映画『追憶』


 映画の『追憶』というタイトルを聞くと 
 バーブラ・ストライサンドと ロバート・レッドフォードの「追憶 (The Way We Were)」という40年前の映画を思い出し、
 彼女が切なげに歌う 美しい主題歌が即座にイメージされるのですが、
 この日本映画は 全くストーリーが全く異なります。


d0174983_13262878.jpg

 この映画を 見るきっかけになったのは
 日本映画のレジェントと称され、故 高倉健さんらと共に 数々の名作を発表し続けてきた 降旗康男監督
 木村大作キャメラマン、そして降旗組と呼ばれるベテランスタッフが集結して 
 昔のように ”フィルム”を使って写し 現像し 編集して 映画をつくっている様子を ドキュメンタリー番組で見たことです。 

 主演は 岡田准一小栗旬柄本佑 という 今の映画界を背負って立つ 
 脂の乗った30代のキャストだけに 演技に間違いはないので見ていて安心。
 それゆえ この映画が「名匠たちから”継承”した日本映画の系譜」と呼ばれるのでしょうけど。

 ひょっとしたら、降旗組のスタッフで作られた映画を見るチャンスは もうないかもしれもしれない、
 この目で 絶対に見ておきたい映画の一つだと思いました。

 ストーリーは 落ち着くところに落ちつくので 意外性はありませんが 
 北陸の厳しさ、寂しさ、美しさが 詩情豊かに表現され、
 話の展開ごとに背景となって現れる美しい風景は秀逸です。
 とにかくベテランキャメラマンによる 計算しつくされた映像美が 素晴らしい!!

  特に、冒頭の厳しく荒れ狂った冬の海景から クライマックスの穏やかな夕陽の映える海岸線まで、
 主人公たちの心情や状況に合わせ、様々な異なる表情を見せる「夕陽」を
 的確に捉えた場面が非常に印象的でした。

 俳優さんの顔だけでなく 背景を含めスクリーン全体を楽しみながら、ストーリーを追っていると
 どこからか あの健さんが ふっと現れて来そうな気がしました。
d0174983_15384011.jpg

 映画の中で 主人公がラーメンを食べている場面が 何度も出てきたのを見て
 台風接近の影響で それでなくても蒸し暑い中、
 わざわざ帰りに ど・みそ へ立ち寄り 食べてしまいました、熱々のラーメンを。

 はい、汗だくです。105.png105.png105.png
d0174983_16573899.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-07-05 06:00 |   映画・本 | Comments(8)
Commented by パンジー at 2017-07-05 14:28 x
「追憶」、懐かしい題名に私のドキッといたしましたが、全くの別物と知り、
ちょっとがっかり、ちょっと嬉しい…
でも、柄本佑さん・同級生に、思わず「北のカナリア」を思い出して…
なんだか切り替えできないままでおりました。
shinmama様の感想を拝読し、ちょっと行きたくなってきました。
後は時間を用立てするだけなのですが…
Commented by zuxtotabi at 2017-07-05 15:43
最近映画を見にいかないので、どんな映画が上映されているのか全く知りません、、、。
で、今回ブログを拝見し一寸興味を持ったので張り付けられていたストーリーを
拝見させていただきました。
なるほど、、、パンジー様のおっしゃるように私も「北のカナリア」を思い出しました。
北の国からの純君も出演されているのですね。
北陸、氷見や立山連峰、能登半島の夕日など背景でより効果をアップ。
詩情豊かに・・・と感想を書いておられるのが良くわかります。
これは見てみたい度がアップしました。
この風景を目当てに北陸旅行はいかがですか?お勧めいたします。^^v
Commented by shinmama at 2017-07-05 17:08 x
パンジー様

私たちの年代ですと やっぱり「追憶」というタイトルに ドキッとしましたか?
そうなんです、ちょっとガッカリして 正直 上映開始の時には 
すぐに見に行く気になれなかったんです。
テレビのドキュメンタリー番組に刺激されていなければ、見ていない映画だと思います。

ただ、ベテランキャメラマンの描く世界は 「映画とはかくあるべき」
と言わんばかりの完成度の高さで、感動しました。

もう上映も終盤になってしまっているので 映画館は空いていると思いますが、お忙しいですものね。
レンタルビデオになったら是非、、、。
Commented by shinmama at 2017-07-05 17:17 x
ニャン様

>この風景を目当てに北陸旅行はいかがですか?
はい、映画をみながら ニャン様はこの光景を実際にご覧になったんだよなあ、、、
と 何度も羨ましく思いました。
そして 私も絶対に行く、、しかも立山連峰に雪が残っているときに、、と決めました。
そして夕陽が見える宿に泊まる、、、
唯一の問題は 私が行くと「雨」になることです。(笑)
私の場合、行くぞ!!という気持ちが折れるほど これが大きな問題なんです、、、トホホ。
Commented by TanMatsui at 2017-07-05 17:18
 先程 今年の友人との再会を済ませ、帰宅しました。短い出会いでしたが、帰宅した今、
 このブログタイトルのような 久し振りの出会いの  『追憶』 気分に浸ってます。

 この間 台風が通過しましたが、雨風はホテルで寝ている間に通り過ぎ、
 一滴も雨に濡れない旅行プチ旅行でした。
 この間、携帯からリアルタイム アップしたその日の出来事ブログにコメントを頂き、ありがとうございました。

 これから2,3日 このたびの旅行の  『予約投稿』 をします (笑)  
 
Commented by shinmama at 2017-07-05 17:36 x
Hiro様

お帰りなさい。
台風の影響が全くないなんて、さすがHiro様。
私だったら、台風直撃で大騒ぎになっていたはずです。(笑)
むしろ 今は、ご実家の周辺がご心配でしょうか?。

「追憶」と言う言葉は 懐かしく、思い出してほのぼのとすることだけを言うのかと思っていたのですが、
この映画の「追憶」は 思い出したくない記憶のことでした。

Hiroさまの「追憶」は 間違いなく前者ですので、ブログ(予約投稿)を拝見するのが楽しみです。
Commented by よし坊 at 2017-07-05 19:38 x
追憶の思いで・・・有りますね。♡ 細かい事は思い出せませんが。
将棋の思い出は桂馬を使うのが得意でしたが 弱かった、、、
つった時は「テイコク芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)68」がなんと言っても1番。
僕も蚊に刺されます。予防にカナダで買った防虫スプレーを使います。これは強烈。
広島、劇薬を使っちゃいましたね。どっちに転ぶか。
JTBカードですか。クレジットカードのことですか?それともクレジット機能のないカードが有るのかな?疎くて、、

Commented by shinmama at 2017-07-05 20:39 x
よし坊様

いつもブログを丁寧にご覧いただき ありがとうございます。
あらまあ、「追憶」の思い出が よし坊様にもおありですか?
洋画の場合、日本語のタイトルはわかっても 原画のタイトルはわからないことが多いのですが、
「追憶」だけは 覚えていて、「ピアノの生演奏でリクエストを、、」と言われたときに、リクエストしています。

JTBカードは 「JTB旅カード」というクレジット機能付きカードです。
クレジットがJCBで名前が 1文字違うだけなので ややこしいです。(笑)


<< 『明』と『暗』 将棋の世界 >>