稲庭うどんで ボッチ昼食。
  (今考えると これは 「嵐の前の静けさ」 だったのです、、、)
d0174983_16525357.jpg

 岩国行きのANA機は 定刻に飛び立ったものの 
 最初から最後まで 飛行機が 上に下に 揺れる 揺れる、、、

 機長のアナウンスでは 上空の低気圧の影響だというのですが、
 胃がひっくり返りそうな大揺れが 低空になった着陸時まで続きましたので
 パイロットの技術が 非常に悪かったにちがいない??

 ところが 
 シートベルトサインが消えることのない大揺れの最中でも、
 恐怖心のないkoharuは 全く平気で 少しも じっとしていることができません。

 静かにさせようと折り紙などで遊んでいるうちに バーバの方が、だんだん気分が悪くなり、
 もう 30分フライトが長かったたら、間違いなくダウン。008.gif

 岩国空港に迎えに来てくれていたShinpapaの車で 自宅へ。
 ところが 車中でも、koharuは ハイテンション
 汗をかくほど動き回るkoharuに ケガをさせまいとするバーバは すでに限界間近。

 最後になって 「バーバは 怒らないねえ」とkoharuに言われましたが、
 バーバには 怒るだけのエネルギーが もうないんだよ、、008.gif008.gif

d0174983_19553067.gif

 今日の夕食は 広島では有名な料亭の一つ、「ヒロコシ」の「八雲」に。
 コース料理にすると 全部食べきれないShingranmaのために 
 大好物の「ふぐ」を中心に メニューを組み立てて、社長と板長に特別にお願いしています。

 「ヒロコシ」とは 義父の代から、公私を通して長年のお付き合いなのですが、
 いつも食材にこだわってくださるので安心。
 今回も 「こんな美味しい雲丹は 北海道でも食べたことが無い」という 大喜びのShingranmaに ホッとしました。

 ただ、「舟盛り」にしてもらうと 華やかになるのは わかっていても
 koharuがいては取り分けるような余裕はないので 
 すべての料理を最初から小分けでお願いしており ちょっと寂しくなってしまいました。
d0174983_16530231.jpg

 そして 事前にお願いしておかなければ食べることができないのが 「ふぐの白子焼き」です。
 塩と醤油の2種類で焼いてもらいましたが これは絶品中の絶品。

 そして「ふぐ鍋」になるのですが、万が一 火傷でもさせたらとkoharuの動きが気になって
 写真を写すどころではなく、それどころか どこにどう食べたのかも覚えていません 008.gif008.gif008.gif
  

d0174983_16531581.jpg

 koharuが静かだったのは 自分の料理を食べている間だけ、、、
d0174983_17355342.jpg

 あとは カメラを手に 部屋の中を動き回ります。
 道中、しっかり遊ばせてきたはずなのに、このエネルギーは どこに??

 個室なので 少々動いても良いのですが、 床の間に飾ってある陶器などは 料亭の個室に相当の物。
 カメラを当てはしないかと もう、心配で心配で、、、、。
d0174983_17365788.jpg
 
 デザートは 板長にお任せしていたのですが、
 おめでたい演出として、玉手箱を開けると モクモクと(ドライアイスの気体)が出てきました。
 しかも 金箔まで、、、。

 もうkoharuは 有頂天です 041.gif
d0174983_18154422.jpg

d0174983_19553067.gif

 家に帰ると あろうことか「温泉女子」に行きたいと言うので スーパー銭湯へ連れて行くと
 雪がちらつく露天風呂に喜んで なかなか出ようとせず バーバは グロッキー 008.gif008.gif008.gif008.gif

 布団を敷くと、今度は「バーバと寝るんだ」と言いだしたので、
 一緒に遊ぶだけ遊んで、koharuが寝付いたのは なんと11時過ぎでした。
 バーバは 朦朧として寝の谷へ 撃沈  008.gif008.gif008.gif008.gif008.gif



 翌朝は さすがに 10時に起こすまで爆睡をしていたkoharuですが、
 岩国空港へ向かう車中も 機内でも 昨日並みに 完璧な元気印。

 ところが 羽田空港に降り立つと 「疲れた」と言って パパのコロコロバッグに乗って移動。
 なんじゃそりゃ、、、
d0174983_18011589.jpg

 羽田空港で 「一緒にお昼を食べよう」 と誘われたのですが、
 丁重にお断りして、先にバスで帰りました。

 慌ただしい帰広に Shingranmaも さぞかし気疲れしたと思うので
 来月、私が帰広した際に 温泉に連れて行って のんびりしようと思っています。

by saint-arrow-mam | 2017-02-12 19:11 |   家族 | Comments(10)
Commented by okadatoshi at 2017-02-13 06:21
西日本が記録的な寒波と大雪の中、広島往復を無事敢行されたのは、koharuちゃんのパワーの故かもしれません。
ご家族4代でのいい時間を過ごされ良かったです。

帰宅後、ダイナミックなblogを構成され、きちんとレポートされるshimama様の技術力が蓄えられているのもあっぱれです。
Commented by パンジー at 2017-02-13 08:22 x
お疲れさまでした、でもちょっと笑えてしまって、ごめんなさい。
私は10日~11日、娘の家の掃除に行って参りました。
関ヶ原辺りの雪を心配していたのですが、期待に反して雪は少なく、
新幹線の遅れも、10分ありませんでした。
koharuちゃん、羨ましいほどお元気で活発でらっしゃるんですね。
先日少し孫と一緒に生活しただけですが、お疲れ察することできます。
私の場合は補助要員ですから大したことなかったですが、それでもねっ❢
まだまだややこしい天候が続くよう、御自愛くださいませ(笑)
Commented by TanMatsui at 2017-02-13 08:54
 20数時間の間に 充実したひとときを過ごされましたね。ご苦労さまでした。
 写真に載せられたkoharuちゃんの姿が実に微笑ましく、数年前の我が家の孫 (長女) の姿を彷彿します。
 当時 全く同じ仕草で、コンデジを、また、望遠鏡を手にしていました。
私が手にすると 今では ”撮るな~~~~” と騒ぎますが。

 この数日、実家の雪が気になり、一日に何回も山陰の気象をサイトでチェックしていました。
 幸い 鳥取西部は積雪量が少なかったようですが、それでも20数cm、帰省していたら、
風景をやたらにカメラに収めていたであろう と、少々残念 (笑) 
Commented by shinmama at 2017-02-13 08:57 x
okadatoshi様

今までにこれほど揺れたことはない、、と思うほど飛行機が揺れ
大袈裟な話ですが 機体になにか不都合があって、事故が起こる前触れではないか?と心配しました。
逆に koharuがいなかったらダウンしていたかもしれません。(笑)

いつもはもう少し落ち着いているkoharuなので、
旅行、飛行機、外食、ということでハイテンションになったのだと思いますが、
保育園の先生は タフな精神力と肉体がないとできない職業だろうと実感しました。

東京に戻り、一番に「紫斑」のチェックをしたバーバです。(笑)
Commented by shinmama at 2017-02-13 09:15 x
パンジー様

飛行機にするか、新幹線にするかと考えるときに
1時間半と4時間を比較して、迷わず飛行機にしたのですが
揺れることは想定していなかったので 参りました。
でも koharu相手に4時間の移動は 辛すぎるかも。(笑)

パンジー様のお孫様と違って、写真に写されることを極端に嫌い、
(バーバが教えたとはいえ)カメラを持って、自分が写したいと大騒ぎするのが 困ったものです。

「バーバ ここに座っときな」「でもさー」「だからさー」と東京言葉で話すと
広島の若者にウケるので 天狗になるkoharu。
親戚から 「物怖じしないのは バーバ譲りだね」、、と言われると反論のしようがありません。
Commented by shinmama at 2017-02-13 09:27 x
Hiro様

最近koharuにカメラを向けると 「写さないで」逃げます。
それでも写そうとすると 舌を出したり、ほっぺを膨らませたりして 出来る限りの変な顔をします。
なので 出来上がった画像をPCで見ると 思い出に残してやれる画像が少ししかありません。(笑)

元気が一番、、、とは思うのですが、躾もしなければならない一方で 
子育てと異なり、孫には嫌われたくない、、という思いもあり、バーバの立場は 微妙です。 

スーパー銭湯からの帰り、オリオン座を見つけたので koharuにも夜空をながめさせると
東京では見えない たくさんの★の存在に気づき、
「見て見て」と あちこちを指さして、ビックリしてしました。
Commented by よし坊 at 2017-02-13 10:26 x
あの時はこうだった、あそこでもそうだった、と全て思い出に成ること。大変だと言いながらも嬉しさ一杯の気持ちが伝わって来ます。
コサギがプクッと丸くなって可愛い感じに撮れましたね。
Commented by shinmama at 2017-02-13 11:04 x
よし坊様

じっとりと Shingranmaの米寿を祝うブログを作る予定だったのですが、
現実は厳しくて 昨夜は バタバタとブログアップして、
母に送る写真をプリントアウトするのが精いっぱいでした。

今日できることが 明日できなくなる年齢の母親と
今日できなかったことが明日できるようになる孫の年齢差が84。
自分の来た道と 行く道を見ている気がしました。
とはいえ、私は米寿を迎える自信はありませんけど、、。
Commented by zuxtotabi at 2017-02-13 11:45
ぎゃ~。飛行機やはり揺れましたか、、、、。
広島へ帰られると聞いていた日は、西日本は大荒れだったので
心配していました。
でも無事、お祝いが出来て良かったですね。^^
子供のパワーは何処から来るのか?妹の孫を見ていていつも思います、、、、。^^;
でも、お母様もkoharuちゃんとも一緒にお祝いできて喜んでおられると思います。
今日も長浜は雪が降っています。とうとう一階の窓より積雪が、、、、
Commented by shinmama at 2017-02-13 12:30 x
ニャン様

ふわっと体が浮くような揺れは 胃に良くありませんね。
これほど揺れたのは 過去に1回あるだけです。

全く揺れなかった帰りは かなり低空を飛んでいたのでそれが正解のルートだったのではないでしょうか?
行きでは 機長からのアナウンスが 揺れている最中にあったのですが
「うそ、アナウンスはいいから操縦に集中して」と思いました。

お江戸は ことのほか暖かく コート不要のピカ天です。
でも こうなると 花粉がたくさん飛ぶので それはそれで大変な時期になりました。


<< 冬眠してました 21時間半の帰広 (1) >>