梅雨の終わりに


 天気が良いので クッションカバーや敷きマットなど 大量に洗濯をして、
 G(ジム)・T(図書館)・S(買い物)へ。
 マンションに戻り2度目の洗濯をしようとしたら、空がにわかに暗くなりました。

 ネットで見ると 東京の上に 厚い積乱雲が、、、
d0174983_19334183.jpg
 まもなく「ごろごろ」と雷が鳴りはじめました。
d0174983_19334800.jpg
 豊洲では それほど激しい雨は降りませんでしたが、
 都内では 「雹(ひょう)」が降ったところもあるそうです。
d0174983_19335636.jpg


 ウェザーニューズ
気象庁によると、関東甲信地方は上空に寒気が流れ込んだ影響で、大気の状態が非常に不安定になっている。東京都、神奈川県の一部に大雨警報が発令されているほか、雷注意報も出されている。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうのほか、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る地域があり、同庁は、低い土地への浸水や河川の増水などに注意を呼びかけている

 「異常気象」「何十年に一度の大雨」という報道タイトルが 珍しくなくなり、
 実際に起こった大きな災害の様子を リアルタイムで見るたびに
 いったい日本は これからどうなってしまうのだろうかと 不安になります。
  

by saint-arrow-mam | 2017-07-18 20:37 |   天体・気象 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/24946502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うつきよう at 2017-07-19 00:19 x
 TVで見ると、すさまじいひょうですね。
 この激しい気象もつまるところ温暖化の影響が大きいのでしょうね。
 本気でなんとかしないと、将来どうなっていくのか、
 背筋が寒くなります。
 カラオケ長いこと行ってないです。
 母はなんだかんだと行く機会があって、
 たまに良い点を出したといって、お店から景品をもらってきたりしてます。
 ツレアイの両親が健在のころ、農家ではなかったのですが、たんぼや畑を作っていました。
 このあたりでは枝豆はよく田んぼの畦に一列で植えられていて、「畦豆」なんて呼ばれていました。
 「畦豆取りにおいで」なんて電話がかかってきて、豆ばかりでなく野菜もたくさんもらいに行った日々を懐かしく思い出しました。
 今は新潟の「黒崎茶豆」が美味しくて、ほかよりちょっと高いのですが、やっぱり手が出てしまいます。
 
 
 
 
Commented by okadatoshi at 2017-07-19 05:42
ヒョー!!

#スルーしてください。
Commented by shinmama at 2017-07-19 17:39 x
うつきよう様

豊洲をはじめとする 臨海地区は 雨も少量で 雹(ひょう)を見ることはなかったので、
私も テレビを見てびっくりしました。
狭い東京でありながら こんなに違うなんて驚きです。

お母さまはゴルフだけでなく カラオケでも賞品ゲットなさるなんて すばらしい!!
やっぱり 憧れの存在です。

「黒崎茶豆」を 日本橋の高島屋で偶然に見つけましたが、
スーパーで買う枝豆の「倍の価格」でしたので 悩みましたが買えませんでした。
きっと美味しいのでしょうね。
Commented by shinmama at 2017-07-19 17:43 x
okadatoshi様

okadatoshi様が東京に来られている時でなくて良かったと思ったのですが、
このセリフをおっしゃるためには 在京中だったほうがよかったですね。(笑)


<< 『ジャコメッティー展』 オカリナの練習場所 >>