クルーズ15日目 横浜

 
 昨夜のうちに 大きなトランクは下に降ろされたので
 朝起きて、パジャマと洗面具だけを コロコロバッグに入れます。
d0174983_16485712.png

 よし、今日は 傘が要らないぞ!!

d0174983_16485767.jpg

 ゆっくりと 9時からの下船を希望していますので
 大桟橋への入港を見るために 秘密の場所へ。
d0174983_16485662.jpg

 ここから 横浜のベイブリッジを くぐるのを見ます。
d0174983_16485607.jpg

 もうすぐです、、、さあ、空も青いし 動画にしよう!!

     

 
 朝食会場で 以前話したことのある カナダ人ご夫婦とアメリカ人ご夫婦に 偶然出会いました。
 私には どの外国人も似たような顔に見えるのですが、彼らは よく覚えていてくれて
声をかけてくれます。
 
 「よい旅を続けてね」 「また会いましょう」

 それほど親しくはないので ハグはしませんが 両手の握手で、、、、。
d0174983_16485609.jpg

 コーヒーを飲みながら、スマホを機内モードから通常モードに戻し、
 スマホで撮影しそのままブログアップするということを試してみたりしていると 
 私たちの番号が 船内放送でコールされました。

 ギャングウェイ(下船口)には カナレットのスタッフたちが 約束通り 見送りにきてくれていたので
 独りずつ握手をしながら 賑やかにお別れ。
d0174983_16485792.jpg


 桜木町までシャトルバスで出たのですが、
 バスの中で声をかけたアメリカ人を JRの駅まで案内したあと、
 新横浜駅から新幹線にのり 手ぶらで広島に帰るShinpapaを 地下鉄のブルーラインの駅まで案内。
 
 私は コロコロバッグを引っ張りながら もう一度JRの駅に戻り 有楽町で乗り換えて 豊洲へ。

 
 15日間のクルーズは 終わりましたが
 始めて乗った船ですので 明日から 船について まとめます。

by saint-arrow-mam | 2017-04-26 17:12 |   日・韓 島巡り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/24124136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うつきよう at 2017-04-27 01:58 x
 北のかの国の不穏な動向が連日報道され、
 ちょっと煽り過ぎでは?と冷めた思いもしながらも、
 やはりどこか不安な空気が漂うこのところでしたので、
 何事も起こらずご無事のお帰り、ほっと胸をなでおろしました。
 韓国の選挙ポスターの枚数にびっくりしましたが、
 大統領選挙には、報道されている数名の方のほかにも、名乗りを上げていらっしゃる方がずいぶんおいでなんですね。
 近い国ですが、実際に現地に行ってみないと分からないこと、知らないことがありますね。
 クルージングのご様子、興味深く、楽しく拝見しました。
 広範な旅にでかけることがないので勉強にもなりました。
 ありがとうございます。
 日本人は「旅の恥はかき捨て」に甘えるところがありますものね。
 わが身を振り返り、たとえ国内でも地でいかないようにと、気を引き締めました。
 

Commented by saint-arrow-mam at 2017-04-27 08:41
うつきよう様

他山の石にしなくてはいけないと 今回は自分自身を大いに反省する旅にもなりました。

日本のトイレのドアに 「和式「洋式」と漢字で書くより 便器の形を書いておく方が親切だと思いましたし、
東京の地下鉄では 導入されつつありますが、
駅の名前には そのラインの番号と駅番号を付けて表記すれば どの国の人にでもわかりやすいと思いました。
言葉の通じない不自由も ストレスはあるものの 旅にはつきものですし
たとえ英語が通じなくても 日本人の親切で正直な国民性は 伝わると思いますが
「公共の交通手段」や「行政」は それではいけない気がします。

マナーに関しては
新幹線のシートを リクライニングにしたまま 元に戻さず下車する人がいても
ドアを開け外に出た後、後ろを振り向きもせず いきなりドアを閉める人がいても
レストランで 座った椅子を元に戻さず 出しっぱなしで席を立つ人がいても
いつもは それはそれとして受け止めているのですが、
外国の人の中で そういう日本人を見るのは辛かったです。

普段していないことを 旅行の時だけする、、というわけにはいかないので
自分の日常をもう一度 振り返ってみようと思います。


<< 初めての MSフォーレンダム  横浜に着きました >>